他の

フィーストポートランド:ザナインズでの高い快適性


フィーストポートランドで最も豪華なイベントであるハイコンフォートは、フェスティバルの3日目に、オレゴンメディアグループによってザナインズで開催されました。

フィーストポートランドのハイコンフォートでシェフのエドワードリーの緑茶ベニエ。

フィーストポートランドで最も高級なイベントであるハイコンフォートは、フェスティバルの3日目に、ザナインズのエレガントなボールルームで退廃的なカクテルパーティーを開催しました。入ると、フランスのシュイイのシャンパーニュニコラスフイヤッテが迎えてくれました。オレゴン州ポートランドのオリンピック規定からのエリアスカイロの豚肉。ウォッシュのリリワアップにあるハマハマオイスターカンパニーのハーフシェルの生ハムと生ハム。

ハイディナーでは、バターミルクを添えたオイスターエスカベシュ、モルシラ、ニューヨークのトロのジェイミービソネットの洋ナシなどの珍味をご用意しました。ポートランドのビーストのナオミポメロイからのオレゴンアメリカイチョウガニとアンズタケの還元のクレープ。ポートランドのTrifectaTavernのRichMeyerと、オースティンのQuiのPaul Quiのマッシュルームディヌグアンの好意により、スモークビートピクルス、フロマージュブラン、プンパーニッケルを添えた柑橘系の塩漬けサーモン。

私たちの甘い歯は、ポートランドのルピジョンの地元のスターガブリエルラッカーが提供するベリージャムとポテトロールと塩味のハニーアイスクリームサンドイッチで満足しました。南の味は、ナッシュビルのRolf andDaughtersのPhilipKrajeckが、バターミルク、ラルド、シシトウガラ、ピーナッツを使ってジョージアの桃のデザートを作ったところから来ました。カヘタ、アーモンド、洋ナシの入った緑茶ベニエはルイビルの610マグノリアのエドワードリーから、フォアグラのガナッシュが入ったマリオンベリーガラスのドーナツホールは、同じくポートランドのアーヴィングストリートキッチンのサラシェーファーから提供されました。オレゴン州とワシントン州のワイナリーは、ウィドマービールとヘンドリックのジンとともにベストを尽くしました。

Sarah Cohenは、The DailyMealのポートランドシティ編集者です。 Twitterで彼女をフォローする @scretshopper 彼女のブログをチェックしてください トーストするだけです。


Mission Chinese Food&#x27s DannyBowienがFeastPortland&#x27s2013のラインナップを見出し

Pix PatisserieのCherylWakerhauserは、昨年の料理祭のキックオフイベントであるFeast Portland SandwichInvitationalでマカロンを配りました。

(オレゴニアン、ダグ・ベグテル)

北西部の野心的な料理イベントであるFeastPortlandの主催者は、いくつかの新しいイベントと最新の訪問シェフの名簿で、フェスティバルの2年目に向けて準備を進めています。

フェスティバルの形式(4日間の飲食)は、今年もほぼ同じです。しかし、主催者は、昨年の饗宴でランクを満たした、尊敬されているシェフのようなまったく新しい乗組員を集めました。本日、フェスティバルの共同創設者であるキャリーウェルチとマイクテリンは、2013年の最初の有名シェフの名前をオレゴニアンだけにリリースしました。

そのリストの一番上にあるのは、サンフランシスコの電気ミッションチャイニーズフードの背後にいる力であるダニーボウイエンです。

そして今日最も需要の高いシェフの一人。

Bowienは、PokPokのAndyRickerと元CastagnaのシェフMattLightnerとともに、2012年をWestCoastersがかつては孤立していたニューヨークのフードシーンを引き継いだ年にするのに役立ちました。ニューヨークタイムズの評論家ピートウェルズ

その他の著名な初めてのフェスターには、「トップシェフ」シーズン4の優勝者であり、Girl&amp the Goat(シカゴ)のシェフであるStephanie Izard、LocandaVerdeとTheDutch(両方ともニューヨーク)のシェフであるAndrewCarmelliniが含まれます。そして、テリンとウェルチは、ペンシルベニア、ジョージア、ケベックから町に向かう他のトップシェフをほのめかしています(最後がモントリオールのジョービーフのデビッドマクミランとフレデリックモーリンであることが判明した場合は、私を二重に興奮させてください)。

&quot今年は&#x27tが壊れた場合は、(多すぎる)年に修正しないでください&#x27&quotウェルチ氏は言います。

つまり、昨年のマーキーイベント(木曜日のサンドイッチインビテーショナルキックオフ、金曜日のナイトマーケット、土曜日のハイコンフォートイベント(今年はマルトノマアスレチッククラブからナインズホテルに移転))がすべて戻ってくる予定です。 。

野心的な北西部のフードフェスティバルが2度目の支援のために戻ってきます

ポートランド地域のさまざまな場所

5月20日発売のチケット

また、シェフのエイプリル・ブルームフィールド(ニューヨークの斑点のある豚)、クリス・コセンティーノ(サンフランシスコのインカント)、ポール・キュイ(オースティンのまだオープンしていないクイ)も戻ってきます。彼らは、2013年に追加されたアーロンバーネット(セントジャック)、ベンジャミンゴンザレス( Nuestra Cocina)、Rick Gencarelli(Lardo)、Justin Woodward(Castagna)、パティシエのKristenD.Murray。

ウェルチとテリンは昨年、印象的なオペレーションを構築し、市内の18の会場で38のイベントに約9,000人(そのうちの約3分の2はオレゴン人)を集め、そのほとんどが売り切れました。このフェスティバルは、2つの飢餓救済慈善団体であるシェアアワーストレングスとパートナーズフォーハンガーフリーオレゴンに約46,000ドルを寄付しました。

&quotWe&#x27dは、チケットを購入したときに得られるものの大きな価値を顧客に示したいと考えています。これまでに見たことのないシェフ、オレゴン州は、食品業界全体で卓越した方法で強調し、チケットの価格は何かになります。 」とウェルチは言います。 「それはフェスティバルに毎年存在する理由を与えます。」

、しかし、その周りに現れた非公式のディナーとコラボレーションでもっと楽しんでしまいました。思い出に残る食事には、オースティンのトップクラスのピットマスターであるフランクリンバーベキューのアーロンフランクリンのブリスケットで作ったラーメン、ナパバレーのクリストファーコストフが調理した忘れられないブランチ、ミシュランの3つ星のメドウッドのポップアップミールが含まれていました。ニューヨークの黄のヒップなBaoHaus。これらの非公式な機会は、ポートランドのフードフェスティバル(サウスバイサウスウエストの食べ物の一種)によって開催された無秩序な約束を果たしているようで、街中でアクセス可能でエキサイティングなイベントが開催されました。

FeastPortlandの共同創設者であるCarrieWelchとMikeThelinは、2013年をフェスティバルと見なしています。

しかし、フェスティバルのよく組織されたビッグイベントでは、シェフがブースに立って一口サイズのサンプルを配っていたため、アメリカのどこでも上演できたように感じました。それは変わらないでしょう。

「Feastを私たちが望む品質レベルに保つには、常にかなりの金額が必要です」とウェルチ氏は言います。 「ナイトマーケットは常に約125ドル、ハイコンフォートは175ドルである必要があります。」

Thelinは、フェスティバルディレクターのEmily Crowleyを含むFeastチームも、非公式のイベントを引き続き奨励すると述べています。

「私たちはそのようなことをどんどんやろうとしています」と彼は言い、彼がまとめるのを手伝ったブリスケットラーメンに言及しました。 「私たちは、人々が大きなイベントの1つを行っていなくても、Feastに参加してほしいと思っています。」

今年は、フェスティバルのスピーカーシリーズのチケットコストが下がり、現在は数日にわたって広がり、ポートランド美術館に移されます。 BonAppétitマガジンとTravelOregonとともに主要なフェスティバルスポンサーであるWholeFoodsは、Feastの土曜日のラインナップの一環として、毎年恒例の肉屋と魚屋のコンテストをディレクターパークに移転しました。そのイベントへの入場は無料になります。そしてこのフェスティバルは、慈善寄付を5万ドル以上に増やすことを目指しているとウェルチ氏は言います。


Mission Chinese Food&#x27s DannyBowienがFeastPortland&#x27s2013のラインナップを見出し

Pix PatisserieのCherylWakerhauserは、昨年の料理祭のキックオフイベントであるFeast Portland SandwichInvitationalでマカロンを配りました。

(オレゴニアン、ダグ・ベグテル)

北西部の野心的な料理イベントであるFeastPortlandの主催者は、いくつかの新しいイベントと最新の訪問シェフの名簿で、フェスティバルの2年目に向けて準備を進めています。

フェスティバルの形式(4日間の飲食)は、今年もほぼ同じです。しかし、主催者は、昨年の饗宴でランクを満たした、尊敬されているシェフのようなまったく新しい乗組員を集めました。本日、フェスティバルの共同創設者であるキャリーウェルチとマイクテリンは、2013年の最初の有名シェフの名前をオレゴニアンだけにリリースしました。

そのリストの一番上にあるのは、サンフランシスコの電気ミッションチャイニーズフードの背後にいる力であるダニーボウイエンです。

そして今日最も需要の高いシェフの一人。

Bowienは、PokPokのAndyRickerと元CastagnaのシェフMattLightnerとともに、2012年をWestCoastersがかつては孤立していたニューヨークのフードシーンを引き継いだ年にするのに役立ちました。ニューヨークタイムズの評論家ピートウェルズ

その他の著名な初めてのフェスターには、「トップシェフ」シーズン4の優勝者であり、Girl&amp the Goat(シカゴ)のシェフであるStephanie Izard、LocandaVerdeとTheDutch(両方ともニューヨーク)のシェフであるAndrewCarmelliniが含まれます。そして、テリンとウェルチは、ペンシルベニア、ジョージア、ケベックから町に向かう他のトップシェフをほのめかしています(最後がモントリオールのジョービーフのデビッドマクミランとフレデリックモーリンであることが判明した場合は、私を二重に興奮させてください)。

&quot今年は&#x27tが壊れた場合は、(多すぎる)年に修正しないでください&#x27&quotウェルチ氏は言います。

つまり、昨年のマーキーイベント(木曜日のサンドイッチインビテーショナルキックオフ、金曜日のナイトマーケット、土曜日のハイコンフォートイベント(今年はマルトノマアスレチッククラブからナインズホテルに移転))がすべて戻ってくる予定です。 。

野心的な北西部のフードフェスティバルが2度目の支援のために戻ってきます

ポートランド地域のさまざまな場所

5月20日発売のチケット

また、シェフのエイプリル・ブルームフィールド(ニューヨークの斑点のある豚)、クリス・コセンティーノ(サンフランシスコのインカント)、ポール・キュイ(オースティンのまだオープンしていないクイ)も戻ってきます。彼らは、2013年に追加されたアーロンバーネット(セントジャック)、ベンジャミンゴンザレス( Nuestra Cocina)、Rick Gencarelli(Lardo)、Justin Woodward(Castagna)、パティシエのKristenD.Murray。

ウェルチとテリンは昨年、印象的なオペレーションを構築し、市内の18の会場で38のイベントに約9,000人(そのうちの約3分の2はオレゴン人)を集め、そのほとんどが売り切れました。このフェスティバルは、2つの飢餓救済慈善団体であるシェアアワーストレングスとパートナーズフォーハンガーフリーオレゴンに約46,000ドルを寄付しました。

&quotWe&#x27dは、チケットを購入したときに得られるものの大きな価値を顧客に示したいと考えています。これまでに見たことのないシェフ、オレゴン州は、食品業界全体で卓越した方法で強調し、チケットの価格は何かになります。 」とウェルチは言います。 「それはフェスティバルに毎年存在する理由を与えます。」

、しかし、その周りに現れた非公式のディナーとコラボレーションでもっと楽しんでしまいました。思い出に残る食事には、オースティンのトップクラスのピットマスターであるフランクリンバーベキューのアーロンフランクリンのブリスケットで作ったラーメン、ナパバレーのクリストファーコストフが調理した忘れられないブランチ、ミシュランの3つ星のメドウッドのポップアップミールが含まれていました。ニューヨークの黄のヒップなBaoHaus。これらの非公式な機会は、ポートランドのフードフェスティバル(サウスバイサウスウエストの食べ物の一種)によって開催された無秩序な約束を果たしているようで、街中でアクセス可能でエキサイティングなイベントが開催されました。

FeastPortlandの共同創設者であるCarrieWelchとMikeThelinは、2013年をフェスティバルと見なしています。

しかし、フェスティバルのよく組織されたビッグイベントでは、シェフがブースに立って一口サイズのサンプルを配っていたため、アメリカのどこでも上演できたように感じました。それは変わらないでしょう。

「Feastを私たちが望む品質レベルに保つには、常にかなりの金額が必要です」とウェルチ氏は言います。 「ナイトマーケットは常に約125ドル、ハイコンフォートは175ドルである必要があります。」

Thelinは、フェスティバルディレクターのEmily Crowleyを含むFeastチームも、非公式のイベントを引き続き奨励すると述べています。

「私たちはそのようなことをどんどんやろうとしています」と彼は言い、彼がまとめるのを手伝ったブリスケットラーメンに言及しました。 「私たちは、人々が大きなイベントの1つを行っていなくても、Feastに参加してほしいと思っています。」

今年は、フェスティバルのスピーカーシリーズのチケットコストが下がり、現在は数日にわたって広がり、ポートランド美術館に移されます。 BonAppétitマガジンとTravelOregonとともに主要なフェスティバルスポンサーであるWholeFoodsは、Feastの土曜日のラインナップの一環として、毎年恒例の肉屋と魚屋のコンテストをディレクターパークに移転しました。そのイベントへの入場は無料になります。そしてこのフェスティバルは、慈善寄付を5万ドル以上に増やすことを目指しているとウェルチ氏は言います。


Mission Chinese Food&#x27s DannyBowienがFeastPortland&#x27s2013のラインナップを見出し

Pix PatisserieのCherylWakerhauserは、昨年の料理祭のキックオフイベントであるFeast Portland SandwichInvitationalでマカロンを配りました。

(オレゴニアン、ダグ・ベグテル)

北西部の野心的な料理イベントであるFeastPortlandの主催者は、いくつかの新しいイベントと最新の訪問シェフの名簿で、フェスティバルの2年目に向けて準備を進めています。

フェスティバルの形式(4日間の飲食)は、今年もほぼ同じです。しかし、主催者は、昨年の饗宴でランクを満たした、尊敬されているシェフのようなまったく新しい乗組員を集めました。本日、フェスティバルの共同創設者であるキャリーウェルチとマイクテリンは、2013年の最初の有名シェフの名前をオレゴニアンだけにリリースしました。

そのリストの一番上にあるのは、サンフランシスコの電気ミッションチャイニーズフードの背後にいる力であるダニーボウイエンです。

そして今日最も需要の高いシェフの一人。

Bowienは、PokPokのAndyRickerと元CastagnaのシェフMattLightnerとともに、2012年をWestCoastersがかつては孤立していたニューヨークのフードシーンを引き継いだ年にするのに役立ちました。ニューヨークタイムズの評論家ピートウェルズ

その他の著名な初めてのフェスターには、「トップシェフ」シーズン4の優勝者であり、Girl&amp the Goat(シカゴ)のシェフであるStephanie Izard、LocandaVerdeとTheDutch(両方ともニューヨーク)のシェフであるAndrewCarmelliniが含まれます。そして、テリンとウェルチは、ペンシルベニア、ジョージア、ケベックから町に向かう他のトップシェフをほのめかしています(最後がモントリオールのジョービーフのデビッドマクミランとフレデリックモーリンであることが判明した場合は、私を二重に興奮させてください)。

&quot今年は&#x27tが壊れた場合は、(多すぎる)年に修正しないでください&#x27&quotウェルチ氏は言います。

つまり、昨年のマーキーイベント(木曜日のサンドイッチインビテーショナルキックオフ、金曜日のナイトマーケット、土曜日のハイコンフォートイベント(今年はマルトノマアスレチッククラブからナインズホテルに移転))がすべて戻ってくる予定です。 。

野心的な北西部のフードフェスティバルが2度目の支援のために戻ってきます

ポートランド地域のさまざまな場所

5月20日発売のチケット

また、シェフのエイプリル・ブルームフィールド(ニューヨークの斑点のある豚)、クリス・コセンティーノ(サンフランシスコのインカント)、ポール・キュイ(オースティンのまだオープンしていないクイ)も戻ってきます。彼らは、2013年に追加されたアーロンバーネット(セントジャック)、ベンジャミンゴンザレス( Nuestra Cocina)、Rick Gencarelli(Lardo)、Justin Woodward(Castagna)、パティシエのKristenD.Murray。

ウェルチとテリンは昨年、印象的なオペレーションを構築し、市内の18の会場で38のイベントに約9,000人(そのうちの約3分の2はオレゴン人)を集め、そのほとんどが売り切れました。このフェスティバルは、2つの飢餓救済慈善団体であるシェアアワーストレングスとパートナーズフォーハンガーフリーオレゴンに約46,000ドルを寄付しました。

&quotWe&#x27dは、チケットを購入したときに得られるものの大きな価値を顧客に示したいと考えています。これまでに見たことのないシェフ、オレゴン州は、食品業界全体で卓越した方法で強調し、チケットの価格は何かになります。 」とウェルチは言います。 「それはフェスティバルに毎年存在する理由を与えます。」

、しかし、その周りに現れた非公式のディナーとコラボレーションでもっと楽しんでしまいました。思い出に残る食事には、オースティンのトップクラスのピットマスターであるフランクリンバーベキューのアーロンフランクリンのブリスケットで作ったラーメン、ナパバレーのクリストファーコストフが調理した忘れられないブランチ、ミシュランの3つ星のメドウッドのポップアップミールが含まれていました。ニューヨークの黄のヒップなBaoHaus。これらの非公式な機会は、ポートランドのフードフェスティバル(サウスバイサウスウエストの食べ物の一種)によって開催された無秩序な約束を果たしているようで、街中でアクセス可能でエキサイティングなイベントが開催されました。

FeastPortlandの共同創設者であるCarrieWelchとMikeThelinは、2013年をフェスティバルと見なしています。

しかし、フェスティバルのよく組織されたビッグイベントでは、シェフがブースに立って一口サイズのサンプルを配っていたため、アメリカのどこでも上演できたように感じました。それは変わらないでしょう。

「Feastを私たちが望む品質レベルに保つには、常にかなりの金額が必要です」とウェルチ氏は言います。 「ナイトマーケットは常に約125ドル、ハイコンフォートは175ドルである必要があります。」

Thelinは、フェスティバルディレクターのEmily Crowleyを含むFeastチームも、非公式のイベントを引き続き奨励すると述べています。

「私たちはそのようなことをどんどんやろうとしています」と彼は言い、彼がまとめるのを手伝ったブリスケットラーメンに言及しました。 「私たちは、人々が大きなイベントの1つを行っていなくても、Feastに参加してほしいと思っています。」

今年は、フェスティバルのスピーカーシリーズのチケットコストが下がり、現在は数日にわたって広がり、ポートランド美術館に移されます。 BonAppétitマガジンとTravelOregonとともに主要なフェスティバルスポンサーであるWholeFoodsは、Feastの土曜日のラインナップの一環として、毎年恒例の肉屋と魚屋のコンテストをディレクターパークに移転しました。そのイベントへの入場は無料になります。そしてこのフェスティバルは、慈善寄付を5万ドル以上に増やすことを目指しているとウェルチ氏は言います。


Mission Chinese Food&#x27s DannyBowienがFeastPortland&#x27s2013のラインナップを見出し

Pix PatisserieのCherylWakerhauserは、昨年の料理祭のキックオフイベントであるFeast Portland SandwichInvitationalでマカロンを配りました。

(オレゴニアン、ダグ・ベグテル)

北西部の野心的な料理イベントであるFeastPortlandの主催者は、いくつかの新しいイベントと最新の訪問シェフの名簿で、フェスティバルの2年目に向けて準備を進めています。

フェスティバルの形式(4日間の飲食)は、今年もほぼ同じです。しかし、主催者は、昨年の饗宴でランクを満たした、尊敬されているシェフのようなまったく新しい乗組員を集めました。本日、フェスティバルの共同創設者であるキャリーウェルチとマイクテリンは、2013年の最初の有名シェフの名前をオレゴニアンだけにリリースしました。

そのリストの一番上にあるのは、サンフランシスコの電気ミッションチャイニーズフードの背後にいる力であるダニーボウイエンです。

そして今日最も需要の高いシェフの一人。

Bowienは、PokPokのAndyRickerと元CastagnaのシェフMattLightnerとともに、2012年をWestCoastersがかつては孤立していたニューヨークのフードシーンを引き継いだ年にするのに役立ちました。ニューヨークタイムズの評論家ピートウェルズ

その他の著名な初めてのフェスターには、「トップシェフ」シーズン4の優勝者であり、Girl&amp the Goat(シカゴ)のシェフであるStephanie Izard、LocandaVerdeとTheDutch(両方ともニューヨーク)のシェフであるAndrewCarmelliniが含まれます。そして、テリンとウェルチは、ペンシルベニア、ジョージア、ケベックから町に向かう他のトップシェフをほのめかしています(最後がモントリオールのジョービーフのデビッドマクミランとフレデリックモーリンであることが判明した場合は、私を二重に興奮させてください)。

&quot今年は&#x27tが壊れた場合は、(多すぎる)年に修正しないでください&#x27&quotウェルチ氏は言います。

つまり、昨年のマーキーイベント(木曜日のサンドイッチインビテーショナルキックオフ、金曜日のナイトマーケット、土曜日のハイコンフォートイベント(今年はマルトノマアスレチッククラブからナインズホテルに移転))がすべて戻ってくる予定です。 。

野心的な北西部のフードフェスティバルが2度目の支援のために戻ってきます

ポートランド地域のさまざまな場所

5月20日発売のチケット

また、シェフのエイプリル・ブルームフィールド(ニューヨークの斑点のある豚)、クリス・コセンティーノ(サンフランシスコのインカント)、ポール・キュイ(オースティンのまだオープンしていないクイ)も戻ってきます。彼らは、2013年に追加されたアーロンバーネット(セントジャック)、ベンジャミンゴンザレス( Nuestra Cocina)、Rick Gencarelli(Lardo)、Justin Woodward(Castagna)、パティシエのKristenD.Murray。

ウェルチとテリンは昨年、印象的なオペレーションを構築し、市内の18の会場で38のイベントに約9,000人(そのうちの約3分の2はオレゴン人)を集め、そのほとんどが売り切れました。このフェスティバルは、2つの飢餓救済慈善団体であるシェアアワーストレングスとパートナーズフォーハンガーフリーオレゴンに約46,000ドルを寄付しました。

&quotWe&#x27dは、チケットを購入したときに得られるものの大きな価値を顧客に示したいと考えています。これまでに見たことのないシェフ、オレゴン州は、食品業界全体で卓越した方法で強調し、チケットの価格は何かになります。 」とウェルチは言います。 「それはフェスティバルに毎年存在する理由を与えます。」

、しかし、その周りに現れた非公式のディナーとコラボレーションでもっと楽しんでしまいました。思い出に残る食事には、オースティンのトップクラスのピットマスターであるフランクリンバーベキューのアーロンフランクリンのブリスケットで作ったラーメン、ナパバレーのクリストファーコストフが調理した忘れられないブランチ、ミシュランの3つ星のメドウッドのポップアップミールが含まれていました。ニューヨークの黄のヒップなBaoHaus。これらの非公式な機会は、ポートランドのフードフェスティバル(サウスバイサウスウエストの食べ物の一種)によって開催された無秩序な約束を果たしているようで、街中でアクセス可能でエキサイティングなイベントが開催されました。

FeastPortlandの共同創設者であるCarrieWelchとMikeThelinは、2013年をフェスティバルと見なしています。

しかし、フェスティバルのよく組織されたビッグイベントでは、シェフがブースに立って一口サイズのサンプルを配っていたため、アメリカのどこでも上演できたように感じました。それは変わらないでしょう。

「Feastを私たちが望む品質レベルに保つには、常にかなりの金額が必要です」とウェルチ氏は言います。 「ナイトマーケットは常に約125ドル、ハイコンフォートは175ドルである必要があります。」

Thelinは、フェスティバルディレクターのEmily Crowleyを含むFeastチームも、非公式のイベントを引き続き奨励すると述べています。

「私たちはそのようなことをどんどんやろうとしています」と彼は言い、彼がまとめるのを手伝ったブリスケットラーメンに言及しました。 「私たちは、人々が大きなイベントの1つを行っていなくても、Feastに参加してほしいと思っています。」

今年は、フェスティバルのスピーカーシリーズのチケットコストが下がり、現在は数日にわたって広がり、ポートランド美術館に移されます。 BonAppétitマガジンとTravelOregonとともに主要なフェスティバルスポンサーであるWholeFoodsは、Feastの土曜日のラインナップの一環として、毎年恒例の肉屋と魚屋のコンテストをディレクターパークに移転しました。そのイベントへの入場は無料になります。そしてこのフェスティバルは、慈善寄付を5万ドル以上に増やすことを目指しているとウェルチ氏は言います。


Mission Chinese Food&#x27s DannyBowienがFeastPortland&#x27s2013のラインナップを見出し

Pix PatisserieのCherylWakerhauserは、昨年の料理祭のキックオフイベントであるFeast Portland SandwichInvitationalでマカロンを配りました。

(オレゴニアン、ダグ・ベグテル)

北西部の野心的な料理イベントであるFeastPortlandの主催者は、いくつかの新しいイベントと最新の訪問シェフの名簿で、フェスティバルの2年目に向けて準備を進めています。

フェスティバルの形式(4日間の飲食)は、今年もほぼ同じです。しかし、主催者は、昨年の饗宴でランクを満たした、尊敬されているシェフのようなまったく新しい乗組員を集めました。本日、フェスティバルの共同創設者であるキャリーウェルチとマイクテリンは、2013年の最初の有名シェフの名前をオレゴニアンだけにリリースしました。

そのリストの一番上にあるのは、サンフランシスコの電気ミッションチャイニーズフードの背後にいる力であるダニーボウイエンです。

そして今日最も需要の高いシェフの一人。

Bowienは、PokPokのAndyRickerと元CastagnaのシェフMattLightnerとともに、2012年をWestCoastersがかつては孤立していたニューヨークのフードシーンを引き継いだ年にするのに役立ちました。ニューヨークタイムズの評論家ピートウェルズ

その他の著名な初めてのフェスターには、「トップシェフ」シーズン4の優勝者であり、Girl&amp the Goat(シカゴ)のシェフであるStephanie Izard、LocandaVerdeとTheDutch(両方ともニューヨーク)のシェフであるAndrewCarmelliniが含まれます。そして、テリンとウェルチは、ペンシルベニア、ジョージア、ケベックから町に向かう他のトップシェフをほのめかしています(最後がモントリオールのジョービーフのデビッドマクミランとフレデリックモーリンであることが判明した場合は、私を二重に興奮させてください)。

&quot今年は&#x27tが壊れた場合は、(多すぎる)年に修正しないでください&#x27&quotウェルチ氏は言います。

つまり、昨年のマーキーイベント(木曜日のサンドイッチインビテーショナルキックオフ、金曜日のナイトマーケット、土曜日のハイコンフォートイベント(今年はマルトノマアスレチッククラブからナインズホテルに移転))がすべて戻ってくる予定です。 。

野心的な北西部のフードフェスティバルが2度目の支援のために戻ってきます

ポートランド地域のさまざまな場所

5月20日発売のチケット

また、シェフのエイプリル・ブルームフィールド(ニューヨークの斑点のある豚)、クリス・コセンティーノ(サンフランシスコのインカント)、ポール・キュイ(オースティンのまだオープンしていないクイ)も戻ってきます。彼らは、2013年に追加されたアーロンバーネット(セントジャック)、ベンジャミンゴンザレス( Nuestra Cocina)、Rick Gencarelli(Lardo)、Justin Woodward(Castagna)、パティシエのKristenD.Murray。

ウェルチとテリンは昨年、印象的なオペレーションを構築し、市内の18の会場で38のイベントに約9,000人(そのうちの約3分の2はオレゴン人)を集め、そのほとんどが売り切れました。このフェスティバルは、2つの飢餓救済慈善団体であるシェアアワーストレングスとパートナーズフォーハンガーフリーオレゴンに約46,000ドルを寄付しました。

&quotWe&#x27dは、チケットを購入したときに得られるものの大きな価値を顧客に示したいと考えています。これまでに見たことのないシェフ、オレゴン州は、食品業界全体で卓越した方法で強調し、チケットの価格は何かになります。 」とウェルチは言います。 「それはフェスティバルに毎年存在する理由を与えます。」

、しかし、その周りに現れた非公式のディナーとコラボレーションでもっと楽しんでしまいました。思い出に残る食事には、オースティンのトップクラスのピットマスターであるフランクリンバーベキューのアーロンフランクリンのブリスケットで作ったラーメン、ナパバレーのクリストファーコストフが調理した忘れられないブランチ、ミシュランの3つ星のメドウッドのポップアップミールが含まれていました。ニューヨークの黄のヒップなBaoHaus。これらの非公式な機会は、ポートランドのフードフェスティバル(サウスバイサウスウエストの食べ物の一種)によって開催された無秩序な約束を果たしているようで、街中でアクセス可能でエキサイティングなイベントが開催されました。

FeastPortlandの共同創設者であるCarrieWelchとMikeThelinは、2013年をフェスティバルと見なしています。

しかし、フェスティバルのよく組織されたビッグイベントでは、シェフがブースに立って一口サイズのサンプルを配っていたため、アメリカのどこでも上演できたように感じました。それは変わらないでしょう。

「Feastを私たちが望む品質レベルに保つには、常にかなりの金額が必要です」とウェルチ氏は言います。 「ナイトマーケットは常に約125ドル、ハイコンフォートは175ドルである必要があります。」

Thelinは、フェスティバルディレクターのEmily Crowleyを含むFeastチームも、非公式のイベントを引き続き奨励すると述べています。

「私たちはそのようなことをどんどんやろうとしています」と彼は言い、彼がまとめるのを手伝ったブリスケットラーメンに言及しました。 「私たちは、人々が大きなイベントの1つを行っていなくても、Feastに参加してほしいと思っています。」

今年は、フェスティバルのスピーカーシリーズのチケットコストが下がり、現在は数日にわたって広がり、ポートランド美術館に移されます。 BonAppétitマガジンとTravelOregonとともに主要なフェスティバルスポンサーであるWholeFoodsは、Feastの土曜日のラインナップの一環として、毎年恒例の肉屋と魚屋のコンテストをディレクターパークに移転しました。そのイベントへの入場は無料になります。そしてこのフェスティバルは、慈善寄付を5万ドル以上に増やすことを目指しているとウェルチ氏は言います。


Mission Chinese Food&#x27s DannyBowienがFeastPortland&#x27s2013のラインナップを見出し

Pix PatisserieのCherylWakerhauserは、昨年の料理祭のキックオフイベントであるFeast Portland SandwichInvitationalでマカロンを配りました。

(オレゴニアン、ダグ・ベグテル)

北西部の野心的な料理イベントであるFeastPortlandの主催者は、いくつかの新しいイベントと最新の訪問シェフの名簿で、フェスティバルの2年目に向けて準備を進めています。

フェスティバルの形式(4日間の飲食)は、今年もほぼ同じです。しかし、主催者は、昨年の饗宴でランクを満たした、尊敬されているシェフのようなまったく新しい乗組員を集めました。本日、フェスティバルの共同創設者であるキャリーウェルチとマイクテリンは、2013年の最初の有名シェフの名前をオレゴニアンだけにリリースしました。

そのリストの一番上にあるのは、サンフランシスコの電気ミッションチャイニーズフードの背後にいる力であるダニーボウイエンです。

そして今日最も需要の高いシェフの一人。

Bowienは、PokPokのAndyRickerと元CastagnaのシェフMattLightnerとともに、2012年をWestCoastersがかつては孤立していたニューヨークのフードシーンを引き継いだ年にするのに役立ちました。ニューヨークタイムズの評論家ピートウェルズ

その他の著名な初めてのフェスターには、「トップシェフ」シーズン4の優勝者であり、Girl&amp the Goat(シカゴ)のシェフであるStephanie Izard、LocandaVerdeとTheDutch(両方ともニューヨーク)のシェフであるAndrewCarmelliniが含まれます。そして、テリンとウェルチは、ペンシルベニア、ジョージア、ケベックから町に向かう他のトップシェフをほのめかしています(最後がモントリオールのジョービーフのデビッドマクミランとフレデリックモーリンであることが判明した場合は、私を二重に興奮させてください)。

&quot今年は&#x27tが壊れた場合は、(多すぎる)年に修正しないでください&#x27&quotウェルチ氏は言います。

つまり、昨年のマーキーイベント(木曜日のサンドイッチインビテーショナルキックオフ、金曜日のナイトマーケット、土曜日のハイコンフォートイベント(今年はマルトノマアスレチッククラブからナインズホテルに移転))がすべて戻ってくる予定です。 。

野心的な北西部のフードフェスティバルが2度目の支援のために戻ってきます

ポートランド地域のさまざまな場所

5月20日発売のチケット

Also returning are chefs April Bloomfield (the Spotted Pig, New York), Chris Cosentino (Incanto, San Francisco) and Paul Qui (the yet-to-open Qui, Austin). They will join a who's who of Portland chefs -- think Andy Ricker (Pok Pok), Naomi Pomeroy (Beast), Gabriel Rucker (Le Pigeon) -- along with 2013 additions Aaron Barnett (St. Jack), Benjamin Gonzales (Nuestra Cocina), Rick Gencarelli (Lardo), Justin Woodward (Castagna) and pastry chef Kristen D. Murray.

Welch and Thelin built an impressive operation last year, drawing about 9,000 people -- about two-thirds of them Oregonians -- for 38 events at 18 venues across the city, most of which sold out. The festival donated about $46,000 to two hunger-relief charities, Share Our Strength and Partners for a Hunger Free Oregon.

"Weɽ like to show the customers the massive value of what they get when they buy a ticket: chefs you've never seen before, Oregon highlighted in a way that's unsurpassed throughout the food industry and a ticket price that goes to something," Welch says. "It gives the festival a reason for being, year after year."

, but ended up having more fun at the unofficial dinners and collaborations that popped up around it. Memorable meals included a ramen at Boke Bowl made with brisket from top-rated Austin pitmaster Aaron Franklin of Franklin Barbecue, an unforgettable brunch cooked by Christopher Kostow of Napa Valley's three-Michelin-starred Meadowood, and a pop-up meal from Eddie Huang of New York's hip BaoHaus. These less-formal occasions seemed to fulfill the anarchic promise held by a Portland food festival -- a sort of South by Southwest for food -- with accessible, exciting events happening all across the city.

Feast Portland co-founders Carrie Welch and Mike Thelin see 2013 as the festival's âif it ainât broke, donât fix it (too much) year.â

But the festival's well-organized tent-pole events, with their chefs standing in booths handing out bite-size samples, felt like they could have been staged anywhere in America -- and that's not likely to change.

"It is always going to take a fair amount of money to keep Feast at the quality level that we want," Welch says. "There will always have to be a Night Market at about $125 and a High Comfort at $175."

Thelin says the Feast team, which includes Festival Director Emily Crowley, will continue to encourage unofficial events, too.

"We're going to try to do more and more stuff like that," he says, referring to the brisket ramen, which he helped put together. "We want people to take part in Feast even if they're not doing one of the big events."

This year will bring lower ticket costs for the festival's speaker series, now spread over several days and moved to the Portland Art Museum. Whole Foods, a major festival sponsor along with Bon Appétit magazine and Travel Oregon, has relocated its annual butcher and fishmonger competitions to Director Park as part of Feast's Saturday lineup. Admission to that event will be free. And the festival will aim to raise its charitable donation to more than $50,000, Welch says..


Mission Chinese Food's Danny Bowien headlines Feast Portland's 2013 lineup

Pix Patisserie's Cheryl Wakerhauser passes out macarons at last year's Feast Portland Sandwich Invitational, the culinary festival's kickoff event.

(Doug Beghtel, The Oregonian)

Organizers for Feast Portland, the Northwest's ambitious culinary event, are gearing up for the festival's second year with a few new events and an updated roster of visiting chefs.

The festival's format -- four days of eating and drinking -- will stay mostly the same this year. But organizers have gathered a whole new crew of the kind of respected chef's chefs that filled the ranks at last year's Feast. Today, festival co-founders Carrie Welch and Mike Thelin released the first big-time chef names for 2013, exclusively to The Oregonian .

At the top of that list is Danny Bowien, the force behind San Francisco's electric Mission Chinese Food, the recent

and one of the most in-demand chefs today.

Bowien, along with Pok Pok's Andy Ricker and former Castagna chef Matt Lightner, helped make 2012 the year West Coasters took over the once insular New York food scene. New York Times critic Pete Wells

Other prominent first-time Feasters include Stephanie Izard, the winner of "Top Chef" Season 4 and chef at the Girl & the Goat (Chicago), and Andrew Carmellini, chef at Locanda Verde and The Dutch (both in New York). And Thelin and Welch hint at other top chefs heading into town from Pennsylvania, Georgia and Quebec (if the last proves to be David McMillan and Frédéric Morins of Montreal's Joe Beef, count me doubly excited).

"We view this year as the 'If it ain't broke, don't fix it (too much) year,'" Welch says.

That means last year's marquee events -- Thursday's Sandwich Invitational kickoff, Friday's Night Market and Saturday's High Comfort event (moved this year from the Multnomah Athletic Club to the Nines hotel) -- are all slated to return.

The ambitious Northwest food festival returns for a second helping

Various Portland-area locations

Tickets on sale May 20 at

Also returning are chefs April Bloomfield (the Spotted Pig, New York), Chris Cosentino (Incanto, San Francisco) and Paul Qui (the yet-to-open Qui, Austin). They will join a who's who of Portland chefs -- think Andy Ricker (Pok Pok), Naomi Pomeroy (Beast), Gabriel Rucker (Le Pigeon) -- along with 2013 additions Aaron Barnett (St. Jack), Benjamin Gonzales (Nuestra Cocina), Rick Gencarelli (Lardo), Justin Woodward (Castagna) and pastry chef Kristen D. Murray.

Welch and Thelin built an impressive operation last year, drawing about 9,000 people -- about two-thirds of them Oregonians -- for 38 events at 18 venues across the city, most of which sold out. The festival donated about $46,000 to two hunger-relief charities, Share Our Strength and Partners for a Hunger Free Oregon.

"Weɽ like to show the customers the massive value of what they get when they buy a ticket: chefs you've never seen before, Oregon highlighted in a way that's unsurpassed throughout the food industry and a ticket price that goes to something," Welch says. "It gives the festival a reason for being, year after year."

, but ended up having more fun at the unofficial dinners and collaborations that popped up around it. Memorable meals included a ramen at Boke Bowl made with brisket from top-rated Austin pitmaster Aaron Franklin of Franklin Barbecue, an unforgettable brunch cooked by Christopher Kostow of Napa Valley's three-Michelin-starred Meadowood, and a pop-up meal from Eddie Huang of New York's hip BaoHaus. These less-formal occasions seemed to fulfill the anarchic promise held by a Portland food festival -- a sort of South by Southwest for food -- with accessible, exciting events happening all across the city.

Feast Portland co-founders Carrie Welch and Mike Thelin see 2013 as the festival's âif it ainât broke, donât fix it (too much) year.â

But the festival's well-organized tent-pole events, with their chefs standing in booths handing out bite-size samples, felt like they could have been staged anywhere in America -- and that's not likely to change.

"It is always going to take a fair amount of money to keep Feast at the quality level that we want," Welch says. "There will always have to be a Night Market at about $125 and a High Comfort at $175."

Thelin says the Feast team, which includes Festival Director Emily Crowley, will continue to encourage unofficial events, too.

"We're going to try to do more and more stuff like that," he says, referring to the brisket ramen, which he helped put together. "We want people to take part in Feast even if they're not doing one of the big events."

This year will bring lower ticket costs for the festival's speaker series, now spread over several days and moved to the Portland Art Museum. Whole Foods, a major festival sponsor along with Bon Appétit magazine and Travel Oregon, has relocated its annual butcher and fishmonger competitions to Director Park as part of Feast's Saturday lineup. Admission to that event will be free. And the festival will aim to raise its charitable donation to more than $50,000, Welch says..


Mission Chinese Food's Danny Bowien headlines Feast Portland's 2013 lineup

Pix Patisserie's Cheryl Wakerhauser passes out macarons at last year's Feast Portland Sandwich Invitational, the culinary festival's kickoff event.

(Doug Beghtel, The Oregonian)

Organizers for Feast Portland, the Northwest's ambitious culinary event, are gearing up for the festival's second year with a few new events and an updated roster of visiting chefs.

The festival's format -- four days of eating and drinking -- will stay mostly the same this year. But organizers have gathered a whole new crew of the kind of respected chef's chefs that filled the ranks at last year's Feast. Today, festival co-founders Carrie Welch and Mike Thelin released the first big-time chef names for 2013, exclusively to The Oregonian .

At the top of that list is Danny Bowien, the force behind San Francisco's electric Mission Chinese Food, the recent

and one of the most in-demand chefs today.

Bowien, along with Pok Pok's Andy Ricker and former Castagna chef Matt Lightner, helped make 2012 the year West Coasters took over the once insular New York food scene. New York Times critic Pete Wells

Other prominent first-time Feasters include Stephanie Izard, the winner of "Top Chef" Season 4 and chef at the Girl & the Goat (Chicago), and Andrew Carmellini, chef at Locanda Verde and The Dutch (both in New York). And Thelin and Welch hint at other top chefs heading into town from Pennsylvania, Georgia and Quebec (if the last proves to be David McMillan and Frédéric Morins of Montreal's Joe Beef, count me doubly excited).

"We view this year as the 'If it ain't broke, don't fix it (too much) year,'" Welch says.

That means last year's marquee events -- Thursday's Sandwich Invitational kickoff, Friday's Night Market and Saturday's High Comfort event (moved this year from the Multnomah Athletic Club to the Nines hotel) -- are all slated to return.

The ambitious Northwest food festival returns for a second helping

Various Portland-area locations

Tickets on sale May 20 at

Also returning are chefs April Bloomfield (the Spotted Pig, New York), Chris Cosentino (Incanto, San Francisco) and Paul Qui (the yet-to-open Qui, Austin). They will join a who's who of Portland chefs -- think Andy Ricker (Pok Pok), Naomi Pomeroy (Beast), Gabriel Rucker (Le Pigeon) -- along with 2013 additions Aaron Barnett (St. Jack), Benjamin Gonzales (Nuestra Cocina), Rick Gencarelli (Lardo), Justin Woodward (Castagna) and pastry chef Kristen D. Murray.

Welch and Thelin built an impressive operation last year, drawing about 9,000 people -- about two-thirds of them Oregonians -- for 38 events at 18 venues across the city, most of which sold out. The festival donated about $46,000 to two hunger-relief charities, Share Our Strength and Partners for a Hunger Free Oregon.

"Weɽ like to show the customers the massive value of what they get when they buy a ticket: chefs you've never seen before, Oregon highlighted in a way that's unsurpassed throughout the food industry and a ticket price that goes to something," Welch says. "It gives the festival a reason for being, year after year."

, but ended up having more fun at the unofficial dinners and collaborations that popped up around it. Memorable meals included a ramen at Boke Bowl made with brisket from top-rated Austin pitmaster Aaron Franklin of Franklin Barbecue, an unforgettable brunch cooked by Christopher Kostow of Napa Valley's three-Michelin-starred Meadowood, and a pop-up meal from Eddie Huang of New York's hip BaoHaus. These less-formal occasions seemed to fulfill the anarchic promise held by a Portland food festival -- a sort of South by Southwest for food -- with accessible, exciting events happening all across the city.

Feast Portland co-founders Carrie Welch and Mike Thelin see 2013 as the festival's âif it ainât broke, donât fix it (too much) year.â

But the festival's well-organized tent-pole events, with their chefs standing in booths handing out bite-size samples, felt like they could have been staged anywhere in America -- and that's not likely to change.

"It is always going to take a fair amount of money to keep Feast at the quality level that we want," Welch says. "There will always have to be a Night Market at about $125 and a High Comfort at $175."

Thelin says the Feast team, which includes Festival Director Emily Crowley, will continue to encourage unofficial events, too.

"We're going to try to do more and more stuff like that," he says, referring to the brisket ramen, which he helped put together. "We want people to take part in Feast even if they're not doing one of the big events."

This year will bring lower ticket costs for the festival's speaker series, now spread over several days and moved to the Portland Art Museum. Whole Foods, a major festival sponsor along with Bon Appétit magazine and Travel Oregon, has relocated its annual butcher and fishmonger competitions to Director Park as part of Feast's Saturday lineup. Admission to that event will be free. And the festival will aim to raise its charitable donation to more than $50,000, Welch says..


Mission Chinese Food's Danny Bowien headlines Feast Portland's 2013 lineup

Pix Patisserie's Cheryl Wakerhauser passes out macarons at last year's Feast Portland Sandwich Invitational, the culinary festival's kickoff event.

(Doug Beghtel, The Oregonian)

Organizers for Feast Portland, the Northwest's ambitious culinary event, are gearing up for the festival's second year with a few new events and an updated roster of visiting chefs.

The festival's format -- four days of eating and drinking -- will stay mostly the same this year. But organizers have gathered a whole new crew of the kind of respected chef's chefs that filled the ranks at last year's Feast. Today, festival co-founders Carrie Welch and Mike Thelin released the first big-time chef names for 2013, exclusively to The Oregonian .

At the top of that list is Danny Bowien, the force behind San Francisco's electric Mission Chinese Food, the recent

and one of the most in-demand chefs today.

Bowien, along with Pok Pok's Andy Ricker and former Castagna chef Matt Lightner, helped make 2012 the year West Coasters took over the once insular New York food scene. New York Times critic Pete Wells

Other prominent first-time Feasters include Stephanie Izard, the winner of "Top Chef" Season 4 and chef at the Girl & the Goat (Chicago), and Andrew Carmellini, chef at Locanda Verde and The Dutch (both in New York). And Thelin and Welch hint at other top chefs heading into town from Pennsylvania, Georgia and Quebec (if the last proves to be David McMillan and Frédéric Morins of Montreal's Joe Beef, count me doubly excited).

"We view this year as the 'If it ain't broke, don't fix it (too much) year,'" Welch says.

That means last year's marquee events -- Thursday's Sandwich Invitational kickoff, Friday's Night Market and Saturday's High Comfort event (moved this year from the Multnomah Athletic Club to the Nines hotel) -- are all slated to return.

The ambitious Northwest food festival returns for a second helping

Various Portland-area locations

Tickets on sale May 20 at

Also returning are chefs April Bloomfield (the Spotted Pig, New York), Chris Cosentino (Incanto, San Francisco) and Paul Qui (the yet-to-open Qui, Austin). They will join a who's who of Portland chefs -- think Andy Ricker (Pok Pok), Naomi Pomeroy (Beast), Gabriel Rucker (Le Pigeon) -- along with 2013 additions Aaron Barnett (St. Jack), Benjamin Gonzales (Nuestra Cocina), Rick Gencarelli (Lardo), Justin Woodward (Castagna) and pastry chef Kristen D. Murray.

Welch and Thelin built an impressive operation last year, drawing about 9,000 people -- about two-thirds of them Oregonians -- for 38 events at 18 venues across the city, most of which sold out. The festival donated about $46,000 to two hunger-relief charities, Share Our Strength and Partners for a Hunger Free Oregon.

"Weɽ like to show the customers the massive value of what they get when they buy a ticket: chefs you've never seen before, Oregon highlighted in a way that's unsurpassed throughout the food industry and a ticket price that goes to something," Welch says. "It gives the festival a reason for being, year after year."

, but ended up having more fun at the unofficial dinners and collaborations that popped up around it. Memorable meals included a ramen at Boke Bowl made with brisket from top-rated Austin pitmaster Aaron Franklin of Franklin Barbecue, an unforgettable brunch cooked by Christopher Kostow of Napa Valley's three-Michelin-starred Meadowood, and a pop-up meal from Eddie Huang of New York's hip BaoHaus. These less-formal occasions seemed to fulfill the anarchic promise held by a Portland food festival -- a sort of South by Southwest for food -- with accessible, exciting events happening all across the city.

Feast Portland co-founders Carrie Welch and Mike Thelin see 2013 as the festival's âif it ainât broke, donât fix it (too much) year.â

But the festival's well-organized tent-pole events, with their chefs standing in booths handing out bite-size samples, felt like they could have been staged anywhere in America -- and that's not likely to change.

"It is always going to take a fair amount of money to keep Feast at the quality level that we want," Welch says. "There will always have to be a Night Market at about $125 and a High Comfort at $175."

Thelin says the Feast team, which includes Festival Director Emily Crowley, will continue to encourage unofficial events, too.

"We're going to try to do more and more stuff like that," he says, referring to the brisket ramen, which he helped put together. "We want people to take part in Feast even if they're not doing one of the big events."

This year will bring lower ticket costs for the festival's speaker series, now spread over several days and moved to the Portland Art Museum. Whole Foods, a major festival sponsor along with Bon Appétit magazine and Travel Oregon, has relocated its annual butcher and fishmonger competitions to Director Park as part of Feast's Saturday lineup. Admission to that event will be free. And the festival will aim to raise its charitable donation to more than $50,000, Welch says..


Mission Chinese Food's Danny Bowien headlines Feast Portland's 2013 lineup

Pix Patisserie's Cheryl Wakerhauser passes out macarons at last year's Feast Portland Sandwich Invitational, the culinary festival's kickoff event.

(Doug Beghtel, The Oregonian)

Organizers for Feast Portland, the Northwest's ambitious culinary event, are gearing up for the festival's second year with a few new events and an updated roster of visiting chefs.

The festival's format -- four days of eating and drinking -- will stay mostly the same this year. But organizers have gathered a whole new crew of the kind of respected chef's chefs that filled the ranks at last year's Feast. Today, festival co-founders Carrie Welch and Mike Thelin released the first big-time chef names for 2013, exclusively to The Oregonian .

At the top of that list is Danny Bowien, the force behind San Francisco's electric Mission Chinese Food, the recent

and one of the most in-demand chefs today.

Bowien, along with Pok Pok's Andy Ricker and former Castagna chef Matt Lightner, helped make 2012 the year West Coasters took over the once insular New York food scene. New York Times critic Pete Wells

Other prominent first-time Feasters include Stephanie Izard, the winner of "Top Chef" Season 4 and chef at the Girl & the Goat (Chicago), and Andrew Carmellini, chef at Locanda Verde and The Dutch (both in New York). And Thelin and Welch hint at other top chefs heading into town from Pennsylvania, Georgia and Quebec (if the last proves to be David McMillan and Frédéric Morins of Montreal's Joe Beef, count me doubly excited).

"We view this year as the 'If it ain't broke, don't fix it (too much) year,'" Welch says.

That means last year's marquee events -- Thursday's Sandwich Invitational kickoff, Friday's Night Market and Saturday's High Comfort event (moved this year from the Multnomah Athletic Club to the Nines hotel) -- are all slated to return.

The ambitious Northwest food festival returns for a second helping

Various Portland-area locations

Tickets on sale May 20 at

Also returning are chefs April Bloomfield (the Spotted Pig, New York), Chris Cosentino (Incanto, San Francisco) and Paul Qui (the yet-to-open Qui, Austin). They will join a who's who of Portland chefs -- think Andy Ricker (Pok Pok), Naomi Pomeroy (Beast), Gabriel Rucker (Le Pigeon) -- along with 2013 additions Aaron Barnett (St. Jack), Benjamin Gonzales (Nuestra Cocina), Rick Gencarelli (Lardo), Justin Woodward (Castagna) and pastry chef Kristen D. Murray.

Welch and Thelin built an impressive operation last year, drawing about 9,000 people -- about two-thirds of them Oregonians -- for 38 events at 18 venues across the city, most of which sold out. The festival donated about $46,000 to two hunger-relief charities, Share Our Strength and Partners for a Hunger Free Oregon.

"Weɽ like to show the customers the massive value of what they get when they buy a ticket: chefs you've never seen before, Oregon highlighted in a way that's unsurpassed throughout the food industry and a ticket price that goes to something," Welch says. "It gives the festival a reason for being, year after year."

, but ended up having more fun at the unofficial dinners and collaborations that popped up around it. Memorable meals included a ramen at Boke Bowl made with brisket from top-rated Austin pitmaster Aaron Franklin of Franklin Barbecue, an unforgettable brunch cooked by Christopher Kostow of Napa Valley's three-Michelin-starred Meadowood, and a pop-up meal from Eddie Huang of New York's hip BaoHaus. These less-formal occasions seemed to fulfill the anarchic promise held by a Portland food festival -- a sort of South by Southwest for food -- with accessible, exciting events happening all across the city.

Feast Portland co-founders Carrie Welch and Mike Thelin see 2013 as the festival's âif it ainât broke, donât fix it (too much) year.â

But the festival's well-organized tent-pole events, with their chefs standing in booths handing out bite-size samples, felt like they could have been staged anywhere in America -- and that's not likely to change.

"It is always going to take a fair amount of money to keep Feast at the quality level that we want," Welch says. "There will always have to be a Night Market at about $125 and a High Comfort at $175."

Thelin says the Feast team, which includes Festival Director Emily Crowley, will continue to encourage unofficial events, too.

"We're going to try to do more and more stuff like that," he says, referring to the brisket ramen, which he helped put together. "We want people to take part in Feast even if they're not doing one of the big events."

This year will bring lower ticket costs for the festival's speaker series, now spread over several days and moved to the Portland Art Museum. Whole Foods, a major festival sponsor along with Bon Appétit magazine and Travel Oregon, has relocated its annual butcher and fishmonger competitions to Director Park as part of Feast's Saturday lineup. Admission to that event will be free. And the festival will aim to raise its charitable donation to more than $50,000, Welch says..