他の

中国の研究者がGMO米の生産を推進


中国の学者たちは反対に直面してGMO米の生産を推進している

ウィキメディア/ Wsj

中国の学者は、中国のGMO米産業は米国のそれよりはるかに遅れていると言います。

61人の中国人学者のグループが、中国での遺伝子組み換え米の工業生産を推進する政府への共同書簡を書いたが、誰もが改変米にそれほど夢中になっているわけではない。

5月から中国各地でトランスジェニック米の試食会が開催され、コンジ、月餅、米菓子などの改良米を使った製品のサンプルが提供され、米が安全で健康的であり、味わいがあることを人々に納得させることができます。ご飯を期待してください。

ウォントチャイナタイムズによると、華中農業大学のチャン・キファ教授は、彼が11年間取り組んできた2種類の遺伝子組み換え米は、2009年に政府によって認可されたが、それらの認可は来年期限切れになり、許可するシステムがまだ整っていないと述べた。米の工業生産のために。張氏によると、工業用米生産の生産許可や事業許可へのアクセスを許可するシステムがなく、産業を促進するための戦略が実施されていないため、生産は不可能でした。中国は遺伝子組み換え米の生産において米国に匹敵する技術的能力を持っているが、米国のGMO米産業ははるかに進んでいると彼は述べた。

しかし、中国の多くの人々は、遺伝子組み換え食品に対してより批判的になっているため、その分野で遅れをとっていても大丈夫です。

グリーンピースのスポークスマンYuJiangliは、遺伝子組み換え米の商業産業は、中国の伝統的な稲作の終焉を意味すると述べています。彼はまた、米を食べる人々の健康への影響はまだ知られていないと言います。中国のインターネットコメンテーターの多くは、Yuの警戒心を共有しています。

「彼らの家族に、それを促進するために立ち上がる前に、最初に20年間トランスジェニック米を食べるように言ってください!」あるネチズンは不平を言った。


専門家はGM食品に関するより多くのデータを求めています

農業専門家と一般市民は、GMイネの2つの株のバイオセーフティ証明書の有効期限が近づくにつれて、遺伝子組み換え食品に関する情報開示の進展を加速するよう当局に求めています。

中国では、2009年に農業省が2系統の害虫抵抗性GM米のバイオセーフティ証明書を発行して以来、GM食品の安全性に関する一般市民からの質問が高まっています。

同省によると、これらの菌株はまだ登録と生産の試験が必要であり、商業植栽が始まるまでに3年から5年かかるとのことです。

2つの株の開発者であるHuazhongAgricultural Universityによると、証明書は2014年8月17日に失効します。

中国農業大学の食品科学栄養工学部長のLuoYunbo氏は月曜日、5年前に彼のチームが行った調査によると、豚にGM米を与えても悪影響はなかったと述べた。

「非GM米を給餌した場合と比較して、GM米を90日間給餌した後の豚の健康状態に違いはありませんでした」とLuo氏は述べています。

豚と人間の間には多くの類似点が存在するため、研究結果はGM米の安全性を証明するために有意義でした。

農業省がGMイネの2系統のバイオセーフティ証明書を発行する前に、GMイネの安全性を証明するためにラットについても同様の研究が行われました。

名前を明かさなかったGM米研究の農業専門家は月曜日にアカゲザルの試験給餌も近い将来行われるだろうと言った。

「アカゲザルは人間と多くの類似点があるので、この検査は一般の人々がGM米の安全性に対する自信をさらに高めるのに役立つだろう」と彼は述べた。

7月、中国科学院と中国工程院の60人以上の学者が、GM作物の増産を求める請願書を中央政府に提出しました。

請願書は同省にGM米の作付けを推進するよう要請し、中国の現在のGM作物の状況は非常に深刻であると述べた。

「GM米の2つの菌株が中国で商品化できるかどうかは、一般の人々の受け入れによって大きく左右されます」と、農業GM生物を担当するバイオセーフティ委員会の元メンバーであるHuangDafangは述べました。

Huangは、中国農業科学院のバイオテクノロジー研究所の研究者でもあります。

「近年、GM食品の安全性に関する議論が高まっているのは、政府当局が関連情報をタイムリーに公開しなかったことが一因である。多くの一般の人々は噂に混乱している」と彼は述べた。

9月12日、全国の弁護士が中国食品医薬品局と農業省に公開書簡を発行し、中国のGM食品に関する関連情報を一般に公開するよう求めました。

「農業省は私たちに3つのウェブサイトを提供しました。1つは開かず、他の2つの単純な内容に満足することはできません。中国食品薬品監督管理局はそれはその管轄外であると言いました」と弁護士のShiBaozhongは言いました。手紙に署名した安徽省から。

弁護士は現在、行政審査に再申請することを期待していると彼は述べた。

中国は、綿、米、トウモロコシ、パパイヤの一部のGM株についてバイオセーフティ証明書を発行しており、そのうち綿とパパイヤのみが商業的に植えられています。


序章

遺伝子組み換え(GM)技術は、今日の世界の食品消費者にとって非常に物議を醸しているトピックです。 GM作物の商業的開発は1996年にGMトウモロコシで始まり、GM作物の栽培で毎年拡大してきました。 2016年、GM作物の世界的な土地利用は1億8,510万ヘクタールに達しました。 1 GM食品は人間や家畜の栄養ニーズを維持するのに役立ち、GM食品は伝統的に飼育されている食品源と実質的に同等であるという証拠が増えていますが、その安全性についても激しい議論が巻き起こっています。これは、バイオテクノロジーの新しい機会と課題に対処するための共通で調和のとれた物語を見つけることに世界的な関心を生み出しました。動物バイオテクノロジーに対する一般の認識に関する最近のレビュー2は、中国におけるGM食品の一般の知識、態度、および認識を理解するための優れたコンテキストを提供します。

中国は、世界の人口の20%、世界の穀物生産量の25%、世界の耕作地の7%、および世界の農薬使用の35%を占めています。 3その結果、中国は食料安全保障と環境汚染に対するリスクに直面しています。政府は、食品、特に穀物の品質を改善し、生産量を増やすための技術の研究開発に多額の投資を行ってきました。 GMテクノロジーは、これらの目標を実現するためのそのような実行可能なアプローチ4,5を提供します。 GMの問題が複雑になるにつれ、GM食品をめぐる論争は科学から遠ざかっています。中国の大統領は科学者たちに「GMO技術のハイポイントを大胆に研究し革新する[そして]支配する」ことを求めているが6、中国の人々はGMO食品に大いに反対しているが、その理由は定かではない。 7したがって、GM食品に対する現在の中国の一般市民の認識に関するこの全国的な調査は、政策立案者、技術開発者、そして消費者にとって役立つはずです。

GM食品に対する消費者の態度は複雑であり、科学、ライフスタイル、一般の認識に関する消費者の知識と織り交ぜられています。 2002年以降、中国では、購入意向、GMマーカーの存在、価格に対する感度などの消費者行動の観点から、GM食品の一般の受け入れに関する調査が実施されています8,9,10,11,12,13、 14,15,16,17,18,19,20,21,22,23(表1)。 GM食品に関する一般市民の科学的認識と政策解釈に関する基本的な研究は一般的に不足しています。さらに、これまでの調査の範囲は、中国の先進地域で最大の都市のいくつかに限定されており、農村地域はほとんどまたはまったくカバーされていません。すべての場合において、これらの以前の調査のほとんどの回答者数は1000人未満でした。この調査は、中国のGM食品の状況を要約し、知識レベル、現在の態度、およびすべての州の消費者を調査したアンケートの結果を提供します。中国におけるGM食品の将来の考え。 2063の質問票の統計的に関連するサンプルサイズは十分に完了しました。この調査の結果は、中国の消費者への洞察を提供し、中国におけるGM技術の「スマートな」工業化への可能な道を提供します。


レシピを作り直す

劉さんの授業の最後に、各生徒は小麦、キビ、大麦のいずれかの種を使って古代中国のビールを模倣しようとしました。

生徒たちはまず麦芽を水で覆い、麦芽と呼ばれるプロセスで発芽させました。穀物が発芽した後、生徒たちは種を砕き、再び水に入れました。次に、混合物の入った容器をオーブンに入れ、マッシングと呼ばれるプロセスで、摂氏6​​5度(149 F)に1時間加熱しました。その後、生徒たちは容器をプラスチックで密封し、室温で約1週間放置して発酵させました。

その実験と並行して、生徒たちはキャッサバと呼ばれる野菜の根を使ってビールを作ることを再現しようとしました。醸造が「チチャ」と呼ばれる南アメリカの多くの文化に固有のこのタイプのビール製造は、キャッサバを噛んで吐き出し、次に混合物を沸騰させて発酵させることを含みます。

劉さんのコースを受講した学部生の太田マドレーヌ氏は、授業を受ける前はビールの作り方について何も知らず、実験がうまくいくかどうか懐疑的だったと語った。実験の咀嚼部分は特に彼女にとって異質だったと彼女は言った。

「それは奇妙なプロセスでした」と太田は言いました。 「私がクラスのために作っている「スピットビール」を見たとき、人々は私を奇妙に見ました。 「どうしてこれがアルコールに変わるのだろうか」と思ったのを覚えていますが、両方の実験で実際に結果が得られたのを見るのは本当にやりがいがありました。」

太田は古代中国のビールを醸造するために赤い小麦を使用しました。カビにもかかわらず、この混合物は、サイダーに似た心地よいフルーティーな香りと柑橘系の味を持っていた、と太田氏は語った。しかし、彼女のキャッサバビールはファンキーなチーズのようなにおいがし、太田はそれがどのように味わったかを確認することを望んでいませんでした。

学生たちの実験結果は、劉と王が取り組んでいる古代のアルコール製造に関するさらなる研究に使用される予定です。

「学生が作って分析したビールは、私たちの最終的な調査結果に組み込まれます」とWang氏は述べています。 「このように、このクラスは、一部の考古学者の日常業務がどのように見えるかを体験するだけでなく、進行中の研究にも貢献する機会を学生に提供します。」


中国の研究者がGMO米の生産を推進-レシピ

何千年もの間、中国人は彼らの土地を熱心に耕作してきました。豊作を目指して、血、汗、涙が土の上に流されてきました。何千年もの間この土地への依存は、中国の強い田舎の本質を説明しています。米の生産の必要性により、中国人は灌漑技術に特に注意を払い、栽培を改善するようになりました。コメを中心とした農業の生き方は、古代中国の社会的、経済的、政治的、イデオロギー的発展に強い影響を与えてきました。この意味で、伝統的な中国文化は「米文化」と見なされるかもしれません。

中国文化におけるコメの状況を調査していると、多くの進展が明らかになります。栽培の専門家であるチャン・デシ教授によると、主に狩猟、漁業、果物の採集に従事していた人々がたまたま低地に種を残したときに、米が最初に育ちました。その後、これらの人々は土地を開発し始め、それを農業により適したものにしました。除草、稲作、灌漑はすべて、北部の黄河渓谷地域と北西部の漢水盆地地域で始まりました。現在までに、米の痕跡は、浙江省余姚のヘムドゥ、江南省のミアンチの仰韶、安慧省の飛韶のダチェンドゥン、南京のミャオシャン、江蘇省の無錫の西安林、浙江省の銭山漾、Qujialingで発見されています。湖北省のJingshanのZhujiazui、TianmenのShijiahe、およびWuchangのFangyingtai。考古学者は、中国が少なくとも3、000年から4、000年前に稲作を始めたことを確認しました。 1970年代に、浙江省余姚市の河姆渡の新石器時代の遺跡から、長粒のもち米の種子が発掘されました。これは、中国および世界で最も初期の稲作の記録です。

西周王朝(紀元前1100年頃-紀元前771年頃)が権力を握る頃には、米を貯蔵するための容器として使用された青銅器の碑文からわかるように、米は広く受け入れられ、非常に重要になりました。当時、米は貴族の宴会の中心でした。

春秋時代(紀元前770年から紀元前476年)に、米は中国人の食事の重要な部分になりました。その後、中国南部では、特に漢王朝(紀元前206年〜西暦220年)に細心の注意を払って集約的な農業技術が開発されたことで、米は中国文化の重要な位置を占めるようになりました。

稲作は、春の耕作、夏の除草、秋の収穫、冬の貯蔵など、農業を中心とした経済ライフサイクルの発展につながりました。古代中国では、現在の揚子江地域の中下流域と華北地域を含む広大な土地が稲作に適しており、ほとんどの中国人は異なる季節に特定の方法で土地を耕作していました。

稲作は、古い中国経済の他の多くの側面に影響を与えました。たとえば、実行可能な中国の農業であるためには、洗練された灌漑技術に依存していました。灌漑の重要性は、 二十四史、4000年の中国の歴史を記録した本のコレクションで、遠い古代から明王朝(1368年-1644年)までの王朝の歴史を記録しました。米の農業について論じている本は、早くも戦国時代(紀元前475年〜紀元前221年)に登場し、中国の農学の長い歴史を示しています。 ダオピン (米の株)、明代の稲作技術を専門とする本である黄興志は、多くの系統による稲作の改良を詳述した完全なコレクションと広く見なされていました。この本はまた、伝統的な中国経済における稲作の重要性を示しています。

中国は農業の上に築かれました。秦王朝以前(紀元前221年〜紀元前206年)、米は特別に調理された食品になりました。また、ワインの醸造にも使用され、神々への犠牲として捧げられました。さらに、ご飯は繊細にさまざまな種類の食べ物に作られ、多くの伝統的な中国の祝祭で重要な役割を果たしました。

まず、ご飯は春節(または旧正月)のイブディナーの中心的な部分です。この機会に、中国の家族はもち米から作った小麦粉からお正月ケーキと蒸しスポンジケーキを作ります。ケーキは と呼ばれていますガオ中国語では、別のホモフォニー。ガオ、 は高いことを意味します。人々は新年のより良い収穫とより高い地位を期待してこれらのケーキを食べます。ケーキと新年の夕食は、より良い未来への人々の願いを象徴しています。

第二に、太陰暦の15日夜に餃子が作られます。これは、毎年満月が見られる最初の日です。人々は、として知られている餃子を食べます 元暁 北と 湯円 南部( 中国語での満足の手段)、すべてが彼らが望むようになることを願っています。

三番目、 ちまき朔望月5日目の龍船節で食べられるもち米でできています。人は食べると言われています ちまき この日、汨羅川に飛び降り自殺した楚州(紀元前340年〜紀元前278年)の役人である屈原を思い出します。人々は投げます ちまき 魚が屈原の体を食べるのを防ぐために川に入る。

第四に、毎年第9月の9日目に米が「重陽」の祭りのケーキになります。人々は秋に作物を収穫したばかりなので、新鮮な新しい米でこれらのケーキを作ることができます。この日は山登りの伝統にも多くの人が従っています。

最後に、人々は太陰暦12月の8日にお粥を食べます。お粥は、米、シリアル、豆、ナッツ、ドライフルーツで作られています。この日、釈迦牟尼は、羊飼いから贈られた乳びを飲んで仏陀になり、悟りを開いたと言われています。その結果、この日は仏像を浴びたり、お粥を食べたりします。


中国の研究者がGMO米の生産を推進-レシピ

IRRIは、新しい理事会の議長と副議長を歓迎します ベトナムのMARD大臣は、COP26の閣僚級対話で、GHG排出量を削減するための気候に配慮した慣行の推進を呼びかけています。 東アフリカの食糧と収入の安全を改善するための包括的で持続可能なコメシステム IRRIは、インドのウッタルプラデーシュ州でカラナマック米の普及を支援しています MARDは、ベトナムのコメ部門におけるNDC実施のための優先順位設定ワークショップを開催します ゴールデンライスのバイオセーフティデータの最初の査読済み出版物が完成

研究への投資は、2030年までに気候と食糧危機を食い止めるために倍増しなければなりません

食糧農業のための2度のイニシアチブ

CGIAR Researchの成果:新しいレポートで10倍の投資収益率が見られる

農業研究はゴーディアンノットを解きます

IRRIイベントスポットライト-EARC2021

最初の仮想会議をお見逃しなく!

コメがアフリカの戦略的商品になるにつれ、多くの国がさまざまなプログラムに着手し、大陸のイニシアチブとともに、地域のコメセクターを前進させるための行動方針を描くことを目指しています。 EARC 2021は、このセクターの課題と機会について実質的な議論を開始することにより、国内のコメ生産を強化するという野心的な計画を達成するためのプラットフォームとして機能します。

政府関係者、開発パートナー、研究および学術コミュニティのメンバー、ドナーと投資家、民間セクター、市民社会、女性と若者のセクターなど、アフリカの農業食品セクターの多様で権威のある主要なプレーヤーを集めて、ぜひご参加ください。農民グループ—その変革、エンパワーメント、開発を主導する。


ゴールデンライス

国際稲研究所(IRRI)とその国内研究パートナーは、ビタミンA欠乏症(VAD)に対処するための既存の介入を補完するゴールデンライスを開発しました。 VADは、世界中の何百万人もの子供や妊婦に影響を与える深刻な公衆衛生問題です。

毎日のカロリー摂取量の少なくとも半分が米から得られる南アジアおよび東南アジアの国々では、ゴールデンライスは、特に栄養を米に主に依存している人々の間で、VADとの戦いに役立つ可能性があります。

ゴールデンライスは、ビタミンAまたはベータカロチンが自然に多い食品の摂取、ビタミンAで強化された食品の摂取、ビタミンAサプリメントの摂取、最適な授乳方法など、VADを克服するための既存のアプローチと組み合わせて使用​​することを目的としています。

ゴールデンライスプロジェクトの最新情報

  • 2019年12月18日、農業省-植物産業局(DA-BPI)によって発行された、食品および飼料としての直接使用、またはフィリピンでの加工のためのGR2Eゴールデンライスを承認するFFP許可の公式通知が発行されました。マニラ速報。
  • 野外試験のバイオセーフティ許可は、2019年5月20日にDA-BPIによってリリースされました。野外試験は、ヌエバエシハ州ムノスとイサベラのサンマテオのDA-PhilRiceステーションで実施され、2019年10月に完了しました。
  • DA-PhilRiceは、2020年10月にGR2Eゴールデンライスの商業的普及を申請しました。2020年11月20日から2021年1月19日までの60日間のパブリックコメント期間が始まりました。DA-BPIは、パブリックコメント期間中に提起された質問のリストを送信しました。 2021年1月29日付けの回答書でDA-PhilRiceによって取り上げられました。

IRRIのゴールデンライスとの協力

IRRIはパートナーと協力して、ビタミンAの状態を改善するための潜在的な新しい食品ベースのアプローチとしてゴールデンライスを開発しています。私たちの仕事は:

アジアの農家に適した品種を開発する

フィリピン農務省の育種家-フィリピン米研究所(DA-PhilRice)、バングラデシュ米研究所(BRRI)、インドネシア米研究センター(ICRR)は、彼らの地元の農家は、同じ収量、害虫抵抗性、そして穀物の品質を維持しています。ゴールデンライスの種子は、他のイネ品種と同じように農家に費用がかかると予想されます。 PhilRice、BRRI、ICRRがそれぞれの規制当局からの承認を得ることができたら、ゴールデンライスが消費者のニーズを満たしていることを確認するために料理と味のテストが行​​われます。

ゴールデンライスの安全性を評価するのに役立ちます

環境中のゴールデンライスの安全性を評価するために、各パートナー国でフィールドテストやその他の評価が行われます。ゴールデンライスは、国際的に認められた食品安全ガイドラインに従って分析されます。

ゴールデンライスの研究開発は、世界保健機関(WHO)、国連食糧農業機関(FAO)、経済協力開発機構などの国際機関によって過去20年間に開発された科学的原則に準拠しています。開発(OECD)およびコーデックス委員会。これらは、ゴールデンライスを植えても安全であるとすでに評価しているFSANZ、カナダ保健省、米国FDAなどの各国の規制当局の安全性評価に情報を提供するのと同じ原則です。

ゴールデンライスの摂取がビタミンAの状態を改善するかどうかを評価する

必要な許可と承認を得た後、ゴールデンライスの有効性を評価するために独立した地域の栄養調査が実施されます。栄養研究は、ゴールデンライスがビタミンA欠乏症を減らすための公衆衛生アプローチとして使用される可能性を公平に決定するために必要です。

ゴールデンライスが最も困っている人々にどのように到達できるかを探る

IRRIは、ゴールデンライスが最も必要としている農家や消費者に確実に届くようにするためのパイロット規模の展開戦略の開発において、国内パートナーをサポートしています。国の規制当局によって承認され、安全で効果的であることが判明した場合、IRRIとそのパートナーは協力して、最もリスクの高い集団のビタミンA状態を改善するための補完的な食品ベースのアプローチとしてゴールデンライスを導入します。ゴールデンライスが手頃な価格で、受け入れられ、ビタミンAが不足しているコミュニティで利用できるようにするために、持続可能な配達プログラムも実施されます。


中国は国内のGM大豆、トウモロコシにバイオセーフティ証明書を発行する予定です

北京(ロイター)-中国の農業省は月曜日、世界のトップ市場でのGM穀物生産の商業化に向けて、国産の遺伝子組み換え(GM)大豆作物と2つのトウモロコシ作物にバイオセーフティ証明書を発行する予定であると語った。

中国農業農村部は声明のなかで、上海交通大学が開発したSHZD32-01大豆に、世論を求める15日間の異議がない限り、証明書を付与する予定であると述べた。

承認されれば、中国で初めてこのような証明書を取得したGM大豆作物となり、商業生産への第一歩となります。

杭州RuifengBiotech CoLtdと浙江大学によって開発されたDabeinongのDBN9936トウモロコシと2段積み12-5トウモロコシも証明書を受け取ることが期待されていました。

北京はGM作物の研究に数十億ドルを費やしてきましたが、消費者が安全性を懸念しているため、食用穀物の商業生産を控えています。

中国は2009年に最初のGMトウモロコシ品種と2つの国内米品種にバイオセーフティ証明書を付与しましたが、これらの作物の商業化に移行したことはありません。

業界の一部は、北京の最近の動きは、中国がいくつかの国内GM作物の商業化を開始する準備ができていることを意味する可能性があると信じています。

Origin AgritechLimitedの最高財務責任者であるJamesChenは、次のように述べています。

「GMOトウモロコシの商業化は、中国の農家、特に中国北東部の農家に利益をもたらすでしょう」とチェン氏は述べています。

Origin Agritechは、2009年にフィターゼGMトウモロコシ形質のバイオセーフティ証明書を取得し、耐虫性やグリホサート耐性の二重スタック形質など、バイオセーフティ承認のためのパイプラインにいくつかの新しいGMトウモロコシの品種を持っています。

中国は2020年までにGMトウモロコシと大豆の商業化を推進することを目指していると述べた。北京はこれらの製品の輸入を長い間承認してきた。

「政府が実際に証明書を発行すれば、それは大きな進歩になるだろう」と中国のGM作物株の主要な開発者との別の情報筋は述べた。

「しかし、それは作物が最終的に商業化できるかどうかに本当に依存している」と彼がメディアに話すことを許可されていなかったので名前を挙げられなかった情報筋は付け加えた。

HallieGuとShivaniSinghによる報告LouiseHeavensとJanHarveyによる編集


遺伝子組み換え作物

地球上の何十億もの人々を養う食料を生産するには水が必要であるため、食料安全保障は常に水の安全保障と相互に関連しています。現在、農業部門は世界の水の75パーセントを使用しています[1]。豊富で清潔な淡水へのアクセスがますます困難になっている世界では、農業用水の使用量が将来の世界的な水の安全を脅かしています。農業部門の大部分を占め、人々の食生活の大部分を占める主食作物を生産する私たちの能力は、水供給が減少するにつれてますます懸念されるようになるでしょう。トウモロコシ(一般にトウモロコシとして知られている)、米、小麦は、世界で最も生産されている作物であるため、特に重要です。 2012年には、世界で8億7500万トンのトウモロコシ、7億1800万トンの米、6億7400万トンの小麦が栽培されました[2]。下の図1と図2は、世界中のすべての穀物の収穫面積と生産量を示しています[2]。これらの数字は、これら3つの主食作物の重要性と、干ばつ耐性と水効率のためのバイオテクノロジーの開発においてそれらが主な焦点となるべき理由を浮き彫りにしています。

図1:地域ごとに世界的に収穫された穀物[2]

図2:生産別の穀物[2]

遺伝子組み換え

食用作物に適用されるバイオテクノロジーの1つは、遺伝子工学です。遺伝子工学は、生物の目的の遺伝子が分離され、周囲の遺伝子配列からスプライシングされ、実験技術を使用してクローン化され、改変されている宿主生物に挿入されるプロセスです(下の図3を参照)。次に、宿主作物は遺伝子の望ましい症状を示します。これは、科学者が植物を変更して、葉面積の拡大や異なる色など、他の植物の特徴を表示できることを意味します。遺伝子工学はまた、標的作物のDNAから特定の遺伝子を除去することを指すこともあります。これにより、植物がその遺伝子を発現するのを防ぎます。この技術を使用して、遺伝子工学者は、集団内で品種改良を受ける必要なしに、特定の表現型、および前記形質に関連するプロセスを選択することができます。遺伝子工学は品種改良よりも時間がかからず、場合によっては自然には起こらない遺伝的変化を実行することができます。

図3:遺伝子の単離と宿主生物の遺伝子配列への挿入による遺伝子組み換えのプロセス[3]

遺伝子組み換え作物は過去10年間でますます人気が高まっており、非常に物議を醸すトピックですが、遺伝子組み換えは、注意深く規制およびテストすれば、水の使用に関して有益な効果をもたらす可能性のある新しい技術と見なしています。例えば、遺伝子組み換えは、光合成の速度と根の構造の深さを増加させる形質を選択することにより、上記の主要な穀物の水分必要量を減らし、蒸散によって水分が失われる速度を減らすことができます。これは、食料生産に必要な世界の水資源の量を減らす可能性があります。遺伝子工学の有望な可能性により、Terrascopeは、小麦、米、トウモロコシに水効率と耐乾性を高めるために行うことができる潜在的な遺伝子改変の研究開発をサポートし、遺伝子組み換え作物を農業システムに実装するように働きます

世界で最も生産量の多い作物であるトウモロコシ(図4を参照)は、干ばつに起因する潜在的な収穫量の15%程度の損失を毎年受けています[5]。地球温暖化の結果として気候が変化するにつれて、一部の気候はより乾燥し、干ばつが増加し、年間最大1,000万トンのトウモロコシが失われることになります[5]。これらの損失の25%は、トウモロコシをより干ばつ耐性になるように遺伝子組み換えすることで解決できると推定されています[5]。

干ばつに強いトウモロコシの品種を設計するための最良の技術の大部分は、水を獲得し保持する作物の能力に影響を与えます。たとえば、農業バイオテクノロジー企業であるモンサントは、低温ストレスタンパク質のファミリーであるCspAおよびCspBの導入遺伝子を研究しています。これらは、コピーしてトウモロコシ作物に挿入すると、植物の非生物的ストレス耐性を高めることができます。環境への水分損失を防ぐ植物の能力[5]。調査中の他のアイデアには、ストレスの多い条件下で気孔を急速に閉じるアブシジン酸に対する感受性の増加が含まれます[5]気孔は蒸散速度を監視する責任があります。つまり、乾燥または風の強い条件でより速く閉じる気孔はより少ない水を促進します植物を離れて大気中に蒸散することから。さらに、モンサントは植物種シロイヌナズナの耐乾性遺伝子を特定し、その遺伝子をトウモロコシ作物に移して過剰発現させました(つまり、遺伝子がコードする酵素をより多く生成するようにトリガーしました)[5]。当初、モンサントは平均してこの導入遺伝子が15%の収量改善を引き起こしたことを発見しましたが、モンサントはその後、他の環境要因によって改善が異なるため、このレベルの改善は最初に観察されたほど大きくない可能性があることを認めました[5]。 Lastly, the DREB and CBF transcription factor families are also candidate genes to alter – they may reduce the drought-induced oxidant load that leads to tissue damage, however, if over-expressed, they stunt plant growth [5]. After further research and development, such genetic improvements should be implemented into current maize species.

Rice is a very water intensive food crop. The gene Arabidopsis HARDY has the effect of increasing the water efficiency of rice by increasing the rate of photosynthesis, and decreasing the amount of water loss through transpiration [7]. Modification of this gene has also been shown to increase the strength and amount of root structure of the plant. Plants with the HARDY gene have shown a 55% greater photosynthesis rate under normal conditions [7]. In addition, a recently discovered gene, DRO1, has been observed to increase the root depth of the plant, and thus make the plant more drought resistant [8]. Tests done with this gene spliced into the common paddy rice found that the crop performed equally well under moderate drought conditions versus drought-free conditions, and yield only fell by 30% under severe drought conditions [8]. These modifications translate into a more efficient use of water by the rice plant and increase drought resistance and salt tolerance [8], and thus should be further researched and developed for global use.

Genetic modifications of the wheat plant focused on particular parts of the plant, such as the root systems, and processes, such as transpiration, that can increase water use efficiency by the plant. Wheat can be genetically modified to have deeper roots by extending the vegetation period of the plant through selection for later-flowering genotypes. Deeper root systems promote more water uptake, which means the plants require less irrigation and perform better under drought conditions. An example of a current strain of drought tolerant wheat is SeriM82, also known as “stay-green wheat” which has been shown to have deeper root systems which lead to greater water uptake. One simulation has shown this increased water uptake during drought periods can lead to a 14.5 percent increase in yield [10]. Plants can also be selected for longer coleoptile growth, which is achieved through selection for certain semidwarf wheat populations. These plants tend to have faster initial growth and better crop establishment, which leads to a more efficient use of water. Another genetic modification for drought resistance currently being researched is greater transpiration efficiency. Modifications to decrease the amount of transpiration, or water loss, that occurs through the leaves of the plant include selection for greater leaf reflectance of light, smaller leaf surface, and methods to decrease the cuticular water loss. In order to increase the reflectance of leaves, selection can target for glaucousness in wheat plants (the gray blue waxy coating that some leaves have). This can also be achieved by selection for pubescence, the hairy surfaces on leaves that reflect light. These modifications should lead to less evapotranspiration through the leaves, and therefore more efficient water use [11].

Issues with Genetically Modified Crops

Mission 2017 recognizes that genetically modified crops can have repercussions for ecosystems and biodiversity and that Monsanto and other multinationals likely do not have the best interests of humankind at the core of their mission. Genetically modified crops threaten to cross-contaminate surrounding farmlands and natural habitats, leading to monoculture and low biodiversity among food crops. Because the genetically modified crops are often better adapted to the environments that they were engineered for, they outcompete naturally occurring plants. We do not want to contribute to net loss of biodiversity in wheat, maize, and rice, and for this reason supports careful analysis of land and climate to ensure that the genetically modified crop being used is well matched for each location. Cross contamination may be prevented with buffer zones between different fields, and investigation of different factors, such as wind and animal life, which could be transferring seed beyond the planted area. Even with these measures, cross contamination is very difficult to avoid because there are so many ways in which the seed can spread. Educating farmers on what genetically modified crops look like, and teaching them measures with which they can prevent their land from being contaminated by unwanted genetically modified crops can also be an important tool in lessening cross contamination.

Another issue in the realm of genetically engineered crops pertains to seed patenting. When a particular genetic formula is found for a crop, biotechnology companies like Monsanto patent and commercialize it. For instance, Monsanto’s patented strain of Bacillus thuringiensis (Bt) cotton has led to the company controlling over 95 percent of India’s cotton market [12]. This monopoly has led to a rise in prices which has left many of India’s cotton farmers in debt and unable to sustain themselves and their families through their traditional farming lifestyle.

Such patenting and commercialization, along with cross contamination, can create problems when it comes to selling seed to farmers. If a farmer has not planted a particular GM crop, but through cross contamination has the crop growing on their fields, they can be subject to a lawsuit at the hands of the people who have a patent on said GM crop. This could be prevented through laws stating that a farmer can only be sued for this kind of behavior if there is physical evidence of direct, intentional theft of the patented crop. Also, education for farmers to help them identify unwanted GM crops on their land, and effectively eliminate them, would be helpful in preventing cross contamination. Also, the company that owns the patent makes it illegal for the farmer to save the seed from the previous year, making it easy for farmers to go into debt because they constantly need to find the money to afford new seed, and thus need to keep increasing their yield. In India, for instance, farmers find themselves needing to take out loans each year in order to be able to afford the seed. This leads to farmers finding themselves constantly in debt, and in many parts of the world, an increased rate of farmer bankruptcies. Protection laws could allow farmers to legally keep the seed of the previous year without being at risk of a lawsuit by the company owning the patent. The issue of seed patenting and commercialization also poses significant problems in developing areas, where GM seeds, through competition and contamination, are slowly destroying the diversity of seed that once existed. If an entire agricultural sector is based on one type of crop with one specific genetic makeup, when the crop fails or does not have profitable yields on any given years, it puts the livelihoods of poorer farmers in danger.

The issues with genetically engineered crops outlined above are heavily linked to the political and economic structure in which genetically modified crops are created, produced, and distributed. As of now, it is true that genetically modified crops are not beneficial to small farms, and pressure from biotech companies and agribusinesses is forcing small farms to disappear. Not only are small farms more productive in producing food than large farms, but also they are better at introducing sustainable practices than large industrial farms. For this reason, Mission 2017 will support a downscaling of the biotech and agricultural sector, in order to encourage the production and distribution of a variety GM crops that align with the specific needs of farmers in different areas. In order to have a healthy agriculture sector that incorporates GM crops, there needs to be careful governmental regulation of biotechnology companies. Such regulations should prevent such companies from creating monopolies and abusing farmers not at fault for the cross contamination of patented crops. Another important factor in need of change is legislation that encourages industrial farming. For instance, during the New Deal, a set of economic programs established in the United States in the 1930s, there was a price floor that guaranteed a fair price for corn, instead of allowing the price to be determined by the free market. This meant that farmers did not have to constantly continue increasing their yields in order to prevent going bankrupt, as they do now. A system that ensures a fair price for crops encourages small farmers and greater biodiversity. These kind of political and economic policies would be beneficial to the introduction of GM crops as it would encourage smaller farms and greater crop diversity, and prevent the large industrialization of the farming process which leads to thousands of acres of land all planted with a single strain of genetically modified plant. Such policies could be implemented in many countries, and would be especially beneficial in developing countries to prevent the industrial farming process from gaining the momentum that it has gathered in the United States.

解決

Mission 2017 does not support the current genetic modified crop and large agricultural business culture, where one general genetically modified crop, such as Monsanto’s Roundup Ready corn, is developed and distributed to thousands of farmers to grow on their land, as we recognize the problems that this system creates on all levels, from environmental to societal. Instead, we aim to change the culture in which genetically modified crops are created and used in agriculture. Changing the genetically modified crop culture is the first essential step to the creating of water efficient and drought resistant genetically modified crops which are truly used in a sustainable manner. A major difficulty will be to get the multinational companies for whom increased profit is their main goal to work with governments and academic researchers to ensure that the future of food production benefits humankind and that we are not tied low diversity genetically modified crops.

On the biological engineering level, there are very promising possibilities in genetic modification to decrease the water needs of maize, rice, and wheat. Most of these technologies are still in the process of development and testing. Some of these crops, in particular the genetically modified drought resistant corn, are very close to being released on the market. Mission 2017 supports agricultural biotechnology in the form of crops genetically modified for drought resistance and water efficiency, with the condition that all of these crops have been carefully researched and tested before their release on the market. In China, extensive research is being conducted into ways to sustainable increase crop yields through biotechnology and better farming practices. Scientists, independent of large biotech companies, are analyzing each farm as a system in order to completely understand the ways in which crop yield can be increased while preventing further environmental degradation. Mission 2017 supports this kind of research into biotechnology and its close connection with the area where it is being implemented [13].

Furthermore, Mission 2017 supports careful governmental regulation of biotechnology companies through antitrust laws which prevent crop monopolies, legislation to protect farmers who unintentionally acquire patented crops through cross contamination, as well as government instituted price floors similar to those which existed in the US during the 1930s. Such price floors, or “minimum wages” for certain crops should be put in place for maize, wheat, and rice, and then extended to other crops over time and would encourage small farmers by ensuring stability in crop prices. The money for these price floors could come from the large subsidies some farmers receive, as well as taxes on larger multinational biotech and agricultural companies. By instituting these price floors, farmers will have not be subject to volatile market fluctuations Lastly, Mission 2017 endorses legislation that promotes small scale farming as opposed to large industrial farms.

Mission 2017 will start by encouraging competition in the biotech sector by lobbying the United Nations for a series of regulations and guidelines for countries developing widespread genetic modification, especially in common food crops. These guidelines would include regulatory laws to stop large multinational biotech companies from gaining too much power and creating monopolies. Then, with funding from participatory countries, Mission 2017 will create an international organization to keep a library of seeds of non-GMOfood crops, and conduct biotechnology research. This would create a public organization developing GMOs which would be independent of the influences of large biotech companies, and ensure that the biodiversity of the planet in way of food crops be safeguarded even when genetically modified crops are being used instead of traditional varieties. This combination of a public research front into genetic engineering of food crops, as well as regulatory laws to prevent large biotech companies from eliminating competition, will ensure the creation of genetically modified crops that are more thoroughly researched and specific to the target lands and climates, and designed to have positive effects on communities.

Further support will be applied in developing countries that are looking to increase food security and water efficiency in agriculture through genetically modified crops. Mission 2017’s support and push for implementation of water-efficient crops in developing countries is crucial, for many of these nations are rapidly growing in population, and it is important to establish larger scale agricultural systems which incorporate sustainable use of water and fair farming practices from the start. In establishing incentive programs and regulatory laws in developing countries, the people from these countries need to be involved in the process from the beginning. This is the only way to ensure that policies and programs are created which will truly fit the needs of the target communities. Genetically modified crops that are drought-tolerant or water-efficient are a global technological solution that must be researched, developed and applied to help reduce water use in the agricultural sector.

Mission 2017 recommends the following potential solutions:

  • United Nations: creation of a set of international regulations and guidelines for the introduction of genetically modified crop production
  • Protection Laws for Farmers against unfair lawsuits from biotechnology companies accusing them of stealing seed that has contaminated their farms via natural vectors, as well as laws to allow them to keep the seed from the previous year
  • Antitrust and regulatory laws for biotech and agribusinesses to prevent them from creating monopolies and regulate the purchasing of smaller farms
  • Fix price floors for food crops to give small farmers more independence and keep them from becoming subject to the volatility of food markets. Funding to support these price floors can come be derived from the taxes on large agribusinesses and biotech companies, as well as the subsidies that larger farmers currently get
  • Set up an international public library of seed and biotechnology research organization to keep track of the biodiversity of different food crops as well as conduct biotechnology research for the public good
  • Incentivize research into water efficient and drought resistant genetic modifications that are designed around the target region’s land and climate conditions

Through encouraging competition between smaller scale biotech companies, small-scale farming, and an international public research organization and library of biodiversity, Mission 2017 aims to create a genetically modified crop culture that is healthier and more comprehensive than the one we currently have. Genetically modified crops could be created with the specific needs of each farmer in mind, and through small farming practices, be rotated with different strains of the same crop, or with different crops altogether. It would be in this kind of agricultural sector that water efficient and drought resistant genetically modified crops could, along with other water efficient farming practices, have a huge impact on the total water used in ensuring food security. While many of these changes may seem radical, a future for the planet that includes water and food security for a steadily growing population requires a new approach.

参考文献

1. Wallace, J.S. 2000. Increasing agricultural water useefficiency to meet future food production. Agriculture, Ecosystems & Environment, Volume 82, Issues 1–3, December 2000, Pages 105-119, ISSN 0167-8809, http://dx.doi.org/10.1016/S0167-8809(00)00220-6.

2. FAOSTAT. (2013). Global Cereal Production [Data file]. Retrieved from http://faostat3.fao.org/faostat-gateway/go/to/download/Q/QC/E

3. Genetic Engineering [Diagram of Gene Modification] (2013). Retrieved November 25th, 2013, from http://oregonstate.edu/orb/terms/genetic-engineering

4. Retrieved November 25th, 2013, from http://www.melonacres.com/SweetCorn.html

5. Edmeades, Greg O. 2008. Drought Tolerance in Maize: An Emerging Reality. A Feature In James, Clive. 2008. Global Status of Commercialized Biotech/GM Crops: 2008. ISAAA Brief No. 39. ISAAA: Ithaca, NY.http://www.salmone.org/wp-content/uploads/2009/02/droughtmaize.pdf

6. Rice Plant [Image of rice plant] (2013). Retrieved November 25th, 2013, from: http://www.wired.com/wiredscience/2013/09/the-fda-adds-a-postscript-on-arsenic-and-rice/

7. Karaba, A., Dixit, S., Greco, R., Aharoni, A., Trijatmiko, K. R., Marsch-Martinez, N., Pereira, A. (2007). Improvement of water use efficiency in rice by expression of HARDY, an Arabidopsis drought and salt tolerance gene. Proceedings of the National Academy of Sciences, Retrieved from http://www.pnas.org/content/104/39/15270.short

8. Uga, Y., Sugimoto, K., Ogawa, S., Rane, J., Ishitani, M., Hara, N., … Yano, M. (2013). Control of root system architecture by deeper rooting 1 increases rice yield under drought conditions. Nature Genetics, 45(9), 1097–1102. doi:10.1038/ng.2725

9. Wheat. (2012)。 Retrieved November 25th, 2013, from http://www.sciencedaily.com/releases/2012/11/121128142144.htm

10. Manschadi AM, Christopher J, deVoil P, Hammer GL (2006) The role of root architectural traits in adaptation of wheat to water-limited environments. Functional Plant Biology 33, 823–837.

11. Richards, R. A., Rebetzke, G. J., Condon, A. G., & van Herwaarden, A. F. (2002). Breeding opportunities for increasing the efficiency of water use and crop yield in temperate cereals. Crop Science, 42(1), 111-121. http://search.proquest.com.libproxy.mit.edu/docview/212591052?accountid=12492

12. Jacobsen, S.-E., Sørensen, M., Pedersen, S. M., & Weiner, J. (2013). Feeding the world: genetically modified crops versus agricultural biodiversity. Agronomy for Sustainable Development, 33(4), 651–662. doi:10.1007/s13593-013-0138-9

13. Zhang, F., Chen, X., & Vitousek, P. (2013). Chinese agriculture: An experiment for the world. Nature, 497(7447), 33–35. doi:10.1038/497033a


ライブアップデート

A spate of reports on illegally planted seeds prompted Lin Xiangmin, an official in charge of safety management and intellectual property rights of G.M.O.s at the Ministry of Agriculture, to tell The Beijing Times newspaper that the department was working to make illegal planting of G.M.O. seeds a criminal offense.

For many opponents, China simply is not ready. “Safety can be achieved only with regulation,” said Cui Yongyuan, an anti-G.M.O. campaigner at the Communications University of China. “Many Chinese scientists don’t seem to understand this. They feel that safety is created in a laboratory.”

The roots of this skepticism run deep. Human tampering with food has been behind many of China’s most shocking food scandals. The tainted milk that killed six babies and injured hundreds of thousands of others stemmed from milk producers’ adding a chemical to make the milk look protein-rich. Fruit has been spiked with chemicals to make it look fresh and to stimulate growth.

Those fears, combined with China’s voluble online community, can sometimes lead to rumors. Last year, KFC, the fried-chicken chain popular in China, sued three Chinese internet companies over online accusations that it used genetically modified chickens with six wings and eight legs to feed its customers.

“One of the steps the research community has been doing is trying to extend the knowledge about the G.M.O.s to the public,” says Cao Cong, a professor at the University of Nottingham in China and the author of the forthcoming book “Genetically Modified China,” “but the public still doesn’t want to accept this kind of knowledge.”

Further complicating matters, China already grows and buys plenty of genetically modified crops — just, generally, not for people. Chinese farmers grow genetically modified cotton, and meat and dairy companies buy genetically modified corn from abroad to feed pigs and cattle. G.M.O. seeds are allowed for growing papayas.

That has led to accusations that G.M.O. crops have already crept into Chinese fields. In January, the environmental group Greenpeace said it found that domestic corn crops in northeastern China contained genetically modified material. Chinese officials said they had ramped up inspections.

Unapproved G.M.O. food can be found elsewhere in China’s food supply, said Jiajun Dale Wen, an energy and environment researcher at Renmin University. For example, many papaya seeds planted in China’s southern island of Hainan are not the kind approved by the government, while genetically modified rice can be found in some fields, she said.

“In theory, China should have a supervision of G.M.O.s that is stricter than the U.S.,” Ms. Wen said. “The Ministry of Agriculture has said that they would punish every case they found. But in reality, the punishment is light.”

Many farmers remain outright opposed to using G.M.O. seeds, or just apathetic.

“The seed, pesticide and fertilizer market is kind of in a mess,” said Shi Guangzhi, a 44-year-old farmer with about 180 acres planted in corn in Bayan County, in China’s northern Heilongjiang Province.

“We don’t have the abilities to tell what is good and what is bad,” he said. “I can only learn from word of mouth which seed does well this year. Then everyone will plant this seed next year.”


ビデオを見る: Remarkable Rice: how does rice grow (1月 2022).