他の

オリンピック村にコーヒーがない:リオの多くの問題の1つにすぎない

オリンピック村にコーヒーがない:リオの多くの問題の1つにすぎない



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

NPRのインタビューで、リオのオリンピック村にはアスリートが利用できるコーヒーがないことがわかりました。

ウィキメディアコモンズ

コーヒーに簡単にアクセスできないことは、アスリートが今後数週間で直面する多くの問題の1つにすぎません。

リオオリンピック村は、最近、標準に達していないために非難されています。オーストラリアのアスリートは当初、宿泊施設が居住可能であると見なされるまでそこに滞在することを拒否しました。配管、電気の問題、全体的な清潔さに加えて、すべてのアスリートが(陸上競技のスターだけでなく)クリアしなければならない新しいハードルがあります。コーヒーを利用できないことです。

最近のNPRインタビュー 世界中のオリンピック選手と一緒に、村のアスリートがコーヒーをすぐに手に入れることができないことを発見しました。

「コーヒーについて不満がある」とエジプトの射手アーメド・エル・ネミールはインタビューで語った。

代わりに、アスリートはコカ・コーラ製品とボトル入り飲料水に限定されています。

グーグルマップによると、周辺の街にはコーヒーショップがいくつかありますが、車で約20分です。

金を狙うときは注意を払うことがおそらく非常に重要なので、アスリートがインスタントコーヒーやキューリグのマシンを詰め込んでいることを願っています。


リオ五輪の唯一の輝かしい点は、カシャーサとカイピリーニャです。

ブラジルは最近、多くの問題を抱えています。リオオリンピック村には、見栄えの悪いアスリートルームがありました。ジカ熱の話はどんどん悪化しています。インフラと政治の不安定さは依然として国を悩ませています。そして、いくつかのオリンピックビーチの沖合で薬剤耐性のスーパーバクテリアが発見される原因となった下水漏れがありました。 2016年の夏季オリンピックの本拠地としては素晴らしいスタートではありません。

しかし、それが受けた悪い報道が何であれ、オリンピック前の伝統のようなものでしたね。ブラジルは、ビーチバレーボールネットを設置し、カヌースラロームの準備のために何でもしました。そして、それはいくつかの深刻な国力をとらなければなりません。誰もがブラジルが失敗すること、構造が衰えること、病気が広がることを見ています。しかし、ゲーム自体の精神が引き継がれる可能性があります。特に、すべての挫折にもかかわらず、精神を結集し、体を刺激し、敵を完全に粉砕することに専念する非常に才能のある多くの人々がその核心にあるためです。

そして、その刺激的な競争心がオリンピックのしゃっくり(オリンピックのしゃっくり)の波をスムーズにするのに十分でない場合は、常に1つの信頼できる国家的救済策があります。それはカイピリーニャです。

飲み物が好きな人への36のギフトとガジェット

カクテル愛好家でなくても、この時点でおそらくカイピリーニャのことを聞いたことがあるでしょう。それは、南アメリカの山々でのどかな秘密に保たれている種類の飲み物ではないからではありません。特に温暖な気候では、シンプルさ、フレッシュライムジュース、ほんの少しの甘さ、そしてたっぷりとした冷気など、大きなセールスポイントがあります。ある意味、それは古典的なマルガリータやダイキリ(サワーミックス/マシンの種類はありません)に似ています。これらのカクテルとは異なり、カイピリーニャのマーキースピリットであるカシャーサは、米国市場に本格的に参入し始めたばかりです。

ブラジルのナショナルドリンク

カシャーサは実際にはラム酒と一定の関係があるため、物事が少し混乱する可能性があります。しかし、それをブラジル政府に伝えないでください。カシャーサはラム酒としての資格がないことを断固として主張しますが、それには正当な理由があります。カシャーサはサトウキビジュースを発酵させることによってのみ作られています。ラム酒は、ラムアグリコールのようなサトウキビジュースで作ることができますが、糖蜜のようなサトウキビの発酵副産物の産物であることがよくあります。

そして、カシャーサの非常に具体的で非常に厳しい地元の起源があります。初期のビールを飲むエジプトの奴隷と同じように、カシャーサは400年前に最初に定期的に消費されました。金持ちの地主ではなく、ブラジルのサトウキビ畑で働いていたアフリカの奴隷です。エジプトの奴隷に配給されたビールは間違いなく栄養価が高いものでしたが、アフリカの奴隷にも配給されたカシャーサは、単に「彼らの苦痛を和らげ、彼らの困難な労働日にエネルギーを与える」ことを意味する、より暗い治療法でした。 1663年、JoãoFernandoVieiraという名前の砂糖生産者は、実際には奴隷が毎日のカシャーサを飲んだ後、1​​日の仕事を始めるだけだと主張しました。」この用語自体は、アフリカの捕虜が「大釜の上部に集まった泡」と呼んでいたものに由来し、杖を沸騰させていました。その初期の、より粗い発酵製品はカシャーサに進化しました。

現代のカシャーサは、洗練の点でさまざまです。私たちが言ったように、スピリットはサトウキビジュースで作られています。これは、カシャーサよりも間違いなく(心地よく)かさばるラムアグリコールとフレーバープロファイルに一定の類似性を与えます。素朴なフレーバープロファイルを持っていないわけではありません。これはフルーティーさと植物の深みに向かう傾向があり、地元のブラジルの木製バレルで短期間スピリットを熟成させることによっても変えることができます。そして、ウッドエイジングとキャラメルカラーリングの両方が、特定のブランドに黄金色のたっぷりとした量のヒントを与えることができます。もちろん、そこにある多くのブランドの中で、ほとんどが透明であるか、レブロンのように微妙に着色されていることに気付くでしょう。レブロンは、実際にはフランスの使用済みコニャック樽でボトルに入る前に短時間熟成されます。オークのおかげで少し滑らかですが、それでも緑色で丸みを帯びた植物で、少しスパイシーで、鼻に不快なムスキ感はありません。ある意味では、ラム酒よりも若いテキーラにほぼ近いので、ブラジルは、熟成したラム酒の黒糖蜜のフレーバープロファイルと混同したくないのかもしれません。

カシャーサが木材熟成またはカラメル色の場合、混乱が広がる可能性があり、法的に38%から54%の範囲のアルコールレベルのラム酒のように見えます。これは大きな変動です(50%半ばのABVが多い)アルコールは実際にはキャスクの強さです)が、一般的に40%のABV範囲で最も多く見られます。 「古い」カシャーサがありますが、それは精神の半分が最低1年熟成されることを必要とするだけです。フレッシュでグリーン、さらにはハスキーなフレーバー(微妙なサトウキビがひもで締められている)があなたが探しているものです。カシャーサを探しているなら。ゲームを乾杯するためにこの完璧なカイピリーニャレシピを作りたいと思うので、どちらにするべきか、そしてブラジル。国はオリンピックを獲得するために多くのことをし、おそらく多くのお金を失うでしょうが、少なくともしばらくの間、ブラジルにはかなり素晴らしいことをするエリートアスリートの世界的な供給があります。応援するにはそれで十分です。または5つ。しかし、多くのオリンピックリングがあります。


リオ五輪の唯一の輝かしい点は、カシャーサとカイピリーニャです。

ブラジルは最近、多くの問題を抱えています。リオオリンピック村には、見栄えの悪いアスリートルームがありました。ジカ熱の話はどんどん悪化しています。インフラと政治の不安定さは依然として国を悩ませています。そして、いくつかのオリンピックビーチの沖合で薬剤耐性のスーパーバクテリアが発見される原因となった下水漏れがありました。 2016年の夏季オリンピックの本拠地としては素晴らしいスタートではありません。

しかし、それが受けた悪い報道が何であれ、オリンピック前の伝統のようなものでしたね。ブラジルは、ビーチバレーボールネットを設置し、カヌースラロームの準備のために何でもしました。そして、それはいくつかの深刻な国力をとらなければなりません。誰もがブラジルが失敗すること、構造が衰えること、病気が広がることを見ています。しかし、ゲーム自体の精神が引き継がれる可能性があります。特に、すべての挫折にもかかわらず、精神を結集し、体を刺激し、敵を完全に粉砕することに専念する非常に才能のある多くの人々がその核心にあるためです。

そして、その刺激的な競争心がオリンピックのしゃっくり(オリンピックのしゃっくり)の波をスムーズにするのに十分でない場合は、常に1つの信頼できる国家的救済策があります。それはカイピリーニャです。

飲み物が好きな人への36のギフトとガジェット

カクテル愛好家でなくても、この時点でおそらくカイピリーニャのことを聞いたことがあるでしょう。それは、南アメリカの山々でのどかな秘密に保たれている種類の飲み物ではないからではありません。特に温暖な気候では、シンプルさ、フレッシュライムジュース、ほんの少しの甘さ、そしてたっぷりとした冷気など、大きなセールスポイントがあります。ある意味、それは古典的なマルガリータやダイキリ(サワーミックス/マシンの種類はありません)に似ています。これらのカクテルとは異なり、カイピリーニャのマーキースピリットであるカシャーサは、米国市場に本格的に参入し始めたばかりです。

ブラジルのナショナルドリンク

カシャーサは実際にはラム酒と一定の関係があるため、物事が少し混乱する可能性があります。しかし、それをブラジル政府に伝えないでください。カシャーサはラム酒としての資格がないことを断固として主張しますが、それには正当な理由があります。カシャーサはサトウキビジュースを発酵させることによってのみ作られています。ラム酒は、ラムアグリコールのようなサトウキビジュースで作ることができますが、糖蜜のようなサトウキビの発酵副産物の産物であることがよくあります。

そして、カシャーサの非常に具体的で非常に厳しい地元の起源があります。初期のビールを飲むエジプトの奴隷と同じように、カシャーサは400年前に最初に定期的に消費されました。お金を稼いだ土地所有者ではなく、ブラジルのサトウキビ畑で働いていたアフリカの奴隷です。エジプトの奴隷に配給されたビールは間違いなく栄養価が高いものでしたが、アフリカの奴隷にも配給されたカシャーサは、単に「彼らの苦痛を和らげ、彼らの困難な労働日にエネルギーを与える」ことを意味する、より暗い治療法でした。 1663年、JoãoFernandoVieiraという名前の砂糖生産者は、実際には奴隷が毎日のカシャーサを飲んだ後、1​​日の仕事を始めるだけだと主張しました。」この用語自体は、アフリカの捕虜が「大釜の上部に集まった泡」と呼んでいたものに由来し、杖を沸騰させていました。その初期の、より粗い発酵製品はカシャーサに進化しました。

現代のカシャーサは、洗練の点でさまざまです。私たちが言ったように、スピリットはサトウキビジュースで作られています。これは、カシャーサよりも間違いなく(心地よく)かさばるラムアグリコールとフレーバープロファイルに一定の類似性を与えます。素朴なフレーバープロファイルを持っていないわけではありません。これはフルーティーさと植物の深みに向かう傾向があり、地元のブラジルの木製バレルで短期間スピリットを熟成させることによっても変えることができます。そして、ウッドエイジングとキャラメルカラーリングの両方が、特定のブランドに黄金色のたっぷりとした量のヒントを与えることができます。もちろん、そこにある多くのブランドの中で、ほとんどが透明であるか、レブロンのように微妙に着色されていることに気付くでしょう。レブロンは、実際にはフランスの使用済みコニャック樽でボトルに入る前に短時間熟成されます。オークのおかげで少し滑らかですが、それでも緑色で丸みを帯びた植物で、少しスパイシーで、鼻に不快なムスキ感はありません。ある意味では、ラム酒よりも若いテキーラにほぼ近いので、ブラジルは、熟成したラム酒の黒糖蜜のフレーバープロファイルと混同したくないのかもしれません。

カシャーサが木熟成またはカラメル色の場合、混乱が広がる可能性があり、法的に38%から54%の範囲のアルコールレベルのラム酒のように見えます。これは大きなばらつきです(50%半ばのABVが多い)アルコールは実際にはキャスクの強さです)が、一般的に40%のABV範囲で最も多く見られます。 「古い」カシャーサがありますが、それは精神の半分が最低1年熟成されることを必要とするだけです。フレッシュでグリーン、さらにはハスキーなフレーバー(微妙なサトウキビがひもで締められている)があなたが探しているものです。カシャーサを探しているなら。ゲームを乾杯するためにこの完璧なカイピリーニャレシピを作りたいと思うので、どちらにするべきか、そしてブラジル。国はオリンピックを獲得するために多くのことをし、おそらく多くのお金を失うでしょうが、少なくともしばらくの間、ブラジルにはかなり素晴らしいことをするエリートアスリートの世界的な供給があります。応援するにはそれで十分です。または5つ。しかし、多くのオリンピックリングがあります。


リオ五輪の唯一の輝かしい点は、カシャーサとカイピリーニャです。

ブラジルは最近、多くの問題を抱えています。リオオリンピック村には、見栄えの悪いアスリートルームがありました。ジカ熱の話はどんどん悪化しています。インフラと政治の不安定さは依然として国を悩ませています。そして、いくつかのオリンピックビーチの沖合で薬剤耐性のスーパーバクテリアが発見される原因となった下水漏れがありました。 2016年の夏季オリンピックの本拠地としては素晴らしいスタートではありません。

しかし、それが受けた悪い報道が何であれ、オリンピック前の伝統のようなものでしたね。ブラジルは、ビーチバレーボールネットを設置し、カヌースラロームの準備のために何でもしました。そして、それはいくつかの深刻な国力をとらなければなりません。誰もがブラジルが失敗すること、構造が衰えること、病気が広がることを見ています。しかし、ゲーム自体の精神が引き継がれる可能性があります。特に、すべての挫折にもかかわらず、精神を結集し、体を刺激し、敵を完全に粉砕することに専念する非常に才能のある多くの人々がその核心にあるためです。

そして、その刺激的な競争心がオリンピックのしゃっくり(オリンピックのしゃっくり)の波をスムーズにするのに十分でない場合は、常に1つの信頼できる国家的救済策があります。それはカイピリーニャです。

飲み物が好きな人への36のギフトとガジェット

カクテル愛好家でなくても、この時点でおそらくカイピリーニャのことを聞いたことがあるでしょう。それは、南アメリカの山々でのどかな秘密に保たれている種類の飲み物ではないからではありません。特に温暖な気候では、シンプルさ、フレッシュライムジュース、ほんの少しの甘さ、そしてたっぷりとした冷気など、大きなセールスポイントがあります。ある意味、それは古典的なマルガリータやダイキリ(サワーミックス/マシンの種類はありません)に似ています。これらのカクテルとは異なり、カイピリーニャのマーキースピリットであるカシャーサは、米国市場に本格的に参入し始めたばかりです。

ブラジルのナショナルドリンク

カシャーサは実際にはラム酒と一定の関係があるため、物事が少し混乱する可能性があります。しかし、それをブラジル政府に伝えないでください。カシャーサはラム酒としての資格がないことを断固として主張しますが、それには正当な理由があります。カシャーサはサトウキビジュースを発酵させることによってのみ作られています。ラム酒は、ラムアグリコールのようなサトウキビジュースで作ることができますが、糖蜜のようなサトウキビの発酵副産物の産物であることがよくあります。

そして、カシャーサの非常に具体的で非常に厳しい地元の起源があります。初期のビールを飲むエジプトの奴隷と同じように、カシャーサは400年前に最初に定期的に消費されました。お金を稼いだ土地所有者ではなく、ブラジルのサトウキビ畑で働いていたアフリカの奴隷です。エジプトの奴隷に配給されたビールは間違いなく栄養価が高いものでしたが、アフリカの奴隷にも配給されたカシャーサは、単に「彼らの苦痛を和らげ、彼らの困難な労働日にエネルギーを与える」ことを意味する、より暗い治療法でした。 1663年、JoãoFernandoVieiraという名前の砂糖生産者は、実際には奴隷が毎日のカシャーサを飲んだ後、1​​日の仕事を始めるだけだと主張しました。」この用語自体は、アフリカの捕虜が「大釜の上部に集まった泡」と呼んでいたものに由来し、杖を沸騰させていました。その初期の、より粗い発酵製品はカシャーサに進化しました。

現代のカシャーサは、洗練の点でさまざまです。私たちが言ったように、スピリットはサトウキビジュースで作られています。これは、カシャーサよりも間違いなく(心地よく)かさばるラムアグリコールとフレーバープロファイルに一定の類似性を与えます。素朴なフレーバープロファイルを持っていないわけではありません。これはフルーティーさと植物の深みに向かう傾向があり、地元のブラジルの木製バレルで短期間スピリットを熟成させることによっても変えることができます。そして、ウッドエイジングとキャラメルカラーリングの両方が、特定のブランドに黄金色のたっぷりとした量のヒントを与えることができます。もちろん、そこにある多くのブランドの中で、ほとんどが透明であるか、レブロンのように微妙に着色されていることに気付くでしょう。レブロンは、実際にはフランスの使用済みコニャック樽でボトルに入る前に短時間熟成されます。オークのおかげで少し滑らかですが、それでも緑色で丸みを帯びた植物で、少しスパイシーで、鼻に不快なムスキ感はありません。ある意味では、ラム酒よりも若いテキーラにほぼ近いので、ブラジルは、熟成したラム酒の黒糖蜜のフレーバープロファイルと混同したくないのかもしれません。

カシャーサが木材熟成またはカラメル色の場合、混乱が広がる可能性があり、法的に38%から54%の範囲のアルコールレベルのラム酒のように見えます。これは大きな変動です(50%半ばのABVが多い)アルコールは実際にはキャスクの強さです)が、一般的に40%のABV範囲で最も多く見られます。 「古い」カシャーサがありますが、それは精神の半分が最低1年熟成されることを必要とするだけです。フレッシュでグリーン、さらにはハスキーなフレーバー(微妙なサトウキビがひもで締められている)があなたが探しているものです。カシャーサを探しているなら。ゲームを乾杯するためにこの完璧なカイピリーニャレシピを作りたいと思うので、どちらにするべきか、そしてブラジル。国はオリンピックを獲得するために多くのことをし、おそらく多くのお金を失うでしょうが、少なくともしばらくの間、ブラジルにはかなり素晴らしいことをするエリートアスリートの世界的な供給があります。応援するにはそれで十分です。または5つ。しかし、多くのオリンピックリングがあります。


リオ五輪の唯一の輝かしい点は、カシャーサとカイピリーニャです。

ブラジルは最近、多くの問題を抱えています。リオオリンピック村には、見栄えの悪いアスリートルームがありました。ジカ熱の話はどんどん悪化しています。インフラと政治の不安定さは依然として国を悩ませています。そして、いくつかのオリンピックビーチの沖合で薬剤耐性のスーパーバクテリアが発見される原因となった下水漏れがありました。 2016年の夏季オリンピックの本拠地としては素晴らしいスタートではありません。

しかし、それが受けた悪い報道が何であれ、オリンピック前の伝統のようなものでしたね。ブラジルは、ビーチバレーボールネットを設置し、カヌースラロームの準備のために何でもしました。そして、それはいくつかの深刻な国力をとらなければなりません。誰もがブラジルが失敗すること、構造が衰えること、病気が広がることを見ています。しかし、ゲーム自体の精神が引き継がれる可能性があります。特に、すべての挫折にもかかわらず、精神を結集し、体を刺激し、敵を完全に粉砕することに専念する非常に才能のある多くの人々がその核心にあるためです。

そして、その刺激的な競争心がオリンピックのしゃっくり(オリンピックのしゃっくり)の波をスムーズにするのに十分でない場合は、常に1つの信頼できる国家的救済策があります。それはカイピリーニャです。

飲み物が好きな人への36のギフトとガジェット

カクテル愛好家でなくても、この時点でおそらくカイピリーニャのことを聞いたことがあるでしょう。それは、南アメリカの山々でのどかな秘密に保たれている種類の飲み物ではないからではありません。特に温暖な気候では、シンプルさ、フレッシュライムジュース、ほんの少しの甘さ、そしてたっぷりとした冷気など、大きなセールスポイントがあります。ある意味、それは古典的なマルガリータやダイキリ(サワーミックス/マシンの種類はありません)に似ています。これらのカクテルとは異なり、カイピリーニャのマーキースピリットであるカシャーサは、米国市場に本格的に参入し始めたばかりです。

ブラジルのナショナルドリンク

カシャーサは実際にはラム酒と一定の関係があるため、物事が少し混乱する可能性があります。しかし、それをブラジル政府に伝えないでください。カシャーサはラム酒としての資格がないことを断固として主張しますが、それには正当な理由があります。カシャーサはサトウキビジュースを発酵させることによってのみ作られています。ラム酒は、ラムアグリコールのようなサトウキビジュースで作ることができますが、糖蜜のようなサトウキビの発酵副産物の産物であることがよくあります。

そして、カシャーサの非常に具体的で非常に厳しい地元の起源があります。初期のビールを飲むエジプトの奴隷と同じように、カシャーサは400年前に最初に定期的に消費されました。金持ちの地主ではなく、ブラジルのサトウキビ畑で働いていたアフリカの奴隷です。エジプトの奴隷に配給されたビールは間違いなく栄養価が高いものでしたが、アフリカの奴隷にも配給されたカシャーサは、単に「彼らの苦痛を和らげ、彼らの困難な労働日にエネルギーを与える」ことを意味する、より暗い治療法でした。 1663年、JoãoFernandoVieiraという名前の砂糖生産者は、実際には奴隷が毎日のカシャーサを飲んだ後、1​​日の仕事を始めるだけだと主張しました。」この用語自体は、アフリカの捕虜が「大釜の上部に集まった泡」と呼んでいたものに由来し、杖を沸騰させていました。その初期の、より粗い発酵製品はカシャーサに進化しました。

現代のカシャーサは、洗練の点でさまざまです。私たちが言ったように、スピリットはサトウキビジュースで作られています。これは、カシャーサよりも間違いなく(心地よく)かさばるラムアグリコールとフレーバープロファイルに一定の類似性を与えます。素朴なフレーバープロファイルを持っていないわけではありません。これはフルーティーさと植物の深みに向かう傾向があり、地元のブラジルの木製バレルで短期間スピリットを熟成させることによっても変えることができます。そして、ウッドエイジングとキャラメルカラーリングの両方が、特定のブランドに黄金色のたっぷりとした量のヒントを与えることができます。もちろん、そこにある多くのブランドの中で、ほとんどが透明であるか、レブロンのように微妙に着色されていることに気付くでしょう。レブロンは、実際にはフランスの使用済みコニャック樽でボトルに入る前に短時間熟成されます。オークのおかげで少し滑らかですが、それでも緑色で丸みを帯びた植物で、少しスパイシーで、鼻に不快なムスキ感はありません。ある意味では、ラム酒よりも若いテキーラにほぼ近いので、ブラジルは、熟成したラム酒の黒糖蜜のフレーバープロファイルと混同したくないのかもしれません。

カシャーサが木材熟成またはカラメル色の場合、混乱が広がる可能性があり、法的に38%から54%の範囲のアルコールレベルのラム酒のように見えます。これは大きな変動です(50%半ばのABVが多い)アルコールは実際にはキャスクの強さです)が、一般的に40%のABV範囲で最も多く見られます。 「古い」カシャーサがありますが、それは精神の半分が最低1年熟成されることを必要とするだけです。フレッシュでグリーン、さらにはハスキーなフレーバー(微妙なサトウキビがひもで締められている)があなたが探しているものです。カシャーサを探しているなら。ゲームを乾杯するためにこの完璧なカイピリーニャレシピを作りたいと思うので、どちらにするべきか、そしてブラジル。国はオリンピックを獲得するために多くのことをし、おそらく多くのお金を失うでしょうが、少なくともしばらくの間、ブラジルにはかなり素晴らしいことをするエリートアスリートの世界的な供給があります。応援するにはそれで十分です。または5つ。しかし、多くのオリンピックリングがあります。


リオ五輪の唯一の輝かしい点は、カシャーサとカイピリーニャです。

ブラジルは最近、多くの問題を抱えています。リオオリンピック村には、見栄えの悪いアスリートルームがありました。ジカ熱の話はどんどん悪化しています。インフラと政治の不安定さは依然として国を悩ませています。そして、いくつかのオリンピックビーチの沖合で薬剤耐性のスーパーバクテリアが発見される原因となった下水漏れがありました。 2016年の夏季オリンピックの本拠地としては素晴らしいスタートではありません。

しかし、それが受けた悪い報道が何であれ、オリンピック前の伝統のようなものでしたね。ブラジルは、ビーチバレーボールネットを設置し、カヌースラロームの準備のために何でもしました。そして、それはいくつかの深刻な国力をとらなければなりません。誰もがブラジルが失敗すること、構造が衰えること、病気が広がることを見ています。しかし、ゲーム自体の精神が引き継がれる可能性があります。特に、すべての挫折にもかかわらず、精神を結集し、体を刺激し、敵を完全に粉砕することに専念する非常に才能のある多くの人々がその核心にあるためです。

そして、その刺激的な競争心がオリンピックのしゃっくり(オリンピックのしゃっくり)の波をスムーズにするのに十分でない場合は、常に1つの信頼できる国家的救済策があります。それはカイピリーニャです。

飲み物が好きな人への36のギフトとガジェット

カクテル愛好家でなくても、この時点でおそらくカイピリーニャのことを聞いたことがあるでしょう。それは、南アメリカの山々でのどかな秘密に保たれている種類の飲み物ではないからではありません。特に温暖な気候では、シンプルさ、フレッシュライムジュース、ほんの少しの甘さ、そしてたっぷりとした冷気など、大きなセールスポイントがあります。ある意味、それは古典的なマルガリータやダイキリ(サワーミックス/マシンの種類はありません)に似ています。これらのカクテルとは異なり、カイピリーニャのマーキースピリットであるカシャーサは、米国市場に本格的に参入し始めたばかりです。

ブラジルのナショナルドリンク

カシャーサは実際にはラム酒と一定の関係があるため、物事が少し混乱する可能性があります。しかし、それをブラジル政府に伝えないでください。カシャーサはラム酒としての資格がないことを断固として主張しますが、それには正当な理由があります。カシャーサはサトウキビジュースを発酵させることによってのみ作られています。ラム酒は、ラムアグリコールのようなサトウキビジュースで作ることができますが、糖蜜のようなサトウキビの発酵副産物の産物であることがよくあります。

そして、カシャーサの非常に具体的で非常に厳しい地元の起源があります。初期のビールを飲むエジプトの奴隷と同じように、カシャーサは400年前に最初に定期的に消費されました。金持ちの地主ではなく、ブラジルのサトウキビ畑で働いていたアフリカの奴隷です。エジプトの奴隷に配給されたビールは間違いなく栄養価が高いものでしたが、アフリカの奴隷にも配給されたカシャーサは、単に「彼らの苦痛を和らげ、彼らの困難な労働日にエネルギーを与える」ことを意味する、より暗い治療法でした。 1663年、JoãoFernandoVieiraという名前の砂糖生産者は、実際には奴隷が毎日のカシャーサを飲んだ後、1​​日の仕事を始めるだけだと主張しました。」この用語自体は、アフリカの捕虜が「大釜の上部に集まった泡」と呼んでいたものに由来し、杖を沸騰させていました。その初期の、より粗い発酵製品はカシャーサに進化しました。

現代のカシャーサは、洗練の点でさまざまです。私たちが言ったように、スピリットはサトウキビジュースで作られています。これは、カシャーサよりも間違いなく(心地よく)かさばるラムアグリコールとフレーバープロファイルに一定の類似性を与えます。素朴なフレーバープロファイルを持っていないわけではありません。これはフルーティーさと植物の深みに向かう傾向があり、地元のブラジルの木製バレルで短期間スピリットを熟成させることによっても変えることができます。そして、ウッドエイジングとキャラメルカラーリングの両方が、特定のブランドに黄金色のたっぷりとした量のヒントを与えることができます。もちろん、そこにある多くのブランドの中で、ほとんどが透明であるか、レブロンのように微妙に着色されていることに気付くでしょう。レブロンは、実際にはフランスの使用済みコニャック樽でボトルに入る前に短時間熟成されます。オークのおかげで少し滑らかですが、それでも緑色で丸みを帯びた植物で、少しスパイシーで、鼻に不快なムスキ感はありません。ある意味では、ラム酒よりも若いテキーラにほぼ近いので、ブラジルは、熟成したラム酒の黒糖蜜のフレーバープロファイルと混同したくないのかもしれません。

カシャーサが木熟成またはカラメル色の場合、混乱が広がる可能性があり、法的に38%から54%の範囲のアルコールレベルのラム酒のように見えます。これは大きなばらつきです(50%半ばのABVが多い)アルコールは実際にはキャスクの強さです)が、一般的に40%のABV範囲で最も多く見られます。 「古い」カシャーサがありますが、それは精神の半分が最低1年熟成されることを必要とするだけです。フレッシュでグリーン、さらにはハスキーなフレーバー(微妙なサトウキビがひもで締められている)があなたが探しているものです。カシャーサを探しているなら。ゲームを乾杯するためにこの完璧なカイピリーニャレシピを作りたいと思うので、どちらにするべきか、そしてブラジル。国はオリンピックを獲得するために多くのことをし、おそらく多くのお金を失うでしょうが、少なくともしばらくの間、ブラジルにはかなり素晴らしいことをするエリートアスリートの世界的な供給があります。応援するにはそれで十分です。または5つ。しかし、多くのオリンピックリングがあります。


リオ五輪の唯一の輝かしい点は、カシャーサとカイピリーニャです。

ブラジルは最近、多くの問題を抱えています。リオオリンピック村には、見栄えの悪いアスリートルームがありました。ジカ熱の話はどんどん悪化しています。インフラと政治の不安定さは依然として国を悩ませています。そして、いくつかのオリンピックビーチの沖合で薬剤耐性のスーパーバクテリアが発見される原因となった下水漏れがありました。 2016年の夏季オリンピックの本拠地としては素晴らしいスタートではありません。

しかし、それが受けた悪い報道が何であれ、オリンピック前の伝統のようなものでしたね。ブラジルは、ビーチバレーボールネットを設置し、カヌースラロームの準備のために何でもしました。そして、それはいくつかの深刻な国力をとらなければなりません。誰もがブラジルが失敗すること、構造が衰えること、病気が広がることを見ています。しかし、ゲーム自体の精神が引き継がれる可能性があります。特に、すべての挫折にもかかわらず、精神を結集し、体を刺激し、敵を完全に粉砕することに専念する非常に才能のある多くの人々がその核心にあるためです。

そして、その刺激的な競争心がオリンピックのしゃっくり(オリンピックのしゃっくり)の波をスムーズにするのに十分でない場合は、常に1つの信頼できる国家的救済策があります。それはカイピリーニャです。

飲み物が好きな人への36のギフトとガジェット

カクテル愛好家でなくても、この時点でおそらくカイピリーニャのことを聞いたことがあるでしょう。それは、南アメリカの山々でのどかな秘密に保たれている種類の飲み物ではないからではありません。特に温暖な気候では、シンプルさ、フレッシュライムジュース、ほんの少しの甘さ、そしてたっぷりとした冷気など、大きなセールスポイントがあります。ある意味、それは古典的なマルガリータやダイキリ(サワーミックス/マシンの種類はありません)に似ています。これらのカクテルとは異なり、カイピリーニャのマーキースピリットであるカシャーサは、米国市場に本格的に参入し始めたばかりです。

ブラジルのナショナルドリンク

カシャーサは実際にはラム酒と一定の関係があるため、物事が少し混乱する可能性があります。しかし、それをブラジル政府に伝えないでください。カシャーサはラム酒としての資格がないことを断固として主張しますが、それには正当な理由があります。カシャーサはサトウキビジュースを発酵させることによってのみ作られています。ラム酒は、ラムアグリコールのようなサトウキビジュースで作ることができますが、糖蜜のようなサトウキビの発酵副産物の産物であることがよくあります。

そして、カシャーサの非常に具体的で非常に厳しい地元の起源があります。初期のビールを飲むエジプトの奴隷と同じように、カシャーサは400年前に最初に定期的に消費されました。お金を稼いだ土地所有者ではなく、ブラジルのサトウキビ畑で働いていたアフリカの奴隷です。エジプトの奴隷に配給されたビールは間違いなく栄養価が高いものでしたが、アフリカの奴隷にも配給されたカシャーサは、単に「彼らの苦痛を和らげ、彼らの困難な労働日にエネルギーを与える」ことを意味する、より暗い治療法でした。 In 1663, a sugar producer named João Fernando Vieira actually insisted his slaves “were only to begin a day’s work after they had drunk their daily ration of cachaça.” The term itself comes from what the African captives called “the foam that collected at the top of cauldrons” used to boil the cane. That early, rougher fermented product evolved into cachaça.

Modern cachaça can vary in terms of refinement. As we said, the spirit’s made with sugarcane juice, which gives it a certain similarity in flavor profile to Rhum Agricole, which is arguably (pleasantly) bulkier than cachaça. Not that it doesn’t have a rustic flavor profile, which can tend toward fruitiness and vegetal depth, which can also be altered by aging the spirit for short periods in local Brazilian wood barrels. And both wood-aging and caramel coloring can give certain brands a hint — to a generous dose — of golden color. Of course, among the many brands out there, you’ll notice most are clear, or subtly colored like Leblon, which is actually aged briefly in used Cognac casks in France before it goes into the bottle. It’s a bit smoother, thanks to the oak, but still green, roundly vegetal, and even a bit spicy with some not unpleasant muskiness on the nose. In a way it’s almost closer to a younger tequila than a rum, which is probably why Brazil doesn’t want it confused with the brown sugar-molasses flavor profiles of aged rums.

The confusion can spread when cachaca is either wood-aged or caramel-colored, making it look like rum at alcohol levels that can legally range anywhere from 38% to 54%, which is a huge variance (a lot of mid-50% ABV alcohols are actually cask strength), but you’ll generally find most in the 40% ABV range. There is “old” cachaça, but that only requires half the spirit be aged a minimum of a year. Fresh, green, even husky flavors — with a subtle sugarcane laced through — are what you’re looking for. If you’re looking for cachaça. Which you should be, since you’ll want to make this perfect Caipirinha recipe to toast the games, and Brazil. The country did a lot to get the Olympics and will probably lose a lot of money, but for a while at least, Brazil has a global supply of elite athletes who will do some pretty amazing stuff. That’s enough for a cheer. Or five. However many Olympic Rings there are.


The One Bright Spot At The Rio Olympics Is Cachaça And Caipirinhas

Brazil’s getting a lot of flack these days. There were those sorry-looking athlete rooms in the Rio Olympic Village. The Zika story keeps getting worse and worse. Infrastructural and political instabilities still plague the country. And then there was the sewage leak that led to drug-resistant super-bacteria being found in waters off some Olympic beaches. Not a great start for the home of the 2016 Summer Olympics.

But whatever the bad press it’s gotten—kind of a pre-Olympics tradition, right?—Brazil’s plodded on, setting up beach volleyball nets and doing whatever it is they do to prepare for canoe slalom. And that’s gotta take some serious national strength. Everyone’s looking at Brazil to fail, at structures to falter, at sickness to spread. But then the spirit of the games themselves might take over, not least because at its core are a lot of extremely talented people dedicated, despite all the setbacks, to rally their spirits, prime their bodies, and absolutely crush their opponents.

And if that inspiring competitive spirit isn’t enough to smooth over the wave of Olympics hiccups (Olympiccups), there’s always one reliable national remedy: the Caipirinha.

36 Gifts and Gadgets For Anyone Who Loves Drinks

Even if you’re not a cocktail aficionado, by this point you’ve probably heard of the Caipirinha — and not just because it isn’t the kind of drink kept in idyllic secrecy in the South American mountains. It’s got major selling points, especially in warm weather: simplicity, fresh lime juice, a little hint of sweetness, and a generous chill. In a way, it’s kind of kindred to a classic Margarita or Daiquiri (the no Sour Mix/machine kinds). Except unlike those cocktails, Caiprinha’s marquee spirit, cachaça, has just started making serious inroads in the U.S. market.

Brazil’s National Drink

There’s a chance things could get just a bit confusing, since cachaça actually has a certain kinship with rum. But don’t tell that to the Brazilian government. It’s adamant that cachaça not be qualified as a rum, and with good reason: cachaça is made exclusively by fermenting sugarcane juice. Rum can be made with sugarcane juice — like Rhum Agricole — but it’s often the product of fermented sugarcane byproducts like molasses.

And then there are the very specific, very grim local origins of cachaça. Much like Egyptian slaves drinking an early form of beer, cachaça was first regularly consumed 400 years ago, not by the moneyed landowners but by slaves from Africa who worked the Brazilian sugarcane fields. And while the beer rationed to the Egyptian slaves was arguably nutritional, the cachaça, which was also rationed to the African slaves, was a bleaker remedy, simply meant “to dull their pain and give them energy during their arduous work days.” In 1663, a sugar producer named João Fernando Vieira actually insisted his slaves “were only to begin a day’s work after they had drunk their daily ration of cachaça.” The term itself comes from what the African captives called “the foam that collected at the top of cauldrons” used to boil the cane. That early, rougher fermented product evolved into cachaça.

Modern cachaça can vary in terms of refinement. As we said, the spirit’s made with sugarcane juice, which gives it a certain similarity in flavor profile to Rhum Agricole, which is arguably (pleasantly) bulkier than cachaça. Not that it doesn’t have a rustic flavor profile, which can tend toward fruitiness and vegetal depth, which can also be altered by aging the spirit for short periods in local Brazilian wood barrels. And both wood-aging and caramel coloring can give certain brands a hint — to a generous dose — of golden color. Of course, among the many brands out there, you’ll notice most are clear, or subtly colored like Leblon, which is actually aged briefly in used Cognac casks in France before it goes into the bottle. It’s a bit smoother, thanks to the oak, but still green, roundly vegetal, and even a bit spicy with some not unpleasant muskiness on the nose. In a way it’s almost closer to a younger tequila than a rum, which is probably why Brazil doesn’t want it confused with the brown sugar-molasses flavor profiles of aged rums.

The confusion can spread when cachaca is either wood-aged or caramel-colored, making it look like rum at alcohol levels that can legally range anywhere from 38% to 54%, which is a huge variance (a lot of mid-50% ABV alcohols are actually cask strength), but you’ll generally find most in the 40% ABV range. There is “old” cachaça, but that only requires half the spirit be aged a minimum of a year. Fresh, green, even husky flavors — with a subtle sugarcane laced through — are what you’re looking for. If you’re looking for cachaça. Which you should be, since you’ll want to make this perfect Caipirinha recipe to toast the games, and Brazil. The country did a lot to get the Olympics and will probably lose a lot of money, but for a while at least, Brazil has a global supply of elite athletes who will do some pretty amazing stuff. That’s enough for a cheer. Or five. However many Olympic Rings there are.


The One Bright Spot At The Rio Olympics Is Cachaça And Caipirinhas

Brazil’s getting a lot of flack these days. There were those sorry-looking athlete rooms in the Rio Olympic Village. The Zika story keeps getting worse and worse. Infrastructural and political instabilities still plague the country. And then there was the sewage leak that led to drug-resistant super-bacteria being found in waters off some Olympic beaches. Not a great start for the home of the 2016 Summer Olympics.

But whatever the bad press it’s gotten—kind of a pre-Olympics tradition, right?—Brazil’s plodded on, setting up beach volleyball nets and doing whatever it is they do to prepare for canoe slalom. And that’s gotta take some serious national strength. Everyone’s looking at Brazil to fail, at structures to falter, at sickness to spread. But then the spirit of the games themselves might take over, not least because at its core are a lot of extremely talented people dedicated, despite all the setbacks, to rally their spirits, prime their bodies, and absolutely crush their opponents.

And if that inspiring competitive spirit isn’t enough to smooth over the wave of Olympics hiccups (Olympiccups), there’s always one reliable national remedy: the Caipirinha.

36 Gifts and Gadgets For Anyone Who Loves Drinks

Even if you’re not a cocktail aficionado, by this point you’ve probably heard of the Caipirinha — and not just because it isn’t the kind of drink kept in idyllic secrecy in the South American mountains. It’s got major selling points, especially in warm weather: simplicity, fresh lime juice, a little hint of sweetness, and a generous chill. In a way, it’s kind of kindred to a classic Margarita or Daiquiri (the no Sour Mix/machine kinds). Except unlike those cocktails, Caiprinha’s marquee spirit, cachaça, has just started making serious inroads in the U.S. market.

Brazil’s National Drink

There’s a chance things could get just a bit confusing, since cachaça actually has a certain kinship with rum. But don’t tell that to the Brazilian government. It’s adamant that cachaça not be qualified as a rum, and with good reason: cachaça is made exclusively by fermenting sugarcane juice. Rum can be made with sugarcane juice — like Rhum Agricole — but it’s often the product of fermented sugarcane byproducts like molasses.

And then there are the very specific, very grim local origins of cachaça. Much like Egyptian slaves drinking an early form of beer, cachaça was first regularly consumed 400 years ago, not by the moneyed landowners but by slaves from Africa who worked the Brazilian sugarcane fields. And while the beer rationed to the Egyptian slaves was arguably nutritional, the cachaça, which was also rationed to the African slaves, was a bleaker remedy, simply meant “to dull their pain and give them energy during their arduous work days.” In 1663, a sugar producer named João Fernando Vieira actually insisted his slaves “were only to begin a day’s work after they had drunk their daily ration of cachaça.” The term itself comes from what the African captives called “the foam that collected at the top of cauldrons” used to boil the cane. That early, rougher fermented product evolved into cachaça.

Modern cachaça can vary in terms of refinement. As we said, the spirit’s made with sugarcane juice, which gives it a certain similarity in flavor profile to Rhum Agricole, which is arguably (pleasantly) bulkier than cachaça. Not that it doesn’t have a rustic flavor profile, which can tend toward fruitiness and vegetal depth, which can also be altered by aging the spirit for short periods in local Brazilian wood barrels. And both wood-aging and caramel coloring can give certain brands a hint — to a generous dose — of golden color. Of course, among the many brands out there, you’ll notice most are clear, or subtly colored like Leblon, which is actually aged briefly in used Cognac casks in France before it goes into the bottle. It’s a bit smoother, thanks to the oak, but still green, roundly vegetal, and even a bit spicy with some not unpleasant muskiness on the nose. In a way it’s almost closer to a younger tequila than a rum, which is probably why Brazil doesn’t want it confused with the brown sugar-molasses flavor profiles of aged rums.

The confusion can spread when cachaca is either wood-aged or caramel-colored, making it look like rum at alcohol levels that can legally range anywhere from 38% to 54%, which is a huge variance (a lot of mid-50% ABV alcohols are actually cask strength), but you’ll generally find most in the 40% ABV range. There is “old” cachaça, but that only requires half the spirit be aged a minimum of a year. Fresh, green, even husky flavors — with a subtle sugarcane laced through — are what you’re looking for. If you’re looking for cachaça. Which you should be, since you’ll want to make this perfect Caipirinha recipe to toast the games, and Brazil. The country did a lot to get the Olympics and will probably lose a lot of money, but for a while at least, Brazil has a global supply of elite athletes who will do some pretty amazing stuff. That’s enough for a cheer. Or five. However many Olympic Rings there are.


The One Bright Spot At The Rio Olympics Is Cachaça And Caipirinhas

Brazil’s getting a lot of flack these days. There were those sorry-looking athlete rooms in the Rio Olympic Village. The Zika story keeps getting worse and worse. Infrastructural and political instabilities still plague the country. And then there was the sewage leak that led to drug-resistant super-bacteria being found in waters off some Olympic beaches. Not a great start for the home of the 2016 Summer Olympics.

But whatever the bad press it’s gotten—kind of a pre-Olympics tradition, right?—Brazil’s plodded on, setting up beach volleyball nets and doing whatever it is they do to prepare for canoe slalom. And that’s gotta take some serious national strength. Everyone’s looking at Brazil to fail, at structures to falter, at sickness to spread. But then the spirit of the games themselves might take over, not least because at its core are a lot of extremely talented people dedicated, despite all the setbacks, to rally their spirits, prime their bodies, and absolutely crush their opponents.

And if that inspiring competitive spirit isn’t enough to smooth over the wave of Olympics hiccups (Olympiccups), there’s always one reliable national remedy: the Caipirinha.

36 Gifts and Gadgets For Anyone Who Loves Drinks

Even if you’re not a cocktail aficionado, by this point you’ve probably heard of the Caipirinha — and not just because it isn’t the kind of drink kept in idyllic secrecy in the South American mountains. It’s got major selling points, especially in warm weather: simplicity, fresh lime juice, a little hint of sweetness, and a generous chill. In a way, it’s kind of kindred to a classic Margarita or Daiquiri (the no Sour Mix/machine kinds). Except unlike those cocktails, Caiprinha’s marquee spirit, cachaça, has just started making serious inroads in the U.S. market.

Brazil’s National Drink

There’s a chance things could get just a bit confusing, since cachaça actually has a certain kinship with rum. But don’t tell that to the Brazilian government. It’s adamant that cachaça not be qualified as a rum, and with good reason: cachaça is made exclusively by fermenting sugarcane juice. Rum can be made with sugarcane juice — like Rhum Agricole — but it’s often the product of fermented sugarcane byproducts like molasses.

And then there are the very specific, very grim local origins of cachaça. Much like Egyptian slaves drinking an early form of beer, cachaça was first regularly consumed 400 years ago, not by the moneyed landowners but by slaves from Africa who worked the Brazilian sugarcane fields. And while the beer rationed to the Egyptian slaves was arguably nutritional, the cachaça, which was also rationed to the African slaves, was a bleaker remedy, simply meant “to dull their pain and give them energy during their arduous work days.” In 1663, a sugar producer named João Fernando Vieira actually insisted his slaves “were only to begin a day’s work after they had drunk their daily ration of cachaça.” The term itself comes from what the African captives called “the foam that collected at the top of cauldrons” used to boil the cane. That early, rougher fermented product evolved into cachaça.

Modern cachaça can vary in terms of refinement. As we said, the spirit’s made with sugarcane juice, which gives it a certain similarity in flavor profile to Rhum Agricole, which is arguably (pleasantly) bulkier than cachaça. Not that it doesn’t have a rustic flavor profile, which can tend toward fruitiness and vegetal depth, which can also be altered by aging the spirit for short periods in local Brazilian wood barrels. And both wood-aging and caramel coloring can give certain brands a hint — to a generous dose — of golden color. Of course, among the many brands out there, you’ll notice most are clear, or subtly colored like Leblon, which is actually aged briefly in used Cognac casks in France before it goes into the bottle. It’s a bit smoother, thanks to the oak, but still green, roundly vegetal, and even a bit spicy with some not unpleasant muskiness on the nose. In a way it’s almost closer to a younger tequila than a rum, which is probably why Brazil doesn’t want it confused with the brown sugar-molasses flavor profiles of aged rums.

The confusion can spread when cachaca is either wood-aged or caramel-colored, making it look like rum at alcohol levels that can legally range anywhere from 38% to 54%, which is a huge variance (a lot of mid-50% ABV alcohols are actually cask strength), but you’ll generally find most in the 40% ABV range. There is “old” cachaça, but that only requires half the spirit be aged a minimum of a year. Fresh, green, even husky flavors — with a subtle sugarcane laced through — are what you’re looking for. If you’re looking for cachaça. Which you should be, since you’ll want to make this perfect Caipirinha recipe to toast the games, and Brazil. The country did a lot to get the Olympics and will probably lose a lot of money, but for a while at least, Brazil has a global supply of elite athletes who will do some pretty amazing stuff. That’s enough for a cheer. Or five. However many Olympic Rings there are.


The One Bright Spot At The Rio Olympics Is Cachaça And Caipirinhas

Brazil’s getting a lot of flack these days. There were those sorry-looking athlete rooms in the Rio Olympic Village. The Zika story keeps getting worse and worse. Infrastructural and political instabilities still plague the country. And then there was the sewage leak that led to drug-resistant super-bacteria being found in waters off some Olympic beaches. Not a great start for the home of the 2016 Summer Olympics.

But whatever the bad press it’s gotten—kind of a pre-Olympics tradition, right?—Brazil’s plodded on, setting up beach volleyball nets and doing whatever it is they do to prepare for canoe slalom. And that’s gotta take some serious national strength. Everyone’s looking at Brazil to fail, at structures to falter, at sickness to spread. But then the spirit of the games themselves might take over, not least because at its core are a lot of extremely talented people dedicated, despite all the setbacks, to rally their spirits, prime their bodies, and absolutely crush their opponents.

And if that inspiring competitive spirit isn’t enough to smooth over the wave of Olympics hiccups (Olympiccups), there’s always one reliable national remedy: the Caipirinha.

36 Gifts and Gadgets For Anyone Who Loves Drinks

Even if you’re not a cocktail aficionado, by this point you’ve probably heard of the Caipirinha — and not just because it isn’t the kind of drink kept in idyllic secrecy in the South American mountains. It’s got major selling points, especially in warm weather: simplicity, fresh lime juice, a little hint of sweetness, and a generous chill. In a way, it’s kind of kindred to a classic Margarita or Daiquiri (the no Sour Mix/machine kinds). Except unlike those cocktails, Caiprinha’s marquee spirit, cachaça, has just started making serious inroads in the U.S. market.

Brazil’s National Drink

There’s a chance things could get just a bit confusing, since cachaça actually has a certain kinship with rum. But don’t tell that to the Brazilian government. It’s adamant that cachaça not be qualified as a rum, and with good reason: cachaça is made exclusively by fermenting sugarcane juice. Rum can be made with sugarcane juice — like Rhum Agricole — but it’s often the product of fermented sugarcane byproducts like molasses.

And then there are the very specific, very grim local origins of cachaça. Much like Egyptian slaves drinking an early form of beer, cachaça was first regularly consumed 400 years ago, not by the moneyed landowners but by slaves from Africa who worked the Brazilian sugarcane fields. And while the beer rationed to the Egyptian slaves was arguably nutritional, the cachaça, which was also rationed to the African slaves, was a bleaker remedy, simply meant “to dull their pain and give them energy during their arduous work days.” In 1663, a sugar producer named João Fernando Vieira actually insisted his slaves “were only to begin a day’s work after they had drunk their daily ration of cachaça.” The term itself comes from what the African captives called “the foam that collected at the top of cauldrons” used to boil the cane. That early, rougher fermented product evolved into cachaça.

Modern cachaça can vary in terms of refinement. As we said, the spirit’s made with sugarcane juice, which gives it a certain similarity in flavor profile to Rhum Agricole, which is arguably (pleasantly) bulkier than cachaça. Not that it doesn’t have a rustic flavor profile, which can tend toward fruitiness and vegetal depth, which can also be altered by aging the spirit for short periods in local Brazilian wood barrels. And both wood-aging and caramel coloring can give certain brands a hint — to a generous dose — of golden color. Of course, among the many brands out there, you’ll notice most are clear, or subtly colored like Leblon, which is actually aged briefly in used Cognac casks in France before it goes into the bottle. It’s a bit smoother, thanks to the oak, but still green, roundly vegetal, and even a bit spicy with some not unpleasant muskiness on the nose. In a way it’s almost closer to a younger tequila than a rum, which is probably why Brazil doesn’t want it confused with the brown sugar-molasses flavor profiles of aged rums.

The confusion can spread when cachaca is either wood-aged or caramel-colored, making it look like rum at alcohol levels that can legally range anywhere from 38% to 54%, which is a huge variance (a lot of mid-50% ABV alcohols are actually cask strength), but you’ll generally find most in the 40% ABV range. There is “old” cachaça, but that only requires half the spirit be aged a minimum of a year. Fresh, green, even husky flavors — with a subtle sugarcane laced through — are what you’re looking for. If you’re looking for cachaça. Which you should be, since you’ll want to make this perfect Caipirinha recipe to toast the games, and Brazil. The country did a lot to get the Olympics and will probably lose a lot of money, but for a while at least, Brazil has a global supply of elite athletes who will do some pretty amazing stuff. That’s enough for a cheer. Or five. However many Olympic Rings there are.


ビデオを見る: 結局デマだった選手村報道の新事実ロシア選手団あんな事我々は言ってないメディアのデマに踊らされ喜ぶ韓国一方で韓国平昌五輪でのあり得ない実態と日本の功績とは令和のスルメ (八月 2022).