他の

この男がピザを食べて100ポンド近く失った方法


ピザメーカーのパスクアーレコッツォリーノは、毎日ランチにピザマルゲリータを丸ごと食べた後、94ポンドを失いました

うまくいくピザダイエット?遅ればせながらクリスマスの奇跡です!

パスクアーレ・コッツォリーノは、私たちのほとんどが夢見ることしかできないことを成し遂げました。彼は、毎日ランチにピザを丸ごと食べることで、94ポンドを失うことに成功しました。 2012年初頭までに、 ニューヨークポストによると、彼は驚異的な370ポンドの重さで、ひどい気分になり始めました。 2015年6月、彼の医師は、体重を減らす必要があると言いました。そうしないと、最終的には大規模な心臓発作を起こすことになります。

コッツォリーノはお菓子や炭酸飲料を切り出し、果物や野菜をたっぷりと食べることに集中しました。しかし、彼のダイエット計画のハイライトは、マルゲリータピザを毎日ランチに食べることでした。 リバルタピザ 彼がエグゼクティブシェフを務めるイーストビレッジで。

考えられないように聞こえますが、Cozzolinoは、リバルタのプレーンピザは実際にはかなり健康的であると説明しています。生地は水、小麦粉、酵母、塩のみで作られ、バターや肥育油は一切添加されていません。トッピングはフレッシュトマト、モッツァレラチーズの薄層、バジルをまぶしたものです。さらに、生地は36時間近く発酵するため、炭水化物の天然糖の多くが食べ尽くされます。したがって、通常の「脂っこいスライス」ピッツェリアは、同じ結果を達成するのに役立ちませんし、さらに悪い場合もあります。

7か月後、コッツォリーノのウエストは12インチ縮小し、今では大きな6’6フレームで健康的な276ポンドの体重になっています。

「それはあなたがジャンクフードから離れるのを助けます」と彼はニューヨークポストに言いました。 「ピザを食べるときは、他に何も必要ありません。」

コッツォリーノは実際、ピザダイエットで大きな成功を収めた最初の人ではありません。 10月中、 フロリダのサイクリストについて報告しました 野菜を詰めたピザだけを食べて24ポンドを失った人。


男は300ポンド近く体重を減らし、コロナウイルスに打ち勝ち、愛を見つけるのを手伝って大幅な体重減少を認めました

肥満の男性は、294ポンド以上の体重を減らし、コロナウイルスに打ち勝ち、愛を見つけるのに役立ったと彼は言います。

Phil Kayes(47歳)は、彼のサイズが彼の健康にそのような負担をかけていると医師から警告されていました。彼は幸運にも40歳に達するでしょう。

ケイズ氏は、以前は「一人で死ぬ」ことを辞めたと述べたが、彼のスリムなサイズは彼が愛を見つけるのを助けたと信じている。 (SWNS)

彼の体重は最大で520.5ポンドでしたが、わずか3年で226ポンドにまで削減できました。

ケイズ氏は、母親が末期がんと診断された後、行動に駆り立てられたと語った。その後、彼は減量の旅に乗り出し、その間にパートナーのニコール・マルホランドに会いました。

ケイズは以前に「一人で死ぬ」ことを辞めたと述べたが、彼のスリムなサイズは彼が愛を見つけるのを助けたと信じている。

北アイルランドのCo.Downの公務員も、COVID-19に感染した後、体重が減ったことで命が救われたのではないかと考えています。

彼は、彼の生存は彼の健康がいかに重要であるかを「タイムリーに思い出させる」ものであると付け加えました。

Kayesは、最近彼に「Greatest Loser 2020」を授与したスリミング・ワールドによって、彼の劇的な変革を助けられました。

その名前にもかかわらず、競争はすべてのブランドのメンバーの中で最も減量が多い人を祝います。

彼の最も重いケイズは、膝への圧力や睡眠時無呼吸など、他の一連の健康問題に苦しんでいました。 (SWNS)

ケイズ氏は次のように述べています。「私はいつも仲間よりも大きかった。学校で体育教師からサッカーをするには大きすぎると呼ばれたことを覚えている。

「私が大学を始めたとき、しかし、重さは本当に積み重なっていきました。

「私のサイズは私の人生がますます孤立したことを意味し、私は外出しないようにさまざまな言い訳をしました。

「とても不快に感じたので、パーティーや結婚式などの集まりは避けたいと思います。飛行機の座席に収まらないことはわかっていたので、本当に行きたかったのに旅行したことはありませんでした。

「公務員としての仕事を除けば、隠れて食事をする以外は何もしませんでした。とても寂しい時期でした。」

彼の最も重いケイズは、膝への圧力や睡眠時無呼吸など、他の一連の健康問題に苦しんでいました。

その後、ケイズは、母親が末期がんと診断されたとき、体重について何かしなければならないことに気づきました。 (SWNS)

彼のシャツのサイズは、ウエストが68インチの巨大なXXXXXXXXLでした。

しかし、彼の主な心配事は、彼が睡眠中に死んだ場合、彼が実家の3階に住んでいたため、彼の重い体を取り除くことができないということでした。

その後、ケイズは、母親が末期がんと診断されたとき、体重について何かしなければならないことに気づきました。

彼は次のように述べています。「ママは悲しいことに彼女の最後であることが判明した彼女の4回目の癌の戦いに直面していました。

「ニュースのようなものが私を行動に駆り立てました、そして今度は私ができる限り健康になるように努力しなければならないことを知っていました-彼女のためだけでなく私のためにも。

「お母さんが亡くなったら、棺側添人になれないのではないかと心配していました。それは悲痛なことでした。

ケイズはまた、彼がオンラインの出会い系アプリで見つけたパートナーのニコールに会うのを手伝ったことで彼の体重減少を認めています。 (SWNS)

「彼女は2017年10月に亡くなり、その時点で私は[70ポンド]を失いました。彼女が今私を見ることができれば、彼女は本当に誇りに思うでしょう。[294ポンド]以上軽くなります。」

Kayesは、すべての体重を減らして以来、はるかに活発になりました。そして、活動から30年近く休んだ後、再びサイクリングを始めました。

彼は次のように述べています。「太りすぎの年は本当にひざに負担がかかり、私は痛みを管理するために毎日薬を服用していました。

「私はまだある段階で膝関節置換術が必要ですが、私は確かに避けられないことを遅らせ、手術自体が成功する可能性を高めました。

「私が[518ポンド]だったとき、私のサイズの誰かに必要な麻酔薬を計算するのはとても難しいので、私の医者は私が手術を受けるのは危険すぎると私に言いました。

「サイクリングを再開しました。息を切らさずに歩くことができ、ヨガも楽しんでいます。

「それは私が以前に持っていたものとは完全に異なる人生です-機会、友人、そして冒険に満ちた人生です。」

ケイズはまた、彼がオンラインの出会い系アプリで見つけたパートナーのニコールに会うのを手伝ったことで彼の体重減少を認めています。

Kayesは、すべての体重を減らして以来、はるかに活発になりました-そして、活動からほぼ30年の不在の後、再びサイクリングを始めました。 (SWNS)

彼は言った:「体重を減らして以来、私に起こった最も良いことはニコールに会うことです。

「私が大きくなったとき、私は愛を見つけることを想像することができず、一人で死ぬことを辞任したと感じました。

「会議以来、私たちは一緒に引っ越してきて、地中海で泳ぎ、ベルリンのウォーキングツアーに参加し、運転することを学びました。

「リストから外したい冒険はもっとたくさんあります。久しぶりに、私は未来に興奮しています。」


男は300ポンド近くを流し、コロナウイルスを打ち負かし、愛を見つけるのを助けたことで大幅な体重減少を認めました

肥満の男性は、294ポンド以上の体重を減らし、コロナウイルスに打ち勝ち、愛を見つけるのに役立ったと彼は言います。

Phil Kayes(47歳)は、彼のサイズが彼の健康にそのような負担をかけていると医師から警告されていました。彼は幸運にも40歳に達するでしょう。

ケイズ氏は、以前は「一人で死ぬ」ことを辞めたと述べたが、彼のスリムなサイズは彼が愛を見つけるのを助けたと信じている。 (SWNS)

彼の体重は最大で520.5ポンドでしたが、わずか3年で226ポンドにまで削減できました。

ケイズ氏は、母親が末期がんと診断された後、行動に駆り立てられたと語った。その後、彼は減量の旅に乗り出し、その間にパートナーのニコール・マルホランドに会いました。

ケイズは以前に「一人で死ぬ」ことを辞めたと述べたが、彼のスリムなサイズは彼が愛を見つけるのを助けたと信じている。

北アイルランドのCo.Downの公務員も、COVID-19に感染した後、体重が減ったことで命が救われたのではないかと考えています。

彼は、彼の生存は彼の健康がいかに重要であるかを「タイムリーに思い出させる」ものであると付け加えました。

Kayesは、最近彼に「Greatest Loser 2020」を授与したスリミング・ワールドによって、彼の劇的な変革を助けられました。

その名前にもかかわらず、競争はすべてのブランドのメンバーの中で最も減量が多い人を祝います。

彼の最も重いケイズは、膝への圧力や睡眠時無呼吸など、他の一連の健康問題に苦しんでいました。 (SWNS)

ケイズ氏は次のように述べています。「私はいつも仲間よりも大きかった。学校で体育教師からサッカーをするには大きすぎると呼ばれたことを覚えている。

「私が大学を始めたとき、しかし、重さは本当に積み重なっていきました。

「私のサイズは私の人生がますます孤立したことを意味し、私は外出しないようにさまざまな言い訳をしました。

「とても不快に感じたので、パーティーや結婚式などの集まりは避けたいと思います。飛行機の座席に収まらないことはわかっていたので、本当に行きたかったのに旅行したことはありませんでした。

「公務員としての仕事を除けば、隠れて食事をする以外は何もしませんでした。とても寂しい時期でした。」

彼の最も重いケイズは、膝への圧力や睡眠時無呼吸など、他の一連の健康問題に苦しんでいました。

その後、ケイズは、母親が末期がんと診断されたとき、体重について何かしなければならないことに気づきました。 (SWNS)

彼のシャツのサイズは、ウエストが68インチの巨大なXXXXXXXXLでした。

しかし、彼の主な心配事は、彼が睡眠中に死んだ場合、彼が実家の3階に住んでいたため、彼の重い体を取り除くことができないということでした。

その後、ケイズは、母親が末期がんと診断されたとき、体重について何かしなければならないことに気づきました。

彼は次のように述べています。「ママは悲しいことに彼女の最後であることが判明した彼女の4回目の癌の戦いに直面していました。

「ニュースのようなものが私を行動に駆り立てました、そして今度は私ができる限り健康になるように努力しなければならないことを知っていました-彼女のためだけでなく私のためにも。

「お母さんが亡くなったら、棺側添人になれないのではないかと心配していました。それは悲痛なことでした。

ケイズはまた、彼がオンラインの出会い系アプリで見つけたパートナーのニコールに会うのを手伝ったことで彼の体重減少を認めています。 (SWNS)

「彼女は2017年10月に亡くなり、その時点で私は[70ポンド]を失いました。彼女が今私を見ることができれば、彼女は本当に誇りに思うでしょう。[294ポンド]以上軽くなります。」

Kayesは、すべての体重を減らして以来、はるかに活発になりました。そして、活動から30年近く休んだ後、再びサイクリングを始めました。

彼は次のように述べています。「太りすぎの年は本当にひざに負担がかかり、私は痛みを管理するために毎日薬を服用していました。

「私はまだある段階で膝関節置換術が必要ですが、私は確かに避けられないことを遅らせ、手術自体が成功する可能性を高めました。

「私が[518ポンド]だったとき、私のサイズの誰かに必要な麻酔薬を計算するのはとても難しいので、私の医者は私が手術を受けるのは危険すぎると私に言いました。

「サイクリングを再開しました。息を切らさずに歩くことができ、ヨガも楽しんでいます。

「それは私が以前に持っていたものとは完全に異なる人生です-機会、友人、そして冒険に満ちた人生です。」

ケイズはまた、彼がオンラインの出会い系アプリで見つけたパートナーのニコールに会うのを手伝ったことで彼の体重減少を認めています。

Kayesは、すべての体重を減らして以来、はるかに活発になりました-そして、活動からほぼ30年の不在の後、再びサイクリングを始めました。 (SWNS)

彼は言った:「体重を減らして以来、私に起こった最も良いことはニコールに会うことです。

「私が大きくなったとき、私は愛を見つけることを想像することができず、一人で死ぬことを辞任したと感じました。

「会議以来、私たちは一緒に引っ越してきて、地中海で泳ぎ、ベルリンのウォーキングツアーに参加し、運転することを学びました。

「リストから外したい冒険はもっとたくさんあります。久しぶりに、私は未来に興奮しています。」


男は300ポンド近く体重を減らし、コロナウイルスに打ち勝ち、愛を見つけるのを手伝って大幅な体重減少を認めました

肥満の男性は、294ポンド以上の体重を減らし、コロナウイルスに打ち勝ち、愛を見つけるのに役立ったと彼は言います。

Phil Kayes(47歳)は、彼のサイズが彼の健康にそのような負担をかけていると医師から警告されていました。彼は幸運にも40歳に達するでしょう。

ケイズ氏は、以前は「一人で死ぬ」ことを辞めたと述べたが、彼のスリムなサイズは彼が愛を見つけるのを助けたと信じている。 (SWNS)

彼の体重は最大で520.5ポンドでしたが、わずか3年で226ポンドにまで削減できました。

ケイズ氏は、母親が末期がんと診断された後、行動に駆り立てられたと語った。その後、彼は減量の旅に乗り出し、その間にパートナーのニコール・マルホランドに会いました。

ケイズは以前に「一人で死ぬ」ことを辞めたと述べたが、彼のスリムなサイズは彼が愛を見つけるのを助けたと信じている。

北アイルランドのCo.Downの公務員も、COVID-19に感染した後、体重が減ったことで命が救われたのではないかと考えています。

彼は、彼の生存は彼の健康がいかに重要であるかを「タイムリーに思い出させる」ものであると付け加えました。

Kayesは、最近彼に「Greatest Loser 2020」を授与したスリミング・ワールドによって、彼の劇的な変革を助けられました。

その名前にもかかわらず、競争はすべてのブランドのメンバーの中で最も減量が多い人を祝います。

彼の最も重いケイズは、膝への圧力や睡眠時無呼吸など、他の一連の健康問題に苦しんでいました。 (SWNS)

ケイズ氏は次のように述べています。「私はいつも仲間よりも大きかった。学校で体育教師からサッカーをするには大きすぎると呼ばれたことを覚えている。

「私が大学を始めたとき、しかし、重さは本当に積み重なっていきました。

「私のサイズは私の人生がますます孤立したことを意味し、私は外出しないようにさまざまな言い訳をしました。

「とても不快に感じたので、パーティーや結婚式などの集まりは避けたいと思います。飛行機の座席に収まらないことはわかっていたので、本当に行きたかったのに旅行したことはありませんでした。

「公務員としての仕事を除けば、隠れて食事をする以外は何もしませんでした。とても寂しい時期でした。」

彼の最も重いケイズは、膝への圧力や睡眠時無呼吸など、他の一連の健康問題に苦しんでいました。

その後、ケイズは、母親が末期がんと診断されたとき、体重について何かしなければならないことに気づきました。 (SWNS)

彼のシャツのサイズは、ウエストが68インチの巨大なXXXXXXXXLでした。

しかし、彼の主な心配事は、彼が睡眠中に死んだ場合、彼が実家の3階に住んでいたため、彼の重い体を取り除くことができないということでした。

その後、ケイズは、母親が末期がんと診断されたとき、体重について何かしなければならないことに気づきました。

彼は次のように述べています。「ママは悲しいことに彼女の最後であることが判明した彼女の4回目の癌の戦いに直面していました。

「ニュースのようなものが私を行動に駆り立てました、そして今度は私ができる限り健康になるように努力しなければならないことを知っていました-彼女のためだけでなく私のためにも。

「お母さんが亡くなったら、棺側添人になれないのではないかと心配していました。それは悲痛なことでした。

ケイズはまた、彼がオンラインの出会い系アプリで見つけたパートナーのニコールに会うのを手伝ったことで彼の体重減少を認めています。 (SWNS)

「彼女は2017年10月に亡くなり、その時点で私は[70ポンド]を失いました。彼女が今私を見ることができれば、彼女は本当に誇りに思うでしょう。[294ポンド]以上軽くなります。」

Kayesは、すべての体重を減らして以来、はるかに活発になりました。そして、活動から30年近く休んだ後、再びサイクリングを始めました。

彼は次のように述べています。「太りすぎの年は本当にひざに負担がかかり、私は痛みを管理するために毎日薬を服用していました。

「私はまだある段階で膝関節置換術が必要ですが、私は確かに避けられないことを遅らせ、手術自体が成功する可能性を高めました。

「私が[518ポンド]だったとき、私のサイズの誰かに必要な麻酔薬を計算するのはとても難しいので、私の医者は私が手術を受けるのは危険すぎると私に言いました。

「サイクリングを再開しました。息を切らさずに歩くことができ、ヨガも楽しんでいます。

「それは私が以前に持っていたものとは完全に異なる人生です-機会、友人、そして冒険に満ちた人生です。」

ケイズはまた、彼がオンラインの出会い系アプリで見つけたパートナーのニコールに会うのを手伝ったことで彼の体重減少を認めています。

Kayesは、すべての体重を減らして以来、はるかに活発になりました-そして、活動からほぼ30年の不在の後、再びサイクリングを始めました。 (SWNS)

彼は言った:「体重を減らして以来、私に起こった最も良いことはニコールに会うことです。

「私が大きくなったとき、私は愛を見つけることを想像することができず、一人で死ぬことを辞任したと感じました。

「会議以来、私たちは一緒に引っ越してきて、地中海で泳ぎ、ベルリンのウォーキングツアーに参加し、運転することを学びました。

「リストから外したい冒険はもっとたくさんあります。久しぶりに、私は未来に興奮しています。」


男は300ポンド近く体重を減らし、コロナウイルスに打ち勝ち、愛を見つけるのを手伝って大幅な体重減少を認めました

肥満の男性は、294ポンド以上の体重を減らし、コロナウイルスに打ち勝ち、愛を見つけるのに役立ったと彼は言います。

Phil Kayes(47歳)は、彼のサイズが彼の健康にそのような負担をかけていると医師から警告されていました。彼は幸運にも40歳に達するでしょう。

ケイズ氏は、以前は「一人で死ぬ」ことを辞めたと述べたが、彼のスリムなサイズは彼が愛を見つけるのを助けたと信じている。 (SWNS)

彼の体重は最大で520.5ポンドでしたが、わずか3年で226ポンドにまで削減できました。

ケイズ氏は、母親が末期がんと診断された後、行動に駆り立てられたと語った。その後、彼は減量の旅に乗り出し、その間にパートナーのニコール・マルホランドに会いました。

ケイズは以前に「一人で死ぬ」ことを辞めたと述べたが、彼のスリムなサイズは彼が愛を見つけるのを助けたと信じている。

北アイルランドのCo.Downの公務員も、COVID-19に感染した後、体重が減ったことで命が救われたのではないかと考えています。

彼は、彼の生存は彼の健康がいかに重要であるかを「タイムリーに思い出させる」ものであると付け加えました。

Kayesは、最近彼に「Greatest Loser 2020」を授与したスリミング・ワールドによって、彼の劇的な変革を助けられました。

その名前にもかかわらず、競争はすべてのブランドのメンバーの中で最も減量が多い人を祝います。

彼の最も重いケイズは、膝への圧力や睡眠時無呼吸など、他の一連の健康問題に苦しんでいました。 (SWNS)

ケイズ氏は次のように述べています。「私はいつも仲間よりも大きかった。学校で体育教師からサッカーをするには大きすぎると呼ばれたことを覚えている。

「私が大学を始めたとき、しかし、重さは本当に積み重なっていきました。

「私のサイズは私の人生がますます孤立したことを意味し、私は外出しないようにさまざまな言い訳をしました。

「とても不快に感じたので、パーティーや結婚式などの集まりは避けたいと思います。飛行機の座席に収まらないことはわかっていたので、本当に行きたかったのに旅行したことはありませんでした。

「公務員としての仕事を除けば、隠れて食事をする以外は何もしませんでした。とても寂しい時期でした。」

彼の最も重いケイズは、膝への圧力や睡眠時無呼吸など、他の一連の健康問題に苦しんでいました。

その後、ケイズは、母親が末期がんと診断されたとき、体重について何かしなければならないことに気づきました。 (SWNS)

彼のシャツのサイズは、ウエストが68インチの巨大なXXXXXXXXLでした。

しかし、彼の主な心配事は、彼が睡眠中に死んだ場合、彼が実家の3階に住んでいたため、彼の重い体を取り除くことができないということでした。

その後、ケイズは、母親が末期がんと診断されたとき、体重について何かしなければならないことに気づきました。

彼は次のように述べています。「ママは悲しいことに彼女の最後であることが判明した彼女の4回目の癌の戦いに直面していました。

「ニュースのようなものが私を行動に駆り立てました、そして今度は私ができる限り健康になるように努力しなければならないことを知っていました-彼女のためだけでなく私のためにも。

「お母さんが亡くなったら、棺側添人になれないのではないかと心配していました。それは悲痛なことでした。

ケイズはまた、彼がオンラインの出会い系アプリで見つけたパートナーのニコールに会うのを手伝ったことで彼の体重減少を認めています。 (SWNS)

「彼女は2017年10月に亡くなり、その時点で私は[70ポンド]を失いました。彼女が今私を見ることができれば、彼女は本当に誇りに思うでしょう。[294ポンド]以上軽くなります。」

Kayesは、すべての体重を減らして以来、はるかに活発になりました。そして、活動から30年近く休んだ後、再びサイクリングを始めました。

彼は次のように述べています。「太りすぎの年は本当にひざに負担がかかり、私は痛みを管理するために毎日薬を服用していました。

「私はまだある段階で膝関節置換術が必要ですが、私は確かに避けられないことを遅らせ、手術自体が成功する可能性を高めました。

「私が[518ポンド]だったとき、私のサイズの誰かに必要な麻酔薬を計算するのはとても難しいので、私の医者は私が手術を受けるのは危険すぎると私に言いました。

「サイクリングを再開しました。息を切らさずに歩くことができ、ヨガも楽しんでいます。

「それは私が以前に持っていたものとは完全に異なる人生です-機会、友人、そして冒険に満ちた人生です。」

ケイズはまた、彼がオンラインの出会い系アプリで見つけたパートナーのニコールに会うのを手伝ったことで彼の体重減少を認めています。

Kayesは、すべての体重を減らして以来、はるかに活発になりました-そして、活動からほぼ30年の不在の後、再びサイクリングを始めました。 (SWNS)

彼は次のように述べています。「体重が減ってから私に起こった最高のことは、ニコールに会うことです。

「私が大きくなったとき、私は愛を見つけることを想像することができず、一人で死ぬことを辞任したと感じました。

「会議以来、私たちは一緒に引っ越してきて、地中海で泳ぎ、ベルリンのウォーキングツアーに参加し、運転することを学びました。

「リストから外したい冒険はもっとたくさんあります。久しぶりに、私は未来に興奮しています。」


男は300ポンド近くを流し、コロナウイルスを打ち負かし、愛を見つけるのを助けたことで大幅な体重減少を認めました

肥満の男性は、294ポンド以上の体重を減らし、コロナウイルスに打ち勝ち、愛を見つけるのに役立ったと彼は言います。

Phil Kayes(47歳)は、彼のサイズが彼の健康にそのような負担をかけていると医師から警告されていました。彼は幸運にも40歳に達するでしょう。

ケイズ氏は、以前は「一人で死ぬ」ことを辞めたと述べたが、彼のスリムなサイズは彼が愛を見つけるのを助けたと信じている。 (SWNS)

彼の体重は最大で520.5ポンドでしたが、わずか3年で226ポンドにまで削減できました。

ケイズ氏は、母親が末期がんと診断された後、行動に駆り立てられたと語った。その後、彼は減量の旅に乗り出し、その間にパートナーのニコール・マルホランドに会いました。

ケイズは以前に「一人で死ぬ」ことを辞めたと述べたが、彼のスリムなサイズは彼が愛を見つけるのを助けたと信じている。

北アイルランドのCo.Downの公務員も、COVID-19に感染した後、体重が減ったことで命が救われたのではないかと考えています。

彼は、彼の生存は彼の健康がいかに重要であるかを「タイムリーに思い出させる」ものであると付け加えました。

Kayesは、最近彼に「Greatest Loser 2020」を授与したスリミング・ワールドによって、彼の劇的な変革を助けられました。

その名前にもかかわらず、競争はすべてのブランドのメンバーの中で最も減量が多い人を祝います。

彼の最も重いケイズは、膝への圧力や睡眠時無呼吸など、他の一連の健康問題に苦しんでいました。 (SWNS)

ケイズ氏は次のように述べています。「私はいつも仲間よりも大きかった。学校で体育教師からサッカーをするには大きすぎると呼ばれたことを覚えている。

「私が大学を始めたとき、しかし、重さは本当に積み重なっていきました。

「私のサイズは私の人生がますます孤立したことを意味し、私は外出しないようにさまざまな言い訳をしました。

「とても不快に感じたので、パーティーや結婚式などの集まりは避けたいと思います。飛行機の座席に収まらないことはわかっていたので、本当に行きたかったのに旅行したことはありませんでした。

「公務員としての仕事を除けば、隠れて食事をする以外は何もしませんでした。とても寂しい時期でした。」

彼の最も重いケイズは、膝への圧力や睡眠時無呼吸など、他の一連の健康問題に苦しんでいました。

その後、ケイズは、母親が末期がんと診断されたとき、体重について何かしなければならないことに気づきました。 (SWNS)

彼のシャツのサイズは、ウエストが68インチの巨大なXXXXXXXXLでした。

しかし、彼の主な心配事は、彼が睡眠中に死んだ場合、彼が実家の3階に住んでいたため、彼の重い体を取り除くことができないということでした。

その後、ケイズは、母親が末期がんと診断されたとき、体重について何かしなければならないことに気づきました。

彼は次のように述べています。「ママは悲しいことに彼女の最後であることが判明した彼女の4回目の癌の戦いに直面していました。

「ニュースのようなものが私を行動に駆り立てました、そして今度は私ができる限り健康になるように努力しなければならないことを知っていました-彼女のためだけでなく私のためにも。

「お母さんが亡くなったら、棺側添人になれないのではないかと心配していました。それは悲痛なことでした。

ケイズはまた、彼がオンラインの出会い系アプリで見つけたパートナーのニコールに会うのを手伝ったことで彼の体重減少を認めています。 (SWNS)

「彼女は2017年10月に亡くなり、その時点で私は[70ポンド]を失いました。彼女が今私を見ることができれば、彼女は本当に誇りに思うでしょう。[294ポンド]以上軽くなります。」

Kayesは、すべての体重を減らして以来、はるかに活発になりました。そして、活動から30年近く休んだ後、再びサイクリングを始めました。

彼は次のように述べています。「太りすぎの年は本当にひざに負担がかかり、私は痛みを管理するために毎日薬を服用していました。

「私はまだある段階で膝関節置換術が必要ですが、私は確かに避けられないことを遅らせ、手術自体が成功する可能性を高めました。

「私が[518ポンド]だったとき、私のサイズの誰かに必要な麻酔薬を計算するのはとても難しいので、私の医者は私が手術を受けるのは危険すぎると私に言いました。

「サイクリングを再開しました。息を切らさずに歩くことができ、ヨガも楽しんでいます。

「それは私が以前に持っていたものとは完全に異なる人生です-機会、友人、そして冒険に満ちた人生です。」

ケイズはまた、彼がオンラインの出会い系アプリで見つけたパートナーのニコールに会うのを手伝ったことで彼の体重減少を認めています。

Kayesは、すべての体重を減らして以来、はるかに活発になりました-そして、活動からほぼ30年の不在の後、再びサイクリングを始めました。 (SWNS)

彼は次のように述べています。「体重が減ってから私に起こった最高のことは、ニコールに会うことです。

「私が大きくなったとき、私は愛を見つけることを想像することができず、一人で死ぬことを辞任したと感じました。

「会議以来、私たちは一緒に引っ越してきて、地中海で泳ぎ、ベルリンのウォーキングツアーに参加し、運転することを学びました。

「リストから外したい冒険はもっとたくさんあります。久しぶりに、私は未来に興奮しています。」


男は300ポンド近くを流し、コロナウイルスを打ち負かし、愛を見つけるのを助けたことで大幅な体重減少を認めました

肥満の男性は、294ポンド以上の体重を減らし、コロナウイルスに打ち勝ち、愛を見つけるのに役立ったと彼は言います。

Phil Kayes(47歳)は、彼のサイズが彼の健康にそのような負担をかけていると医師から警告されていました。彼は幸運にも40歳に達するでしょう。

ケイズ氏は、以前は「一人で死ぬ」ことを辞めたと述べたが、彼のスリムなサイズは彼が愛を見つけるのを助けたと信じている。 (SWNS)

彼の体重は最大で520.5ポンドでしたが、わずか3年で226ポンドにまで削減できました。

ケイズ氏は、母親が末期がんと診断された後、行動に駆り立てられたと語った。その後、彼は減量の旅に乗り出し、その間にパートナーのニコール・マルホランドに会いました。

ケイズは以前に「一人で死ぬ」ことを辞めたと述べたが、彼のスリムなサイズは彼が愛を見つけるのを助けたと信じている。

北アイルランドのCo.Downの公務員も、COVID-19に感染した後、体重が減ったことで命が救われたのではないかと考えています。

彼は、彼の生存は彼の健康がいかに重要であるかを「タイムリーに思い出させる」ものであると付け加えました。

Kayesは、最近彼に「Greatest Loser 2020」を授与したスリミング・ワールドによって、彼の劇的な変革を助けられました。

その名前にもかかわらず、競争はすべてのブランドのメンバーの中で最も減量が多い人を祝います。

彼の最も重いケイズは、膝への圧力や睡眠時無呼吸など、他の一連の健康問題に苦しんでいました。 (SWNS)

ケイズ氏は次のように述べています。「私はいつも仲間よりも大きかった。学校で体育教師からサッカーをするには大きすぎると呼ばれたことを覚えている。

「私が大学を始めたとき、しかし、重さは本当に積み重なっていきました。

「私のサイズは私の人生がますます孤立したことを意味し、私は外出しないようにさまざまな言い訳をしました。

「とても不快に感じたので、パーティーや結婚式などの集まりは避けたいと思います。飛行機の座席に収まらないことはわかっていたので、本当に行きたかったのに旅行したことはありませんでした。

「公務員としての仕事を除けば、隠れて食事をする以外は何もしませんでした。とても寂しい時期でした。」

彼の最も重いケイズは、膝への圧力や睡眠時無呼吸など、他の一連の健康問題に苦しんでいました。

その後、ケイズは、母親が末期がんと診断されたとき、体重について何かしなければならないことに気づきました。 (SWNS)

彼のシャツのサイズは、ウエストが68インチの巨大なXXXXXXXXLでした。

しかし、彼の主な心配事は、彼が睡眠中に死んだ場合、彼が実家の3階に住んでいたため、彼の重い体を取り除くことができないということでした。

その後、ケイズは、母親が末期がんと診断されたとき、体重について何かしなければならないことに気づきました。

彼は次のように述べています。「ママは悲しいことに彼女の最後であることが判明した彼女の4回目の癌の戦いに直面していました。

「ニュースのようなものが私を行動に駆り立てました、そして今度は私ができる限り健康になるように努力しなければならないことを知っていました-彼女のためだけでなく私のためにも。

「お母さんが亡くなったら、棺側添人になれないのではないかと心配していました。それは悲痛なことでした。

ケイズはまた、彼がオンラインの出会い系アプリで見つけたパートナーのニコールに会うのを手伝ったことで彼の体重減少を認めています。 (SWNS)

「彼女は2017年10月に亡くなり、その時点で私は[70ポンド]を失いました。彼女が今私を見ることができれば、彼女は本当に誇りに思うでしょう。[294ポンド]以上軽くなります。」

Kayesは、すべての体重を減らして以来、はるかに活発になりました。そして、活動から30年近く休んだ後、再びサイクリングを始めました。

彼は次のように述べています。「太りすぎの年は本当にひざに負担がかかり、私は痛みを管理するために毎日薬を服用していました。

「私はまだある段階で膝関節置換術が必要ですが、私は確かに避けられないことを遅らせ、手術自体が成功する可能性を高めました。

「私が[518ポンド]だったとき、私のサイズの誰かに必要な麻酔薬を計算するのはとても難しいので、私の医者は私が手術を受けるのは危険すぎると私に言いました。

「サイクリングを再開しました。息を切らさずに歩くことができ、ヨガも楽しんでいます。

「それは私が以前に持っていたものとは完全に異なる人生です-機会、友人、そして冒険に満ちた人生です。」

ケイズはまた、彼がオンラインの出会い系アプリで見つけたパートナーのニコールに会うのを手伝ったことで彼の体重減少を認めています。

Kayesは、すべての体重を減らして以来、はるかに活発になりました-そして、活動からほぼ30年の不在の後、再びサイクリングを始めました。 (SWNS)

彼は言った:「体重を減らして以来、私に起こった最も良いことは、ニコールに会うことです。

「私が大きくなったとき、私は愛を見つけることを想像することができず、一人で死ぬことを辞任したと感じました。

"Since meeting we’ve moved in together, swam in the Mediterranean Sea, been on a walking tour of Berlin and I’ve learned to drive.

"There are lots more adventures we want to tick off the list and for the first time in a long time, I’m excited about the future."


Man shed nearly 300 pounds, credits massive weight loss with helping him beat coronavirus, find love

An obese man has shed more than 294 pounds which has helped him beat coronavirus -- and find love, he says.

Phil Kayes, 47, had been warned by doctors that his size was putting such a strain on his health he would be lucky to reach the age of 40.

Kayes said he had previously resigned himself to "dying alone" - but credits his slim size with helping him find love. (SWNS)

He weighed 520.5 pounds at his biggest -- but has now managed to cut to an impressive 226 pounds in just three years.

Kayes said he was spurred into action after his mom was diagnosed with terminal cancer. He then embarked on his weight loss journey, during which met partner Nicole Mulholland.

Kayes said he had previously resigned himself to "dying alone" -- but credits his slim size with helping him find love.

The civil servant, from Co. Down, Northern Ireland, also believes his weight loss may have saved his life after he caught COVID-19.

He added that his survival was a "timely reminder" how important his health is.

Kayes was helped in his dramatic transformation by Slimming World, who recently crowned him their “Greatest Loser 2020.”

Despite its name, the competition celebrates the person with the highest weight loss among all the brand's members.

At his heaviest Kayes suffered a string of other health issues including pressure on his knees and sleep apnea. (SWNS)

Kayes said: "I was always bigger than my peers. I remember at school being called out by my PE teacher for being too big to play football.

"The weight really started to pile on though when I started university.

"My size meant that my life became increasingly insular and I made up a variety of excuses not to go out.

“I’d avoid gatherings like parties and weddings because I just felt so uncomfortable. I knew I wouldn’t fit into a plane seat so I never traveled, even though I really wanted to.

"Apart from my job as a civil servant, I didn’t really do anything except hide away and eat. It was a very lonely time."

At his heaviest Kayes suffered a string of other health issues including pressure on his knees and sleep apnea.

Kayes then realized he had to do something about his weight when his mother was diagnosed with terminal cancer. (SWNS)

His shirt size was a huge XXXXXXXXL, with a 68-inch waist.

But his main worry was that should he die in his sleep, his heavy body couldn’t be removed as he lived on the third floor of his parents’ house.

Kayes then realized he had to do something about his weight when his mother was diagnosed with terminal cancer.

He said: "Mom was facing her fourth cancer battle which sadly turned out to be her last.

"The news sort of spurred me into action and I knew this time I had to try and be as healthy as I could - not just for her but for me as well.

"I was also worried that if my mom did pass away, I wouldn’t be able to be one of her pallbearers, which was heartbreaking.

Kayes also credits his weight loss with helping him to meet partner Nicole, who he found on an online dating app. (SWNS)

"She died in October 2017, by which point I’d lost [70 pounds]. I know she’d be really proud if she could see me now -- more than [294 pounds] lighter."

Kayes has become much more active since losing all the weight -- and has started cycling again after a near three-decade absence from the activity.

He said: "Years of being overweight really took its toll on my knees and I used to take medication daily to manage the pain.

"I will still need a knee replacement at some stage, but I have certainly delayed the inevitable and made the operation itself more likely to be successful.

"When I was [518 pounds], my doctor told me it was too risky for me to have surgery because calculating the anesthetic needed for someone my size was so tricky.

"Now I’ve started cycling again, I can walk without getting out of breath and I also enjoy yoga.

"It’s a completely different life to the one I had before - one that is full of opportunities, friends and adventures."

Kayes also credits his weight loss with helping him to meet partner Nicole, who he found on an online dating app.

Kayes has become much more active since losing all the weight - and has started cycling again after a near three-decade absence from the activity. (SWNS)

He said: "By far the best thing that has happened to me since losing weight is meeting Nicole.

"When I was bigger I couldn’t imagine ever finding love and felt resigned to dying alone.

"Since meeting we’ve moved in together, swam in the Mediterranean Sea, been on a walking tour of Berlin and I’ve learned to drive.

"There are lots more adventures we want to tick off the list and for the first time in a long time, I’m excited about the future."


Man shed nearly 300 pounds, credits massive weight loss with helping him beat coronavirus, find love

An obese man has shed more than 294 pounds which has helped him beat coronavirus -- and find love, he says.

Phil Kayes, 47, had been warned by doctors that his size was putting such a strain on his health he would be lucky to reach the age of 40.

Kayes said he had previously resigned himself to "dying alone" - but credits his slim size with helping him find love. (SWNS)

He weighed 520.5 pounds at his biggest -- but has now managed to cut to an impressive 226 pounds in just three years.

Kayes said he was spurred into action after his mom was diagnosed with terminal cancer. He then embarked on his weight loss journey, during which met partner Nicole Mulholland.

Kayes said he had previously resigned himself to "dying alone" -- but credits his slim size with helping him find love.

The civil servant, from Co. Down, Northern Ireland, also believes his weight loss may have saved his life after he caught COVID-19.

He added that his survival was a "timely reminder" how important his health is.

Kayes was helped in his dramatic transformation by Slimming World, who recently crowned him their “Greatest Loser 2020.”

Despite its name, the competition celebrates the person with the highest weight loss among all the brand's members.

At his heaviest Kayes suffered a string of other health issues including pressure on his knees and sleep apnea. (SWNS)

Kayes said: "I was always bigger than my peers. I remember at school being called out by my PE teacher for being too big to play football.

"The weight really started to pile on though when I started university.

"My size meant that my life became increasingly insular and I made up a variety of excuses not to go out.

“I’d avoid gatherings like parties and weddings because I just felt so uncomfortable. I knew I wouldn’t fit into a plane seat so I never traveled, even though I really wanted to.

"Apart from my job as a civil servant, I didn’t really do anything except hide away and eat. It was a very lonely time."

At his heaviest Kayes suffered a string of other health issues including pressure on his knees and sleep apnea.

Kayes then realized he had to do something about his weight when his mother was diagnosed with terminal cancer. (SWNS)

His shirt size was a huge XXXXXXXXL, with a 68-inch waist.

But his main worry was that should he die in his sleep, his heavy body couldn’t be removed as he lived on the third floor of his parents’ house.

Kayes then realized he had to do something about his weight when his mother was diagnosed with terminal cancer.

He said: "Mom was facing her fourth cancer battle which sadly turned out to be her last.

"The news sort of spurred me into action and I knew this time I had to try and be as healthy as I could - not just for her but for me as well.

"I was also worried that if my mom did pass away, I wouldn’t be able to be one of her pallbearers, which was heartbreaking.

Kayes also credits his weight loss with helping him to meet partner Nicole, who he found on an online dating app. (SWNS)

"She died in October 2017, by which point I’d lost [70 pounds]. I know she’d be really proud if she could see me now -- more than [294 pounds] lighter."

Kayes has become much more active since losing all the weight -- and has started cycling again after a near three-decade absence from the activity.

He said: "Years of being overweight really took its toll on my knees and I used to take medication daily to manage the pain.

"I will still need a knee replacement at some stage, but I have certainly delayed the inevitable and made the operation itself more likely to be successful.

"When I was [518 pounds], my doctor told me it was too risky for me to have surgery because calculating the anesthetic needed for someone my size was so tricky.

"Now I’ve started cycling again, I can walk without getting out of breath and I also enjoy yoga.

"It’s a completely different life to the one I had before - one that is full of opportunities, friends and adventures."

Kayes also credits his weight loss with helping him to meet partner Nicole, who he found on an online dating app.

Kayes has become much more active since losing all the weight - and has started cycling again after a near three-decade absence from the activity. (SWNS)

He said: "By far the best thing that has happened to me since losing weight is meeting Nicole.

"When I was bigger I couldn’t imagine ever finding love and felt resigned to dying alone.

"Since meeting we’ve moved in together, swam in the Mediterranean Sea, been on a walking tour of Berlin and I’ve learned to drive.

"There are lots more adventures we want to tick off the list and for the first time in a long time, I’m excited about the future."


Man shed nearly 300 pounds, credits massive weight loss with helping him beat coronavirus, find love

An obese man has shed more than 294 pounds which has helped him beat coronavirus -- and find love, he says.

Phil Kayes, 47, had been warned by doctors that his size was putting such a strain on his health he would be lucky to reach the age of 40.

Kayes said he had previously resigned himself to "dying alone" - but credits his slim size with helping him find love. (SWNS)

He weighed 520.5 pounds at his biggest -- but has now managed to cut to an impressive 226 pounds in just three years.

Kayes said he was spurred into action after his mom was diagnosed with terminal cancer. He then embarked on his weight loss journey, during which met partner Nicole Mulholland.

Kayes said he had previously resigned himself to "dying alone" -- but credits his slim size with helping him find love.

The civil servant, from Co. Down, Northern Ireland, also believes his weight loss may have saved his life after he caught COVID-19.

He added that his survival was a "timely reminder" how important his health is.

Kayes was helped in his dramatic transformation by Slimming World, who recently crowned him their “Greatest Loser 2020.”

Despite its name, the competition celebrates the person with the highest weight loss among all the brand's members.

At his heaviest Kayes suffered a string of other health issues including pressure on his knees and sleep apnea. (SWNS)

Kayes said: "I was always bigger than my peers. I remember at school being called out by my PE teacher for being too big to play football.

"The weight really started to pile on though when I started university.

"My size meant that my life became increasingly insular and I made up a variety of excuses not to go out.

“I’d avoid gatherings like parties and weddings because I just felt so uncomfortable. I knew I wouldn’t fit into a plane seat so I never traveled, even though I really wanted to.

"Apart from my job as a civil servant, I didn’t really do anything except hide away and eat. It was a very lonely time."

At his heaviest Kayes suffered a string of other health issues including pressure on his knees and sleep apnea.

Kayes then realized he had to do something about his weight when his mother was diagnosed with terminal cancer. (SWNS)

His shirt size was a huge XXXXXXXXL, with a 68-inch waist.

But his main worry was that should he die in his sleep, his heavy body couldn’t be removed as he lived on the third floor of his parents’ house.

Kayes then realized he had to do something about his weight when his mother was diagnosed with terminal cancer.

He said: "Mom was facing her fourth cancer battle which sadly turned out to be her last.

"The news sort of spurred me into action and I knew this time I had to try and be as healthy as I could - not just for her but for me as well.

"I was also worried that if my mom did pass away, I wouldn’t be able to be one of her pallbearers, which was heartbreaking.

Kayes also credits his weight loss with helping him to meet partner Nicole, who he found on an online dating app. (SWNS)

"She died in October 2017, by which point I’d lost [70 pounds]. I know she’d be really proud if she could see me now -- more than [294 pounds] lighter."

Kayes has become much more active since losing all the weight -- and has started cycling again after a near three-decade absence from the activity.

He said: "Years of being overweight really took its toll on my knees and I used to take medication daily to manage the pain.

"I will still need a knee replacement at some stage, but I have certainly delayed the inevitable and made the operation itself more likely to be successful.

"When I was [518 pounds], my doctor told me it was too risky for me to have surgery because calculating the anesthetic needed for someone my size was so tricky.

"Now I’ve started cycling again, I can walk without getting out of breath and I also enjoy yoga.

"It’s a completely different life to the one I had before - one that is full of opportunities, friends and adventures."

Kayes also credits his weight loss with helping him to meet partner Nicole, who he found on an online dating app.

Kayes has become much more active since losing all the weight - and has started cycling again after a near three-decade absence from the activity. (SWNS)

He said: "By far the best thing that has happened to me since losing weight is meeting Nicole.

"When I was bigger I couldn’t imagine ever finding love and felt resigned to dying alone.

"Since meeting we’ve moved in together, swam in the Mediterranean Sea, been on a walking tour of Berlin and I’ve learned to drive.

"There are lots more adventures we want to tick off the list and for the first time in a long time, I’m excited about the future."


Man shed nearly 300 pounds, credits massive weight loss with helping him beat coronavirus, find love

An obese man has shed more than 294 pounds which has helped him beat coronavirus -- and find love, he says.

Phil Kayes, 47, had been warned by doctors that his size was putting such a strain on his health he would be lucky to reach the age of 40.

Kayes said he had previously resigned himself to "dying alone" - but credits his slim size with helping him find love. (SWNS)

He weighed 520.5 pounds at his biggest -- but has now managed to cut to an impressive 226 pounds in just three years.

Kayes said he was spurred into action after his mom was diagnosed with terminal cancer. He then embarked on his weight loss journey, during which met partner Nicole Mulholland.

Kayes said he had previously resigned himself to "dying alone" -- but credits his slim size with helping him find love.

The civil servant, from Co. Down, Northern Ireland, also believes his weight loss may have saved his life after he caught COVID-19.

He added that his survival was a "timely reminder" how important his health is.

Kayes was helped in his dramatic transformation by Slimming World, who recently crowned him their “Greatest Loser 2020.”

Despite its name, the competition celebrates the person with the highest weight loss among all the brand's members.

At his heaviest Kayes suffered a string of other health issues including pressure on his knees and sleep apnea. (SWNS)

Kayes said: "I was always bigger than my peers. I remember at school being called out by my PE teacher for being too big to play football.

"The weight really started to pile on though when I started university.

"My size meant that my life became increasingly insular and I made up a variety of excuses not to go out.

“I’d avoid gatherings like parties and weddings because I just felt so uncomfortable. I knew I wouldn’t fit into a plane seat so I never traveled, even though I really wanted to.

"Apart from my job as a civil servant, I didn’t really do anything except hide away and eat. It was a very lonely time."

At his heaviest Kayes suffered a string of other health issues including pressure on his knees and sleep apnea.

Kayes then realized he had to do something about his weight when his mother was diagnosed with terminal cancer. (SWNS)

His shirt size was a huge XXXXXXXXL, with a 68-inch waist.

But his main worry was that should he die in his sleep, his heavy body couldn’t be removed as he lived on the third floor of his parents’ house.

Kayes then realized he had to do something about his weight when his mother was diagnosed with terminal cancer.

He said: "Mom was facing her fourth cancer battle which sadly turned out to be her last.

"The news sort of spurred me into action and I knew this time I had to try and be as healthy as I could - not just for her but for me as well.

"I was also worried that if my mom did pass away, I wouldn’t be able to be one of her pallbearers, which was heartbreaking.

Kayes also credits his weight loss with helping him to meet partner Nicole, who he found on an online dating app. (SWNS)

"She died in October 2017, by which point I’d lost [70 pounds]. I know she’d be really proud if she could see me now -- more than [294 pounds] lighter."

Kayes has become much more active since losing all the weight -- and has started cycling again after a near three-decade absence from the activity.

He said: "Years of being overweight really took its toll on my knees and I used to take medication daily to manage the pain.

"I will still need a knee replacement at some stage, but I have certainly delayed the inevitable and made the operation itself more likely to be successful.

"When I was [518 pounds], my doctor told me it was too risky for me to have surgery because calculating the anesthetic needed for someone my size was so tricky.

"Now I’ve started cycling again, I can walk without getting out of breath and I also enjoy yoga.

"It’s a completely different life to the one I had before - one that is full of opportunities, friends and adventures."

Kayes also credits his weight loss with helping him to meet partner Nicole, who he found on an online dating app.

Kayes has become much more active since losing all the weight - and has started cycling again after a near three-decade absence from the activity. (SWNS)

He said: "By far the best thing that has happened to me since losing weight is meeting Nicole.

"When I was bigger I couldn’t imagine ever finding love and felt resigned to dying alone.

"Since meeting we’ve moved in together, swam in the Mediterranean Sea, been on a walking tour of Berlin and I’ve learned to drive.

"There are lots more adventures we want to tick off the list and for the first time in a long time, I’m excited about the future."


ビデオを見る: 食べる米とピザの合体ピザピザライスボウルで元気になる (1月 2022).