他の

ニューオーリンズのワインと食品の経験は20歳になります

ニューオーリンズのワインと食品の経験は20歳になります



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

一流のシェフとワイナリーが協力してディナー、テイスティング、競技会を開催します

ニューオーリンズのワインと料理の体験期間中、金曜日と土曜日にワインと料理の組み合わせのグランドテイスティングが行われます。

20年前に1日のワイナリーとシェフの集まりとして始まったものは、 ニューオーリンズのワインとフードエクスペリエンス、地元のレストランでのワイン醸造業者の夕食、壮大な試飲、料理セミナーを特徴とする5日間のフード&ワインフェスティバル。

5月22日から26日まで開催されるフェスティバルでは、30以上のレストランがワイン醸造業者とペアになって、ワインの試飲メニューを作成しました。ディナーは1人あたり75ドルから150ドルです。金曜日と土曜日の2つの壮大なテイスティングでは、175のワイナリーからの1,000の世界を駆け巡るワインと、75人のシェフによる南部料理を紹介します。

木曜日のフレンチクォーターでのジャズ音楽とワインテイスティングであるロイヤルストリート散歩は、世界でも珍しいワインテイスティング体験の1つであり、コルクのクレウは、マルディグラの期間中に通常展示されるファンファーレを彷彿とさせるパレードを披露します。

国際的なケーキコンペティションとテイスティングは、金曜日にフェスティバルの20周年を迎えます。地元の料理の学生の助けを借りて、パティシエはニューオーリンズのバーレスク時代に触発された記念日のケーキの独自の署名バージョンを作成します。

ニューオーリンズワイン&フードエクスペリエンスからの収益は、飢餓と闘うために活動するグレーターニューオーリンズのセカンドハーベストフードバンクや、料理教育を支援するアカディアナなどの慈善団体に寄付されます。


シェフが新しい料理を作る気分になる方法

シェフの創造的な習慣は、キックボクシングからGoogle検索までの範囲を実行します。

ケリーイングリッシュがメンフィスのエグゼクティブシェフとして働いている3つのレストラン、ミシシッピ州ビロクシの1つでは、装飾は手付かずで、料理は色と地元の魅力のメナジェリーです。彼のマグノリアハウスでのポークチョップのフライパンや、レストランアイリスでの湾岸赤身魚のポンチャートレインのグリルやラムロースのグリルなどの料理が訪問者を待っています。一方、彼のレストランThe Second Lineは、ニューオーリンズでの高級レストランとコンフォートフードの間のどこかにあります。

彼のダイナーが目にするものの中には、英語がクリエイティブなタッチを維持するために使用するライフハックのシェフ&アポスバージョンがあります。時々、彼は白いエプロンをトレーニングウェアと交換します。キックボクシングセッションのためにジムに向かいます。

身体運動について英語が好きなことの1つは、頭をすっきりさせる方法です。 「時々、自分自身に集中して逃げることで、創造性を大幅に高めることができると思います」と彼は言います。

同様のアイデアがレストランコミュニティにも浸透しており、そのことを念頭に置いて、シェフのグループに、料理を発明するための精神状態にどのようにアプローチするか、そして創造性にどのようにアプローチするかについて話しました。それらのそれぞれについて、創造的な領域のコインは1つもありません。幸運と前向きな動き、実験と認識の組み合わせにより、シェフとアポスのインスピレーションがいつでもどこでも現れる可能性があります。

ピーターデール
ジョージア州アセンズのTheNationalのシェフ兼共同所有者

Peter Daleは、ほぼ20年間プロとして料理をしています。アトランタから約1時間のところにある彼の地中海料理レストランTheNationalは、ちょうど10周年を迎えました。デールは、毎週同じようにスタートします。彼は月曜日に一緒に働いている農民から大量のメールを受け取ります。それは彼が彼らが何をやってくるのかを知るのを助け、彼が彼のメニューを計画するのを助けることができます。

「私にとって」と彼は言います。「日常生活を送ることが重要です。毎朝、私はコーヒーを飲んでいます。私は本当に何でも食べるのが好きではありません。それは、最初のことのように、可能です」と彼は言います。

&quot私は数年前、私が典型的なシェフであり、クレイジーな時間に働いて、毎晩仕事の後に数杯の飲み物を飲み、いつもすべてを食べていることに気づきました。そして、過去数年間、私は健康と運動に取り組んできました。だからほとんどの朝、私はジムに行くか、エクササイズクラスを受講します。」

彼がその1日か数日をスキップし始めると、彼は「ポジティブではない」と感じます。彼は英語が頭をすっきりさせるのを助けるのと同じ理由で運動が好きです。彼にとって、平和と静けさだけでなく、明確な空間も最優先事項であるため、彼は自分のためにホームオフィスを設立しました。 「作業するには清潔なスペースが必要です。すべてを整理する必要があります。」

アリック・スコット・ウィリアムズ
テキサス州オースティンにあるTheRottenBunch Wine Bar + Kitchenのエグゼクティブシェフ兼オーナー

Austin&aposs The Rotten Bunch Wine Bar + Kitchenのヘッドシェフ兼オーナーであるArikは、心を静めるのが好きな点で、EnglishやDaleに似ています。音楽を聴きながらの長いドライブは彼を助けますが、プロセスは実際には彼が認める方法で本格的に始まりますが、少し「厄介」です。

&quotそれは通常私が空腹であることから始まります。何かが本当にいい音になり、私は官能的な詳細について空想を始めます。それは、私の料理本の1つで読んだレシピやテクニックとのつながりを刺激する可能性があり、特定のトピックに没頭することにつながることがあります。」

研究の結果、本や紙があふれる机が続くかもしれません。彼は、アイデアを処理するプロセスを「精神的な抱擁を噛む」ことに例えています。彼は、尊敬する人々とアイデアについて話し合います。彼がアイデアの根底にあるものを「噛み砕く」とき、彼はラフな部分を吐き出し、それが属していないか、それをより厄介またはトレンディまたは焦点を絞らないようにします。動物の空腹を満たす。

アニー・ペットリー
ケンタッキー州ルイビルのデッカのシェフ兼パートナー

ルイビルのAnniePettry&aposs Deccaは、物事の静かな側面に向かう傾向がある創造性への彼女のアプローチのキャンバスです。このシェフにとって、創造性はほとんどとらえどころのないものであり、稲妻の瞬間の結果ではありません。

「アイデアがすぐに浮かび、自分が何をしたいのかがわかって、掘り下げてプレイを開始することもあります」と彼女は言います。 &quot私は一般的に1つの成分から始めます。時々テクニック。次に、手元にあるもの、一緒に進む可能性のあるもの、一種の排除プロセスについて考えます。そして、あなたはちょっと行きます&#x2014私はこの成分と何か関係がありますか?過去の経験はありますか、子供の頃の思い出はありますか?」

そこから、彼女はビジュアルに注意を向け、料理本をスキャンし、Google画像検索で食材を検索することさえあります。そして、多くの場合、次のステップに私を刺激します。」

ビジュアル、季節、味が彼女の心を刺激します。

&quot創造性を発揮して運営する必要がある場合は、多くの場合、それを動かし続け、遮断しないことが役立つと思います。自然の中であなたの周りに何がありますか?コミュニティの中で?常にあなたの周りのすべてに注意してください。頭を下げて人生を乗り越えようとしたり、次の約束をしようとしたりする代わりに。」


シェフが新しい料理を作る気分になる方法

シェフの創造的な習慣は、キックボクシングからGoogle検索までの範囲を実行します。

ケリーイングリッシュがメンフィスのエグゼクティブシェフとして働いている3つのレストラン、ミシシッピ州ビロクシの1つでは、装飾は手付かずで、料理は色と地元の魅力のメナジェリーです。彼のマグノリアハウスでのポークチョップのフライパンや、レストランアイリスでの湾岸赤身魚のポンチャートレインのグリルやラムロースのグリルなどの料理が訪問者を待っています。一方、彼のレストランThe Second Lineは、ニューオーリンズでの高級レストランとコンフォートフードの間のどこかにあります。

彼のダイナーが目にするものの中には、英語がクリエイティブなタッチを維持するために使用するライフハックのシェフ&アポスバージョンがあります。時々、彼は白いエプロンをトレーニングウェアと交換します。キックボクシングセッションのためにジムに向かいます。

身体運動について英語が好きなことの1つは、頭をすっきりさせる方法です。 「時々、自分自身に集中して逃げることで、創造性を大幅に高めることができると思います」と彼は言います。

同様のアイデアがレストランコミュニティにも浸透しており、そのことを念頭に置いて、シェフのグループに、料理を発明するための精神状態にどのようにアプローチするか、そして創造性にどのようにアプローチするかについて話しました。それらのそれぞれについて、創造的な領域のコインは1つもありません。幸運と前向きな動き、実験と認識の組み合わせにより、シェフとアポスのインスピレーションがいつでもどこでも現れる可能性があります。

ピーターデール
ジョージア州アセンズのTheNationalのシェフ兼共同所有者

Peter Daleは、ほぼ20年間プロとして料理をしています。アトランタから約1時間のところにある彼の地中海料理レストランTheNationalは、ちょうど10周年を迎えました。デールは、毎週同じようにスタートします。彼は月曜日に一緒に働いている農民から大量のメールを受け取ります。それは彼が彼らが何をやってくるのかを知るのを助け、彼が彼のメニューを計画するのを助けることができます。

「私にとって」と彼は言います。「日常生活を送ることが重要です。毎朝、私はコーヒーを飲んでいます。私は本当に何でも食べるのが好きではありません。それは、最初のことのように、可能です」と彼は言います。

&quot私は数年前、私が典型的なシェフであり、クレイジーな時間に働いて、毎晩仕事の後に数杯の飲み物を飲み、いつもすべてを食べていることに気づきました。そして、過去数年間、私は健康と運動に取り組んできました。だからほとんどの朝、私はジムに行くか、エクササイズクラスを受講します。」

彼がその1日か数日をスキップし始めると、彼は「ポジティブではない」と感じます。彼は英語が頭をすっきりさせるのを助けるのと同じ理由で運動が好きです。彼にとって、平和と静けさだけでなく、明確な空間も最優先事項であるため、彼は自分のためにホームオフィスを設立しました。 「作業するには清潔なスペースが必要です。すべてを整理する必要があります。」

アリック・スコット・ウィリアムズ
テキサス州オースティンにあるTheRottenBunch Wine Bar + Kitchenのエグゼクティブシェフ兼オーナー

Austin&aposs The Rotten Bunch Wine Bar + Kitchenのヘッドシェフ兼オーナーであるArikは、心を静めるのが好きな点で、EnglishやDaleに似ています。音楽を聴きながらの長いドライブは彼を助けますが、プロセスは実際には彼が認める方法で本格的に始まりますが、少し「厄介」です。

&quotそれは通常私が空腹であることから始まります。何かが本当にいい音になり、私は官能的な詳細について空想を始めます。それは、私の料理本の1つで読んだレシピやテクニックとのつながりを刺激する可能性があり、特定のトピックに没頭することにつながることがあります。」

研究の結果、本や紙があふれる机が続くかもしれません。彼は、アイデアを処理するプロセスを「精神的な抱擁を噛む」ことに例えています。彼は、尊敬する人々とアイデアについて話し合います。彼がアイデアの根底にあるものを「噛み砕く」とき、彼はラフな部分を吐き出し、それが属していないか、それをより厄介またはトレンディまたは焦点を絞らないようにします。動物の空腹を満たす。

アニー・ペットリー
ケンタッキー州ルイビルのデッカのシェフ兼パートナー

ルイビルのAnniePettry&aposs Deccaは、物事の静かな側面に向かう傾向がある創造性への彼女のアプローチのキャンバスです。このシェフにとって、創造性はほとんどとらえどころのないものであり、稲妻の瞬間の結果ではありません。

「アイデアがすぐに浮かび、自分が何をしたいのかがわかって、掘り下げてプレイを開始することもあります」と彼女は言います。 &quot私は一般的に1つの成分から始めます。時々テクニック。次に、手元にあるもの、一緒に進む可能性のあるもの、一種の排除プロセスについて考えます。そして、あなたはちょっと行きます&#x2014私はこの成分と何か関係がありますか?過去の経験はありますか、子供の頃の思い出はありますか?」

そこから、彼女はビジュアルに注意を向け、料理本をスキャンし、Google画像検索で食材を検索することさえあります。そして、多くの場合、次のステップに私を刺激します。」

ビジュアル、季節、味が彼女の心を刺激します。

&quot創造性を発揮して運営する必要がある場合は、多くの場合、それを動かし続け、遮断しないことが役立つと思います。自然の中であなたの周りに何がありますか?コミュニティの中で?常にあなたの周りのすべてに注意してください。頭を下げて人生を乗り越えようとしたり、次の約束をしようとしたりする代わりに。」


シェフが新しい料理を作る気分になる方法

シェフの創造的な習慣は、キックボクシングからGoogle検索までの範囲を実行します。

ケリーイングリッシュがメンフィスのエグゼクティブシェフとして働いている3つのレストラン、ミシシッピ州ビロクシの1つでは、装飾は手付かずで、料理は色と地元の魅力のメナジェリーです。彼のマグノリアハウスでのポークチョップのフライパンや、レストランアイリスでの湾岸赤身魚のポンチャートレインのグリルやラムロースのグリルなどの料理が訪問者を待っています。一方、彼のレストランThe Second Lineは、ニューオーリンズでの高級レストランとコンフォートフードの間のどこかにあります。

彼のダイナーが目にするものの中には、英語がクリエイティブなタッチを維持するために使用するライフハックのシェフ&アポスバージョンがあります。時々、彼は白いエプロンをトレーニングウェアと交換します。キックボクシングセッションのためにジムに向かいます。

身体運動について英語が好きなことの1つは、頭をすっきりさせる方法です。 「時々、自分自身に集中して逃げることで、創造性を大幅に高めることができると思います」と彼は言います。

同様のアイデアがレストランコミュニティにも浸透しており、そのことを念頭に置いて、シェフのグループに、料理を発明するための精神状態にどのようにアプローチするか、そして創造性にどのようにアプローチするかについて話しました。それらのそれぞれについて、創造的な領域のコインは1つもありません。幸運と前向きな動き、実験と認識の組み合わせにより、シェフとアポスのインスピレーションがいつでもどこでも現れる可能性があります。

ピーターデール
ジョージア州アセンズのTheNationalのシェフ兼共同所有者

Peter Daleは、ほぼ20年間プロとして料理をしています。アトランタから約1時間のところにある彼の地中海料理レストランTheNationalは、ちょうど10周年を迎えました。デールは、毎週同じようにスタートします。彼は月曜日に一緒に働いている農民から大量のメールを受け取ります。それは彼が彼らが何をやってくるのかを知るのを助け、彼が彼のメニューを計画するのを助けることができます。

「私にとって」と彼は言います。「日常生活を送ることが重要です。毎朝、私はコーヒーを飲んでいます。私は本当に何でも食べるのが好きではありません。それは、最初のことのように、可能です」と彼は言います。

&quot私は数年前、私が典型的なシェフであり、クレイジーな時間に働いて、毎晩仕事の後に数杯の飲み物を飲み、いつもすべてを食べていることに気づきました。そして、過去数年間、私は健康と運動に取り組んできました。だからほとんどの朝、私はジムに行くか、エクササイズクラスを受講します。」

彼がその1日か数日をスキップし始めると、彼は「ポジティブではない」と感じます。彼は英語が頭をすっきりさせるのを助けるのと同じ理由で運動が好きです。彼にとって、平和と静けさだけでなく、明確な空間も最優先事項であるため、彼は自分のためにホームオフィスを設立しました。 「作業するには清潔なスペースが必要です。すべてを整理する必要があります。」

アリック・スコット・ウィリアムズ
テキサス州オースティンにあるTheRottenBunch Wine Bar + Kitchenのエグゼクティブシェフ兼オーナー

Austin&aposs The Rotten Bunch Wine Bar + Kitchenのヘッドシェフ兼オーナーであるArikは、心を静めるのが好きな点で、EnglishやDaleに似ています。音楽を聴きながらの長いドライブは彼を助けますが、プロセスは実際には彼が認める方法で本格的に始まりますが、少し「厄介」です。

&quotそれは通常私が空腹であることから始まります。何かが本当にいい音になり、私は官能的な詳細について空想を始めます。それは、私の料理本の1つで読んだレシピやテクニックとのつながりを刺激する可能性があり、特定のトピックに没頭することにつながることがあります。」

研究の結果、本や紙があふれる机が続くかもしれません。彼は、アイデアを処理するプロセスを「精神的な抱擁を噛む」ことに例えています。彼は、尊敬する人々とアイデアについて話し合います。彼がアイデアの根底にあるものを「噛み砕く」とき、彼はラフな部分を吐き出し、それが属していないか、それをより厄介またはトレンディまたは焦点を絞らないようにします。動物の空腹を満たす。

アニー・ペットリー
ケンタッキー州ルイビルのデッカのシェフ兼パートナー

ルイビルのAnniePettry&aposs Deccaは、物事の静かな側面に向かう傾向がある創造性への彼女のアプローチのキャンバスです。このシェフにとって、創造性はほとんどとらえどころのないものであり、稲妻の瞬間の結果ではありません。

「アイデアがすぐに浮かび、自分が何をしたいのかがわかって、掘り下げてプレイを開始することもあります」と彼女は言います。 &quot私は一般的に1つの成分から始めます。時々テクニック。次に、手元にあるもの、一緒に進む可能性のあるもの、一種の排除プロセスについて考えます。そして、あなたはちょっと行きます&#x2014私はこの成分と何か関係がありますか?過去の経験はありますか、子供の頃の思い出はありますか?」

そこから、彼女はビジュアルに注意を向け、料理本をスキャンし、Google画像検索で食材を検索することさえあります。そして、多くの場合、次のステップに私を刺激します。」

ビジュアル、季節、味が彼女の心を刺激します。

&quot創造性を発揮して運営する必要がある場合は、多くの場合、それを動かし続け、遮断しないことが役立つと思います。自然の中であなたの周りに何がありますか?コミュニティの中で?常にあなたの周りのすべてに注意してください。頭を下げて人生を乗り越えようとしたり、次の約束をしようとしたりする代わりに。」


シェフが新しい料理を作る気分になる方法

シェフの創造的な習慣は、キックボクシングからGoogle検索までの範囲を実行します。

ケリーイングリッシュがメンフィスのエグゼクティブシェフとして働いている3つのレストラン、ミシシッピ州ビロクシの1つでは、装飾は手付かずで、料理は色と地元の魅力のメナジェリーです。彼のマグノリアハウスでのポークチョップのフライパンや、レストランアイリスでの湾岸赤身魚のポンチャートレインのグリルやラムロースのグリルなどの料理が訪問者を待っています。一方、彼のレストランThe Second Lineは、ニューオーリンズでの高級レストランとコンフォートフードの間のどこかにあります。

彼のダイナーが目にするものの中には、英語がクリエイティブなタッチを維持するために使用するライフハックのシェフ&アポスバージョンがあります。時々、彼は白いエプロンをトレーニングウェアと交換します。キックボクシングセッションのためにジムに向かいます。

身体運動について英語が好きなことの1つは、頭をすっきりさせる方法です。 「時々、自分自身に集中して逃げることで、創造性を大幅に高めることができると思います」と彼は言います。

同様のアイデアがレストランコミュニティにも浸透しており、そのことを念頭に置いて、シェフのグループに、料理を発明するための精神状態にどのようにアプローチするか、そして創造性にどのようにアプローチするかについて話しました。それらのそれぞれについて、創造的な領域のコインは1つもありません。幸運と前向きな動き、実験と認識の組み合わせにより、シェフとアポスのインスピレーションがいつでもどこでも現れる可能性があります。

ピーターデール
ジョージア州アセンズのTheNationalのシェフ兼共同所有者

Peter Daleは、ほぼ20年間プロとして料理をしています。アトランタから約1時間のところにある彼の地中海料理レストランTheNationalは、ちょうど10周年を迎えました。デールは、毎週同じようにスタートします。彼は月曜日に一緒に働いている農民から大量のメールを受け取ります。それは彼が彼らが何をやってくるのかを知るのを助け、彼が彼のメニューを計画するのを助けることができます。

「私にとって」と彼は言います。「日常生活を送ることが重要です。毎朝、私はコーヒーを飲んでいます。私は本当に何でも食べるのが好きではありません。それは、最初のことのように、可能です」と彼は言います。

&quot私は数年前、私が典型的なシェフであり、クレイジーな時間に働いて、毎晩仕事の後に数杯の飲み物を飲み、いつもすべてを食べていることに気づきました。そして、過去数年間、私は健康と運動に取り組んできました。だからほとんどの朝、私はジムに行くか、エクササイズクラスを受講します。」

彼がその1日か数日をスキップし始めると、彼は「ポジティブではない」と感じます。彼は英語が頭をすっきりさせるのを助けるのと同じ理由で運動が好きです。彼にとって、平和と静けさだけでなく、明確な空間も最優先事項であるため、彼は自分のためにホームオフィスを設立しました。 「作業するには清潔なスペースが必要です。すべてを整理する必要があります。」

アリック・スコット・ウィリアムズ
テキサス州オースティンにあるTheRottenBunch Wine Bar + Kitchenのエグゼクティブシェフ兼オーナー

Austin&aposs The Rotten Bunch Wine Bar + Kitchenのヘッドシェフ兼オーナーであるArikは、心を静めるのが好きな点で、EnglishやDaleに似ています。音楽を聴きながらの長いドライブは彼を助けますが、プロセスは実際には彼が認める方法で本格的に始まりますが、少し「厄介」です。

&quotそれは通常私が空腹であることから始まります。何かが本当にいい音になり、私は官能的な詳細について空想を始めます。それは、私の料理本の1つで読んだレシピやテクニックとのつながりを刺激する可能性があり、特定のトピックに没頭することにつながることがあります。」

研究の結果、本や紙があふれる机が続くかもしれません。彼は、アイデアを処理するプロセスを「精神的な抱擁を噛む」ことに例えています。彼は、尊敬する人々とアイデアについて話し合います。彼がアイデアの根底にあるものを「噛み砕く」とき、彼はラフな部分を吐き出し、それが属していないか、それをより厄介またはトレンディまたは焦点を絞らないようにします。動物の空腹を満たす。

アニー・ペットリー
ケンタッキー州ルイビルのデッカのシェフ兼パートナー

ルイビルのAnniePettry&aposs Deccaは、物事の静かな側面に向かう傾向がある創造性への彼女のアプローチのキャンバスです。このシェフにとって、創造性はほとんどとらえどころのないものであり、稲妻の瞬間の結果ではありません。

「アイデアがすぐに浮かび、自分が何をしたいのかがわかって、掘り下げてプレイを開始することもあります」と彼女は言います。 &quot私は一般的に1つの成分から始めます。時々テクニック。次に、手元にあるもの、一緒に進む可能性のあるもの、一種の排除プロセスについて考えます。そして、あなたはちょっと行きます&#x2014私はこの成分と何か関係がありますか?過去の経験はありますか、子供の頃の思い出はありますか?」

そこから、彼女はビジュアルに注意を向け、料理本をスキャンし、Google画像検索で食材を検索することさえあります。そして、多くの場合、次のステップに私を刺激します。」

ビジュアル、季節、味が彼女の心を刺激します。

&quot創造性を発揮して運営する必要がある場合は、多くの場合、それを動かし続け、遮断しないことが役立つと思います。自然の中であなたの周りに何がありますか?コミュニティの中で?常にあなたの周りのすべてに注意してください。頭を下げて人生を乗り越えようとしたり、次の約束をしようとしたりする代わりに。」


シェフが新しい料理を作る気分になる方法

シェフの創造的な習慣は、キックボクシングからGoogle検索までの範囲を実行します。

ケリーイングリッシュがメンフィスのエグゼクティブシェフとして働いている3つのレストラン、ミシシッピ州ビロクシの1つでは、装飾は手付かずで、料理は色と地元の魅力のメナジェリーです。彼のマグノリアハウスでのポークチョップのフライパンや、レストランアイリスでの湾岸赤身魚のポンチャートレインのグリルやラムロースのグリルなどの料理が訪問者を待っています。一方、彼のレストランThe Second Lineは、ニューオーリンズでの高級レストランとコンフォートフードの間のどこかにあります。

彼のダイナーが目にするものの中には、英語がクリエイティブなタッチを維持するために使用するライフハックのシェフ&アポスバージョンがあります。時々、彼は白いエプロンをトレーニングウェアと交換します。キックボクシングセッションのためにジムに向かいます。

身体運動について英語が好きなことの1つは、頭をすっきりさせる方法です。 「時々、自分自身に集中して逃げることで、創造性を大幅に高めることができると思います」と彼は言います。

同様のアイデアがレストランコミュニティにも浸透しており、そのことを念頭に置いて、シェフのグループに、料理を発明するための精神状態にどのようにアプローチするか、そして創造性にどのようにアプローチするかについて話しました。それらのそれぞれについて、創造的な領域のコインは1つもありません。幸運と前向きな動き、実験と認識の組み合わせにより、シェフとアポスのインスピレーションがいつでもどこでも現れる可能性があります。

ピーターデール
ジョージア州アセンズのTheNationalのシェフ兼共同所有者

Peter Daleは、ほぼ20年間プロとして料理をしています。アトランタから約1時間のところにある彼の地中海料理レストランTheNationalは、ちょうど10周年を迎えました。デールは、毎週同じようにスタートします。彼は月曜日に一緒に働いている農民から大量のメールを受け取ります。それは彼が彼らが何をやってくるのかを知るのを助け、彼が彼のメニューを計画するのを助けることができます。

「私にとって」と彼は言います。「日常生活を送ることが重要です。毎朝、私はコーヒーを飲んでいます。私は本当に何でも食べるのが好きではありません。それは、最初のことのように、可能です」と彼は言います。

&quot私は数年前、私が典型的なシェフであり、クレイジーな時間に働いて、毎晩仕事の後に数杯の飲み物を飲み、いつもすべてを食べていることに気づきました。そして、過去数年間、私は健康と運動に取り組んできました。だからほとんどの朝、私はジムに行くか、エクササイズクラスを受講します。」

彼がその1日か数日をスキップし始めると、彼は「ポジティブではない」と感じます。彼は英語が頭をすっきりさせるのを助けるのと同じ理由で運動が好きです。彼にとって、平和と静けさだけでなく、明確な空間も最優先事項であるため、彼は自分のためにホームオフィスを設立しました。 「作業するには清潔なスペースが必要です。すべてを整理する必要があります。」

アリック・スコット・ウィリアムズ
テキサス州オースティンにあるTheRottenBunch Wine Bar + Kitchenのエグゼクティブシェフ兼オーナー

Austin&aposs The Rotten Bunch Wine Bar + Kitchenのヘッドシェフ兼オーナーであるArikは、心を静めるのが好きな点で、EnglishやDaleに似ています。音楽を聴きながらの長いドライブは彼を助けますが、プロセスは実際には彼が認める方法で本格的に始まりますが、少し「厄介」です。

&quotそれは通常私が空腹であることから始まります。何かが本当にいい音になり、私は官能的な詳細について空想を始めます。それは、私の料理本の1つで読んだレシピやテクニックとのつながりを刺激する可能性があり、特定のトピックに没頭することにつながることがあります。」

研究の結果、本や紙があふれる机が続くかもしれません。彼は、アイデアを処理するプロセスを「精神的な抱擁を噛む」ことに例えています。彼は、尊敬する人々とアイデアについて話し合います。彼がアイデアの根底にあるものを「噛み砕く」とき、彼はラフな部分を吐き出し、それが属していないか、それをより厄介またはトレンディまたは焦点を絞らないようにします。動物の空腹を満たす。

アニー・ペットリー
ケンタッキー州ルイビルのデッカのシェフ兼パートナー

ルイビルのAnniePettry&aposs Deccaは、物事の静かな側面に向かう傾向がある創造性への彼女のアプローチのキャンバスです。このシェフにとって、創造性はほとんどとらえどころのないものであり、稲妻の瞬間の結果ではありません。

「アイデアがすぐに浮かび、自分が何をしたいのかがわかって、掘り下げてプレイを開始することもあります」と彼女は言います。 &quot私は一般的に1つの成分から始めます。時々テクニック。次に、手元にあるもの、一緒に進む可能性のあるもの、一種の排除プロセスについて考えます。そして、あなたはちょっと行きます&#x2014私はこの成分と何か関係がありますか?過去の経験はありますか、子供の頃の思い出はありますか?」

そこから、彼女はビジュアルに注意を向け、料理本をスキャンし、Google画像検索で食材を検索することさえあります。そして、多くの場合、次のステップに私を刺激します。」

ビジュアル、季節、味が彼女の心を刺激します。

&quot創造性を発揮して運営する必要がある場合は、多くの場合、それを動かし続け、遮断しないことが役立つと思います。自然の中であなたの周りに何がありますか?コミュニティの中で?常にあなたの周りのすべてに注意してください。頭を下げて人生を乗り越えようとしたり、次の約束をしようとしたりする代わりに。」


シェフが新しい料理を作る気分になる方法

シェフの創造的な習慣は、キックボクシングからGoogle検索までの範囲を実行します。

ケリーイングリッシュがメンフィスのエグゼクティブシェフとして働いている3つのレストラン、ミシシッピ州ビロクシの1つでは、装飾は手付かずで、料理は色と地元の魅力のメナジェリーです。彼のマグノリアハウスでのポークチョップのフライパンや、レストランアイリスでの湾岸赤身魚のポンチャートレインのグリルやラムロースのグリルなどの料理が訪問者を待っています。一方、彼のレストランThe Second Lineは、ニューオーリンズでの高級レストランとコンフォートフードの間のどこかにあります。

彼のダイナーが目にするものの中には、英語がクリエイティブなタッチを維持するために使用するライフハックのシェフ&アポスバージョンがあります。時々、彼は白いエプロンをトレーニングウェアと交換します。キックボクシングセッションのためにジムに向かいます。

身体運動について英語が好きなことの1つは、頭をすっきりさせる方法です。 「時々、自分自身に集中して逃げることで、創造性を大幅に高めることができると思います」と彼は言います。

同様のアイデアがレストランコミュニティにも浸透しており、そのことを念頭に置いて、シェフのグループに、料理を発明するための精神状態にどのようにアプローチするか、そして創造性にどのようにアプローチするかについて話しました。それらのそれぞれについて、創造的な領域のコインは1つもありません。幸運と前向きな動き、実験と認識の組み合わせにより、シェフとアポスのインスピレーションがいつでもどこでも現れる可能性があります。

ピーターデール
ジョージア州アセンズのTheNationalのシェフ兼共同所有者

Peter Daleは、ほぼ20年間プロとして料理をしています。アトランタから約1時間のところにある彼の地中海料理レストランTheNationalは、ちょうど10周年を迎えました。デールは、毎週同じようにスタートします。彼は月曜日に一緒に働いている農民から大量のメールを受け取ります。それは彼が彼らが何をやってくるのかを知るのを助け、彼が彼のメニューを計画するのを助けることができます。

「私にとって」と彼は言います。「日常生活を送ることが重要です。毎朝、私はコーヒーを飲んでいます。私は本当に何でも食べるのが好きではありません。それは、最初のことのように、可能です」と彼は言います。

"I found a couple years ago that I was a typical chef, just working crazy hours and having a few drinks after work every night and just eating everything all the time. And so the past several years I&aposve been into health and exercise. So most mornings I go to the gym or take an exercise class."

If he starts to skip one or a few days of that, he feels "sort of pent-up energy that&aposs not positive." He likes the exercise for the same reason English does—to help keep his head clear. For him, a clear space, as well as peace and quiet, are also paramount, so he set up a home office for himself. "I have to have a clean space to work in. I need to organize everything."

Arik Skot Williams
Executive chef and owner at The Rotten Bunch Wine Bar + Kitchen in Austin, TX

Arik, the head chef and owner of Austin&aposs The Rotten Bunch Wine Bar + Kitchen, is similar to English and Dale, in that he likes to quiet his mind. Long drives while listening to music help him with that, though the process actually begins in earnest in a way he concedes is a bit "messy."

"It usually starts with me being hungry. Something will sound really good, and I&aposll start fantasizing about the sensual details. That might spark a connection to a recipe I read in one of my cookbooks, or a technique, which sometimes leads to this immersion into a certain topic."

A desk overflowing with books and paper resulting from the research might ensue. He likens the process of working through ideas to "chewing mental cud." He&aposll talk an idea over with people he respects. As he "chews" over the cud of the idea, he&aposs "spitting out the rough pieces, the bits that don&apost belong or make it more cumbersome or trendy or less focused or are me trying to impose my ego on the dish rather than letting the food evoke and satisfy the animal hunger.

Annie Pettry
Chef and partner at Decca in Louisville, KY

Annie Pettry&aposs Decca in Louisville is the canvas for her approach to creativity that tends toward the quieter side of things. For this chef, creativity is almost an elusive thing, not so much the result of a lightning bolt moment.

"Sometimes an idea will come immediately, and you&aposll know what you want to do and will just dig in and start playing," she says. "I start with one ingredient, generally. Sometimes a technique. Then I&aposll think about what I have on hand, what things might go together, kind of a process of elimination. And then you kind of go𠅍o I have any connection to this ingredient? Do I have a past experience, a childhood memory maybe?"

From there, she turns her attention to the visuals, scanning cookbooks or even searching for ingredients in Google Images, "and a lot of times that&aposll kind of inspire me to the next step."

Visuals, the seasons, and flavors are what stimulate her mind.

"I think if you need to operate by being creative, often just keeping it rolling and not shutting it off can help. What&aposs around you in nature? In the community? Constantly be aware of everything around you. Instead of having your head down and just trying to get through life or to the next appointment."


How Chefs Get in the Mood to Create New Dishes

The creative habits of chefs run the gamut from kickboxing to Google searches.

At the three restaurants where Kelly English works as executive chef—two in Memphis, one in Biloxi, Mississippi—the decor is pristine and the food a menagerie of color and local charm. Awaiting visitors are dishes like the pan fried pork chop at his Magnolia House or seared gulf redfish ponchartrain and grilled lamb loin at Restaurant Iris. His restaurant The Second Line, meanwhile, lands somewhere between fine dining and the comfort food a reveler expects to encounter in New Orleans

Among the things his diners don&apost see is the chef&aposs version of a lifehack that English uses to help sustain his creative touch: Every now and then, he exchanges his white apron for workout clothes. It&aposs off to the gym for a kickboxing session.

One of the things English likes about the physical exertion is the way it helps clear his head. "Sometimes, I think focusing on yourself and getting away can really give a good boost of creativity," he says.

Similar ideas run through the restaurant community, and with that in mind, we talked to a group of chefs about how they approach they get in a mental state to invent dishes—how they approach creativity. For each of them, there&aposs no one coin of the creative realm. It&aposs a mix of luck and forward motion, experimentation and awareness that a chef&aposs inspiration can manifest itself just about anywhere, at any time.

Peter Dale
Chef and co-owner at The National in Athens, GA

Peter Dale has been cooking professionally for almost 20 years. His Mediterranean restaurant The National, about an hour outside Atlanta, just celebrated its 10th anniversary, and Dale starts each week the same way. He gets a flood of emails from the farmers he works with on Mondays. It helps him to see what they&aposve got coming, which can help him plan his menus.

"For me," he says, "it&aposs important to be in a routine. Every morning, I&aposve been doing coffee—I really don&apost like to eat anything. That&aposs, like, the first thing," he says.

"I found a couple years ago that I was a typical chef, just working crazy hours and having a few drinks after work every night and just eating everything all the time. And so the past several years I&aposve been into health and exercise. So most mornings I go to the gym or take an exercise class."

If he starts to skip one or a few days of that, he feels "sort of pent-up energy that&aposs not positive." He likes the exercise for the same reason English does—to help keep his head clear. For him, a clear space, as well as peace and quiet, are also paramount, so he set up a home office for himself. "I have to have a clean space to work in. I need to organize everything."

Arik Skot Williams
Executive chef and owner at The Rotten Bunch Wine Bar + Kitchen in Austin, TX

Arik, the head chef and owner of Austin&aposs The Rotten Bunch Wine Bar + Kitchen, is similar to English and Dale, in that he likes to quiet his mind. Long drives while listening to music help him with that, though the process actually begins in earnest in a way he concedes is a bit "messy."

"It usually starts with me being hungry. Something will sound really good, and I&aposll start fantasizing about the sensual details. That might spark a connection to a recipe I read in one of my cookbooks, or a technique, which sometimes leads to this immersion into a certain topic."

A desk overflowing with books and paper resulting from the research might ensue. He likens the process of working through ideas to "chewing mental cud." He&aposll talk an idea over with people he respects. As he "chews" over the cud of the idea, he&aposs "spitting out the rough pieces, the bits that don&apost belong or make it more cumbersome or trendy or less focused or are me trying to impose my ego on the dish rather than letting the food evoke and satisfy the animal hunger.

Annie Pettry
Chef and partner at Decca in Louisville, KY

Annie Pettry&aposs Decca in Louisville is the canvas for her approach to creativity that tends toward the quieter side of things. For this chef, creativity is almost an elusive thing, not so much the result of a lightning bolt moment.

"Sometimes an idea will come immediately, and you&aposll know what you want to do and will just dig in and start playing," she says. "I start with one ingredient, generally. Sometimes a technique. Then I&aposll think about what I have on hand, what things might go together, kind of a process of elimination. And then you kind of go𠅍o I have any connection to this ingredient? Do I have a past experience, a childhood memory maybe?"

From there, she turns her attention to the visuals, scanning cookbooks or even searching for ingredients in Google Images, "and a lot of times that&aposll kind of inspire me to the next step."

Visuals, the seasons, and flavors are what stimulate her mind.

"I think if you need to operate by being creative, often just keeping it rolling and not shutting it off can help. What&aposs around you in nature? In the community? Constantly be aware of everything around you. Instead of having your head down and just trying to get through life or to the next appointment."


How Chefs Get in the Mood to Create New Dishes

The creative habits of chefs run the gamut from kickboxing to Google searches.

At the three restaurants where Kelly English works as executive chef—two in Memphis, one in Biloxi, Mississippi—the decor is pristine and the food a menagerie of color and local charm. Awaiting visitors are dishes like the pan fried pork chop at his Magnolia House or seared gulf redfish ponchartrain and grilled lamb loin at Restaurant Iris. His restaurant The Second Line, meanwhile, lands somewhere between fine dining and the comfort food a reveler expects to encounter in New Orleans

Among the things his diners don&apost see is the chef&aposs version of a lifehack that English uses to help sustain his creative touch: Every now and then, he exchanges his white apron for workout clothes. It&aposs off to the gym for a kickboxing session.

One of the things English likes about the physical exertion is the way it helps clear his head. "Sometimes, I think focusing on yourself and getting away can really give a good boost of creativity," he says.

Similar ideas run through the restaurant community, and with that in mind, we talked to a group of chefs about how they approach they get in a mental state to invent dishes—how they approach creativity. For each of them, there&aposs no one coin of the creative realm. It&aposs a mix of luck and forward motion, experimentation and awareness that a chef&aposs inspiration can manifest itself just about anywhere, at any time.

Peter Dale
Chef and co-owner at The National in Athens, GA

Peter Dale has been cooking professionally for almost 20 years. His Mediterranean restaurant The National, about an hour outside Atlanta, just celebrated its 10th anniversary, and Dale starts each week the same way. He gets a flood of emails from the farmers he works with on Mondays. It helps him to see what they&aposve got coming, which can help him plan his menus.

"For me," he says, "it&aposs important to be in a routine. Every morning, I&aposve been doing coffee—I really don&apost like to eat anything. That&aposs, like, the first thing," he says.

"I found a couple years ago that I was a typical chef, just working crazy hours and having a few drinks after work every night and just eating everything all the time. And so the past several years I&aposve been into health and exercise. So most mornings I go to the gym or take an exercise class."

If he starts to skip one or a few days of that, he feels "sort of pent-up energy that&aposs not positive." He likes the exercise for the same reason English does—to help keep his head clear. For him, a clear space, as well as peace and quiet, are also paramount, so he set up a home office for himself. "I have to have a clean space to work in. I need to organize everything."

Arik Skot Williams
Executive chef and owner at The Rotten Bunch Wine Bar + Kitchen in Austin, TX

Arik, the head chef and owner of Austin&aposs The Rotten Bunch Wine Bar + Kitchen, is similar to English and Dale, in that he likes to quiet his mind. Long drives while listening to music help him with that, though the process actually begins in earnest in a way he concedes is a bit "messy."

"It usually starts with me being hungry. Something will sound really good, and I&aposll start fantasizing about the sensual details. That might spark a connection to a recipe I read in one of my cookbooks, or a technique, which sometimes leads to this immersion into a certain topic."

A desk overflowing with books and paper resulting from the research might ensue. He likens the process of working through ideas to "chewing mental cud." He&aposll talk an idea over with people he respects. As he "chews" over the cud of the idea, he&aposs "spitting out the rough pieces, the bits that don&apost belong or make it more cumbersome or trendy or less focused or are me trying to impose my ego on the dish rather than letting the food evoke and satisfy the animal hunger.

Annie Pettry
Chef and partner at Decca in Louisville, KY

Annie Pettry&aposs Decca in Louisville is the canvas for her approach to creativity that tends toward the quieter side of things. For this chef, creativity is almost an elusive thing, not so much the result of a lightning bolt moment.

"Sometimes an idea will come immediately, and you&aposll know what you want to do and will just dig in and start playing," she says. "I start with one ingredient, generally. Sometimes a technique. Then I&aposll think about what I have on hand, what things might go together, kind of a process of elimination. And then you kind of go𠅍o I have any connection to this ingredient? Do I have a past experience, a childhood memory maybe?"

From there, she turns her attention to the visuals, scanning cookbooks or even searching for ingredients in Google Images, "and a lot of times that&aposll kind of inspire me to the next step."

Visuals, the seasons, and flavors are what stimulate her mind.

"I think if you need to operate by being creative, often just keeping it rolling and not shutting it off can help. What&aposs around you in nature? In the community? Constantly be aware of everything around you. Instead of having your head down and just trying to get through life or to the next appointment."


How Chefs Get in the Mood to Create New Dishes

The creative habits of chefs run the gamut from kickboxing to Google searches.

At the three restaurants where Kelly English works as executive chef—two in Memphis, one in Biloxi, Mississippi—the decor is pristine and the food a menagerie of color and local charm. Awaiting visitors are dishes like the pan fried pork chop at his Magnolia House or seared gulf redfish ponchartrain and grilled lamb loin at Restaurant Iris. His restaurant The Second Line, meanwhile, lands somewhere between fine dining and the comfort food a reveler expects to encounter in New Orleans

Among the things his diners don&apost see is the chef&aposs version of a lifehack that English uses to help sustain his creative touch: Every now and then, he exchanges his white apron for workout clothes. It&aposs off to the gym for a kickboxing session.

One of the things English likes about the physical exertion is the way it helps clear his head. "Sometimes, I think focusing on yourself and getting away can really give a good boost of creativity," he says.

Similar ideas run through the restaurant community, and with that in mind, we talked to a group of chefs about how they approach they get in a mental state to invent dishes—how they approach creativity. For each of them, there&aposs no one coin of the creative realm. It&aposs a mix of luck and forward motion, experimentation and awareness that a chef&aposs inspiration can manifest itself just about anywhere, at any time.

Peter Dale
Chef and co-owner at The National in Athens, GA

Peter Dale has been cooking professionally for almost 20 years. His Mediterranean restaurant The National, about an hour outside Atlanta, just celebrated its 10th anniversary, and Dale starts each week the same way. He gets a flood of emails from the farmers he works with on Mondays. It helps him to see what they&aposve got coming, which can help him plan his menus.

"For me," he says, "it&aposs important to be in a routine. Every morning, I&aposve been doing coffee—I really don&apost like to eat anything. That&aposs, like, the first thing," he says.

"I found a couple years ago that I was a typical chef, just working crazy hours and having a few drinks after work every night and just eating everything all the time. And so the past several years I&aposve been into health and exercise. So most mornings I go to the gym or take an exercise class."

If he starts to skip one or a few days of that, he feels "sort of pent-up energy that&aposs not positive." He likes the exercise for the same reason English does—to help keep his head clear. For him, a clear space, as well as peace and quiet, are also paramount, so he set up a home office for himself. "I have to have a clean space to work in. I need to organize everything."

Arik Skot Williams
Executive chef and owner at The Rotten Bunch Wine Bar + Kitchen in Austin, TX

Arik, the head chef and owner of Austin&aposs The Rotten Bunch Wine Bar + Kitchen, is similar to English and Dale, in that he likes to quiet his mind. Long drives while listening to music help him with that, though the process actually begins in earnest in a way he concedes is a bit "messy."

"It usually starts with me being hungry. Something will sound really good, and I&aposll start fantasizing about the sensual details. That might spark a connection to a recipe I read in one of my cookbooks, or a technique, which sometimes leads to this immersion into a certain topic."

A desk overflowing with books and paper resulting from the research might ensue. He likens the process of working through ideas to "chewing mental cud." He&aposll talk an idea over with people he respects. As he "chews" over the cud of the idea, he&aposs "spitting out the rough pieces, the bits that don&apost belong or make it more cumbersome or trendy or less focused or are me trying to impose my ego on the dish rather than letting the food evoke and satisfy the animal hunger.

Annie Pettry
Chef and partner at Decca in Louisville, KY

Annie Pettry&aposs Decca in Louisville is the canvas for her approach to creativity that tends toward the quieter side of things. For this chef, creativity is almost an elusive thing, not so much the result of a lightning bolt moment.

"Sometimes an idea will come immediately, and you&aposll know what you want to do and will just dig in and start playing," she says. "I start with one ingredient, generally. Sometimes a technique. Then I&aposll think about what I have on hand, what things might go together, kind of a process of elimination. And then you kind of go𠅍o I have any connection to this ingredient? Do I have a past experience, a childhood memory maybe?"

From there, she turns her attention to the visuals, scanning cookbooks or even searching for ingredients in Google Images, "and a lot of times that&aposll kind of inspire me to the next step."

Visuals, the seasons, and flavors are what stimulate her mind.

"I think if you need to operate by being creative, often just keeping it rolling and not shutting it off can help. What&aposs around you in nature? In the community? Constantly be aware of everything around you. Instead of having your head down and just trying to get through life or to the next appointment."


How Chefs Get in the Mood to Create New Dishes

The creative habits of chefs run the gamut from kickboxing to Google searches.

At the three restaurants where Kelly English works as executive chef—two in Memphis, one in Biloxi, Mississippi—the decor is pristine and the food a menagerie of color and local charm. Awaiting visitors are dishes like the pan fried pork chop at his Magnolia House or seared gulf redfish ponchartrain and grilled lamb loin at Restaurant Iris. His restaurant The Second Line, meanwhile, lands somewhere between fine dining and the comfort food a reveler expects to encounter in New Orleans

Among the things his diners don&apost see is the chef&aposs version of a lifehack that English uses to help sustain his creative touch: Every now and then, he exchanges his white apron for workout clothes. It&aposs off to the gym for a kickboxing session.

One of the things English likes about the physical exertion is the way it helps clear his head. "Sometimes, I think focusing on yourself and getting away can really give a good boost of creativity," he says.

Similar ideas run through the restaurant community, and with that in mind, we talked to a group of chefs about how they approach they get in a mental state to invent dishes—how they approach creativity. For each of them, there&aposs no one coin of the creative realm. It&aposs a mix of luck and forward motion, experimentation and awareness that a chef&aposs inspiration can manifest itself just about anywhere, at any time.

Peter Dale
Chef and co-owner at The National in Athens, GA

Peter Dale has been cooking professionally for almost 20 years. His Mediterranean restaurant The National, about an hour outside Atlanta, just celebrated its 10th anniversary, and Dale starts each week the same way. He gets a flood of emails from the farmers he works with on Mondays. It helps him to see what they&aposve got coming, which can help him plan his menus.

"For me," he says, "it&aposs important to be in a routine. Every morning, I&aposve been doing coffee—I really don&apost like to eat anything. That&aposs, like, the first thing," he says.

"I found a couple years ago that I was a typical chef, just working crazy hours and having a few drinks after work every night and just eating everything all the time. And so the past several years I&aposve been into health and exercise. So most mornings I go to the gym or take an exercise class."

If he starts to skip one or a few days of that, he feels "sort of pent-up energy that&aposs not positive." He likes the exercise for the same reason English does—to help keep his head clear. For him, a clear space, as well as peace and quiet, are also paramount, so he set up a home office for himself. "I have to have a clean space to work in. I need to organize everything."

Arik Skot Williams
Executive chef and owner at The Rotten Bunch Wine Bar + Kitchen in Austin, TX

Arik, the head chef and owner of Austin&aposs The Rotten Bunch Wine Bar + Kitchen, is similar to English and Dale, in that he likes to quiet his mind. Long drives while listening to music help him with that, though the process actually begins in earnest in a way he concedes is a bit "messy."

"It usually starts with me being hungry. Something will sound really good, and I&aposll start fantasizing about the sensual details. That might spark a connection to a recipe I read in one of my cookbooks, or a technique, which sometimes leads to this immersion into a certain topic."

A desk overflowing with books and paper resulting from the research might ensue. He likens the process of working through ideas to "chewing mental cud." He&aposll talk an idea over with people he respects. As he "chews" over the cud of the idea, he&aposs "spitting out the rough pieces, the bits that don&apost belong or make it more cumbersome or trendy or less focused or are me trying to impose my ego on the dish rather than letting the food evoke and satisfy the animal hunger.

Annie Pettry
Chef and partner at Decca in Louisville, KY

Annie Pettry&aposs Decca in Louisville is the canvas for her approach to creativity that tends toward the quieter side of things. For this chef, creativity is almost an elusive thing, not so much the result of a lightning bolt moment.

"Sometimes an idea will come immediately, and you&aposll know what you want to do and will just dig in and start playing," she says. "I start with one ingredient, generally. Sometimes a technique. Then I&aposll think about what I have on hand, what things might go together, kind of a process of elimination. And then you kind of go𠅍o I have any connection to this ingredient? Do I have a past experience, a childhood memory maybe?"

From there, she turns her attention to the visuals, scanning cookbooks or even searching for ingredients in Google Images, "and a lot of times that&aposll kind of inspire me to the next step."

Visuals, the seasons, and flavors are what stimulate her mind.

"I think if you need to operate by being creative, often just keeping it rolling and not shutting it off can help. What&aposs around you in nature? In the community? Constantly be aware of everything around you. Instead of having your head down and just trying to get through life or to the next appointment."


ビデオを見る: 高橋李依の今晩なにつくろ313土 配信 (八月 2022).