他の

新入生15とは何ですか、それをどのように回避しますか? (スライドショー)


正午の朝食でも午後10時の夕食でも、Cipulloは、健康的でバランスの取れた体重を維持するには、1日3回の食事が不可欠であることを強調しています。食事を抜くと、代謝が遅くなり、食べ過ぎになることがよくあります。これは、体重増加の世界では二重否定です。

1日3食食べる

正午の朝食でも午後10時の夕食でも、Cipulloは、健康的でバランスの取れた体重を維持するには、1日3回の食事が不可欠であることを強調しています。食事を抜くと、代謝が遅くなり、食べ過ぎにつながることがよくあります。これは、体重増加の世界では二重否定です。

1日2回の軽食

食事の合間に軽食をとるのが難しいと感じている人のために、Cipulloは、軽食を計画するのは問題ないと言います。通常、2つは安全な数です。午後と夜はおやつを計画するのに最適な時間です。また、彼女はまた、これらの「おやつ」が就寝前のピザのスライスを意味することもあると指摘しています。これも問題ありません。

空腹時に飲まないでください

あなたが合法的な飲酒年齢にあり、ビールを1、2杯飲む予定の場合、Cipulloは空腹時に絶対に飲まないように警告します。ベストプラクティスは、完全な食事を食べてから、ビールを飲み始めることです。これにより、ビールでいっぱいになることなく、栄養価の高い食事全体を食べることができます。

しかし、真剣に、しないでください

Cipulloはこのアドバイスに非常に固執しているので、彼女はそれを2回与えることを主張します。満腹時の飲酒は、十分な栄養を確保するだけでなく、空腹時の飲酒を防ぐのにも役立ちます。これは、アルコールがはるかに速く吸収されるため、飲み過ぎや深夜の過食症につながります。空腹。

車を捨てる

車を学校に持ち込むことを計画している場合、Cipulloはできるだけ頻繁に車を捨てるように言います。ウォーキングや、クラスやキャンパス周辺でのサイクリングなどの身体活動は、体調を維持し、体重を減らすのに役立ちます。

制限なしで食べる

体重を見ているときに、自分が欲しいものを正確に食べるのをやめさせるのは誰もが本能ですが、Cipulloはあなたが好きなものを食べることを勧めています。あなたの渇望に食べることはあなたが満足していることを確認し、あなたがさらに多くの体重増加につながる可能性がある放牧を避けるのを助けます。

新鮮さを保つ

キャンパスのカフェテリアは授業の合間に便利な場所ですが、食料品店や地元のファーマーズマーケットでも、季節の新鮮な食材を購入するのに便利です、とCipullo氏は言います。あなたの小さな寮の部屋の冷蔵庫から生のニンジンを食べることでさえ、カフェテリアが提供しなければならないかもしれないものより健康的なオプションである可能性があります。

参加する

Cipulloは、新入生が大学に入学するときに利用できるすべての物理的な外出やアクティビティクラブに参加することを奨励しています。新しい人と出会い、友達を作るのに最適な方法であるだけでなく、週末に樽スタンドの外で健康的な身体活動を確実に行うのに役立ちます。

あまりにも正方形にならないでください

カロリーが多いからといって、それを避けるべきだとは限りません、とCipulloは言います。彼女は新入生が楽しむことを奨励しますが、合理的でバランスが取れています。ある晩、寮のピザパーティーに参加しますか?気軽に楽しんで、翌日は運動をするか、より健康的な食事の計画に固執するようにしてください、と彼女は言います。極端な状態は決して健康的ではないので、バランスをとってみることをお勧めします。

実験

バランスの取れた食事スタイルを維持することに加えて、調査を行い、何が自分に役立つかを知ることが重要です。 Cipulloは、キャンパス内の各カフェやフードオプションで実験して、最も新鮮でおいしい食事を見つけることをお勧めします。そうすれば、毎回賢明な決断を下すことができます。

次善の解決策を決定する

食堂で食事の計画を立てられない場合は、食事を抜かないでください。 Cipulloは、あなたに何が効果的かを理解し、それをあなたのライフスタイルに適合させることをお勧めします。カフェテリアのスパゲッティに耐えられない場合は、食料品店で冷凍料理を購入し、カフェテリアで友達と一緒にサラダやデザートを食べましょう。

デザート用のスペースを節約

そういえば、常にデザートのスペースを節約してください。寮のスタッフが通常、新入生のためにアイスクリームの社交をスケジュールする理由は不思議ではありません。食事の最後に甘いおやつを食べることはすべて、バランスの取れた食事を維持することの一部だからです。

戦略的であること

大学の最も良い点の1つは、クラスを選択できることです。そのため、その力で戦略的に行動してください。ヨガやある種の運動クラスなど、1つの「健康的なクラス」をスケジュールします。これはあなたがあなたの運動をしていることを確実にし、あなたに本からの精神的な休憩も与えるでしょう。

ホームベースと連絡を取る

新しい社会的環境、大学のカリキュラム、そして家から離れている間もバランスの取れた食事を維持するというプレッシャーにより、ホームシックになりやすいです。それを避けるために、常に家に連絡し、必要なときにママに信頼できるケアパッケージを要求することさえできます。家族の写真、お母さんからのカード、または彼女の素晴らしいチョコレートチップクッキーなどの快適なものは、集中力を維持するのに役立ちます。

気晴らし、気晴らし

あなたの新入生の年の食事療法があなたにストレスを与え始めているならば、それからあなた自身をそらしてください。 Cipulloは、「気晴らしカード」を作成することをお勧めします。このカードには、気を紛らわせるのに役立つ上位5つの非食品活動がリストされています。


新入生を倒す7つの方法15

学校に戻って健康的な食事をすることは、お母さんとお父さんと一緒に家にいる子供たちだけのものではありません。私の読者の多くは、彼らの大きな子供たちを初めて大学に送り出している。私は新入生の年から約12年離れているので、[GO GREEN!]友人[および将来の登録栄養士]ジルに、彼女が新入生15を倒すのに役立つヒントとコツを教えてもらいました。ジルに諦めましょう。 !!

2年間の大学生活を経て、私は「新入生15’は、残念ながら、想像以上に一般的です。毎日食堂で食事をすることで、自分で食べるものを選ぶ自由感が増しましたが、自制心はほとんどありませんでした。カフェテリアでは、ピザ、フライドポテト、アイスクリームが毎日の選択肢でした。食堂で食事をしたくなかったとしても、バーガーキング、マクドナルド、タコベルはすべて私が滞在した場所から1.6 km(1マイル)以内にありました。

私の大学、セントラルミシガン大学の主要なカフェテリアの1つ。ご覧のとおり、魅力的であり、フードサービススタッフは、学生に健康的な選択肢を提供するという非常に優れた仕事をしています。 私の好きなところ?自分だけのサラダバーを作ろう!とても新鮮で無限のトッピングから選ぶことができます。

大学のカフェテリアはファーマーズマーケットほど健康的ではないかもしれませんが、学生が選択できる健康的な選択肢はまだあります。私の大学では、毎朝フルーツスムージーがオプションです。日中はサラダバー、ヘルシーなトッピングで自分だけのサンドイッチを作るエリアがあり、メインの温かい食事のラインでは常に野菜が出されます。大学の食堂で健康的な食事を選ぶだけでなく、大学で健康的な食事をすることも重要です。フレッシュマン15 [そして技術的には2年生15も!]を打ち負かす7つの方法は次のとおりです。

  1. 食事を抜かないでください: 特にクラスが連続して実行されている場合は、食事をする時間を見つけるのが非常に難しい場合があります。カフェテリアからバナナやリンゴを手に取って、短い休憩中に食べましょう。
  2. 20分前に目を覚ます: 私達は私達が得ることができるどんな余分な睡眠も大好きです…しかしあなたが朝食のための時間があるようにあなた自身が15-30分早く目を覚ますのを許してください。素敵な食事で休日を始めると、その日の後半に過食症になる可能性が低くなります。
  3. 外食を制限する: キャンパス外に住んでいる場合は、常に外食することは避けてください。友達と会うときは、外に出て食事をするのが一般的です。これに伴う問題は、部分が大きくなり、食事が高価になる可能性があることです。キャンパス外に住むのは今年が1年目で、自分で食料品店に行けることに興奮しています。欲しい食べ物を買うことができ、使う金額をコントロールすることができます。
  4. スマートスナック: カフェテリアが毎晩アイスクリームを提供しているからといって、これは毎晩アイスクリームが必要だという意味ではありません…ソフトクリームのように魅力的です。忙しい学校の一日を通してあなたが元気になり続けるであろういくつかのスマートスナックを詰めてください。これがクラスの合間に詰める私のお気に入りのおやつのリストです。
  5. 衝動的に食べないでください: ルームメイトと私は、退屈で勉強が遅くなったという理由だけで、夜遅くに食事をすることに問題がありました。私たちのクラスがより厳しくなるほど、私たちはよりストレスを感じ、より多くの食べ物を食べました。勉強中に本当に余分なエネルギーが必要なときのために、健康的なスナックをミニ冷蔵庫に保管してください。たまたま退屈していることに気付いた場合は、食事をする代わりに、ジムに行ったり、散歩してストレスを解消したりしてください。
  6. カロリーを飲まないでください: 食堂で食べるたびにポップが手に入りやすいので苦労しました。毎晩、ポップではなくレモン水や低脂肪ミルクを飲んでみました。また、ビールとアルコールの消費量はすぐに追いつきます。ビール1缶は約150カロリーです。平均して、100カロリーを燃焼するのに約1マイルかかります。その一晩の飲酒を燃やすために何マイル走らなければならないか考えてみてください!
  7. 準備して: 「」を回避するのに役立つ役立つウェブサイトがたくさんあります。新入生15’。私は自分自身を検索して、大学で健康的な食事をするための役立つヒントが掲載された素晴らしいWebサイトをいくつか見つけました。
      RutgersによるLeanGreenBeanによるEatRightによる-JDFRによる大学のKitchnによるTeenVogueによるCamdenStudent Health Services

ジルは、新入生15を倒すために機能するもの(および障害物)を共有するという素晴らしい仕事をしたと思います。彼らは私たちがまだ大学にいたことを望んでいる私たちにとって実用的なヒントです&#8230私はそれを言ったのですか?!私はそれを助けることができません&#8217sフットボールシーズン!

関連している

電子メールの更新にサインアップする

電子メールの更新と私の無料のスロークッキング101を印刷できるように購読してください。私の基本的な処方を使用して、家族全員が気に入る健康的な修正-それと忘れる-それの食事を構築してください!
私は私たちの生活からの特別な舞台裏のスナップショットに加えて、ママからママへのヒント、栄養アドバイスなどを共有します。さらに、今後のイベントや新製品などについて最初に知りましょう。

トラックバック

[&#8230]元ナマケモノの仕事はより賢く、難しくはない|フィットニットチックを介してワークアウトを優先するためのヒントママからママへの栄養を介して新入生15を打ち負かす7つの方法アイアンローグを介して最も安全なトライアスロンオープンウォータースイムを楽しむ方法[&#8230]

返信を残す 返信をキャンセルする

このサイトはAkismetを使用してスパムを減らしています。コメントデータがどのように処理されるかを学びます。

ようこそ!

こんにちは、ケイティです!登録栄養士、ママ、および食事交渉者。私は、4人の好き嫌いのある人が私に信じさせていることにもかかわらず、小さな子供たちと一緒に食事をより幸せに、より健康に、そしてより簡単にするという使命を負っています。家族向けのレシピから、フィルタリングされていない母性の瞬間についての告白まで、あなたが私の台所のテーブルに座ってくれることを願っています!
私についてもっと読む»


新入生を倒す7つの方法15

学校に戻って健康的な食事をすることは、お母さんとお父さんと一緒に家にいる子供たちだけのものではありません。私の読者の多くは、彼らの大きな子供たちを初めて大学に送り出している。私は新入生の年から約12年離れているので、[GO GREEN!]友人[および将来の登録栄養士]ジルに、彼女が新入生15を倒すのに役立つヒントとコツを教えてもらいました。ジルに諦めましょう。 !!

2年間の大学生活を経て、私は「新入生15’は、残念ながら、想像以上に一般的です。毎日食堂で食事をすることで、自分で食べるものを選ぶ自由感が増しましたが、自制心はほとんどありませんでした。カフェテリアでは、ピザ、フライドポテト、アイスクリームが毎日の選択肢でした。食堂で食事をしたくなかったとしても、バーガーキング、マクドナルド、タコベルはすべて私が滞在した場所から1.6 km(1マイル)以内にありました。

私の大学、セントラルミシガン大学の主要なカフェテリアの1つ。ご覧のとおり、魅力的であり、フードサービススタッフは、学生に健康的な選択肢を提供するという非常に優れた仕事をしています。 私の好きなところ?自分だけのサラダバーを作ろう!とても新鮮で無限のトッピングから選ぶことができます。

大学のカフェテリアはファーマーズマーケットほど健康的ではないかもしれませんが、学生が選択できる健康的な選択肢はまだあります。私の大学では、毎朝フルーツスムージーがオプションです。日中はサラダバー、ヘルシーなトッピングで自分だけのサンドイッチを作るエリアがあり、メインの温かい食事のラインでは常に野菜が出されます。大学の食堂で健康的な食事を選ぶだけでなく、大学で健康的な食事をすることも重要です。フレッシュマン15 [そして技術的には2年生15も!]を打ち負かす7つの方法は次のとおりです。

  1. 食事を抜かないでください: 特にクラスが連続して実行されている場合は、食事をする時間を見つけるのが非常に難しい場合があります。カフェテリアからバナナやリンゴを手に取って、短い休憩中に食べましょう。
  2. 20分前に目を覚ます: 私達は私達が得ることができるどんな余分な睡眠も大好きです…しかしあなたが朝食のための時間があるようにあなた自身が15-30分早く目を覚ますのを許してください。素敵な食事で休日を始めると、その日の後半に過食症になる可能性が低くなります。
  3. 外食を制限する: キャンパス外に住んでいる場合は、常に外食することは避けてください。友達と会うときは、外に出て食事をするのが一般的です。これに伴う問題は、部分が大きくなり、食事が高価になる可能性があることです。キャンパス外に住むのは今年が1年目で、自分で食料品店に行けることに興奮しています。欲しい食べ物を買うことができ、使う金額をコントロールすることができます。
  4. スマートスナック: カフェテリアが毎晩アイスクリームを提供しているからといって、これは毎晩アイスクリームが必要だという意味ではありません…ソフトクリームのように魅力的です。忙しい学校の一日を通してあなたが元気になり続けるであろういくつかのスマートスナックを詰めてください。これがクラスの合間に詰める私のお気に入りのおやつのリストです。
  5. 衝動的に食べないでください: ルームメイトと私は、退屈で勉強が遅くなったという理由だけで、夜遅くに食事をすることに問題がありました。私たちのクラスがより厳しくなるほど、私たちはよりストレスを感じ、より多くの食べ物を食べました。勉強中に本当に余分なエネルギーが必要なときのために、健康的なスナックをミニ冷蔵庫に保管してください。たまたま退屈していることに気付いた場合は、食事をする代わりに、ジムに行ったり、散歩してストレスを解消したりしてください。
  6. カロリーを飲まないでください: 食堂で食べるたびにポップが手に入りやすいので苦労しました。毎晩、ポップではなくレモン水や低脂肪ミルクを飲んでみました。また、ビールとアルコールの消費量はすぐに追いつきます。ビール1缶は約150カロリーです。平均して、100カロリーを燃焼するのに約1マイルかかります。その一晩の飲酒を燃やすために何マイル走らなければならないか考えてみてください!
  7. 準備して: 「」を回避するのに役立つ役立つウェブサイトがたくさんあります。新入生15’。私は自分自身を検索して、大学で健康的な食事をするための役立つヒントが掲載された素晴らしいWebサイトをいくつか見つけました。
      RutgersによるLeanGreenBeanによるEatRightによる-JDFRによる大学のKitchnによるTeenVogueによるCamdenStudent Health Services

ジルは、新入生15を倒すために機能するもの(および障害物)を共有するという素晴らしい仕事をしたと思います。彼らは私たちがまだ大学にいたことを望んでいる私たちにとって実用的なヒントです&#8230私はそれを言ったのですか?!私はそれを助けることができません&#8217sフットボールシーズン!

関連している

電子メールの更新にサインアップする

電子メールの更新と私の無料のスロークッキング101を印刷できるように購読してください。私の基本的な処方を使用して、家族全員が気に入る健康的な修正-それと忘れる-それの食事を構築してください!
私は私たちの生活からの特別な舞台裏のスナップショットに加えて、ママからママへのヒント、栄養アドバイスなどを共有します。さらに、今後のイベントや新製品などについて最初に知りましょう。

トラックバック

[&#8230]元ナマケモノの仕事はより賢く、難しくはない|フィットニットチックを介してワークアウトを優先するためのヒントママからママへの栄養を介して新入生15を打ち負かす7つの方法アイアンローグを介して最も安全なトライアスロンオープンウォータースイムを楽しむ方法[&#8230]

返信を残す 返信をキャンセルする

このサイトはAkismetを使用してスパムを減らしています。コメントデータがどのように処理されるかを学びます。

ようこそ!

こんにちは、ケイティです!登録栄養士、ママ、および食事交渉者。私は、4人の好き嫌いのある人が私に信じさせていることにもかかわらず、小さな子供たちと一緒に食事をより幸せに、より健康に、そしてより簡単にするという使命を負っています。家族向けのレシピから、フィルタリングされていない母性の瞬間についての告白まで、あなたが私の台所のテーブルに座ってくれることを願っています!
私についてもっと読む»


新入生を倒す7つの方法15

学校に戻って健康的な食事をすることは、お母さんとお父さんと一緒に家にいる子供たちだけのものではありません。私の読者の多くは、彼らの大きな子供たちを初めて大学に送り出している。私は新入生の年から約12年離れているので、[GO GREEN!]友人[および将来の登録栄養士]ジルに、彼女が新入生15を倒すのに役立つヒントとコツを教えてもらいました。ジルに諦めましょう。 !!

2年間の大学生活を経て、私は「新入生15’は、残念ながら、想像以上に一般的です。毎日食堂で食事をすることで、自分で食べるものを選ぶ自由感が増しましたが、自制心はほとんどありませんでした。カフェテリアでは、ピザ、フライドポテト、アイスクリームが毎日の選択肢でした。食堂で食事をしたくなかったとしても、バーガーキング、マクドナルド、タコベルはすべて私が滞在した場所から1.6 km(1マイル)以内にありました。

私の大学、セントラルミシガン大学の主要なカフェテリアの1つ。ご覧のとおり、魅力的であり、フードサービススタッフは、学生に健康的な選択肢を提供するという非常に優れた仕事をしています。 私の好きなところ?自分だけのサラダバーを作ろう!とても新鮮で無限のトッピングから選ぶことができます。

大学のカフェテリアはファーマーズマーケットほど健康的ではないかもしれませんが、学生が選択できる健康的な選択肢はまだあります。私の大学では、毎朝フルーツスムージーがオプションです。日中はサラダバー、ヘルシーなトッピングで自分だけのサンドイッチを作るエリアがあり、メインの温かい食事のラインでは常に野菜が出されます。大学の食堂で健康的な食事を選ぶだけでなく、大学で健康的な食事をすることも重要です。フレッシュマン15 [そして技術的には2年生15も!]を打ち負かす7つの方法は次のとおりです。

  1. 食事を抜かないでください: 特にクラスが連続して実行されている場合は、食事をする時間を見つけるのが非常に難しい場合があります。カフェテリアからバナナやリンゴを手に取って、短い休憩中に食べましょう。
  2. 20分前に目を覚ます: 私達は私達が得ることができるどんな余分な睡眠も大好きです…しかしあなたが朝食のための時間があるようにあなた自身が15-30分早く目を覚ますのを許してください。素敵な食事で休日を始めると、その日の後半に過食症になる可能性が低くなります。
  3. 外食を制限する: キャンパス外に住んでいる場合は、常に外食することは避けてください。友達と会うときは、外に出て食事をするのが一般的です。これに伴う問題は、部分が大きくなり、食事が高価になる可能性があることです。キャンパス外に住むのは今年が1年目で、自分で食料品店に行けることに興奮しています。欲しい食べ物を買うことができ、使う金額をコントロールすることができます。
  4. スマートスナック: カフェテリアが毎晩アイスクリームを提供しているからといって、これは毎晩アイスクリームが必要だという意味ではありません…ソフトクリームのように魅力的です。忙しい学校の一日を通してあなたが元気になり続けるであろういくつかのスマートスナックを詰めてください。これがクラスの合間に詰める私のお気に入りのおやつのリストです。
  5. 衝動的に食べないでください: ルームメイトと私は、退屈で勉強が遅くなったという理由だけで、夜遅くに食事をすることに問題がありました。私たちのクラスがより厳しくなるほど、私たちはよりストレスを感じ、より多くの食べ物を食べました。勉強中に本当に余分なエネルギーが必要なときのために、健康的なスナックをミニ冷蔵庫に保管してください。たまたま退屈していることに気付いた場合は、食事をする代わりに、ジムに行ったり、散歩してストレスを解消したりしてください。
  6. カロリーを飲まないでください: 食堂で食べるたびにポップが手に入りやすいので苦労しました。毎晩、ポップではなくレモン水や低脂肪ミルクを飲んでみました。また、ビールとアルコールの消費量はすぐに追いつきます。ビール1缶は約150カロリーです。平均して、100カロリーを燃焼するのに約1マイルかかります。その一晩の飲酒を燃やすために何マイル走らなければならないか考えてみてください!
  7. 準備して: 「」を回避するのに役立つ役立つウェブサイトがたくさんあります。新入生15’。私は自分自身を検索して、大学で健康的な食事をするための役立つヒントが掲載された素晴らしいWebサイトをいくつか見つけました。
      RutgersによるLeanGreenBeanによるEatRightによる-JDFRによる大学のKitchnによるTeenVogueによるCamdenStudent Health Services

ジルは、新入生15を倒すために機能するもの(および障害物)を共有するという素晴らしい仕事をしたと思います。彼らは私たちがまだ大学にいたことを望んでいる私たちにとって実用的なヒントです&#8230私はそれを言ったのですか?!私はそれを助けることができません&#8217sフットボールシーズン!

関連している

電子メールの更新にサインアップする

電子メールの更新と私の無料のスロークッキング101を印刷できるように購読してください。私の基本的な処方を使用して、家族全員が気に入る健康的な修正-それと忘れる-それの食事を構築してください!
私は私たちの生活からの特別な舞台裏のスナップショットに加えて、ママからママへのヒント、栄養アドバイスなどを共有します。さらに、今後のイベントや新製品などについて最初に知りましょう。

トラックバック

[&#8230]元ナマケモノの仕事はより賢く、難しくはない|フィットニットチックを介してワークアウトを優先するためのヒントママからママへの栄養を介して新入生15を打ち負かす7つの方法アイアンローグを介して最も安全なトライアスロンオープンウォータースイムを楽しむ方法[&#8230]

返信を残す 返信をキャンセルする

このサイトはAkismetを使用してスパムを減らしています。コメントデータがどのように処理されるかを学びます。

ようこそ!

こんにちは、ケイティです!登録栄養士、ママ、および食事交渉者。私は、4人の好き嫌いのある人が私に信じさせていることにもかかわらず、小さな子供たちと一緒に食事をより幸せに、より健康に、そしてより簡単にするという使命を負っています。家族向けのレシピから、フィルタリングされていない母性の瞬間についての告白まで、あなたが私の台所のテーブルに座ってくれることを願っています!
私についてもっと読む»


新入生を倒す7つの方法15

学校に戻って健康的な食事をすることは、お母さんとお父さんと一緒に家にいる子供たちだけのものではありません。私の読者の多くは、彼らの大きな子供たちを初めて大学に送り出している。私は新入生の年から約12年離れているので、[GO GREEN!]友人[および将来の登録栄養士]ジルに、彼女が新入生15を倒すのに役立つヒントとコツを教えてもらいました。ジルに諦めましょう。 !!

2年間の大学生活を経て、私は「新入生15’は、残念ながら、想像以上に一般的です。毎日食堂で食事をすることで、自分で食べるものを選ぶ自由感が増しましたが、自制心はほとんどありませんでした。カフェテリアでは、ピザ、フライドポテト、アイスクリームが毎日の選択肢でした。食堂で食事をしたくなかったとしても、バーガーキング、マクドナルド、タコベルはすべて私が滞在した場所から1.6 km(1マイル)以内にありました。

私の大学、セントラルミシガン大学の主要なカフェテリアの1つ。ご覧のとおり、魅力的であり、フードサービススタッフは、学生に健康的な選択肢を提供するという非常に優れた仕事をしています。 私の好きなところ?自分だけのサラダバーを作ろう!とても新鮮で無限のトッピングから選ぶことができます。

大学のカフェテリアはファーマーズマーケットほど健康的ではないかもしれませんが、学生が選択できる健康的な選択肢はまだあります。私の大学では、毎朝フルーツスムージーがオプションです。日中はサラダバー、ヘルシーなトッピングで自分だけのサンドイッチを作るエリアがあり、メインの温かい食事のラインでは常に野菜が出されます。大学の食堂で健康的な食事を選ぶだけでなく、大学で健康的な食事をすることも重要です。フレッシュマン15 [そして技術的には2年生15も!]を打ち負かす7つの方法は次のとおりです。

  1. 食事を抜かないでください: 特にクラスが連続して実行されている場合は、食事をする時間を見つけるのが非常に難しい場合があります。カフェテリアからバナナやリンゴを手に取って、短い休憩中に食べましょう。
  2. 20分前に目を覚ます: 私達は私達が得ることができるどんな余分な睡眠も大好きです…しかしあなたが朝食のための時間があるようにあなた自身が15-30分早く目を覚ますのを許してください。素敵な食事で休日を始めると、その日の後半に過食症になる可能性が低くなります。
  3. 外食を制限する: キャンパス外に住んでいる場合は、常に外食することは避けてください。友達と会うときは、外に出て食事をするのが一般的です。これに伴う問題は、部分が大きくなり、食事が高価になる可能性があることです。キャンパス外に住むのは今年が1年目で、自分で食料品店に行けることに興奮しています。欲しい食べ物を買うことができ、使う金額をコントロールすることができます。
  4. スマートスナック: カフェテリアが毎晩アイスクリームを提供しているからといって、これは毎晩アイスクリームが必要だという意味ではありません…ソフトクリームのように魅力的です。忙しい学校の一日を通してあなたが元気になり続けるであろういくつかのスマートスナックを詰めてください。これがクラスの合間に詰める私のお気に入りのおやつのリストです。
  5. 衝動的に食べないでください: ルームメイトと私は、退屈で勉強が遅くなったという理由だけで、夜遅くに食事をすることに問題がありました。私たちのクラスがより厳しくなるほど、私たちはよりストレスを感じ、より多くの食べ物を食べました。勉強中に本当に余分なエネルギーが必要なときのために、健康的なスナックをミニ冷蔵庫に保管してください。たまたま退屈していることに気付いた場合は、食事をする代わりに、ジムに行ったり、散歩してストレスを解消したりしてください。
  6. カロリーを飲まないでください: 食堂で食べるたびにポップが手に入りやすいので苦労しました。毎晩、ポップではなくレモン水や低脂肪ミルクを飲んでみました。また、ビールとアルコールの消費量はすぐに追いつきます。ビール1缶は約150カロリーです。平均して、100カロリーを燃焼するのに約1マイルかかります。その一晩の飲酒を燃やすために何マイル走らなければならないか考えてみてください!
  7. 準備して: 「」を回避するのに役立つ役立つウェブサイトがたくさんあります。新入生15’。私は自分自身を検索して、大学で健康的な食事をするための役立つヒントが掲載された素晴らしいWebサイトをいくつか見つけました。
      RutgersによるLeanGreenBeanによるEatRightによる-JDFRによる大学のKitchnによるTeenVogueによるCamdenStudent Health Services

ジルは、新入生15を倒すために機能するもの(および障害物)を共有するという素晴らしい仕事をしたと思います。彼らは私たちがまだ大学にいたことを望んでいる私たちにとって実用的なヒントです&#8230私はそれを言ったのですか?!私はそれを助けることができません&#8217sフットボールシーズン!

関連している

電子メールの更新にサインアップする

電子メールの更新と私の無料のスロークッキング101を印刷できるように購読してください。私の基本的な処方を使用して、家族全員が気に入る健康的な修正-それと忘れる-それの食事を構築してください!
私は私たちの生活からの特別な舞台裏のスナップショットに加えて、ママからママへのヒント、栄養アドバイスなどを共有します。さらに、今後のイベントや新製品などについて最初に知りましょう。

トラックバック

[&#8230]元ナマケモノの仕事はより賢く、難しくはない|フィットニットチックを介してワークアウトを優先するためのヒントママからママへの栄養を介して新入生15を打ち負かす7つの方法アイアンローグを介して最も安全なトライアスロンオープンウォータースイムを楽しむ方法[&#8230]

返信を残す 返信をキャンセルする

このサイトはAkismetを使用してスパムを減らしています。コメントデータがどのように処理されるかを学びます。

ようこそ!

こんにちは、ケイティです!登録栄養士、ママ、および食事交渉者。私は、4人の好き嫌いのある人が私に信じさせていることにもかかわらず、小さな子供たちと一緒に食事をより幸せに、より健康に、そしてより簡単にするという使命を負っています。家族向けのレシピから、フィルタリングされていない母性の瞬間についての告白まで、あなたが私の台所のテーブルに座ってくれることを願っています!
私についてもっと読む»


新入生を倒す7つの方法15

学校に戻って健康的な食事をすることは、お母さんとお父さんと一緒に家にいる子供たちだけのものではありません。私の読者の多くは、彼らの大きな子供たちを初めて大学に送り出している。私は新入生の年から約12年離れているので、[GO GREEN!]友人[および将来の登録栄養士]ジルに、彼女が新入生15を倒すのに役立つヒントとコツを教えてもらいました。ジルに諦めましょう。 !!

2年間の大学生活を経て、私は「新入生15’は、残念ながら、想像以上に一般的です。毎日食堂で食事をすることで、自分で食べるものを選ぶ自由感が増しましたが、自制心はほとんどありませんでした。カフェテリアでは、ピザ、フライドポテト、アイスクリームが毎日の選択肢でした。食堂で食事をしたくなかったとしても、バーガーキング、マクドナルド、タコベルはすべて私が滞在した場所から1.6 km(1マイル)以内にありました。

私の大学、セントラルミシガン大学の主要なカフェテリアの1つ。ご覧のとおり、魅力的であり、フードサービススタッフは、学生に健康的な選択肢を提供するという非常に優れた仕事をしています。 私の好きなところ?自分だけのサラダバーを作ろう!とても新鮮で無限のトッピングから選ぶことができます。

大学のカフェテリアはファーマーズマーケットほど健康的ではないかもしれませんが、学生が選択できる健康的な選択肢はまだあります。私の大学では、毎朝フルーツスムージーがオプションです。日中はサラダバー、ヘルシーなトッピングで自分だけのサンドイッチを作るエリアがあり、メインの温かい食事のラインでは常に野菜が出されます。大学の食堂で健康的な食事を選ぶだけでなく、大学で健康的な食事をすることも重要です。フレッシュマン15 [そして技術的には2年生15も!]を打ち負かす7つの方法は次のとおりです。

  1. 食事を抜かないでください: 特にクラスが連続して実行されている場合は、食事をする時間を見つけるのが非常に難しい場合があります。カフェテリアからバナナやリンゴを手に取って、短い休憩中に食べましょう。
  2. 20分前に目を覚ます: 私達は私達が得ることができるどんな余分な睡眠も大好きです…しかしあなたが朝食のための時間があるようにあなた自身が15-30分早く目を覚ますのを許してください。素敵な食事で休日を始めると、その日の後半に過食症になる可能性が低くなります。
  3. 外食を制限する: キャンパス外に住んでいる場合は、常に外食することは避けてください。友達と会うときは、外に出て食事をするのが一般的です。これに伴う問題は、部分が大きくなり、食事が高価になる可能性があることです。キャンパス外に住むのは今年が1年目で、自分で食料品店に行けることに興奮しています。欲しい食べ物を買うことができ、使う金額をコントロールすることができます。
  4. スマートスナック: カフェテリアが毎晩アイスクリームを提供しているからといって、これは毎晩アイスクリームが必要だという意味ではありません…ソフトクリームのように魅力的です。忙しい学校の一日を通してあなたが元気になり続けるであろういくつかのスマートスナックを詰めてください。これがクラスの合間に詰める私のお気に入りのおやつのリストです。
  5. 衝動的に食べないでください: ルームメイトと私は、退屈で勉強が遅くなったという理由だけで、夜遅くに食事をすることに問題がありました。私たちのクラスがより厳しくなるほど、私たちはよりストレスを感じ、より多くの食べ物を食べました。勉強中に本当に余分なエネルギーが必要なときのために、健康的なスナックをミニ冷蔵庫に保管してください。たまたま退屈していることに気付いた場合は、食事をする代わりに、ジムに行ったり、散歩してストレスを解消したりしてください。
  6. カロリーを飲まないでください: 食堂で食べるたびにポップが手に入りやすいので苦労しました。毎晩、ポップではなくレモン水や低脂肪ミルクを飲んでみました。また、ビールとアルコールの消費量はすぐに追いつきます。ビール1缶は約150カロリーです。平均して、100カロリーを燃焼するのに約1マイルかかります。その一晩の飲酒を燃やすために何マイル走らなければならないか考えてみてください!
  7. 準備して: 「」を回避するのに役立つ役立つウェブサイトがたくさんあります。新入生15’。私は自分自身を検索して、大学で健康的な食事をするための役立つヒントが掲載された素晴らしいWebサイトをいくつか見つけました。
      RutgersによるLeanGreenBeanによるEatRightによる-JDFRによる大学のKitchnによるTeenVogueによるCamdenStudent Health Services

I think Jill did an awesome job of sharing what works [and roadblocks] to beating the freshman 15! They are practical tips for those of us still wishing we were in college too… Did I just say that?! I can’t help it it’s football season!!

関連している

Sign Up For Email Updates

Subscribe to get email updates and my FREE Slow Cooking 101 printable. Use my basic formula to build healthy fix-it and forget-it meals the whole family will love!
I share special behind-the-scenes snapshots from our life, plus Mom to Mom tips, nutritional advice and much more. Plus, be the first to find out about upcoming events, new products and much more.

トラックバック

[…] of an Ex-Sloth Work Smarter Not Harder | Tips For Prioritizing Your Workouts via Fit Knit Chick 7 Ways to Beat the Freshman 15 via Mom to Mom Nutrition How To Enjoy Your Safest Triathlon Open Water Swim via Iron Rogue Your […]

返信を残す 返信をキャンセルする

このサイトはAkismetを使用してスパムを減らしています。コメントデータがどのように処理されるかを学びます。

WELCOME!

Hi, I’m Katie! Registered Dietitian, Mom, and Mealtime Negotiator. I’m on a mission to make mealtime happier, healthier, and easier with small children, despite what my 4 picky eaters have me believing. From family-friendly recipes to confessions about my unfiltered motherhood moments, I hope you grab a seat at my kitchen table!
Read more about me »


7 Ways to Beat the Freshman 15

The back to school healthy eating craze isn’t just for the kiddos at home with Mom and Dad. Many of my readers are sending their big kids off to college for the first time. Since I’m about 12 years removed from my freshman year [GO GREEN!] I asked my friend [and future registered dietitian] Jill to share some tips and tricks that helped her beat the freshman 15. Let’s give it up for Jill!

With two years of college under my belt, I’ve come to realize ‘The Freshman 15’ is unfortunately more common than one would assume. Eating in a cafeteria every day increased my sense of freedom when it came to choosing the foods I ate, while my self-control was almost non-existent. Pizza, fries, and ice cream were everyday choices in the cafeteria. Even if I didn’t want to eat in the cafeteria, Burger King, McDonalds, and Taco Bell were all within a mile from where I stayed.

One of the main cafeterias at my college, Central Michigan University. As you can see it’s inviting— and the foodservice staff does a really great job of providing students with healthful options. My favorite part? The build your own salad bar!! So fresh and endless toppings to choose from.

The University’s cafeteria may not be as healthy as a Farmer’s market but there are still healthier choices students can make. At my college, fruit smoothies are an option every morning. During the day there is a salad bar, an area to make your own sandwich with healthy toppings, and there is always of vegetables being served in the main hot meal line. There’s more to eating healthy in college than just choosing the healthy foods in your school’s cafeteria. Here’s 7 ways to beat the Freshman 15 [and technically Sophomore 15 too!]:

  1. Don’t skip meals: Sometimes it’s very hard to find the time to eat especially if your classes run back to back. Grab a banana or apple from the cafeteria to eat during your short breaks.
  2. Wake up 20 minutes earlier: We love any extra sleep we can get…but allow yourself to wake up 15-30 minutes earlier so you have time for breakfast. If you start the day off with a nice meal, you’re less likely to binge eat later in the day.
  3. Limit eating out: If you live off campus, avoid eating out all the time. Often, when I meet up with friends, it is common to go out and eat. The problem with this is that portions are bigger and meals can be expensive. This will be my first year living off campus and I am excited to be able to grocery shop for myself. I can buy the foods I want and I can control how much I spend.
  4. Snack smart: Just because the cafeteria offers ice cream every night, this doesn’t mean you need ice cream every single night… at tempting as the soft serve might be. Pack some smart snacks that will keep you energized throughout the busy school day. Here’s a list of my favorite snacks to pack for between classes.
  5. Don’t eat impulsively: My roommate and I had an issue with eating later at night simply because we were bored and up late studying. The more demanding our classes became, the more stressed we were, and the more food we ate. Keep healthy snacks in a mini-fridge for times when you are really needing some extra energy during study-time. If you do happen to find yourself bored, instead of eating go to the gym or for a walk to de-stress.
  6. Don’t drink your calories: I had a hard time with this because of how easily available pop was every time I ate in the cafeteria. I tried drinking lemon water or low-fat milk every night for dinner rather than pop. Also, beer and alcohol consumption will catch up to you quickly. One can of beer is around 150 calories. On average, it takes about a mile to burn 100 calories. Think about how many miles you’d have to run to burn off that one night of drinking!
  7. Be prepared: There are a lot of helpful websites out there to help you avoid the ‘Freshman 15’。 I did some searching myself and found some great websites with helpful tips on eating healthy in college:
      by Eat Right by The Lean Green Bean by Rutgers-Camden Student Health Services by Teen Vogue by The Kitchn in College by JDFR

I think Jill did an awesome job of sharing what works [and roadblocks] to beating the freshman 15! They are practical tips for those of us still wishing we were in college too… Did I just say that?! I can’t help it it’s football season!!

関連している

Sign Up For Email Updates

Subscribe to get email updates and my FREE Slow Cooking 101 printable. Use my basic formula to build healthy fix-it and forget-it meals the whole family will love!
I share special behind-the-scenes snapshots from our life, plus Mom to Mom tips, nutritional advice and much more. Plus, be the first to find out about upcoming events, new products and much more.

トラックバック

[…] of an Ex-Sloth Work Smarter Not Harder | Tips For Prioritizing Your Workouts via Fit Knit Chick 7 Ways to Beat the Freshman 15 via Mom to Mom Nutrition How To Enjoy Your Safest Triathlon Open Water Swim via Iron Rogue Your […]

返信を残す 返信をキャンセルする

このサイトはAkismetを使用してスパムを減らしています。コメントデータがどのように処理されるかを学びます。

WELCOME!

Hi, I’m Katie! Registered Dietitian, Mom, and Mealtime Negotiator. I’m on a mission to make mealtime happier, healthier, and easier with small children, despite what my 4 picky eaters have me believing. From family-friendly recipes to confessions about my unfiltered motherhood moments, I hope you grab a seat at my kitchen table!
Read more about me »


7 Ways to Beat the Freshman 15

The back to school healthy eating craze isn’t just for the kiddos at home with Mom and Dad. Many of my readers are sending their big kids off to college for the first time. Since I’m about 12 years removed from my freshman year [GO GREEN!] I asked my friend [and future registered dietitian] Jill to share some tips and tricks that helped her beat the freshman 15. Let’s give it up for Jill!

With two years of college under my belt, I’ve come to realize ‘The Freshman 15’ is unfortunately more common than one would assume. Eating in a cafeteria every day increased my sense of freedom when it came to choosing the foods I ate, while my self-control was almost non-existent. Pizza, fries, and ice cream were everyday choices in the cafeteria. Even if I didn’t want to eat in the cafeteria, Burger King, McDonalds, and Taco Bell were all within a mile from where I stayed.

One of the main cafeterias at my college, Central Michigan University. As you can see it’s inviting— and the foodservice staff does a really great job of providing students with healthful options. My favorite part? The build your own salad bar!! So fresh and endless toppings to choose from.

The University’s cafeteria may not be as healthy as a Farmer’s market but there are still healthier choices students can make. At my college, fruit smoothies are an option every morning. During the day there is a salad bar, an area to make your own sandwich with healthy toppings, and there is always of vegetables being served in the main hot meal line. There’s more to eating healthy in college than just choosing the healthy foods in your school’s cafeteria. Here’s 7 ways to beat the Freshman 15 [and technically Sophomore 15 too!]:

  1. Don’t skip meals: Sometimes it’s very hard to find the time to eat especially if your classes run back to back. Grab a banana or apple from the cafeteria to eat during your short breaks.
  2. Wake up 20 minutes earlier: We love any extra sleep we can get…but allow yourself to wake up 15-30 minutes earlier so you have time for breakfast. If you start the day off with a nice meal, you’re less likely to binge eat later in the day.
  3. Limit eating out: If you live off campus, avoid eating out all the time. Often, when I meet up with friends, it is common to go out and eat. The problem with this is that portions are bigger and meals can be expensive. This will be my first year living off campus and I am excited to be able to grocery shop for myself. I can buy the foods I want and I can control how much I spend.
  4. Snack smart: Just because the cafeteria offers ice cream every night, this doesn’t mean you need ice cream every single night… at tempting as the soft serve might be. Pack some smart snacks that will keep you energized throughout the busy school day. Here’s a list of my favorite snacks to pack for between classes.
  5. Don’t eat impulsively: My roommate and I had an issue with eating later at night simply because we were bored and up late studying. The more demanding our classes became, the more stressed we were, and the more food we ate. Keep healthy snacks in a mini-fridge for times when you are really needing some extra energy during study-time. If you do happen to find yourself bored, instead of eating go to the gym or for a walk to de-stress.
  6. Don’t drink your calories: I had a hard time with this because of how easily available pop was every time I ate in the cafeteria. I tried drinking lemon water or low-fat milk every night for dinner rather than pop. Also, beer and alcohol consumption will catch up to you quickly. One can of beer is around 150 calories. On average, it takes about a mile to burn 100 calories. Think about how many miles you’d have to run to burn off that one night of drinking!
  7. Be prepared: There are a lot of helpful websites out there to help you avoid the ‘Freshman 15’。 I did some searching myself and found some great websites with helpful tips on eating healthy in college:
      by Eat Right by The Lean Green Bean by Rutgers-Camden Student Health Services by Teen Vogue by The Kitchn in College by JDFR

I think Jill did an awesome job of sharing what works [and roadblocks] to beating the freshman 15! They are practical tips for those of us still wishing we were in college too… Did I just say that?! I can’t help it it’s football season!!

関連している

Sign Up For Email Updates

Subscribe to get email updates and my FREE Slow Cooking 101 printable. Use my basic formula to build healthy fix-it and forget-it meals the whole family will love!
I share special behind-the-scenes snapshots from our life, plus Mom to Mom tips, nutritional advice and much more. Plus, be the first to find out about upcoming events, new products and much more.

トラックバック

[…] of an Ex-Sloth Work Smarter Not Harder | Tips For Prioritizing Your Workouts via Fit Knit Chick 7 Ways to Beat the Freshman 15 via Mom to Mom Nutrition How To Enjoy Your Safest Triathlon Open Water Swim via Iron Rogue Your […]

返信を残す 返信をキャンセルする

このサイトはAkismetを使用してスパムを減らしています。コメントデータがどのように処理されるかを学びます。

WELCOME!

Hi, I’m Katie! Registered Dietitian, Mom, and Mealtime Negotiator. I’m on a mission to make mealtime happier, healthier, and easier with small children, despite what my 4 picky eaters have me believing. From family-friendly recipes to confessions about my unfiltered motherhood moments, I hope you grab a seat at my kitchen table!
Read more about me »


7 Ways to Beat the Freshman 15

The back to school healthy eating craze isn’t just for the kiddos at home with Mom and Dad. Many of my readers are sending their big kids off to college for the first time. Since I’m about 12 years removed from my freshman year [GO GREEN!] I asked my friend [and future registered dietitian] Jill to share some tips and tricks that helped her beat the freshman 15. Let’s give it up for Jill!

With two years of college under my belt, I’ve come to realize ‘The Freshman 15’ is unfortunately more common than one would assume. Eating in a cafeteria every day increased my sense of freedom when it came to choosing the foods I ate, while my self-control was almost non-existent. Pizza, fries, and ice cream were everyday choices in the cafeteria. Even if I didn’t want to eat in the cafeteria, Burger King, McDonalds, and Taco Bell were all within a mile from where I stayed.

One of the main cafeterias at my college, Central Michigan University. As you can see it’s inviting— and the foodservice staff does a really great job of providing students with healthful options. My favorite part? The build your own salad bar!! So fresh and endless toppings to choose from.

The University’s cafeteria may not be as healthy as a Farmer’s market but there are still healthier choices students can make. At my college, fruit smoothies are an option every morning. During the day there is a salad bar, an area to make your own sandwich with healthy toppings, and there is always of vegetables being served in the main hot meal line. There’s more to eating healthy in college than just choosing the healthy foods in your school’s cafeteria. Here’s 7 ways to beat the Freshman 15 [and technically Sophomore 15 too!]:

  1. Don’t skip meals: Sometimes it’s very hard to find the time to eat especially if your classes run back to back. Grab a banana or apple from the cafeteria to eat during your short breaks.
  2. Wake up 20 minutes earlier: We love any extra sleep we can get…but allow yourself to wake up 15-30 minutes earlier so you have time for breakfast. If you start the day off with a nice meal, you’re less likely to binge eat later in the day.
  3. Limit eating out: If you live off campus, avoid eating out all the time. Often, when I meet up with friends, it is common to go out and eat. The problem with this is that portions are bigger and meals can be expensive. This will be my first year living off campus and I am excited to be able to grocery shop for myself. I can buy the foods I want and I can control how much I spend.
  4. Snack smart: Just because the cafeteria offers ice cream every night, this doesn’t mean you need ice cream every single night… at tempting as the soft serve might be. Pack some smart snacks that will keep you energized throughout the busy school day. Here’s a list of my favorite snacks to pack for between classes.
  5. Don’t eat impulsively: My roommate and I had an issue with eating later at night simply because we were bored and up late studying. The more demanding our classes became, the more stressed we were, and the more food we ate. Keep healthy snacks in a mini-fridge for times when you are really needing some extra energy during study-time. If you do happen to find yourself bored, instead of eating go to the gym or for a walk to de-stress.
  6. Don’t drink your calories: I had a hard time with this because of how easily available pop was every time I ate in the cafeteria. I tried drinking lemon water or low-fat milk every night for dinner rather than pop. Also, beer and alcohol consumption will catch up to you quickly. One can of beer is around 150 calories. On average, it takes about a mile to burn 100 calories. Think about how many miles you’d have to run to burn off that one night of drinking!
  7. Be prepared: There are a lot of helpful websites out there to help you avoid the ‘Freshman 15’。 I did some searching myself and found some great websites with helpful tips on eating healthy in college:
      by Eat Right by The Lean Green Bean by Rutgers-Camden Student Health Services by Teen Vogue by The Kitchn in College by JDFR

I think Jill did an awesome job of sharing what works [and roadblocks] to beating the freshman 15! They are practical tips for those of us still wishing we were in college too… Did I just say that?! I can’t help it it’s football season!!

関連している

Sign Up For Email Updates

Subscribe to get email updates and my FREE Slow Cooking 101 printable. Use my basic formula to build healthy fix-it and forget-it meals the whole family will love!
I share special behind-the-scenes snapshots from our life, plus Mom to Mom tips, nutritional advice and much more. Plus, be the first to find out about upcoming events, new products and much more.

トラックバック

[…] of an Ex-Sloth Work Smarter Not Harder | Tips For Prioritizing Your Workouts via Fit Knit Chick 7 Ways to Beat the Freshman 15 via Mom to Mom Nutrition How To Enjoy Your Safest Triathlon Open Water Swim via Iron Rogue Your […]

返信を残す 返信をキャンセルする

このサイトはAkismetを使用してスパムを減らしています。コメントデータがどのように処理されるかを学びます。

WELCOME!

Hi, I’m Katie! Registered Dietitian, Mom, and Mealtime Negotiator. I’m on a mission to make mealtime happier, healthier, and easier with small children, despite what my 4 picky eaters have me believing. From family-friendly recipes to confessions about my unfiltered motherhood moments, I hope you grab a seat at my kitchen table!
Read more about me »


7 Ways to Beat the Freshman 15

The back to school healthy eating craze isn’t just for the kiddos at home with Mom and Dad. Many of my readers are sending their big kids off to college for the first time. Since I’m about 12 years removed from my freshman year [GO GREEN!] I asked my friend [and future registered dietitian] Jill to share some tips and tricks that helped her beat the freshman 15. Let’s give it up for Jill!

With two years of college under my belt, I’ve come to realize ‘The Freshman 15’ is unfortunately more common than one would assume. Eating in a cafeteria every day increased my sense of freedom when it came to choosing the foods I ate, while my self-control was almost non-existent. Pizza, fries, and ice cream were everyday choices in the cafeteria. Even if I didn’t want to eat in the cafeteria, Burger King, McDonalds, and Taco Bell were all within a mile from where I stayed.

One of the main cafeterias at my college, Central Michigan University. As you can see it’s inviting— and the foodservice staff does a really great job of providing students with healthful options. My favorite part? The build your own salad bar!! So fresh and endless toppings to choose from.

The University’s cafeteria may not be as healthy as a Farmer’s market but there are still healthier choices students can make. At my college, fruit smoothies are an option every morning. During the day there is a salad bar, an area to make your own sandwich with healthy toppings, and there is always of vegetables being served in the main hot meal line. There’s more to eating healthy in college than just choosing the healthy foods in your school’s cafeteria. Here’s 7 ways to beat the Freshman 15 [and technically Sophomore 15 too!]:

  1. Don’t skip meals: Sometimes it’s very hard to find the time to eat especially if your classes run back to back. Grab a banana or apple from the cafeteria to eat during your short breaks.
  2. Wake up 20 minutes earlier: We love any extra sleep we can get…but allow yourself to wake up 15-30 minutes earlier so you have time for breakfast. If you start the day off with a nice meal, you’re less likely to binge eat later in the day.
  3. Limit eating out: If you live off campus, avoid eating out all the time. Often, when I meet up with friends, it is common to go out and eat. The problem with this is that portions are bigger and meals can be expensive. This will be my first year living off campus and I am excited to be able to grocery shop for myself. I can buy the foods I want and I can control how much I spend.
  4. Snack smart: Just because the cafeteria offers ice cream every night, this doesn’t mean you need ice cream every single night… at tempting as the soft serve might be. Pack some smart snacks that will keep you energized throughout the busy school day. Here’s a list of my favorite snacks to pack for between classes.
  5. Don’t eat impulsively: My roommate and I had an issue with eating later at night simply because we were bored and up late studying. The more demanding our classes became, the more stressed we were, and the more food we ate. Keep healthy snacks in a mini-fridge for times when you are really needing some extra energy during study-time. If you do happen to find yourself bored, instead of eating go to the gym or for a walk to de-stress.
  6. Don’t drink your calories: I had a hard time with this because of how easily available pop was every time I ate in the cafeteria. I tried drinking lemon water or low-fat milk every night for dinner rather than pop. Also, beer and alcohol consumption will catch up to you quickly. One can of beer is around 150 calories. On average, it takes about a mile to burn 100 calories. Think about how many miles you’d have to run to burn off that one night of drinking!
  7. Be prepared: There are a lot of helpful websites out there to help you avoid the ‘Freshman 15’。 I did some searching myself and found some great websites with helpful tips on eating healthy in college:
      by Eat Right by The Lean Green Bean by Rutgers-Camden Student Health Services by Teen Vogue by The Kitchn in College by JDFR

I think Jill did an awesome job of sharing what works [and roadblocks] to beating the freshman 15! They are practical tips for those of us still wishing we were in college too… Did I just say that?! I can’t help it it’s football season!!

関連している

Sign Up For Email Updates

Subscribe to get email updates and my FREE Slow Cooking 101 printable. Use my basic formula to build healthy fix-it and forget-it meals the whole family will love!
I share special behind-the-scenes snapshots from our life, plus Mom to Mom tips, nutritional advice and much more. Plus, be the first to find out about upcoming events, new products and much more.

トラックバック

[…] of an Ex-Sloth Work Smarter Not Harder | Tips For Prioritizing Your Workouts via Fit Knit Chick 7 Ways to Beat the Freshman 15 via Mom to Mom Nutrition How To Enjoy Your Safest Triathlon Open Water Swim via Iron Rogue Your […]

返信を残す 返信をキャンセルする

このサイトはAkismetを使用してスパムを減らしています。コメントデータがどのように処理されるかを学びます。

WELCOME!

Hi, I’m Katie! Registered Dietitian, Mom, and Mealtime Negotiator. I’m on a mission to make mealtime happier, healthier, and easier with small children, despite what my 4 picky eaters have me believing. From family-friendly recipes to confessions about my unfiltered motherhood moments, I hope you grab a seat at my kitchen table!
Read more about me »


7 Ways to Beat the Freshman 15

The back to school healthy eating craze isn’t just for the kiddos at home with Mom and Dad. Many of my readers are sending their big kids off to college for the first time. Since I’m about 12 years removed from my freshman year [GO GREEN!] I asked my friend [and future registered dietitian] Jill to share some tips and tricks that helped her beat the freshman 15. Let’s give it up for Jill!

With two years of college under my belt, I’ve come to realize ‘The Freshman 15’ is unfortunately more common than one would assume. Eating in a cafeteria every day increased my sense of freedom when it came to choosing the foods I ate, while my self-control was almost non-existent. Pizza, fries, and ice cream were everyday choices in the cafeteria. Even if I didn’t want to eat in the cafeteria, Burger King, McDonalds, and Taco Bell were all within a mile from where I stayed.

One of the main cafeterias at my college, Central Michigan University. As you can see it’s inviting— and the foodservice staff does a really great job of providing students with healthful options. My favorite part? The build your own salad bar!! So fresh and endless toppings to choose from.

The University’s cafeteria may not be as healthy as a Farmer’s market but there are still healthier choices students can make. At my college, fruit smoothies are an option every morning. During the day there is a salad bar, an area to make your own sandwich with healthy toppings, and there is always of vegetables being served in the main hot meal line. There’s more to eating healthy in college than just choosing the healthy foods in your school’s cafeteria. Here’s 7 ways to beat the Freshman 15 [and technically Sophomore 15 too!]:

  1. Don’t skip meals: Sometimes it’s very hard to find the time to eat especially if your classes run back to back. Grab a banana or apple from the cafeteria to eat during your short breaks.
  2. Wake up 20 minutes earlier: We love any extra sleep we can get…but allow yourself to wake up 15-30 minutes earlier so you have time for breakfast. If you start the day off with a nice meal, you’re less likely to binge eat later in the day.
  3. Limit eating out: If you live off campus, avoid eating out all the time. Often, when I meet up with friends, it is common to go out and eat. The problem with this is that portions are bigger and meals can be expensive. This will be my first year living off campus and I am excited to be able to grocery shop for myself. I can buy the foods I want and I can control how much I spend.
  4. Snack smart: Just because the cafeteria offers ice cream every night, this doesn’t mean you need ice cream every single night… at tempting as the soft serve might be. Pack some smart snacks that will keep you energized throughout the busy school day. Here’s a list of my favorite snacks to pack for between classes.
  5. Don’t eat impulsively: My roommate and I had an issue with eating later at night simply because we were bored and up late studying. The more demanding our classes became, the more stressed we were, and the more food we ate. Keep healthy snacks in a mini-fridge for times when you are really needing some extra energy during study-time. If you do happen to find yourself bored, instead of eating go to the gym or for a walk to de-stress.
  6. Don’t drink your calories: I had a hard time with this because of how easily available pop was every time I ate in the cafeteria. I tried drinking lemon water or low-fat milk every night for dinner rather than pop. Also, beer and alcohol consumption will catch up to you quickly. One can of beer is around 150 calories. On average, it takes about a mile to burn 100 calories. Think about how many miles you’d have to run to burn off that one night of drinking!
  7. Be prepared: There are a lot of helpful websites out there to help you avoid the ‘Freshman 15’。 I did some searching myself and found some great websites with helpful tips on eating healthy in college:
      by Eat Right by The Lean Green Bean by Rutgers-Camden Student Health Services by Teen Vogue by The Kitchn in College by JDFR

I think Jill did an awesome job of sharing what works [and roadblocks] to beating the freshman 15! They are practical tips for those of us still wishing we were in college too… Did I just say that?! I can’t help it it’s football season!!

関連している

Sign Up For Email Updates

Subscribe to get email updates and my FREE Slow Cooking 101 printable. Use my basic formula to build healthy fix-it and forget-it meals the whole family will love!
I share special behind-the-scenes snapshots from our life, plus Mom to Mom tips, nutritional advice and much more. Plus, be the first to find out about upcoming events, new products and much more.

トラックバック

[…] of an Ex-Sloth Work Smarter Not Harder | Tips For Prioritizing Your Workouts via Fit Knit Chick 7 Ways to Beat the Freshman 15 via Mom to Mom Nutrition How To Enjoy Your Safest Triathlon Open Water Swim via Iron Rogue Your […]

返信を残す 返信をキャンセルする

このサイトはAkismetを使用してスパムを減らしています。コメントデータがどのように処理されるかを学びます。

WELCOME!

Hi, I’m Katie! Registered Dietitian, Mom, and Mealtime Negotiator. I’m on a mission to make mealtime happier, healthier, and easier with small children, despite what my 4 picky eaters have me believing. From family-friendly recipes to confessions about my unfiltered motherhood moments, I hope you grab a seat at my kitchen table!
Read more about me »


ビデオを見る: Windows10ロック画面無効時間設定の方法や画像の保存場所について (1月 2022).