他の

トロトロ


リチャードサンドバルは、クリエイティブなスピンと伝統的な味とメッキを備えた料理を提供する高級ラテン料理を求める常連客のために、豪華でありながら快適な空間を作り上げました。

ToroToroの新しいシェフRobertoHernandezのニュースにより、このダウンタウンのホットスポットでの食事はほぼ必須のようです。結局のところ、ヘルナンデスは、ウェストパームビーチの料理学校に入学する前に、祖母がキューバ料理を作るのを見て育ちました。それ以来、彼は世界中を旅し、キッチンからキッチンへと移動してスキルとレパートリーを積み上げてきました。素晴らしい料理に加えて、手招きのインテリアと屋外の屋外席は、ワシントンDCのダウンタウンの真ん中にある必食のレストランです。

また、サンドバルの他の多くのDCレストランの最高峰でもあり、彼のラテン料理を紹介していますが、トロトロと同じような魅力はありません。ですから、歓迎のスタッフ、そして運が良ければシェフでさえ、あなたが入るときにあなたに挨拶するのは当然のことです。着席して長いメニューをスキャンしたら、家の特製カクテルを注文しますか。パッションフルーツのピスコサワーよりも爽やかなもので、シーンを設定できますか?

メニューの精査に取り掛かると、その選択、さらに言えば、選択が難しい場合があります。理由?キッチンからのたくさんの誘惑。トマトサルサを添えた新鮮なパンをかじりながら、そのすべてを熟考することができます。まず、選択肢はたくさんあるので、前菜の選択肢の中から食事全体を作ることができます。カリカリのトルティーヤで提供されるアヒマグロとマランガタコス、ワギュービーフカルパッチョ(牛肉の薄切り紙)、タコチョリゾアンティクーチョなど、いくつかの目立つものがあります。

メニューのメインディッシュは、バーベキューサーモンやトロトロバーガーなどの特製プレートに分かれています。しかし、グリルしたトマホークリブアイは勝者で、柔らかく、ジューシーで魅惑的です。もちろん、サイドはたくさんありますが、チポトレマックアンドチェスとパンチェッタがちりばめられた芽キャベツは、完璧なフレーバーバランスとカロリーバランスを作ります。

La Bombaを注文した場合、甘いもので終わると、食事に驚きをもたらす可能性があります。結局のところ、これはトロトロで長年のお気に入りであり、そのスリルを体験すると、その理由がわかります。まず、ウェイトスタッフがテーブルにプラスチックシートを並べます。これはデザートにとって驚くべき努力です。そして、シェフは巨大なチョコレートの「爆弾」を持って現れます。爆弾はテーブルの上で彼があなたの前に落とすと「爆発」します。自家製ジェラート、アーモンドクランブル、チーズケーキムース、パッションフルーツ、キャラメルソースの秋のスクープをお楽しみください。驚いたことに、どこから始めればよいかわからないかもしれませんが、ジェラートのスクープが溶ける前にすぐに掘り下げてください。ちなみに、美味しくて意外なご馳走です。その上、他のテーブルの常連客は、娯楽と驚きでこのデザートのプレゼンテーションを見るでしょう。

食事が終わったら、金曜日または土曜日の夜にDJやダンスなどのエンターテイメントが予定されている場合は、階下のラウンジエリアに行くことができます。それ以外の場合は、ランチやその他の時間に、街に向かうときに料理の満足感を感じてください。あなたは素晴らしいラテン系の御馳走を楽しんだ

Toro Toro、1300 Eye Street、NW、ワシントンDC。電話:202-682-9500。ランチとディナーに毎日営業しています。

ロベルト・ヘルナンデス

ラテン料理を愛する人々にとって最高の目的地であるDCのトロトロレストランのキッチンを引き継ぐロベルトエルナンデスは、このような忙しい生活を送るのは非常識だと言うかもしれませんが、常連客は彼がレストランメニューをいかに上手に作っているかに喜んでいます。結局のところ、彼は子供の頃から生まれ故郷のプエルトリコで料理をしてきました。 「それは私の人生全体の家族の問題だったので、私は思います」と彼は言いました。 「キッチンはいつも家の中で一番忙しい部屋でした、そして私は家の中で一番忙しい部屋で育ちました。」そこで彼は、キューバの祖母がそのような個人的なお気に入り(そして彼の快適な食べ物)のオックステールと舌を思い出すなど、あらゆる種類の郷土料理を調理するのを見ていました。

大学在学中、ヘルナンデスはポケットマネーを稼ぐためにキッチンで働き始めました。その時、彼は自分が本当にやりたいのはシェフになることだと気づいたので、ウェストパームビーチにあるフロリダ料理研究所に通い、基本的な料理の知識に加えて他の多くの料理の理解を学びました。

卒業後、ヘルナンデスはフロリダのさまざまなレストランでフランス料理から中国料理まで働き、デラノホテルでフランス人シェフのクロードトロワグロと一緒に仕事をしました。 「私は彼から、フランスの技術をブラジルの食材に適用することを学びました」と彼は言いました。 「私は古典的なフランス料理から多くを学びました。」

ビリージョエル、ポールマッカートニー、ボノ、ラッセルサイモンズなど、数多くの有名人のために料理をしたマイアミのいくつかのレストランで料理をした後、彼はパームビーチにあるドナルドトランプのマーラゴリゾートで料理長に任命されました。 「私はそこで3年間働きました」と彼は言いました。 「私はメニューを書き、旅行に出て自分自身を教育しました。」リゾートは6月から10月まで休業しているため、ヘルナンデスにはレストランコンサルティング事業を始める時間と機会がありました。最終的に、彼は辞任し、プエルトリコに移り、彼自身の成功したコンサルティング会社を設立しました。

2012年、ヘルナンデスはプエルトリコに戻り、カリブ海、中南米でプエルトリコの美食を位置付ける非営利財団であるCultura CulinariaLLCの料理ディレクターとしてコンサルティングポートフォリオを拡大しました。彼はプエルトリコとUSVIでの料理イベントの設計とロジスティクスの開発に貢献しました。 2013年の秋、Cultura Culinaria LLCで働いていたとき、Hernandezはニューヨーク市のInternational Culinary Centerに招待され、プエルトリコ料理とその進化に関するキッチンのデモンストレーションを行いました。次に彼の才能は彼をワシントンDCのMioレストランの注目のゲストシェフに連れて行き、そこで彼は後に2014年の夏にエグゼクティブシェフとしての地位を受け入れることになりました。

2015年の夏、リチャード・サンドヴァルは彼をトロトロレストランの指揮をとるように任命しました。そして、最も人気のある料理は? 「今、とても人気のあるロモサルタードエンパナーダと、アジア料理とペルー料理の融合であるセビチェ日系人、マグロのタコス、シーバス、韓国料理のミックスです」と彼は言いました。リブ。


トリノで生まれ育ったKatiaDeloguは、非常に情熱的なパティシエで、2010年にニューヨークに来てEatalyのエグゼクティブパティシエになりました。それ以来、カティアは若いパティシエを訓練し、イータリーのために新しいペストリーショップを開くために世界中を旅してきました。

「私には2つの野心的な目標があります。まず、本物のイタリアンペストリーをアメリカ人に紹介したいと思います。次に、男性が常にペストリーシーンを支配してきたので、より専門的な女性をパティシエとして訓練したいと思います。」

Katiaは、イタリアとアメリカのペストリーの違いについて話し、ペストリーがアメリカでどのように進化しているか、そしてアメリカ人が最も好きなものについて説明します。

イタリアのペストリーとアメリカのペストリーの主な違いは何ですか?
アメリカのペストリーは、ほとんどがシンプルで、自然、季節、地元の食材を注意深く探していますが、何よりも、非常にシンプルな技術に基づいています。 [アメリカのペストリーについて]私を驚かせるのは、非常に多くのフレーバーとスパイスの使用です。イタリアでは、その逆です。レシピの主な材料を強化する傾向があります。イタリアのペストリーは、歴史的および文化的な影響を受けて、より洗練された豊かなものになっています。

なぜ古典的なイタリアのペストリーはアメリカで離陸するのに苦労しているように見えたのですか?
イタリアのペストリーショップに加えて、「モダン」なペストリーショップは、一般的に、歴史的および文化的な違いのために[アメリカで]離陸するのに苦労しています。たとえば、米国では常にデザートを贅沢で豊かなものと見なしてきましたが、ヨーロッパのペストリーの進化は、ますます洗練された食材を使用して、より健康的な美学や味に向けて一定の進化を遂げてきました。しかし、その中間には妥協点があり、その結果、イタリア南部の伝統的なペストリーに対するアメリカ市場での大きな評価(そして成功)が高まっています。

南イタリアからの移民によって最初に輸入されて作られたので、南イタリアからのスイーツはアメリカ人にとって一種の快適な食べ物です。それだけではありません。カノーリやババなどの南イタリアのペストリーは、アメリカのペストリーのように濃厚で甘いです。イタリア語で パスティセリア、アメリカ人はこれらと最も頻繁に識別します。

イタリアのデザートはどれですか NS アメリカ人に最も人気がありますか?
カノーリ, スフォリアテッレ, ババ、そしてもちろん、ティラミス。 Eatalyでの10年間の経験の中で、私たちはさまざまな地域のイタリアのペストリーとともに、現代のイタリアのペストリーをもう少し有名にすることに貢献しました。

有名なイタリアのパティシエ、コラード・アセンザとのカティア・デローグ

アメリカのペストリーの何が一番好きですか?
そのシンプルさ、記念碑的なペストリーを参照して、特定の技術の壮大さ。いくつかの作品は芸術作品です。

イタリア語を持っています パスティセリア イタリアとアメリカで進化しましたか?
イタリアではたくさん–ついに!私たちは、新しい技術を採用し、より軽いペストリーを作ることによって、ヨーロッパの他の地域と世界に適応しました。

イタリアのペストリーの主な特徴は何ですか?
進行中の研究、進化、および再発見は、巨大で歴史的な料理の地域的背景から始まります。イタリアのパティシエは、非常に高品質のさまざまな食材から選択し、それらを組み合わせて最良の結果を得ることができるため、幸運です。材料は私のためにトリックをします!

なぜあなたは選んだのですか トルタディトロ 共有するレシピとして?
私を最も代表するケーキなので、このケーキを選びました。私のお気に入りの材料であるピエモンテ産のヘーゼルナッツで作られています。ずっと前に作って、大好きなサッカーチームのトリノに捧げました。

KatiaDeloguによるTortadi Toro

トルタディトロ:パティシエのカティア・デログによるレシピ

「フローラ」の材料 (クラスト):
バター70g(大さじ5)
砂糖40g(1/5カップ)
卵1個
小麦粉100g(3/4カップ)

方法:
記載されている順序で材料を混ぜ合わせます。フローラを冷蔵庫で2時間休ませます。休んだ後、4mmの厚さまで生地を広げます。グリースを塗ったケーキパン(直径20cm)を覆うために使用します。

「フランジパニ」の材料:

バター80g(1/3カップ)
砂糖80g(2/5カップ)
卵2個
ヘーゼルナッツ粉80g(3/4カップ)

方法:
パドルアタッチメントを使用して、固定ミキサーでバターと砂糖を混ぜます。一度に1個の卵を追加し、次に小麦粉を追加します。を広げる フランジパーヌフローラ クラストを作り、325で35分間焼きます。型から外す前にケーキを冷ましてください。冷蔵庫に保管してください。

「クレミノ」(詰め物)の成分:
ホワイトチョコレート100g(4オンス)
ヘーゼルナッツペースト100g(4オンス)

方法:
チョコレートを溶かし、ヘーゼルナッツペーストを加えます。混ぜる。

組み立てと装飾のための成分:

ミルクチョコレート50g(2オンス)
ヘーゼルナッツの実
ジャンドゥーヤ 装飾用チョコレート

ミルクチョコレート50gを溶かし、それを使ってケーキの周りに王冠を作り、続いてヘーゼルナッツ全体を作ります。ケーキを冷蔵庫にセットし、溶かしたものを注ぎます クレミノ 上に(いっぱいになりすぎないように注意してください!)、冷蔵庫に戻してもう一度セットします。
剃ったもので飾る ジャンドゥーヤ チョコレートカール。
室温でお召し上がりください。


トリノで生まれ育ったKatiaDeloguは、非常に情熱的なパティシエで、2010年にニューヨークに来てEatalyのエグゼクティブパティシエになりました。それ以来、カティアは若いパティシエを訓練し、イータリーのために新しいペストリーショップを開くために世界中を旅してきました。

「私には2つの野心的な目標があります。まず、本物のイタリアンペストリーをアメリカ人に紹介したいと思います。次に、男性が常にペストリーシーンを支配してきたので、より専門的な女性をパティシエとして訓練したいと思います。」

Katiaは、イタリアとアメリカのペストリーの違いについて話し、ペストリーがアメリカでどのように進化しているか、そしてアメリカ人が最も好きなものについて説明します。

イタリアのペストリーとアメリカのペストリーの主な違いは何ですか?
アメリカのペストリーは、ほとんどがシンプルで、自然、季節、地元の食材を注意深く探していますが、何よりも、非常にシンプルな技術に基づいています。 [アメリカのペストリーについて]私を驚かせるのは、非常に多くのフレーバーとスパイスの使用です。イタリアでは、その逆です。レシピの主な材料を強化する傾向があります。イタリアのペストリーは、歴史的および文化的な影響を受けて、より洗練された豊かなものになっています。

なぜ古典的なイタリアのペストリーはアメリカで離陸するのに苦労しているように見えたのですか?
イタリアのペストリーショップに加えて、「モダン」なペストリーショップは、一般的に、歴史的および文化的な違いのために[アメリカで]離陸するのに苦労しています。たとえば、米国では常にデザートを贅沢で豊かなものと見なしてきましたが、ヨーロッパのペストリーの進化は、ますます洗練された食材を使用して、より健康的な美学や味に向けて一定の進化を遂げてきました。しかし、その中間には妥協点があり、その結果、イタリア南部の伝統的なペストリーに対するアメリカ市場での大きな評価(そして成功)が高まっています。

南イタリアからの移民によって最初に輸入されて作られたので、南イタリアからのスイーツはアメリカ人にとって一種の快適な食べ物です。それだけではありません。カノーリやババなどの南イタリアのペストリーは、アメリカのペストリーのように濃厚で甘いです。イタリア語で パスティセリア、アメリカ人はこれらと最も頻繁に識別します。

イタリアのデザートはどれですか NS アメリカ人に最も人気がありますか?
カノーリ, スフォリアテッレ, ババ、そしてもちろん、ティラミス。 Eatalyでの10年間の経験の中で、私たちはさまざまな地域のイタリアのペストリーとともに、現代のイタリアのペストリーをもう少し有名にすることに貢献しました。

有名なイタリアのパティシエ、コラード・アセンザとのカティア・デローグ

アメリカのペストリーの何が一番好きですか?
そのシンプルさ、記念碑的なペストリーを参照して、特定の技術の壮大さ。いくつかの作品は芸術作品です。

イタリア語を持っています パスティセリア イタリアとアメリカで進化しましたか?
イタリアではたくさん–ついに!私たちは、新しい技術を採用し、より軽いペストリーを作ることによって、ヨーロッパの他の地域と世界に適応しました。

イタリアのペストリーの主な特徴は何ですか?
進行中の研究、進化、および再発見は、巨大で歴史的な料理の地域的背景から始まります。イタリアのパティシエは、非常に高品質のさまざまな食材から選択し、それらを組み合わせて最良の結果を得ることができるため、幸運です。材料は私のためにトリックをします!

なぜあなたは選んだのですか トルタディトロ 共有するレシピとして?
私を最も代表するケーキなので、このケーキを選びました。私のお気に入りの材料であるピエモンテ産のヘーゼルナッツで作られています。ずっと前に作って、大好きなサッカーチームのトリノに捧げました。

KatiaDeloguによるTortadi Toro

トルタディトロ:パティシエのカティア・デログによるレシピ

「フローラ」の材料 (クラスト):
バター70g(大さじ5)
砂糖40g(1/5カップ)
卵1個
小麦粉100g(3/4カップ)

方法:
記載されている順序で材料を混ぜ合わせます。フローラを冷蔵庫で2時間休ませます。休んだ後、4mmの厚さまで生地を広げます。グリースを塗ったケーキパン(直径20cm)を覆うために使用します。

「フランジパニ」の材料:

バター80g(1/3カップ)
砂糖80g(2/5カップ)
卵2個
ヘーゼルナッツ粉80g(3/4カップ)

方法:
パドルアタッチメントを使用して、固定ミキサーでバターと砂糖を混ぜます。一度に1個の卵を追加し、次に小麦粉を追加します。を広げる フランジパーヌフローラ クラストを作り、325で35分間焼きます。型から外す前にケーキを冷ましてください。冷蔵庫に保管してください。

「クレミノ」(詰め物)の成分:
ホワイトチョコレート100g(4オンス)
ヘーゼルナッツペースト100g(4オンス)

方法:
チョコレートを溶かし、ヘーゼルナッツペーストを加えます。混ぜる。

組み立てと装飾のための成分:

ミルクチョコレート50g(2オンス)
ヘーゼルナッツの実
ジャンドゥーヤ 装飾用チョコレート

ミルクチョコレート50gを溶かし、それを使ってケーキの周りに王冠を作り、続いてヘーゼルナッツ全体を作ります。ケーキを冷蔵庫にセットし、溶かしたものを注ぎます クレミノ 上に(いっぱいになりすぎないように注意してください!)、冷蔵庫に戻してもう一度セットします。
剃ったもので飾る ジャンドゥーヤ チョコレートカール。
室温でお召し上がりください。


トリノで生まれ育ったKatiaDeloguは、非常に情熱的なパティシエで、2010年にニューヨークに来てEatalyのエグゼクティブパティシエになりました。それ以来、カティアは若いパティシエを訓練し、イータリーのために新しいペストリーショップを開くために世界中を旅してきました。

「私には2つの野心的な目標があります。まず、本物のイタリアンペストリーをアメリカ人に紹介したいと思います。次に、男性が常にペストリーシーンを支配してきたので、より専門的な女性をパティシエとして訓練したいと思います。」

Katiaは、イタリアとアメリカのペストリーの違いについて話し、ペストリーがアメリカでどのように進化しているか、そしてアメリカ人が最も好きなものについて説明します。

イタリアのペストリーとアメリカのペストリーの主な違いは何ですか?
アメリカのペストリーは、ほとんどがシンプルで、自然、季節、地元の食材を注意深く探していますが、何よりも、非常にシンプルな技術に基づいています。 [アメリカのペストリーについて]私を驚かせるのは、非常に多くのフレーバーとスパイスの使用です。イタリアでは、その逆です。レシピの主な材料を強化する傾向があります。イタリアのペストリーは、歴史的および文化的な影響を受けて、より洗練された豊かなものになっています。

なぜ古典的なイタリアのペストリーはアメリカで離陸するのに苦労しているように見えたのですか?
イタリアのペストリーショップに加えて、「モダン」なペストリーショップは、一般的に、歴史的および文化的な違いのために[アメリカで]離陸するのに苦労しています。たとえば、米国では常にデザートを贅沢で豊かなものと見なしてきましたが、ヨーロッパのペストリーの進化は、ますます洗練された食材を使用して、より健康的な美学や味に向けて一定の進化を遂げてきました。しかし、その中間には妥協点があり、その結果、イタリア南部の伝統的なペストリーに対するアメリカ市場での大きな評価(そして成功)が高まっています。

南イタリアからの移民によって最初に輸入されて作られたので、南イタリアからのスイーツはアメリカ人にとって一種の快適な食べ物です。それだけではありません。カノーリやババなどの南イタリアのペストリーは、アメリカのペストリーのように濃厚で甘いです。イタリア語で パスティセリア、アメリカ人はこれらと最も頻繁に識別します。

イタリアのデザートはどれですか NS アメリカ人に最も人気がありますか?
カノーリ, スフォリアテッレ, ババ、そしてもちろん、ティラミス。 Eatalyでの10年間の経験の中で、私たちはさまざまな地域のイタリアのペストリーとともに、現代のイタリアのペストリーをもう少し有名にすることに貢献しました。

有名なイタリアのパティシエ、コラード・アセンザとのカティア・デローグ

アメリカのペストリーの何が一番好きですか?
そのシンプルさ、記念碑的なペストリーを参照して、特定の技術の壮大さ。いくつかの作品は芸術作品です。

イタリア語を持っています パスティセリア イタリアとアメリカで進化しましたか?
イタリアではたくさん–ついに!私たちは、新しい技術を採用し、より軽いペストリーを作ることによって、ヨーロッパの他の地域と世界に適応しました。

イタリアのペストリーの主な特徴は何ですか?
進行中の研究、進化、および再発見は、巨大で歴史的な料理の地域的背景から始まります。イタリアのパティシエは、非常に高品質のさまざまな食材から選択し、それらを組み合わせて最良の結果を得ることができるため、幸運です。材料は私のためにトリックをします!

なぜあなたは選んだのですか トルタディトロ 共有するレシピとして?
私を最も代表するケーキなので、このケーキを選びました。私のお気に入りの材料であるピエモンテ産のヘーゼルナッツで作られています。ずっと前に作って、大好きなサッカーチームのトリノに捧げました。

KatiaDeloguによるTortadi Toro

トルタディトロ:パティシエのカティア・デログによるレシピ

「フローラ」の材料 (クラスト):
バター70g(大さじ5)
砂糖40g(1/5カップ)
卵1個
小麦粉100g(3/4カップ)

方法:
記載されている順序で材料を混ぜ合わせます。フローラを冷蔵庫で2時間休ませます。休んだ後、4mmの厚さまで生地を広げます。グリースを塗ったケーキパン(直径20cm)を覆うために使用します。

「フランジパニ」の材料:

バター80g(1/3カップ)
砂糖80g(2/5カップ)
卵2個
ヘーゼルナッツ粉80g(3/4カップ)

方法:
パドルアタッチメントを使用して、固定ミキサーでバターと砂糖を混ぜます。一度に1個の卵を追加し、次に小麦粉を追加します。を広げる フランジパーヌフローラ クラストを作り、325で35分間焼きます。型から外す前にケーキを冷ましてください。冷蔵庫に保管してください。

「クレミノ」(詰め物)の成分:
ホワイトチョコレート100g(4オンス)
ヘーゼルナッツペースト100g(4オンス)

方法:
チョコレートを溶かし、ヘーゼルナッツペーストを加えます。混ぜる。

組み立てと装飾のための成分:

ミルクチョコレート50g(2オンス)
ヘーゼルナッツの実
ジャンドゥーヤ 装飾用チョコレート

ミルクチョコレート50gを溶かし、それを使ってケーキの周りに王冠を作り、続いてヘーゼルナッツ全体を作ります。ケーキを冷蔵庫にセットし、溶かしたものを注ぎます クレミノ 上に(いっぱいになりすぎないように注意してください!)、冷蔵庫に戻してもう一度セットします。
剃ったもので飾る ジャンドゥーヤ チョコレートカール。
室温でお召し上がりください。


トリノで生まれ育ったKatiaDeloguは、非常に情熱的なパティシエで、2010年にニューヨークに来てEatalyのエグゼクティブパティシエになりました。それ以来、カティアは若いパティシエを訓練し、イータリーのために新しいペストリーショップを開くために世界中を旅してきました。

「私には2つの野心的な目標があります。まず、本物のイタリアンペストリーをアメリカ人に紹介したいと思います。次に、男性が常にペストリーシーンを支配してきたので、より専門的な女性をパティシエとして訓練したいと思います。」

Katiaは、イタリアとアメリカのペストリーの違いについて話し、ペストリーがアメリカでどのように進化しているか、そしてアメリカ人が最も好きなものについて説明します。

イタリアのペストリーとアメリカのペストリーの主な違いは何ですか?
アメリカのペストリーは、ほとんどがシンプルで、自然、季節、地元の食材を注意深く探していますが、何よりも、非常にシンプルな技術に基づいています。 [アメリカのペストリーについて]私を驚かせるのは、非常に多くのフレーバーとスパイスの使用です。イタリアでは、その逆です。レシピの主な材料を強化する傾向があります。イタリアのペストリーは、歴史的および文化的な影響を受けて、より洗練された豊かなものになっています。

なぜ古典的なイタリアのペストリーはアメリカで離陸するのに苦労しているように見えたのですか?
イタリアのペストリーショップに加えて、「モダン」なペストリーショップは、一般的に、歴史的および文化的な違いのために[アメリカで]離陸するのに苦労しています。たとえば、米国では常にデザートを贅沢で豊かなものと見なしてきましたが、ヨーロッパのペストリーの進化は、ますます洗練された食材を使用して、より健康的な美学や味に向けて一定の進化を遂げてきました。しかし、その中間には妥協点があり、その結果、イタリア南部の伝統的なペストリーに対するアメリカ市場での大きな評価(そして成功)が高まっています。

南イタリアからの移民によって最初に輸入されて作られたので、南イタリアからのスイーツはアメリカ人にとって一種の快適な食べ物です。それだけではありません。カノーリやババなどの南イタリアのペストリーは、アメリカのペストリーのように濃厚で甘いです。イタリア語で パスティセリア、アメリカ人はこれらと最も頻繁に識別します。

イタリアのデザートはどれですか NS アメリカ人に最も人気がありますか?
カノーリ, スフォリアテッレ, ババ、そしてもちろん、ティラミス。 Eatalyでの10年間の経験の中で、私たちはさまざまな地域のイタリアのペストリーとともに、現代のイタリアのペストリーをもう少し有名にすることに貢献しました。

有名なイタリアのパティシエ、コラード・アセンザとのカティア・デローグ

アメリカのペストリーの何が一番好きですか?
そのシンプルさ、記念碑的なペストリーを参照して、特定の技術の壮大さ。いくつかの作品は芸術作品です。

イタリア語を持っています パスティセリア イタリアとアメリカで進化しましたか?
イタリアではたくさん–ついに!私たちは、新しい技術を採用し、より軽いペストリーを作ることによって、ヨーロッパの他の地域と世界に適応しました。

イタリアのペストリーの主な特徴は何ですか?
進行中の研究、進化、および再発見は、巨大で歴史的な料理の地域的背景から始まります。イタリアのパティシエは、非常に高品質のさまざまな食材から選択し、それらを組み合わせて最良の結果を得ることができるため、幸運です。材料は私のためにトリックをします!

なぜあなたは選んだのですか トルタディトロ 共有するレシピとして?
私を最も代表するケーキなので、このケーキを選びました。私のお気に入りの材料であるピエモンテ産のヘーゼルナッツで作られています。ずっと前に作って、大好きなサッカーチームのトリノに捧げました。

KatiaDeloguによるTortadi Toro

トルタディトロ:パティシエのカティア・デログによるレシピ

「フローラ」の材料 (クラスト):
バター70g(大さじ5)
砂糖40g(1/5カップ)
卵1個
小麦粉100g(3/4カップ)

方法:
記載されている順序で材料を混ぜ合わせます。フローラを冷蔵庫で2時間休ませます。休んだ後、4mmの厚さまで生地を広げます。グリースを塗ったケーキパン(直径20cm)を覆うために使用します。

「フランジパニ」の材料:

バター80g(1/3カップ)
砂糖80g(2/5カップ)
卵2個
ヘーゼルナッツ粉80g(3/4カップ)

方法:
パドルアタッチメントを使用して、固定ミキサーでバターと砂糖を混ぜます。一度に1個の卵を追加し、次に小麦粉を追加します。を広げる フランジパーヌフローラ クラストを作り、325で35分間焼きます。型から外す前にケーキを冷ましてください。冷蔵庫に保管してください。

「クレミノ」(詰め物)の成分:
ホワイトチョコレート100g(4オンス)
ヘーゼルナッツペースト100g(4オンス)

方法:
チョコレートを溶かし、ヘーゼルナッツペーストを加えます。混ぜる。

組み立てと装飾のための成分:

ミルクチョコレート50g(2オンス)
ヘーゼルナッツの実
ジャンドゥーヤ 装飾用チョコレート

ミルクチョコレート50gを溶かし、それを使ってケーキの周りに王冠を作り、続いてヘーゼルナッツ全体を作ります。ケーキを冷蔵庫にセットし、溶かしたものを注ぎます クレミノ 上に(いっぱいになりすぎないように注意してください!)、冷蔵庫に戻してもう一度セットします。
剃ったもので飾る ジャンドゥーヤ チョコレートカール。
室温でお召し上がりください。


トリノで生まれ育ったKatiaDeloguは、非常に情熱的なパティシエで、2010年にニューヨークに来てEatalyのエグゼクティブパティシエになりました。それ以来、カティアは若いパティシエを訓練し、イータリーのために新しいペストリーショップを開くために世界中を旅してきました。

「私には2つの野心的な目標があります。まず、本物のイタリアンペストリーをアメリカ人に紹介したいと思います。次に、男性が常にペストリーシーンを支配してきたので、より専門的な女性をパティシエとして訓練したいと思います。」

Katiaは、イタリアとアメリカのペストリーの違いについて話し、ペストリーがアメリカでどのように進化しているか、そしてアメリカ人が最も好きなものについて説明します。

イタリアのペストリーとアメリカのペストリーの主な違いは何ですか?
アメリカのペストリーは、ほとんどがシンプルで、自然、季節、地元の食材を注意深く探していますが、何よりも、非常にシンプルな技術に基づいています。 [アメリカのペストリーについて]私を驚かせるのは、非常に多くのフレーバーとスパイスの使用です。イタリアでは、その逆です。レシピの主な材料を強化する傾向があります。イタリアのペストリーは、歴史的および文化的な影響を受けて、より洗練された豊かなものになっています。

なぜ古典的なイタリアのペストリーはアメリカで離陸するのに苦労しているように見えたのですか?
イタリアのペストリーショップに加えて、「モダン」なペストリーショップは、一般的に、歴史的および文化的な違いのために[アメリカで]離陸するのに苦労しています。たとえば、米国では常にデザートを贅沢で豊かなものと見なしてきましたが、ヨーロッパのペストリーの進化は、ますます洗練された食材を使用して、より健康的な美学や味に向けて一定の進化を遂げてきました。しかし、その中間には妥協点があり、その結果、イタリア南部の伝統的なペストリーに対するアメリカ市場での大きな評価(そして成功)が高まっています。

南イタリアからの移民によって最初に輸入されて作られたので、南イタリアからのスイーツはアメリカ人にとって一種の快適な食べ物です。それだけではありません。カノーリやババなどの南イタリアのペストリーは、アメリカのペストリーのように濃厚で甘いです。イタリア語で パスティセリア、アメリカ人はこれらと最も頻繁に識別します。

イタリアのデザートはどれですか NS アメリカ人に最も人気がありますか?
カノーリ, スフォリアテッレ, ババ、そしてもちろん、ティラミス。 Eatalyでの10年間の経験の中で、私たちはさまざまな地域のイタリアのペストリーとともに、現代のイタリアのペストリーをもう少し有名にすることに貢献しました。

有名なイタリアのパティシエ、コラード・アセンザとのカティア・デローグ

アメリカのペストリーの何が一番好きですか?
そのシンプルさ、記念碑的なペストリーを参照して、特定の技術の壮大さ。いくつかの作品は芸術作品です。

イタリア語を持っています パスティセリア イタリアとアメリカで進化しましたか?
イタリアではたくさん–ついに!私たちは、新しい技術を採用し、より軽いペストリーを作ることによって、ヨーロッパの他の地域と世界に適応しました。

イタリアのペストリーの主な特徴は何ですか?
進行中の研究、進化、および再発見は、巨大で歴史的な料理の地域的背景から始まります。イタリアのパティシエは、非常に高品質のさまざまな食材から選択し、それらを組み合わせて最良の結果を得ることができるため、幸運です。材料は私のためにトリックをします!

なぜあなたは選んだのですか トルタディトロ 共有するレシピとして?
私を最も代表するケーキなので、このケーキを選びました。私のお気に入りの材料であるピエモンテ産のヘーゼルナッツで作られています。ずっと前に作って、大好きなサッカーチームのトリノに捧げました。

KatiaDeloguによるTortadi Toro

トルタディトロ:パティシエのカティア・デログによるレシピ

「フローラ」の材料 (クラスト):
バター70g(大さじ5)
砂糖40g(1/5カップ)
卵1個
小麦粉100g(3/4カップ)

方法:
記載されている順序で材料を混ぜ合わせます。フローラを冷蔵庫で2時間休ませます。休んだ後、4mmの厚さまで生地を広げます。グリースを塗ったケーキパン(直径20cm)を覆うために使用します。

「フランジパニ」の材料:

バター80g(1/3カップ)
砂糖80g(2/5カップ)
卵2個
ヘーゼルナッツ粉80g(3/4カップ)

方法:
パドルアタッチメントを使用して、固定ミキサーでバターと砂糖を混ぜます。一度に1個の卵を追加し、次に小麦粉を追加します。を広げる フランジパーヌフローラ クラストを作り、325で35分間焼きます。型から外す前にケーキを冷ましてください。冷蔵庫に保管してください。

「クレミノ」(詰め物)の成分:
ホワイトチョコレート100g(4オンス)
ヘーゼルナッツペースト100g(4オンス)

方法:
チョコレートを溶かし、ヘーゼルナッツペーストを加えます。混ぜる。

組み立てと装飾のための成分:

ミルクチョコレート50g(2オンス)
ヘーゼルナッツの実
ジャンドゥーヤ 装飾用チョコレート

Melt 50 g milk chocolate and use it to make a crown around the cake, followed by the whole hazelnuts. Let the cake set in the fridge, then pour the melted cremino on top (be careful to not over fill it!) and return it to the fridge to set once more.
Decorate with shaved gianduia chocolate curls.
Serve at room temperature.


Born and raised in Turin, Katia Delogu is a very passionate pastry chef who came to New York in 2010 to become the Executive Pastry Chef at Eataly. Since then, Katia has been traveling all around the world to train young pastry chefs and open new pastry shops for Eataly.

“I have two ambitious goals. First of all, I want to introduce the real Italian pastry to Americans, and then, I want to train more professional women as pastry chefs, since men have always dominated the pastry scene.”

Katia, talks about the difference between Italian and American pastries, describing how the pastry is evolving in the USA and what Americans like most.

What are the main differences between Italian pastry and American pastry?
American pastry is mostly about being simple – a careful search for natural, seasonal and local products, but most of all, it is based on a very simple technique. What strikes me [about American pastries] is the use of so many flavors and spices. In Italy, it’s the opposite – we tend to enhance the main ingredients of a recipe. Italian pastry is the result of historical and cultural influences that make it more sophisticated and rich.

Why has the classic Italian pastry seemed to struggle with taking off in the USA?
Besides the Italian pastry shop, the "modern" pastry shop, in general, has struggled to take off [in America] due to historical and cultural differences. For example, in the USA, we have always looked at dessert as indulgent and rich, while the evolution of the European pastry has experienced a certain evolution toward a healthier aesthetic or taste, using increasingly sophisticated ingredients. There is a compromise somewhere in between, however, and consequently, a great appreciation (and success) in the American market has grown for traditional pastries from Italy’s South.

Sweets from the South of Italy are a sort of comfort food for Americans since they were the first to be imported and made by immigrants from Southern Italy. Not only because of that, though. Southern Italian pastries, such as cannoli and babà – are rich and sweet like American pastries. In terms of Italian pasticceria, Americans identify most often with these.

Which Italian desserts are NS most popular with Americans?
Cannoli, sfogliatelle, babà, and of course, tiramisù. During my 10 years of experience at Eataly, we tried and contributed to making the modern Italian pastry a little more well-known, along with the different regional Italian pastries.

Katia Delogu with the famous Italian pastry chef Corrado Assenza

What do you like most about American pastry?
Its simplicity, the grandeur of a certain technique, referring to a monumental pastry. Some creations are a piece of art.

Has Italian pasticceria evolved in Italy and America?
In Italy a lot – finally! We have adapted to the rest of Europe and the world, by adopting new techniques and making lighter pastries.

What are the main characteristics of Italian pastry?
The ongoing research, evolution, and rediscovery starts from a huge, historical, and culinary regional background. Italian pastry chefs are lucky because they can choose from a wide range of very high-quality ingredients and combine them for the best outcome. Ingredients do the trick for me!

Why have you chosen Torta di Toro as a recipe to share?
I chose this cake because it’s the one that represents me the most. It’s made out of my favorite ingredients: hazelnuts from Piemonte. I created it a long time ago, and I dedicated it to my favorite soccer team: Torino.

Torta di Toro by Katia Delogu

Torta di Toro: A Recipe by Pastry Chef Katia Delogu

Ingredients for the ‘frolla’ (クラスト):
70 g butter (5 tbsp)
40 g sugar (1/5 cup)
卵1個
100 g flour 100 gr (¾ cup)

方法:
Mix ingredients together in the order listed. Let the frolla rest in the fridge for 2 hours. After resting, roll out the dough until 4 mm thick. Use to cover a greased cake pan (20 cm diameter).

Ingredients for the ‘frangipani’:

80 g butter (1/3 cup)
80 g sugar (2/5 cup)
卵2個
80 g hazelnut flour (¾ cup)

方法:
Using a paddle attachment, mix the butter and sugar in a stationary mixer. Add one egg at a time, followed by the flour. Spread the frangipane on the frolla crust and bake it at 325 for 35 minutes. Let the cake cool before removing from the mold. Keep in the fridge.

Ingredients for the ‘cremino’ (filling):
100 g white chocolate (4 oz)
100 g hazelnut paste (4 oz)

方法:
Melt the chocolate and add the hazelnut paste. Combine.

Ingredients for assembly & decoration:

50 g milk chocolate (2 oz)
Whole hazelnuts
Gianduia chocolate for decoration

Melt 50 g milk chocolate and use it to make a crown around the cake, followed by the whole hazelnuts. Let the cake set in the fridge, then pour the melted cremino on top (be careful to not over fill it!) and return it to the fridge to set once more.
Decorate with shaved gianduia chocolate curls.
Serve at room temperature.


Born and raised in Turin, Katia Delogu is a very passionate pastry chef who came to New York in 2010 to become the Executive Pastry Chef at Eataly. Since then, Katia has been traveling all around the world to train young pastry chefs and open new pastry shops for Eataly.

“I have two ambitious goals. First of all, I want to introduce the real Italian pastry to Americans, and then, I want to train more professional women as pastry chefs, since men have always dominated the pastry scene.”

Katia, talks about the difference between Italian and American pastries, describing how the pastry is evolving in the USA and what Americans like most.

What are the main differences between Italian pastry and American pastry?
American pastry is mostly about being simple – a careful search for natural, seasonal and local products, but most of all, it is based on a very simple technique. What strikes me [about American pastries] is the use of so many flavors and spices. In Italy, it’s the opposite – we tend to enhance the main ingredients of a recipe. Italian pastry is the result of historical and cultural influences that make it more sophisticated and rich.

Why has the classic Italian pastry seemed to struggle with taking off in the USA?
Besides the Italian pastry shop, the "modern" pastry shop, in general, has struggled to take off [in America] due to historical and cultural differences. For example, in the USA, we have always looked at dessert as indulgent and rich, while the evolution of the European pastry has experienced a certain evolution toward a healthier aesthetic or taste, using increasingly sophisticated ingredients. There is a compromise somewhere in between, however, and consequently, a great appreciation (and success) in the American market has grown for traditional pastries from Italy’s South.

Sweets from the South of Italy are a sort of comfort food for Americans since they were the first to be imported and made by immigrants from Southern Italy. Not only because of that, though. Southern Italian pastries, such as cannoli and babà – are rich and sweet like American pastries. In terms of Italian pasticceria, Americans identify most often with these.

Which Italian desserts are NS most popular with Americans?
Cannoli, sfogliatelle, babà, and of course, tiramisù. During my 10 years of experience at Eataly, we tried and contributed to making the modern Italian pastry a little more well-known, along with the different regional Italian pastries.

Katia Delogu with the famous Italian pastry chef Corrado Assenza

What do you like most about American pastry?
Its simplicity, the grandeur of a certain technique, referring to a monumental pastry. Some creations are a piece of art.

Has Italian pasticceria evolved in Italy and America?
In Italy a lot – finally! We have adapted to the rest of Europe and the world, by adopting new techniques and making lighter pastries.

What are the main characteristics of Italian pastry?
The ongoing research, evolution, and rediscovery starts from a huge, historical, and culinary regional background. Italian pastry chefs are lucky because they can choose from a wide range of very high-quality ingredients and combine them for the best outcome. Ingredients do the trick for me!

Why have you chosen Torta di Toro as a recipe to share?
I chose this cake because it’s the one that represents me the most. It’s made out of my favorite ingredients: hazelnuts from Piemonte. I created it a long time ago, and I dedicated it to my favorite soccer team: Torino.

Torta di Toro by Katia Delogu

Torta di Toro: A Recipe by Pastry Chef Katia Delogu

Ingredients for the ‘frolla’ (クラスト):
70 g butter (5 tbsp)
40 g sugar (1/5 cup)
卵1個
100 g flour 100 gr (¾ cup)

方法:
Mix ingredients together in the order listed. Let the frolla rest in the fridge for 2 hours. After resting, roll out the dough until 4 mm thick. Use to cover a greased cake pan (20 cm diameter).

Ingredients for the ‘frangipani’:

80 g butter (1/3 cup)
80 g sugar (2/5 cup)
卵2個
80 g hazelnut flour (¾ cup)

方法:
Using a paddle attachment, mix the butter and sugar in a stationary mixer. Add one egg at a time, followed by the flour. Spread the frangipane on the frolla crust and bake it at 325 for 35 minutes. Let the cake cool before removing from the mold. Keep in the fridge.

Ingredients for the ‘cremino’ (filling):
100 g white chocolate (4 oz)
100 g hazelnut paste (4 oz)

方法:
Melt the chocolate and add the hazelnut paste. Combine.

Ingredients for assembly & decoration:

50 g milk chocolate (2 oz)
Whole hazelnuts
Gianduia chocolate for decoration

Melt 50 g milk chocolate and use it to make a crown around the cake, followed by the whole hazelnuts. Let the cake set in the fridge, then pour the melted cremino on top (be careful to not over fill it!) and return it to the fridge to set once more.
Decorate with shaved gianduia chocolate curls.
Serve at room temperature.


Born and raised in Turin, Katia Delogu is a very passionate pastry chef who came to New York in 2010 to become the Executive Pastry Chef at Eataly. Since then, Katia has been traveling all around the world to train young pastry chefs and open new pastry shops for Eataly.

“I have two ambitious goals. First of all, I want to introduce the real Italian pastry to Americans, and then, I want to train more professional women as pastry chefs, since men have always dominated the pastry scene.”

Katia, talks about the difference between Italian and American pastries, describing how the pastry is evolving in the USA and what Americans like most.

What are the main differences between Italian pastry and American pastry?
American pastry is mostly about being simple – a careful search for natural, seasonal and local products, but most of all, it is based on a very simple technique. What strikes me [about American pastries] is the use of so many flavors and spices. In Italy, it’s the opposite – we tend to enhance the main ingredients of a recipe. Italian pastry is the result of historical and cultural influences that make it more sophisticated and rich.

Why has the classic Italian pastry seemed to struggle with taking off in the USA?
Besides the Italian pastry shop, the "modern" pastry shop, in general, has struggled to take off [in America] due to historical and cultural differences. For example, in the USA, we have always looked at dessert as indulgent and rich, while the evolution of the European pastry has experienced a certain evolution toward a healthier aesthetic or taste, using increasingly sophisticated ingredients. There is a compromise somewhere in between, however, and consequently, a great appreciation (and success) in the American market has grown for traditional pastries from Italy’s South.

Sweets from the South of Italy are a sort of comfort food for Americans since they were the first to be imported and made by immigrants from Southern Italy. Not only because of that, though. Southern Italian pastries, such as cannoli and babà – are rich and sweet like American pastries. In terms of Italian pasticceria, Americans identify most often with these.

Which Italian desserts are NS most popular with Americans?
Cannoli, sfogliatelle, babà, and of course, tiramisù. During my 10 years of experience at Eataly, we tried and contributed to making the modern Italian pastry a little more well-known, along with the different regional Italian pastries.

Katia Delogu with the famous Italian pastry chef Corrado Assenza

What do you like most about American pastry?
Its simplicity, the grandeur of a certain technique, referring to a monumental pastry. Some creations are a piece of art.

Has Italian pasticceria evolved in Italy and America?
In Italy a lot – finally! We have adapted to the rest of Europe and the world, by adopting new techniques and making lighter pastries.

What are the main characteristics of Italian pastry?
The ongoing research, evolution, and rediscovery starts from a huge, historical, and culinary regional background. Italian pastry chefs are lucky because they can choose from a wide range of very high-quality ingredients and combine them for the best outcome. Ingredients do the trick for me!

Why have you chosen Torta di Toro as a recipe to share?
I chose this cake because it’s the one that represents me the most. It’s made out of my favorite ingredients: hazelnuts from Piemonte. I created it a long time ago, and I dedicated it to my favorite soccer team: Torino.

Torta di Toro by Katia Delogu

Torta di Toro: A Recipe by Pastry Chef Katia Delogu

Ingredients for the ‘frolla’ (クラスト):
70 g butter (5 tbsp)
40 g sugar (1/5 cup)
卵1個
100 g flour 100 gr (¾ cup)

方法:
Mix ingredients together in the order listed. Let the frolla rest in the fridge for 2 hours. After resting, roll out the dough until 4 mm thick. Use to cover a greased cake pan (20 cm diameter).

Ingredients for the ‘frangipani’:

80 g butter (1/3 cup)
80 g sugar (2/5 cup)
卵2個
80 g hazelnut flour (¾ cup)

方法:
Using a paddle attachment, mix the butter and sugar in a stationary mixer. Add one egg at a time, followed by the flour. Spread the frangipane on the frolla crust and bake it at 325 for 35 minutes. Let the cake cool before removing from the mold. Keep in the fridge.

Ingredients for the ‘cremino’ (filling):
100 g white chocolate (4 oz)
100 g hazelnut paste (4 oz)

方法:
Melt the chocolate and add the hazelnut paste. Combine.

Ingredients for assembly & decoration:

50 g milk chocolate (2 oz)
Whole hazelnuts
Gianduia chocolate for decoration

Melt 50 g milk chocolate and use it to make a crown around the cake, followed by the whole hazelnuts. Let the cake set in the fridge, then pour the melted cremino on top (be careful to not over fill it!) and return it to the fridge to set once more.
Decorate with shaved gianduia chocolate curls.
Serve at room temperature.


Born and raised in Turin, Katia Delogu is a very passionate pastry chef who came to New York in 2010 to become the Executive Pastry Chef at Eataly. Since then, Katia has been traveling all around the world to train young pastry chefs and open new pastry shops for Eataly.

“I have two ambitious goals. First of all, I want to introduce the real Italian pastry to Americans, and then, I want to train more professional women as pastry chefs, since men have always dominated the pastry scene.”

Katia, talks about the difference between Italian and American pastries, describing how the pastry is evolving in the USA and what Americans like most.

What are the main differences between Italian pastry and American pastry?
American pastry is mostly about being simple – a careful search for natural, seasonal and local products, but most of all, it is based on a very simple technique. What strikes me [about American pastries] is the use of so many flavors and spices. In Italy, it’s the opposite – we tend to enhance the main ingredients of a recipe. Italian pastry is the result of historical and cultural influences that make it more sophisticated and rich.

Why has the classic Italian pastry seemed to struggle with taking off in the USA?
Besides the Italian pastry shop, the "modern" pastry shop, in general, has struggled to take off [in America] due to historical and cultural differences. For example, in the USA, we have always looked at dessert as indulgent and rich, while the evolution of the European pastry has experienced a certain evolution toward a healthier aesthetic or taste, using increasingly sophisticated ingredients. There is a compromise somewhere in between, however, and consequently, a great appreciation (and success) in the American market has grown for traditional pastries from Italy’s South.

Sweets from the South of Italy are a sort of comfort food for Americans since they were the first to be imported and made by immigrants from Southern Italy. Not only because of that, though. Southern Italian pastries, such as cannoli and babà – are rich and sweet like American pastries. In terms of Italian pasticceria, Americans identify most often with these.

Which Italian desserts are NS most popular with Americans?
Cannoli, sfogliatelle, babà, and of course, tiramisù. During my 10 years of experience at Eataly, we tried and contributed to making the modern Italian pastry a little more well-known, along with the different regional Italian pastries.

Katia Delogu with the famous Italian pastry chef Corrado Assenza

What do you like most about American pastry?
Its simplicity, the grandeur of a certain technique, referring to a monumental pastry. Some creations are a piece of art.

Has Italian pasticceria evolved in Italy and America?
In Italy a lot – finally! We have adapted to the rest of Europe and the world, by adopting new techniques and making lighter pastries.

What are the main characteristics of Italian pastry?
The ongoing research, evolution, and rediscovery starts from a huge, historical, and culinary regional background. Italian pastry chefs are lucky because they can choose from a wide range of very high-quality ingredients and combine them for the best outcome. Ingredients do the trick for me!

Why have you chosen Torta di Toro as a recipe to share?
I chose this cake because it’s the one that represents me the most. It’s made out of my favorite ingredients: hazelnuts from Piemonte. I created it a long time ago, and I dedicated it to my favorite soccer team: Torino.

Torta di Toro by Katia Delogu

Torta di Toro: A Recipe by Pastry Chef Katia Delogu

Ingredients for the ‘frolla’ (クラスト):
70 g butter (5 tbsp)
40 g sugar (1/5 cup)
卵1個
100 g flour 100 gr (¾ cup)

方法:
Mix ingredients together in the order listed. Let the frolla rest in the fridge for 2 hours. After resting, roll out the dough until 4 mm thick. Use to cover a greased cake pan (20 cm diameter).

Ingredients for the ‘frangipani’:

80 g butter (1/3 cup)
80 g sugar (2/5 cup)
卵2個
80 g hazelnut flour (¾ cup)

方法:
Using a paddle attachment, mix the butter and sugar in a stationary mixer. Add one egg at a time, followed by the flour. Spread the frangipane on the frolla crust and bake it at 325 for 35 minutes. Let the cake cool before removing from the mold. Keep in the fridge.

Ingredients for the ‘cremino’ (filling):
100 g white chocolate (4 oz)
100 g hazelnut paste (4 oz)

方法:
Melt the chocolate and add the hazelnut paste. Combine.

Ingredients for assembly & decoration:

50 g milk chocolate (2 oz)
Whole hazelnuts
Gianduia chocolate for decoration

Melt 50 g milk chocolate and use it to make a crown around the cake, followed by the whole hazelnuts. Let the cake set in the fridge, then pour the melted cremino on top (be careful to not over fill it!) and return it to the fridge to set once more.
Decorate with shaved gianduia chocolate curls.
Serve at room temperature.


Born and raised in Turin, Katia Delogu is a very passionate pastry chef who came to New York in 2010 to become the Executive Pastry Chef at Eataly. Since then, Katia has been traveling all around the world to train young pastry chefs and open new pastry shops for Eataly.

“I have two ambitious goals. First of all, I want to introduce the real Italian pastry to Americans, and then, I want to train more professional women as pastry chefs, since men have always dominated the pastry scene.”

Katia, talks about the difference between Italian and American pastries, describing how the pastry is evolving in the USA and what Americans like most.

What are the main differences between Italian pastry and American pastry?
American pastry is mostly about being simple – a careful search for natural, seasonal and local products, but most of all, it is based on a very simple technique. What strikes me [about American pastries] is the use of so many flavors and spices. In Italy, it’s the opposite – we tend to enhance the main ingredients of a recipe. Italian pastry is the result of historical and cultural influences that make it more sophisticated and rich.

Why has the classic Italian pastry seemed to struggle with taking off in the USA?
Besides the Italian pastry shop, the "modern" pastry shop, in general, has struggled to take off [in America] due to historical and cultural differences. For example, in the USA, we have always looked at dessert as indulgent and rich, while the evolution of the European pastry has experienced a certain evolution toward a healthier aesthetic or taste, using increasingly sophisticated ingredients. There is a compromise somewhere in between, however, and consequently, a great appreciation (and success) in the American market has grown for traditional pastries from Italy’s South.

Sweets from the South of Italy are a sort of comfort food for Americans since they were the first to be imported and made by immigrants from Southern Italy. Not only because of that, though. Southern Italian pastries, such as cannoli and babà – are rich and sweet like American pastries. In terms of Italian pasticceria, Americans identify most often with these.

Which Italian desserts are NS most popular with Americans?
Cannoli, sfogliatelle, babà, and of course, tiramisù. During my 10 years of experience at Eataly, we tried and contributed to making the modern Italian pastry a little more well-known, along with the different regional Italian pastries.

Katia Delogu with the famous Italian pastry chef Corrado Assenza

What do you like most about American pastry?
Its simplicity, the grandeur of a certain technique, referring to a monumental pastry. Some creations are a piece of art.

Has Italian pasticceria evolved in Italy and America?
In Italy a lot – finally! We have adapted to the rest of Europe and the world, by adopting new techniques and making lighter pastries.

What are the main characteristics of Italian pastry?
The ongoing research, evolution, and rediscovery starts from a huge, historical, and culinary regional background. Italian pastry chefs are lucky because they can choose from a wide range of very high-quality ingredients and combine them for the best outcome. Ingredients do the trick for me!

Why have you chosen Torta di Toro as a recipe to share?
I chose this cake because it’s the one that represents me the most. It’s made out of my favorite ingredients: hazelnuts from Piemonte. I created it a long time ago, and I dedicated it to my favorite soccer team: Torino.

Torta di Toro by Katia Delogu

Torta di Toro: A Recipe by Pastry Chef Katia Delogu

Ingredients for the ‘frolla’ (クラスト):
70 g butter (5 tbsp)
40 g sugar (1/5 cup)
卵1個
100 g flour 100 gr (¾ cup)

方法:
Mix ingredients together in the order listed. Let the frolla rest in the fridge for 2 hours. After resting, roll out the dough until 4 mm thick. Use to cover a greased cake pan (20 cm diameter).

Ingredients for the ‘frangipani’:

80 g butter (1/3 cup)
80 g sugar (2/5 cup)
卵2個
80 g hazelnut flour (¾ cup)

方法:
Using a paddle attachment, mix the butter and sugar in a stationary mixer. Add one egg at a time, followed by the flour. Spread the frangipane on the frolla crust and bake it at 325 for 35 minutes. Let the cake cool before removing from the mold. Keep in the fridge.

Ingredients for the ‘cremino’ (filling):
100 g white chocolate (4 oz)
100 g hazelnut paste (4 oz)

方法:
Melt the chocolate and add the hazelnut paste. Combine.

Ingredients for assembly & decoration:

50 g milk chocolate (2 oz)
Whole hazelnuts
Gianduia chocolate for decoration

Melt 50 g milk chocolate and use it to make a crown around the cake, followed by the whole hazelnuts. Let the cake set in the fridge, then pour the melted cremino on top (be careful to not over fill it!) and return it to the fridge to set once more.
Decorate with shaved gianduia chocolate curls.
Serve at room temperature.