他の

ヨーロッパは子供向けのジャンクフードマーケティングを禁止するように見える

ヨーロッパは子供向けのジャンクフードマーケティングを禁止するように見える


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

世界保健機関は、53の欧州加盟国と協力して、子供向けのジャンクフード広告を制限または禁止する計画に取り組んでいます。

私に休憩を与えてください、私に休憩を与えてください…あなたのジャンクフード広告から私に休憩を与えてください!

NS 世界保健機構、ヨーロッパの53か国と協力して、 栄養プロファイルモデル 当局が食品中の糖、飽和脂肪、トランス脂肪、塩分レベルをより適切に特定できるように設計されています。このモデルは、子供向けのジャンクフードのマーケティングを厳しく制限することも目的としています。これは、現在アイルランド、デンマーク、ノルウェー、英国でのみ使用されている戦術です。

モデルは17のカテゴリーをカバーしています。果物、野菜、タンパク質、卵などの一部の食品は制限を受けませんが、キャンディー、クッキー、エナジードリンク、アイスクリームなどの他の食品は子供への販売が完全に禁止されます。英国の労働党は すでに同様のモデルを提案しています、午後9時までテレビでのジャンクフードとファーストフードの広告を禁止します。

「現在ヨーロッパ全体で小児肥満が蔓延していることを考えると、栄養価がほとんどなく、不健康な食事に寄与する製品を販売する理由はありません」と、世界保健機関の公衆衛生医であるガウデンガレア博士は述べています。 フードナビゲーターに語った.

WHOによると、このモデルは、子供たちのがらくたやファーストフードへの曝露を制限するのに役立つ可能性があります。また、広告の影響範囲を調べるためにも使用できます。


キッズショー周辺のジャンクフード広告の全面禁止

Ofcomは、すべての子供向け番組、すべての子供向けチャンネル、および16歳未満に「特に魅力的」なすべての番組に関するジャンクフード広告の全面禁止を発表しました。

制限はテレビや広告業界が望んでいたよりもはるかに厳しいものでしたが、健康運動家が求めていた完全な流域前の禁止には達していませんでした。

驚いたことに、Ofcomは、16歳未満の「平均以上」の視聴者がいる1日のいつでも、すべてのプログラムに制限を拡張することを選択しました。

以前は、9歳未満および特定の期間における広告の制限に関するさまざまなオプションに焦点を当てていました。

これにより、音楽チャンネルやショー、多くの授賞式、夕方の一般的な娯楽プログラムなど、提案の影響を受けないと以前は考えられていた一連のプログラムが禁止されました。

関連する年齢層は、16歳未満の視聴者の割合が英国の平均よりも20%高いプログラムとして定義されています。

Ofcomは、この制限によりテレビ広告の収益が3,900万ポンドになると見積もっています。

メディアウォッチドッグは、「ジャンクフード」の定義を食品基準庁の栄養素プロファイリングシステムに基づいています。

16歳未満のグループの保護を確保するために規制を対象とするというOfcomの決定の結果(当初の提案は9歳未満のグループのみを対象としていた)、「短く焦点を絞った」協議が行われる予定です。制限の拡張に関する見解。

これはクリスマス前に終了し、1月に発表が予定されています。

Ofcomは、16歳未満の子供へのジャンクフード広告の新しい制限に合わせて、広告主がマーケティングキャンペーンを変更する期限を来年3月に設定しました。

ただし、広告の制限は、「飲食物の広告からの収益を迅速に代替することがより困難になる」専用の子供向けチャンネルについて、2008年末までの24か月以上で段階的に導入されます。

メディア規制当局は、脂肪、塩分、糖分を多く含む食品の子供への宣伝を50%削減することを目標に対策を導入しています。

新しい規制により、16歳未満のジャンクフード広告の数が41%減少し、9歳未満の主要グループが51%減少すると主張しています。

Ofcomは、この制限がITV、GMTV、チャンネル4、チャンネル5などの地上波放送局の広告収入の0.7%にしか影響しないと見積もっています。

ケーブルおよび衛星チャンネルでは、広告収入全体の約8.8%が失われます。

ただし、最も大きな打撃を受けるのは、カートゥーンネットワークやニコロデオンなどの子供向けの専用チャンネルで、広告収入は推定15%のヒットになります。

Ofcomは、テレビ広告への総影響は3,900万ポンドの損失になると考えています。

ただし、放送局が「緩和」戦略を導入した場合、たとえば、より多くのリピートを実行したり、より安価な輸入番組を使用したりすると、広告収入の減少はわずか2,300万ポンドになる可能性があります。

首相のゴードン・ブラウンは、子供向け番組の周りでのジャンクフード広告の禁止を歓迎し、放送局や他のグループとのセミナーを主催して、さらに何ができるかを確認すると述べた。

「首相は、子供たちが見ている番組中の不健康な食品の宣伝に対する制限を強化するというOfcomの報告と彼らの提案を歓迎する」とスポークスマンは言った。

全国消費者評議会は、コロネーションストリートなどのショーをカバーするのに十分に進んでいないため、ジャンクフードの広告禁止の提案に「非常に失望した」と述べた。

最高経営責任者のフィリップ・カラム氏は、「これは問題の核心にはならない。彼らは子供たちに焦点を合わせたと言っているが、提案は実際にはそれを実現していない」と語った。

The Simpsons、Hollyoaks、The X Factor、Lost and Friendsなどのテレビ番組は、16歳未満に「特に魅力的」な番組からのジャンクフード広告をブロックすることを目的とした新しい制限の影響を受けます。

過去の視聴データに基づいて、Ofcomの新しいジャンクフード広告禁止に該当する可能性が高い他の番組には、夕方の大衆娯楽番組、特に音楽的要素を含む番組が含まれます。

メディアエージェンシーのカラットによると、10月の視聴数に基づくと、影響を受ける他の番組には、Make Me a Supermodel、2人半の男性、Pimp My Ride、Ant&ampDecのSaturdayNightTakeawayなどがあります。

Ofcomは、子供向けチャンネルやプログラムでのジャンクフードの広告の禁止に加えて、「インデックス120」と呼ばれるメカニズムを導入して、16歳未満の子供に「平均以上」の魅力があるため、ジャンクフードの広告を掲載できない番組を評価する予定です。 。

放送局は、たとえばアルコール広告をどこで実行できるかを評価するためにそのバリエーションが使用されているため、このタイプのシステムに精通していますが、これまでそれほど広範囲に使用されたことはありません。

Ofcomが使用している定義は、16歳未満に「特に魅力的」な番組であり、英国の平均で16歳未満の視聴者の割合が20%高い番組です。

Ofcomの前身であるBroadcastingStandards Commissionは、2003年に、子供たちが特に若者向けの番組よりも、イーストエンダーズ、オンリーフールズアンドホースズ、ポップアイドルなどの「成長した」番組を見ることに多くの時間を費やしたことを明らかにしました。

ChannelFiveとTurnerBroadcastingは、ジャンクフード広告に関するOfcomの決定を批判し、「過激派」であり「機会を逃した」と述べました。

しかし、チャンネル4は、Ofcomの決定を「複雑な社会問題への比例した対応」と呼んでいますが、チャンネルの「財政的困難」を引き起こすと警告しています。

ジェーン・ライティングの5人の最高経営責任者によると、コマーシャルテレビでの英国の子供向け番組の未来は今や「暗い」ように見えます。

Ms Lightingは、評判の高い就学前のブランドであるミルクセーキへのチャンネルの取り組みを繰り返しました。しかし、ファイブの将来は難しいようだと語った。

彼女は次のように述べています。「これは難しい決断であり、Ofcomが最初に提案した厳格な措置よりもさらに厳しいものであることに失望しています。

「Fiveは、Milkshake!の就学前の視聴者と年長の子供たちの両方に子供向け番組を放送することに継続的に取り組んでいます。」

彼女は次のように付け加えました。「しかし、これらの制限は私たちにかなりの収入を与えず、将来、子供向けプログラムを制作する経済性をはるかに難しくします。

「BBCの外で英国が制作した子供向け番組の長期的な将来は暗いです。」

ファイブの子供向けの作品には、Make Way for NoddyやThomas&ampFriendsなどのお気に入りが含まれています。

影響を受ける可能性のある子供向け以外の番組には、オーストラリアのメロドラマ「ホームアンドアウェイ」や「メイクミーアスーパーモデル」などがあります。

カートゥーンネットワーク、トゥーナミ、ブーメランのキッズチャンネルを所有するターナーブロードキャスティングも、健康的な食事を促進するためにスクービードゥーのようなキャラクターを使用する計画が禁止されると述べ、Ofcomの提案を批判しました。

同社は、ジャンクフードの禁止を小児肥満の問題に対する「創造的で検討された解決策の機会を逃した」と説明し、漫画のキャラクターを使用する方法を検討していたと述べた。

「ターナーは、他のメディア企業と同様に、スクービー・ドゥーやデクスターなどのキャラクターを、水や果物などのより健康的な食品の宣伝に合わせて、善の力のために活用する方法を模索していました。と野菜」と語った。

「悲しいことに、新しい制限は、他の形態の健康増進を補完するこの潜在的に刺激的なルートを私たちに否定するでしょう。」

しかし、チャンネル4は、Ofcomの決定を「複雑な社会問題への比例した対応」と呼んでいます。

· MediaGuardianニュースデスクの電子メール[email protected]に連絡するには、または020 7239 9857に電話してください。その他すべてのお問い合わせは、020 72782332のメインのGuardian配電盤に電話してください。

· 公開用のコメントを書く場合は、「公開用」と明記してください。


ヨーロッパの肥満との戦い

牛からではなくスーパーからミルクが来たと思っていた都会の女の子の話を誰もが聞いたことがある。しかし、ルバーブをタマネギだと思っていたロンドンのユナイテッドキンドゴム(イギリス)の女の子について聞いたことがありますか?

恐ろしいですが、それは本当です。その小さな発見は、最近、英国のチャンネル4の4部構成のテレビシリーズで英国の有名シェフジェイミーオリバーによって行われました。オリバーは、子供たちが学校で食べていた「ごみ」を両親に示すために学校の食事を掘り下げ、その過程で完全な欠如を発見しました食べ物が何であるか、または何をするかについての理解の。

英国では、学校給食に1日平均25ペンス(43セント)しか費やされておらず、両親が子供たちが食べていると思っていた栄養価の高い食べ物ではなく、食べ物は主に脂肪、砂糖、塩でした。オリバーは、学校だけでなく、家庭でのジャンクフードのおやつや夕食時のスーパーマーケットで用意された食事など、子供たちがどのように食べるかを両親に示しました。これは、小児肥満の原因の大きな部分です。メディアが支配する社会では、有名シェフが子供と親を同じように立ち上げて気付かせるのに時間がかかりました。

ジャンクフードを切り取るのはロケット科学のようには思えないかもしれませんが、「ジェイミーの学校の夕食」は英国で大騒ぎを引き起こし、首相にまで達しました。オリバーの「FeedMeBetter」キャンペーンの一環として、彼は政府に学校給食への支出を2億8000万ポンド(4億8700万ドル)増やすように働きかけました。全国の多くの学校は、保護者や保健グループから、学校給食の支出を子供1人あたり50ペンス(87セント)に増やし、「がらくたを切り取る」ように圧力をかけられました。

アメリカの子供たちと同じように、イギリスの子供たちは、コンピューターやテレビの前に座っているときに、ソーダポップ(「炭酸飲料」)、チップスの袋(「ポテトチップス」)、キャンディー(「お菓子」)が好きです。しかし、それらの子供たちは太りすぎのティーンエイジャー、そして後には肥満の大人に成長しています。そのライフスタイルの結果は驚異的です。現在、英国の15歳の7人に1人が肥満ですが、2020年までに、英国医師会(BMA)は、少女の3分の1と少年の5分の1が肥満になると推定しています。

脂肪はどこですか?

アメリカ人はしばしばヨーロッパ人の太ったいとこと考えられており、主にヨーロッパ人自身によって考えられています。クリスピークリームドーナツとビッグマックが主食の一部であると思われるアメリカでは、人口の30%以上が肥満で、60%以上が太りすぎです。今年初めに発表された一連のヨーロッパの肥満研究は、ドイツからフィンランド、スペインに至るまでの多くの国が、米国と同じかそれ以上の肥満になる危険性が高いことを示しています。

「大西洋の反対側で肥満が問題であると考えられていた時代は過ぎ去った」とルクセンブルグの保健大臣、マルス・ディ・バルトロメオは最近言った。 AP通信.

フランス人とドイツ人は2020年までにアメリカ人と同じくらい太っているかもしれませんが、スペイン人は次の10年でそのマークに達するかもしれません。肥満が予防可能な死亡の2番目に高い原因であるスペインでは、人々は食事や運動の変更ではなく胃バイパス手術を選択しています。スペインの約2,000万人のうち、10,000人以上がすでに手術を受けています。

しかし、米国が「麻薬戦争」を開始し、後に「対テロ戦争」を開始したように、ヨーロッパの多くは「肥満戦争」を開始しています。多くの欧州政府は、欧州委員会自体と同様に、不健康な食事を抑制する方法を見つけるために、プラットフォームと研究を左右に開始しています。 BMAは、6月のレポートで、ジェイミー・オリバーのように学校給食を攻撃しただけでなく、学校のジャンクフード自動販売機を排除し、子供向けのジャンクフード広告を禁止しようとしました。

「子供たちが食べる量を減らして運動量を増やすように言われているときに、子供たちが学校に行き、炭酸飲料とドーナツを売られ、週に2時間未満(学校内)の運動をするのは狂気です」とBMAは言いました。ヴィヴィアンネイサンソン、MD。

「子供たちはさまざまなメッセージに襲われています。一方で、彼らは学校で健康的な食事について学び、家に帰って何時間もテレビを見たり、有名人がハンバーガーやポテトチップスを食べたり、炭酸飲料を飲んだりするのを見るかもしれません。子供と親は、不健康なシリアル、スナック、加工食品のマーケティングに囲まれています。これはやめなければなりません」と彼女は言いました。

フランス—一歩先?

肥満は、片手にたばこを持ってモデルのように薄いままで、ペストリーと濃厚なソースを誇る国であるフランスにもその道を見つけています。フランスの子供たちの約18%は太りすぎで、4%は肥満です。フランスの公衆衛生当局は、この傾向を止めるために何もしなければ、フランスの子供たちは2020年までにアメリカの子供たちのように見えるかもしれないと言います。

フランス政府は英国人に先んじています。学校のジャンクフード自動販売機は9月1日から禁止され、砂糖製品の広告に新しい規制が追加され、砂糖のパンチのようなボトル入りアルコール飲料である「alcopops」に一種の「肥満税」が追加されました。

しかし、肥満を規制し監視するのは政府だけではありません。人々は自分でその仕事を引き受けなければなりません。私は典型的なアメリカの家族の出身で、私たちは皆「骨太」で、数年は痩せていてトリミングされています。パリに住んでいて、フランス人ほど良いものはないと信じている私の妹は、私たち全員が連れて行くことができるフランスのビットに出くわしたかもしれません。

ミレイユ・ギリアーノの著書「フランスの女性は太らない—喜びのために食べる秘訣」で、私の妹は彼女が10ポンドを失ったと言います。今年の夏は、日中はたくさんの水を飲み、夕食にはグラス1〜2杯のワインを飲み、1日に2つのプレーンヨーグルトを食べ、バランスの取れた食事を3回食べます。よく食べることに加えて、1日1〜2回の30分の散歩やエレベーターの代わりに階段を利用するなどの適度な毎日の活動が行われます。彼女は、この本はあなた自身のために料理をし、パッケージされた食事を決して買わず、そして季節に果物と野菜を食べるようにあなたに告げていると言います。

「フランスの女性は、食べ物で自分を罰したり報酬を与えたりすることは決してなく、自分が何を食べるかについて罪悪感を感じることもありません。彼らは、スニッカーズバーの代わりに本当に上質なダークチョコレートのように、重要なときにカロリーを節約します。昼食時にデザートを持っている場合は、その日の後半に余分な散歩をします。食べ物は喜びの源であるべきです」と彼女は言います。

Meghan Sappは、ベルギーのブリュッセルに住むアメリカの農業ジャーナリストです。

ビーフ—国ごと

ヨーロッパでは、牛肉は鶏肉ほど人気が​​ありませんが、消費者はその健康上の利点について良い考えを持っています。欧州委員会は、牛肉に対する消費者の認識に関するEU全体の世論調査に着手していませんが、各国は自国を調査しています。

デンマークの栄養研究者は、食事中のタンパク質の影響について継続的な研究を行ってきました。コペンハーゲンの王立獣医農業大学の人間栄養学部長であるArneAstrupによると、平均12.5%ではなく25%のタンパク質を含む食事は、肥満の人の体重減少を2倍にします。

「牛肉は脂肪が10%未満であれば問題ありませんが、痩せているほど良いです」とAstrup氏は言います。 「私たちはそれが減量に非常に役立つことを発見しました。」

アイルランドでは、研究者たちは、健康的な食事にはアイリッシュシチューが必要であると主張しています。 Co.MeathのGrangeResearch Centerの調査によると、アイルランドの牧草飼育牛肉は、癌、肥満、心臓病から保護するために医師が現在受け入れている種類の脂肪酸の濃度が高いことが示されています。

「草を食べた牛の消化器系によって引き起こされる化学反応は、CLA(共役リノール酸)として知られるはるかに大量の健康な脂肪酸の生成につながります」と研究リーダーのエイダン・モロニーは言います。

英国の消費者は依然として鶏肉を最も健康的なタンパク質と考えていますが、同時に子供の肥満についての大きな宣伝にもかかわらず、牛肉に対する消費者の態度は過去2年間改善されました、と英国肉畜産委員会(MLC)のマーケティングディレクターであるリチャードロウは言います。

MLCは、あらゆる種類の肉に対する消費者の態度を毎月監視し、年間3,600人と話し合っています。ロウ氏によると、MLCの調査によると、消費者の43%が牛肉が心臓病を引き起こすと感じており、2003年から7%減少しています。一方、消費者の40%が高血圧を引き起こしていると感じており、2003年から4%減少しています。

「肥満についてのメディアの議論は、消費者の牛肉に対する見方にまったく悪影響を及ぼしていませんが、ジャーナリストによって「ジャンクフード」として特徴付けられる傾向があるハンバーガーなどの特定の製品を実証するのに役立ちました」と彼は言います。


子供の頃の消費主義を奨励し、増加させる

消費の増加を見て前のセクションで述べたように、より大きな家は消費を増やすために促進されたものの例でした。子供たちにもっとおもちゃやその他のアイテムを提供するように勧められたのも同様です。

[米国]連邦政府は、子供時代を定義する上で主要な役割を果たしました。 1929年、ハーバートフーバーは、子供の健康と保護に関するホワイトハウス会議を後援しました。会議の報告書「TheHomeand the Child」は、子供たちは自分自身の特別な懸念を持った独立した存在であると結論付けました。…報告書は親に子供たちに自分の[家具、おもちゃ、プレイルームなど]を与えるようにアドバイスしました。一般的には、一人一人の寝室が望ましいと記されています。…自分で買い物をして、自分で選んでもらいましょう。

そのような経験を通して人格が発達します…[これらの]経験はまた子供に所有権の個人的なそして家族のプライドの感覚を作成するという利点があります、そして最終的には 彼の性格は物事を通して表現できることを彼に教える。 (ホワイトハウス、1931年、[ロビンズによって追加された強調]リーチ1993:371-372も参照)

このように、約30年の間に、アメリカの生活における子供たちの役割は劇的に変化し、子供たちは消費者経済の柱となり、今もなお、大人の経済力に匹敵する経済力を持っています。

リチャード・ロビンス、グローバル問題と資本主義の文化、(アリン・アンド・ベーコン、1999年)、pp.24-25

子どもたちは、直接的にも間接的にも(間接的には、何を買うべきかについて親を説得し、影響を与えることができるという意味で)、莫大な購買力を発揮します。

店で子供と親を観察します。シリアル通路から聞こえる甲高い泣き声は、フルーツループの箱をショッピングカートに入れることに傾倒している一人の子供の嘆願以上のものです。それは、何千時間もの市場調査、人々、アイデア、リソースの膨大な調整、何十年にもわたる社会的および経済的変化のすべてが単一のママの喜びにまとまった音です!

それが[子供たちの]手の届く範囲にある場合、彼らはそれに触れます、そして彼らがそれに触れた場合、少なくともママまたはパパがそれを容赦して購入する可能性があります、と小売人類学者、パコアンダーヒルは書いています。人気のある本やビデオの理想的な配置は、下の棚に置くべきだと彼は続けます。そうすれば、子供たちは、超商業化された生き物をぼんやりと見ている可能性のあるママやパパに邪魔されずに、バーニーやテレタビーズをつかむことができます。


関連記事

肥満対太りすぎ

肥満は、ボディマス指数(BMI)が30以上の成人と定義されています。

太りすぎはそれほど深刻な分類ではありませんが、それでも不健康と見なされます。

健康な人のBMI(kg単位の体重をメートル単位の身長で割って計算し、答えを身長で割って計算)は18.5〜24.9です。

  • 18.5未満:低体重
  • 18.5〜24.9:健康
  • 25-29.9:太りすぎ
  • 30以上:肥満

「私たちの分析によると、不健康なテレビの食品広告に午後9時の分水界を導入することは、英国のすべての子供たちの将来の健康を保護するのに貴重な貢献をし、裕福でない背景から子供たちの健康をレベルアップするのに役立ちます」と研究著者のオリバー博士は述べています。ケンブリッジ大学のミトン。

ミトン博士はまた、テレビだけでなく他の広告媒体でのジャンクフードの広告禁止の重要性を強調した。

グーグルは、ジャンクフードの広告がYouTubeを含む自社のプラットフォームで子供に表示されることを禁止していることをすでに明らかにしている。

「子供たちは現在、さまざまなソースから、そしてますますオンラインおよびオンデマンドサービスからメディアを消費しています」とミトン博士は言いました。

「したがって、すべての子供たちに健康に成長する機会を与えるためには、この広告が午後9時から午後10時の時間帯やオンラインサービスに移動するだけではないことを確認することが重要です。」

イギリスでは、4〜5歳の子供の5人に1人、10〜11歳の子供の3人に1人が太りすぎまたは肥満です。

肥満の子供は、成人の5倍の肥満になる可能性が高く、早死やさまざまな病気、心血管疾患、糖尿病、一部の癌を発症するリスクが高くなります。

7月、Boris Johnsonの政府は、若者を肥満から守るために、午後9時の分水界の前に、テレビやオンラインでのジャンクフード広告に終止符を打つことを明らかにしました。

政府はまた、オンラインでのジャンクフード広告の全面禁止に関する協議を開始した。

保守政権は、2018年に「行動計画」文書に詳述されている2030年までに小児肥満を半減させる計画を発表しました。

子供向けテレビ番組中のジャンクフード広告は2007年から禁止されています(写真、ウォーカーズの顔であるゲーリーリネカー)

ジャンクフードとテレビの間のリンク

2018年に約2,500人の子供を対象にしたCancerResearch UKの調査では、インターネットを使用したり、1日30分以上商用テレビを見たりした人は、ジャンクフードを求めたり、購入したり、食べたりする可能性が高いことがわかりました。

専門家は、1日に3時間以上の商用テレビを視聴した若者は、テレビをほとんど視聴しなかった若者と比較して、ポテトチップス、ビスケット、炭酸飲料などの追加のスナックを平均10個食べたことを発見しました。

しかし、彼らが広告なしでテレビを見たとき、スクリーン時間とより多くのジャンクフードを食べる可能性との間に関連はありませんでした。

子供たちが商用テレビを見るのに費やす時間が増えるごとに、子供たちが宣伝されているのを見た食べ物を渇望したり、宣伝された食べ物を購入したりする可能性が20%以上増加しました。

1日3時間以上の商用テレビを見た子供たちは、1日30分以下しか見なかった子供たちよりも太りすぎまたは肥満である可能性が59%高かった。

調査対象の小学生の子供たちは、インターネットで週に平均16時間過ごしていることが研究者によってわかりました。

子供たちがオンラインで過ごす時間が1時間増えるごとに、子供たちが宣伝されているのを見た食べ物を求める可能性が19%増加し、宣伝されているのを見た食べ物を購入する可能性が19%増加しました。

1日3時間以上インターネットを使用した人は、1日30分以下のインターネットを使用した子供よりも太りすぎまたは肥満である可能性が79%高かった。

新しい研究では、研究者は午前5時30分から午後9時までのHFSS広告への子供の曝露に関するデータ、およびHFSS広告への曝露と子供のカロリー摂取量との関連に関する以前に発表された情報を使用しました。

チームは、2015年にテレビで放送された飲食物のすべての広告について、分析会社Nielsenのデータを使用しました。

データセットには、宣伝された製品とブランド、広告の時間、広告が表示されたチャネル、および広告の両側で実行されたプログラムの詳細が含まれていました。

彼らのデータには、放送局の視聴者調査委員会から提供された、各広告の「子供の影響」に関する情報も含まれていました。

次に、チームはコンピューターモデリングを使用して、カロリー消費量の平均変化が男の子と女の子の平均体重とその後の成人期の健康に及ぼす影響を推定しました。

この調査では、これらの時間帯に英国のすべてのHFSS広告が取り下げられると、英国の370万人の子供が1日あたり平均1.5少ないHFSS広告を目にすることになると結論付けました。

また、1日平均9.1カロリーのカロリー摂取量を減らすことになります。

1カロリーは、1キログラムの水を同じように増加させるのに必要な熱量です。

「実際には、効果が大きい子供もいれば、効果が小さいかまったくない子供もいます。すべての子供が同じように影響を受けるわけではありません」とMytton博士はMailOnlineに語った。

この毎日の平均9.1カロリーの減少により、肥満の5〜17歳の子供の数は4.6%減少し、太りすぎと見なされる子供の数は3.6%減少します。

これは、英国の肥満児が40,000人少なく、太りすぎに分類される子供が120,000人少ないことに相当し、合計で160,000人になります。

それはまた、英国に74億ポンドの健康関連の純金銭的利益をもたらすでしょう。

チームは、政府の政策の影響に影響を与えるすべての要因を正確に説明することはできないことを認めています。

「ランダム化された試験では、健康に問題のある食品広告にさらされた子供はより多くのカロリーを消費することが示されていますが、HFSS広告とカロリー摂取量の間の用量反応関係の性質については不確実です」と著者はPLOSMedicineに掲載された研究で述べています。

この研究では、HFSS広告が子供のカロリー摂取量に直接影響することのみを考慮し、HFSS広告が子供と大人の両方の食事の好みや習慣を変えることへの影響は考慮していませんでした。

今年初め、世界がん研究基金(WCRF)は、「有害な」食品マーケティングの影響から子供を保護するという決定を遅らせたとして、英国政府を非難しました。

世界がん研究基金(WCRF)などのキャンペーン参加者は、小児肥満を減らすために、午後9時までにジャンクフードの広告を完全に禁止するよう求めました。

閣僚は昨年、ジャンクフード広告に対する午後9時の流域の有効性について検討を行ったが、効果がないという理由でこの措置を採用しないことを決定した。

当時、WCRFは、政府が証拠を無視することによって子供の「基本的人権」を失敗させていると述べた。

2018年5月の午後6時から午後9時までの食品広告の49%が、高脂肪、塩分、砂糖の食品を直接宣伝していると主張しました。

余分な体重を抱えている子供は、2型糖尿病、心臓病、癌を発症するか、成人期に脳卒中を起こす可能性が高くなります。

他方、分水界の前のHFSS広告の禁止は、すでに不確実な財政期間の間に食品生産者を苦労させるかもしれない、と業界の数字は言った。

食品飲料連盟の最高執行責任者であるティム・リクロフト氏は、7月の政府の決定を「平手打ち」と呼んだ。

「政府は、過去4か月間、国をかなりのリスクにさらすために非常に英雄的に働いてきた食品業界に平手打ちをしようとしています」と彼は当時のBBCラジオ4のトゥデイ番組に語った。

肥満:BMIが30を超える成人は肥満と見なされます

肥満は、BMIが30以上の成人と定義されています。

健康な人のBMI(kg単位の体重をメートル単位の身長で割って計算し、答えを身長で割って計算)は18.5〜24.9です。

子供の中で、肥満は95パーセンタイルにあると定義されています。

パーセンタイルは、若者を同じ年齢の他の若者と比較します。

たとえば、生後3か月の体重が40パーセンタイルである場合、生後3か月の40%がその赤ちゃんと同じかそれ以下の体重であることを意味します。

英国では、女性の約58%と男性の68%が太りすぎまたは肥満です。

この条件は、NHSに毎年約1,247億ポンドの予算のうち、約61億ポンドの費用がかかります。

これは、肥満が人の生命を脅かす多くの状態のリスクを高めるためです。

このような状態には、腎臓病、失明、さらには手足の切断を引き起こす可能性のある2型糖尿病が含まれます。

研究によると、英国の病院のベッドの6分の1は、糖尿病患者によって占められています。

肥満はまた、心臓病のリスクを高め、英国では毎年315,000人が死亡し、死因の第1位になっています。

危険な量の体重を運ぶことも、12の異なる癌に関連しています。

これには乳房が含まれ、人生のある時点で女性の8人に1人に影響を及ぼします。

子供の中では、肥満の若者の70%が高血圧またはコレステロール値の上昇を示しており、心臓病のリスクがあることが研究によって示唆されています。

肥満の子供はまた、肥満の成人になる可能性が大幅に高くなります。

そして子供が太りすぎの場合、成人期の彼らの肥満はしばしばより深刻です。

英国では、5人に1人の子供が太りすぎまたは肥満で学校に通い始め、10歳になるまでに3人に1人に増えます。


すべてのはいポイント:

はい、なぜなら&#8230

1970年代以降、ファーストフードの広告と子供を対象とした広告は劇的に増加しました。同時に、肥満の事例も急増しています。ファーストフード広告の増加と小児肥満との関連を否定することは困難です。カイザーファミリー財団によると、子供たちが目にする広告の約50%は食品に関連しています。これらのうち、果物、野菜、または他の健康的な選択のためのものはありません。子供たちは1日に21近くの広告にさらされており、そのうち2〜3日に1つだけが、より健康的な食事のための公共広告です。アメリカ心理学会の調査によると、広告主は子供をターゲットにした広告に年間120億ドル以上を費やしています。これらが特に効果的でなければ、これは食品産業からの非常に貧弱な投資になるでしょう。この傾向を調査するために、広告と子供に関するタスクフォースが結成されました。彼らの調査によると、子供向けの商品の好みは、1回のコマーシャル視聴から始まります。追加の視聴は、特定の製品に対する子供の好みをさらに強化するのに役立ちます。 The American Psychological Association further notes a great deal of research shows eating unhealthy fast foods and excluding healthy alternatives leads to obesity and overall poor health. The trend has been reported on repeatedly. Dr. Victor Strasburger recently told Reuters news agency, “Just by banning ads for fast food, one study says we could decrease obesity and overweight by 17 percent.” That reduction in childhood obesity alone should be enough to ban fast food advertising.

No because…

Fast food doesn’t necessarily make people fat, just unhealthy (cholesterol, starch etc) . See, I’m not fat but I don’t feel healthy because I barely have any muscle and I live on fat, sugar and starch mostly. I need to change my diet and exercise.

Fast food chains are also offering balanced diets, high protein, salad bowls etc are all on the menu even at pizza hut and McDonald’s. It is also the obligation of the parents to police what their children view and how much screen time they get. If parents today took a more proactive approach, spending more personal time and using television less as a babysitter we would see less obesity in children. Also parents today need to remember they are the ones in charge, not the children. There seems to be a trend today where parents are afraid to anger the child by saying no. Perhaps some of the blame for the increase in childhood obesity rates lies with the hands off approach to parenting which has become the norm in modern society.


関連記事

The series, which features basic science experiments, challenges, arts and crafts and unboxing toys, earned $26 million (£20 million) last year, researchers say.

But fast food companies are increasingly interested in inserting their products into these videos, which are hugely popular with children.

It's thought that watching unhealthy food advertising increases the calories children eat by triggering cravings and subconsciously directing them to the larder.

In the UK, the government is cracking down on junk food ads on TV by implementing a 9pm watershed.

But companies have dramatically increased online advertising in response to consumers' growing social media use.

WHAT IS THE UK'S BAN ON JUNK FOOD ADS?

The government will be banning junk food ads on TV between 5:30am and 9pm every day.

The measure, which has not yet come into force, was announced in July.

The government also launched a consultation over a total ban on junk food advertising online.

The measures will help cut child obesity and overweight figures.

Children carrying extra weight are more likely to develop type 2 diabetes, heart disease, cancer or have a stroke in adulthood.

Junk food adverts during children’s TV programmes have been banned since 2007.

Authorities will need to do more to limit children's exposure to junk food ads online, the experts claim.

'Kids already see several thousand food commercials on television every year, and adding these YouTube videos on top of it may make it even more difficult for parents and children to maintain a healthy diet,' said Marie Bragg at New York University School of Global Public Health.

'The allure of YouTube may be especially strong in 2020 as many parents are working remotely and have to juggle the challenging task of having young kids at home because of Covid-19.

'We need a digital media environment that supports healthy eating instead of discouraging it.'

In a statement to MailOnline, a YouTube spokesperson pointed out that it doesn't allow paid promotional content on YouTube Kids – its dedicated app for children.

'Because YouTube is not for children we’ve invested significantly in the creation of the YouTube Kids app, a destination made specifically for kids to explore their imagination and curiosity on a range of topics, such as healthy habits,' the spokesperson added.

'[We have] clear guidelines which restrict categories like food and beverage from advertising on the app.

'Protecting kids and families is a top priority for us.'

Google has already revealed it is now banning junk food adverts from being shown to children on its platforms, including YouTube.

The policy, which came into effect October 6, prohibits the promotion of high fat, salt, sugar food (HFSS) and drinks to minors in the EU and UK.

YouTube, which is the second most visited website in the world after Google, is a popular destination for kids seeking entertainment.

Kid influencers’ YouTube videos were collectively viewed more than 48 billion times, and videos featuring food and/or drinks were viewed 1 billion times. Most were unhealthy branded items, such as those from McDonald’s

More than 80 percent of parents with a child younger than 12 years old allow their child to watch YouTube and 35 percent of parents said that their kid watches YouTube regularly, the experts report.

Food and beverage companies also spend $1.8 billion (£1.4 billion) a year marketing their products to young people globally.

TOP FIVE YOUTUBE 'KIDFLUENCERS'

Toys, games, arts and crafts, food

Vlogs, field trips, challenges

Total video views: 48,155,726,233

Kidfluencer videos have caught the attention of some of these companies, who advertise or sponsor posts to promote their products during videos.

'Parents may not realise that kid influencers are often paid by food companies to promote unhealthy food and beverages in their videos,' said Bragg.

Researchers used data from AI marketing firm Socialbakers to identify the five most-watched kid influencers on YouTube in 2019, whose ages ranged from 3 to 14 years old, and analysed their most-watched videos.

The team searched for 50 of their most-watched videos and 50 of their videos that featured food and drinks on the thumbnail image of the video.

Focusing on a sample of 418 YouTube videos, they assessed whether kid influencers consumed or played with food or toys, quantified the number of minutes food and drink appeared and recorded names of branded food and drinks.

The team then assessed the nutritional quality of foods using the UK Department of Health's Nutrient Profile Model and identified the number of drinks with added sugar.

The researchers found 42.8 per cent of the most-popular videos from kid influencers promoted food and drinks and more than 90 per cent of these products were unhealthy branded food, drinks, or fast food toys.

Fast food was the most frequently featured junk food, followed by sweets and fizzy drinks.

Only a few videos featured unhealthy unbranded items like hot dogs (4 per cent), healthy unbranded items like fruit (3 per cent), and healthy branded items like yogurt (2 per cent).

The fact the videos featuring junk food product placements were viewed more than 1 billion times is a 'staggering level of exposure' for food and beverage companies, the team say.

'Our study is the first to quantify the extent to which junk food product placements appear in YouTube videos from kid influencers,' said Bragg.

'It was concerning to see that kid influencers are promoting a high volume of junk food in their YouTube videos, and that those videos are generating enormous amounts of screen time for these unhealthy products.'

Researchers do not know which food and drink product placements were paid endorsements.

But these videos are problematic for public health because they let food companies subtly promote unhealthy foods to young children and their parents.

'It's a perfect storm for encouraging poor nutrition – research shows that people trust influencers because they appear to be "everyday people" and when you see these kid influencers eating certain foods, it doesn't necessarily look like advertising,' said Bragg.

The UK is moving to ban junk food ads on TV before 9pm in the evening. The government also launched a consultation over a total ban on junk food advertising online

'But it is advertising, and numerous studies have shown that children who see food ads consume more calories than children who see non-food ads.'

The National Academy of Medicine and World Health Organisation identify food marketing as a major driver of childhood obesity.

The researchers encourage federal and state regulators to strengthen and enforce regulations of junk food advertising by kid influencers.

'We hope that the results of this study encourage the Federal Trade Commission and state attorneys general to focus on this issue and identify strategies to protect children and public health,' said study author Jennifer Pomeranz at New York University.

The study has been published in the journal Pediatrics.

THE LINK BETWEEN JUNK FOOD AND TV

A Cancer Research UK survey in 2018 of almost 2,500 children found those who used the internet or watched commercial television for more than half an hour a day were more likely to ask for, buy or eat junk food.

Experts found youngsters who watched more than three hours of commercial TV a day ate an average of ten extra snack items, such as crisps, biscuits or fizzy drinks, a week compared with those who watched very little TV.

However, when they watched TV without adverts, there was no link between screen time and the likelihood of eating more junk food.

Each additional hour children spent watching commercial TV was linked to more than a 20 per cent increased chance of children craving for food they'd seen advertised or buying the food they'd seen advertised.

The children who watched more than three hours of commercial TV a day were 59 per cent more likely to be overweight or obese than children who watched half an hour a day or less.

Researchers found the primary school-age children surveyed spent an average of 16 hours a week on the internet.

Every additional hour children spent online was linked to a 19 per cent increased chance of children asking for food they'd seen advertised and a 19 per cent increased chance of buying the food they'd seen advertised.

Those who used the internet more than 3 hours a day were 79 per cent more likely to be overweight or obese than children who used the internet half an hour a day or less.


Habits Are Often Formed During Childhood And It’s Important To Ensure That Kids Eat A Healthy Diet In School

Yes because…

Banning junk food is likely to have an impact on one’s diet throughout their entire life. Prominent psychologists feel that healthy habits are formed during childhood. According to Blakeslee, a prominent psychologist, dietary habits formed in childhood tend to last throughout life.

No because…

If children sneak in junk food from home, banning junk foods in school wouldn’t help children to learn healthier ways of eating for life. Instead, the time and effort that went with sneaking in junk food could reinforce the habit of eating it even more.


Eight Countries Taking Action Against Harmful Food Marketing

0

Children from the United States view an average of one food commercial for every five minutes of television watched, according to a study from the University of Minnesota. Unfortunately, these youth-targeted advertisements focus predominately on foods high in sugar and fat, such as fast food, high-sugar cereals, sugary drinks, and candy, making it no surprise that many children are not consuming healthy diets. In response to the high levels of junk-food advertising, some countries are taking the issue into their own hands by restricting broadcast advertising and other child-targeted marketing techniques.

According to the World Health Organization, advertisements can significantly influence food preferences and consumption. The impact is especially acute for young children under 10 years old, who tend to view ads as unbiased sources of information, making it more difficult for them to respond judiciously to marketing, found researchers from the University of Minnesota.

Furthermore, food marketers have expanded and intensified marketing efforts through a variety of channels in recent decades. “Parents’ efforts to help their children eat healthily are being undermined by sophisticated promotion of junk food to children: on TV, online, at the cinema, in magazines, in supermarkets, on food packaging, and for some even at school,” says Malcolm Clark, coordinator of the Children’s Food Campaign, a United Kingdom-based organization that aims to protect children from junk-food marketing.

Anne Lappé, founder of Food MythBusters, a food-focused media initiative, accuses food companies of pushing cheap, addictive foods on children and teens in the name of profit. “Food corporations spend roughly two billion a year on ads specifically targeting children and teens,” says Lappé in a Food MythBusters video. “No wonder pediatricians are seeing diet-related illnesses of young people alarmingly on the rise.”

Some countries have pursued voluntary, industry-led pledges restricting advertising. The Children’s Food and Beverage Advertising Initiative, EU Pledge, and Children’s Advertising Initiative in the United States, European Union member states, and Canada, respectively, are composed of candy, fast-food, and soft drink companies who pledge to shift their marketing to healthier foods for children under 12. Critics say that these policies are ineffective since industries set the bar too low given the highly competitive marketplace. However, EU Pledge participants claim that children’s exposure to television marketing has fallen 48 percent and that U.S. industry spending on child food marketing has dropped by 19.5 percent since the pledges were enacted.

But governments can play a greater role in limiting the harmful public health impacts of food advertising by implementing legislation that restricts broadcasting, bans the use of cartoons and toys, or requires health warnings on commercials. This week, Food Tank highlights eight countries that have taken steps to limit the harmful impact of junk-food marketing.

Quebec’s law passed in 1980 restricting junk-food marketing to kids was the first of its kind, banning fast food marketing aimed at children under 13 in print and electronic media. Fast-food expenditures subsequently decreased 13 percent. While the rest of Canada has seen a drastic increase in obesity among children, Quebec maintains the lowest child obesity rate.

Chilean law restricts advertising which targets children under the age of 14 for foods considered high in calories, saturated fat, sugar, and sodium. The regulation applies to television programs, websites, radios, and magazines directed at children or those where the audience is composed of 20 percent children or more. Likewise, these select food items may not be marketed in schools. Promotional strategies including the use of cartoons and toys are also prohibited.

Rather than setting restrictions on the amount of junk-food advertising, French authorities require that advertisements for products containing added fats, sweeteners, or sodium be accompanied by a message explaining dietary principles. One example is “for your health, eat at least five fruits and vegetables a day.”

Foods high in fats, sugar, and sodium are banned from advertising, sponsorship, teleshopping, and product placement in children’s TV and radio programs where over 50 percent of the audience is under 18 years old. Any advertising targeting children under 18 cannot include celebrities, and those directed to children under 13 cannot include health claims or use licensed characters. Overall, advertisements for unhealthy foods may compose up to only 25 percent of all paid advertising on all channels.

The Mexican government commission reports that their children see more junk-food advertisements than any other country, totaling 12,000 a year. The Ministry of Health has taken a series of steps to limit child exposure to unhealthy food marketing, beginning with restricting advertising of certain foods and sweetened beverages, determined by their compliance to a nutrient profile model. Restrictions apply to television programs with more than 35 percent of the audience under 13 years old, between 2:30 pm and 7:30 pm on weekdays and 7:00 am and 7:30 pm on weekends. In July 2014, the government extended the restriction to films.

The Norwegian government restricts all broadcast advertising directed specifically to children through the Broadcasting Act of 1992. In 2013, industry and government took a step further: companies agreed to a self-regulated ban on all marketing of unhealthy foods and drinks to children under the age of 16. Norway also leads a World Health Organization network of 28 countries focused on reducing marketing pressures on children.

In January 2016, Taiwan implemented unhealthy food advertising limits for kids under 12 years old. Dedicated television channels for children cannot broadcast advertisements of foods exceeding set fat, sodium, and sugar content limits from 5 pm to 9 pm. Like their Chilean counterparts, food marketers cannot promote their products with free toys at restaurants, a common practice among fast food chains.

United Kingdom

A decade ago, the government passed a statutory ban on television advertising to children under 16 of foods high in fats, sugar, and salt. According to the UK Department of Health, children are now exposed to 37 percent fewer commercials and annual expenditures towards child-targeted advertisements have decreased 41 percent.


U.S. Won't Ban Junk-Food Advertising to Kids

WASHINGTON -- The U.S. government won't ban or limit junk-food advertising to children, but wants the industry to set new guidelines to promote healthy eating and minimize obesity, a top regulator said Friday.

Regulators will host a workshop this summer to help food makers and advertisers develop the guidelines, said Deborah Majoras, chairwoman of the Federal Trade Commission.

"Let me make clear, this is not the first step toward new government regulations to ban or restrict children's food advertising and marketing. The FTC tried that approach in the 1970s and it failed," Ms. Majoras said at a Consumer Federation of America conference.

The announcement "is a call to action for industry to examine what is working and what more can be done through responsible marketing, product innovations and other approaches to promote healthy food choices and lifestyles in children," she said.

Dan Jaffe, executive vice president for the Association of National Advertisers, said the industry has had an effective self-regulatory system since 1974. An industry-backed group screens ads aimed at youth to make sure they are appropriate for children.



コメント:

  1. Hyperion

    今日このフォーラムを見つけて、ディスカッションに参加するために登録しました

  2. Wulf

    誰か歌詞アレキシア))))))

  3. Paz

    なんて言葉…超、素晴らしい考え



メッセージを書く