他の

クリスチャンベイカーは同性カップルを拒否することを許可された、最高裁判所の規則


5年間の法廷闘争の後、最高裁判所は、彼の宗教的信念のために同性愛者のカップルのウエディングケーキを作ることを拒否したコロラド州のクリスチャンパン屋を支持する判決を下しました。 6月4日に公開された7-2の判決で、ジャックフィリップスの信仰は、2012年にチャーリークレイグとデイブマリンズをマスターピースケーキショップから遠ざけた後、州によって敵意を持って扱われることが決定されました。

結婚披露宴の前に、クレイグとマリンズはフィリップスの店を訪れ、披露宴用のケーキを作ってくれることを期待していました。 62歳のパン屋が同性カップルにサービスを提供できないと彼らに言った後、恐ろしい配偶者はコロラド公民権委員会に苦情を申し立て、下級裁判所はクレイグとマリンズを支持する判決を下しました。

アンソニー・ケネディ判事の裁判所に対する意見は、「コロラド州の法律が、他の一般市民に提供されているのと同じ条件で製品やサービスを取得する際にゲイの人々を保護できることは例外ではありませんが、法律は宗教に対して中立的な態度」

裁判所の決定は、フィリップスの信仰が軽蔑的に扱われたことを示すためにコロラド委員会の公聴会で使用された特定の言葉に基づいていました。コミッショナーは、「宗教的信念を公共圏または商業的領域に合法的に持ち込むことはできないという見解を支持し、フィリップスの信仰を卑劣なものとして軽蔑し、それを単なる修辞的であると特徴づけ、彼の誠実な宗教的信念の発動を奴隷制およびホロコーストの擁護と比較した。 、」決定ノート。

ABCのインタビューで 景色 最高裁判所の公聴会の前に、フィリップスは次のように述べています。私はアーティストとしての権利を維持し、どの芸術的努力をするのか、どの芸術的努力をしないのかを決定しようとしています。 …もし彼がパン屋だったら、イエスがケーキを作ったとは思いません。」

コロラド州は、他の21州とともに、人種、宗教、性別、性的指向に基づいて消費者を保護する、一般に公開されている企業に対する差別禁止法を定めています。現在、いくつかの同様の事件が下級裁判所、NPRの報告書を通過しており、ケネディの意見は、それらの結果は非常に異なる可能性があると具体的に指摘しています。全国的なより複雑な法律については、ここにすべての州で最も奇妙な法律があります。


同性カップルのウエディングケーキの作成を拒否したパン屋のための狭い理由で最高裁判所が裁定

最高裁判所は、同性愛者の結婚式のためにケーキを作ることを拒否したコロラドのパン屋に勝利を与えます。

コロラド州の「ケーキアーティスト」ジャック・フィリップスは、同性愛者のカップルのお祝いのためにウエディングケーキを作ることを拒否する権利を最高裁判所に求めました。 (写真:BRENDAN SMIALOWSKI、AFP /ゲッティイメージズ)

ワシントン–分割された最高裁判所は月曜日に、コロラド州のパン屋が同性カップルのためのカスタムウエディングケーキの作成を拒否したことで差別を免除し、州は彼に対して「宗教的敵意」を示したと裁定した。

7-2の評決は、同性愛者の結婚に対するジャック・フィリップスの宗教的異議に対する州の扱いを、その慣行が全国的に合法化される数年前の2012年に批判した。裁判官は、州の公民権委員会が彼に敵対的である一方で、他のパン屋が同性愛者や同性結婚を侮辱するケーキの作成を拒否することを認めていると裁定した。

その結果、待望の決定は、パン屋、花屋、写真家、ビデオグラファーを含む同性結婚の他の反対者が同性愛者のカップルへの商業結婚式サービスを拒否できるかどうかを解決しませんでした。実際、月曜日の裁判所は、木曜日の私的会議で検討するためにワシントン州の花屋を含む同様の訴訟を予定しました。

アンソニー・ケネディ判事は、同性カップルであるチャーリー・クレイグとデイブ・マリンズに対する裁判所の判決を書き、世代をさかのぼる同性愛者の権利を支持する彼の長い意見の歴史から逸脱しました。その中には、全国の同性愛者の結婚を合法化する裁判所の2015年の決定が含まれていました。

ケネディは、事業主は一般的に中立的な公共施設法の下で商品やサービスへの平等なアクセスを否定することはできないことを認めました。そうでなければ、「結婚や結婚式のために商品やサービスを提供する人の長いリストは、ゲイの人のためにそうすることを拒否するかもしれず、その結果、公民権法の歴史と力学と矛盾するコミュニティ全体の汚名をもたらすかもしれない」と彼は言った。

「他の状況でのこのような事件の結果は、法廷でのさらなる詳細を待たなければならない」とケネディ氏は述べた。 「これらの紛争は、誠実な宗教的信念を過度に軽視することなく、またゲイの人々が公開市場で商品やサービスを求めるときに憤慨することなく、寛容に解決されなければなりません。」

ルース・ベイダー・ギンズバーグ裁判官とソニア・ソトマイヨール裁判官は、唯一の異議を唱えました。自由主義の裁判官であるスティーブン・ブレイヤーとエレナ・ケイガンが過半数で投票しました。

「フィリップスは、性的指向以外の理由で、クレイグとマリンズに売ることはなかった。彼が定期的に他の人に売った種類のケーキだ」とギンバーグ氏は語った。

投稿しました!

Facebookフィードにリンクが投稿されました。

このトピックに興味がありますか?これらのフォトギャラリーを表示することもできます。

フィリップスは勝利を主張したが、裁判所の判決が彼がウエディングケーキを求める将来のゲイまたはレズビアンの顧客を拒否することを許可するかどうかは不明でした。

「最高裁判所は、政府が結婚についての私の宗教的信念を尊重しなければならないことを確認した」と彼はUSAトゥデイに書いた。 「州が私を押してくれた郊外から私を歓迎してくれました。」

ケネディは、フィリップスが同性のウエディングケーキを作ることを拒否したことで、彼が自分の権利の範囲内にあると信じる十分な理由があると推論しました。当時の州法は、同性愛者を侮辱するメッセージや同性愛者の結婚など、特定のメッセージを拒否する自由を商人に許可していました。

政府は市民の宗教的信念に敵対する規制を課すことはできないと判決は述べた。しかし、プロセスが公正であったならば、それはコロラドのフィリップスの扱いに限定されていたでしょう、ケイガンとブレイヤーはおそらく反対側にいたでしょう、そしてケネディはより厳しい決断をしたでしょう。

「ベンダーは販売する製品を選択できますが、サービスを提供する顧客は選択できません。理由は関係ありません」と、KaganはBreyerが参加して書いています。 「フィリップスはウエディングケーキを販売している。その製品に関して、彼は違法に差別している。彼はそれを異性に販売しているが、同性のカップルには販売していない。」

同性愛者の権利擁護派は、この判決が同性カップルによる差別の他の主張に影響を与えないことに留意して、そのテーマを取り上げました。

「反LGBTQ過激派は、彼らが望んでいた抜本的な「差別のライセンス」を獲得しませんでした。そして、今日の判決は、我が国の長年の公民権法を変更しません」と、ヒューマン・ライツ・キャンペーンの社長、チャド・グリフィンは言いました。

しかし、信仰と自由連合の議長であるラルフ・リードは、この決定は「憲法は宗教的内容の言論を含む言論の自由を保護し、国家は個人の意志に反して言論を強制することはできないことを再確認した」と主張した。

12月の口頭弁論の中で、ケネディと他の保守的な裁判官は、シェフから花屋まで、同性結婚に強い宗教的反対を抱く他の商人への潜在的な影響について懸念を表明しました。

フィリップスとクレイグとマリンズの間の5年前の法廷闘争は、憲法による言論の自由と宗教の保証と、LGBTコミュニティに対する差別を禁止する22州の法律との間の試練を表した。

マスターピースケーキショップのオーナーであるフィリップス(62歳)は、「クリエイティブアーティスト」が販売するものを選択する権利を求めて戦っていました。クレイグ(37歳)とマリンズ(33歳)は、LGBTの顧客が購入するものを選択する権利を求めて戦っていました。

クレイグとマリンズは、州が差別禁止法に性的指向を盛り込んだおかげで、州の公民権委員会と控訴裁判所で勝訴した。しかし、昨年4月に堅固な保守的で仲間のコロラダン・ニール・ゴーサッチが加わった最高裁判所は、より厳しい試練を表した。

ゴーサッチは12ページの同意書を書き、「憲法は民政からの非難から人気のある宗教運動だけでなく、それらすべてを保護している」と述べた。

高等裁判所は、同性結婚をテーマに、以前に2回の審理を行っていた。 2013年、連邦政府は、合法化した12州でのゲイとレズビアンの結婚を認めなければならないという判決を下しました。 2015年には全国に同性結婚を拡大しました。

しかし、彼が裁判所の画期的な決定を書いたときでさえ、ケネディは宗教的な保守派にオリーブの枝を差し出しました。

「宗教、および宗教の教義を遵守する人々は、神の戒律によって同性結婚を容認すべきではないという最大限の誠実な信念をもって主張し続ける可能性があることを強調しなければならない」とケネディは2015年に書いた。


同性カップルのウエディングケーキの作成を拒否したパン屋のための狭い理由で最高裁判所が裁定

最高裁判所は、同性愛者の結婚式のためにケーキを作ることを拒否したコロラドのパン屋に勝利を与えます。

コロラド州の「ケーキアーティスト」ジャック・フィリップスは、同性愛者のカップルのお祝いのためにウエディングケーキを作ることを拒否する権利を最高裁判所に求めました。 (写真:BRENDAN SMIALOWSKI、AFP /ゲッティイメージズ)

ワシントン–分割された最高裁判所は月曜日に、コロラド州のパン屋が同性カップルのためのカスタムウエディングケーキの作成を拒否したことで差別を免除し、州は彼に対して「宗教的敵意」を示したと裁定した。

7-2の評決は、同性愛者の結婚に対するジャック・フィリップスの宗教的異議に対する州の扱いを、その慣行が全国的に合法化される数年前の2012年に批判した。裁判官は、州の公民権委員会が彼に敵対的である一方で、他のパン屋が同性愛者や同性結婚を侮辱するケーキの作成を拒否することを認めていると裁定した。

その結果、待望の決定は、パン屋、花屋、写真家、ビデオグラファーを含む同性結婚の他の反対者が同性愛者のカップルへの商業的な結婚式サービスを拒否できるかどうかを解決しませんでした。実際、月曜日の裁判所は、木曜日の私的会議で検討するためにワシントン州の花屋を含む同様の訴訟を予定しました。

アンソニー・ケネディ判事は、同性カップルであるチャーリー・クレイグとデイブ・マリンズに対する裁判所の判決を書き、世代をさかのぼる同性愛者の権利を支持する彼の長い意見の歴史から逸脱しました。その中には、全国の同性愛者の結婚を合法化する裁判所の2015年の決定が含まれていました。

ケネディは、事業主は一般的に中立的な公共施設法の下で商品やサービスへの平等なアクセスを否定することはできないことを認めました。そうでなければ、「結婚や結婚式のために商品やサービスを提供する人の長いリストは、ゲイの人のためにそうすることを拒否するかもしれず、その結果、公民権法の歴史と力学と矛盾するコミュニティ全体の汚名をもたらすかもしれない」と彼は言った。

「他の状況でのこのような事件の結果は、法廷でのさらなる詳細を待たなければならない」とケネディ氏は述べた。 「これらの紛争は、誠実な宗教的信念を過度に軽視することなく、またゲイの人々が公開市場で商品やサービスを求めるときに憤慨することなく、寛容に解決されなければなりません。」

ルース・ベイダー・ギンズバーグ裁判官とソニア・ソトマイヨール裁判官は、唯一の異議を唱えました。自由主義の裁判官であるスティーブン・ブレイヤーとエレナ・ケイガンが過半数で投票しました。

「フィリップスは、性的指向以外の理由で、クレイグとマリンズに売ることはなかった。彼が定期的に他の人に売った種類のケーキだ」とギンバーグ氏は語った。

投稿しました!

Facebookフィードにリンクが投稿されました。

このトピックに興味がありますか?これらのフォトギャラリーを表示することもできます。

フィリップスは勝利を主張したが、裁判所の判決が彼がウエディングケーキを求める将来のゲイまたはレズビアンの顧客を拒否することを許可するかどうかは不明でした。

「最高裁判所は、政府が結婚についての私の宗教的信念を尊重しなければならないことを確認した」と彼はUSAトゥデイに書いた。 「州が私を押してくれた郊外から私を歓迎してくれました。」

ケネディは、フィリップスが同性のウエディングケーキを作ることを拒否したことで、彼が自分の権利の範囲内にあると信じる十分な理由があると推論しました。当時の州法は、同性愛者を侮辱するメッセージや同性愛者の結婚など、特定のメッセージを拒否する自由を商人に許可していました。

政府は市民の宗教的信念に敵対する規制を課すことはできないと判決は述べた。しかし、プロセスが公正であったならば、それはコロラドのフィリップスの扱いに限定されていたでしょう、ケイガンとブレイヤーはおそらく反対側にいたでしょう、そしてケネディはより厳しい決断をしたでしょう。

「ベンダーは販売する製品を選択できますが、サービスを提供する顧客は選択できません。理由は関係ありません」と、KaganはBreyerが参加して書いています。 「フィリップスはウエディングケーキを販売している。その製品に関して、彼は違法に差別している。彼はそれを異性に販売しているが、同性のカップルには販売していない。」

同性愛者の権利擁護派は、この判決が同性カップルによる差別の他の主張に影響を与えないことに留意して、そのテーマを取り上げました。

「反LGBTQ過激派は、彼らが望んでいた抜本的な「差別のライセンス」を獲得しませんでした。そして、今日の判決は、我が国の長年の公民権法を変更しません」と、ヒューマン・ライツ・キャンペーンの社長、チャド・グリフィンは言いました。

しかし、信仰と自由連合の議長であるラルフ・リードは、この決定は「憲法は宗教的内容の言論を含む言論の自由を保護し、国家は個人の意志に反して言論を強制することはできないことを再確認した」と主張した。

12月の口頭弁論の中で、ケネディと他の保守的な裁判官は、シェフから花屋まで、同性結婚に強い宗教的反対を抱く他の商人への潜在的な影響について懸念を表明しました。

フィリップスとクレイグとマリンズの間の5年前の法廷闘争は、憲法による言論の自由と宗教の保証と、LGBTコミュニティに対する差別を禁止する22州の法律との間の試練を表した。

マスターピースケーキショップのオーナーであるフィリップス(62歳)は、「クリエイティブアーティスト」が販売するものを選択する権利を求めて戦っていました。クレイグ(37歳)とマリンズ(33歳)は、LGBTの顧客が購入するものを選択する権利を求めて戦っていました。

クレイグとマリンズは、州が差別禁止法に性的指向を盛り込んだおかげで、州の公民権委員会と控訴裁判所で勝訴した。しかし、昨年4月に堅固な保守的で仲間のコロラダン・ニール・ゴーサッチが加わった最高裁判所は、より厳しい試練を表した。

ゴーサッチは12ページの同意書を書き、「憲法は民政からの非難から人気のある宗教運動だけでなく、それらすべてを保護している」と述べた。

高等裁判所は、同性結婚をテーマに、以前に2回の審理を行っていた。 2013年、連邦政府は、合法化した12州でのゲイとレズビアンの結婚を認めなければならないという判決を下しました。 2015年には全国に同性結婚を拡大しました。

しかし、彼が裁判所の画期的な決定を書いたときでさえ、ケネディは宗教的な保守派にオリーブの枝を差し出しました。

「宗教、および宗教の教義を遵守する人々は、神の戒律によって同性結婚を容認すべきではないという最大限の誠実な信念をもって主張し続ける可能性があることを強調しなければならない」とケネディは2015年に書いた。


同性カップルのウエディングケーキの作成を拒否したパン屋のための狭い理由で最高裁判所が裁定

最高裁判所は、同性愛者の結婚式のためにケーキを作ることを拒否したコロラドのパン屋に勝利を与えます。

コロラド州の「ケーキアーティスト」ジャック・フィリップスは、同性愛者のカップルのお祝いのためにウエディングケーキを作ることを拒否する権利を最高裁判所に求めました。 (写真:BRENDAN SMIALOWSKI、AFP /ゲッティイメージズ)

ワシントン–分割された最高裁判所は月曜日に、コロラド州のパン屋が同性カップルのためのカスタムウエディングケーキの作成を拒否したことで差別を免除し、州は彼に対して「宗教的敵意」を示したと裁定した。

7-2の評決は、同性愛者の結婚に対するジャック・フィリップスの宗教的異議に対する州の扱いを、その慣行が全国的に合法化される数年前の2012年に批判した。裁判官は、州の公民権委員会が彼に敵対的である一方で、他のパン屋が同性愛者や同性結婚を侮辱するケーキの作成を拒否することを認めていると裁定した。

その結果、待望の決定は、パン屋、花屋、写真家、ビデオグラファーを含む同性結婚の他の反対者が同性愛者のカップルへの商業的な結婚式サービスを拒否できるかどうかを解決しませんでした。実際、月曜日の裁判所は、木曜日の私的会議で検討するためにワシントン州の花屋を含む同様の訴訟を予定しました。

アンソニー・ケネディ判事は、同性カップルであるチャーリー・クレイグとデイブ・マリンズに対する裁判所の判決を書き、世代をさかのぼる同性愛者の権利を支持する彼の長い意見の歴史から逸脱しました。その中には、全国の同性愛者の結婚を合法化する裁判所の2015年の決定が含まれていました。

ケネディは、事業主は一般的に中立的な公共施設法の下で商品やサービスへの平等なアクセスを否定することはできないことを認めました。そうでなければ、「結婚や結婚式のために商品やサービスを提供する人の長いリストは、ゲイの人のためにそうすることを拒否するかもしれず、その結果、公民権法の歴史と力学と矛盾するコミュニティ全体の汚名をもたらすかもしれない」と彼は言った。

「他の状況でのこのような事件の結果は、法廷でのさらなる詳細を待たなければならない」とケネディ氏は述べた。 「これらの紛争は、誠実な宗教的信念を過度に軽視することなく、またゲイの人々が公開市場で商品やサービスを求めるときに憤慨することなく、寛容に解決されなければなりません。」

ルース・ベイダー・ギンズバーグ裁判官とソニア・ソトマイヨール裁判官は、唯一の異議を唱えました。自由主義の裁判官であるスティーブン・ブレイヤーとエレナ・ケイガンが過半数で投票しました。

「フィリップスは、性的指向以外の理由で、クレイグとマリンズに売ることはなかった。彼が定期的に他の人に売った種類のケーキだ」とギンバーグ氏は語った。

投稿しました!

Facebookフィードにリンクが投稿されました。

このトピックに興味がありますか?これらのフォトギャラリーを表示することもできます。

フィリップスは勝利を主張したが、裁判所の判決が彼がウエディングケーキを求める将来のゲイまたはレズビアンの顧客を拒否することを許可するかどうかは不明でした。

「最高裁判所は、政府が結婚についての私の宗教的信念を尊重しなければならないことを確認した」と彼はUSAトゥデイに書いた。 「州が私を押してくれた郊外から私を歓迎してくれました。」

ケネディは、フィリップスが同性のウエディングケーキを作ることを拒否したことで、彼が自分の権利の範囲内にあると信じる十分な理由があると推論しました。当時の州法は、同性愛者を侮辱するメッセージや同性愛者の結婚など、特定のメッセージを拒否する自由を商人に許可していました。

政府は市民の宗教的信念に敵対する規制を課すことはできないと判決は述べた。しかし、プロセスが公正であったならば、それはコロラドのフィリップスの扱いに限定されていたでしょう、ケイガンとブレイヤーはおそらく反対側にいたでしょう、そしてケネディはより厳しい決断をしたでしょう。

「ベンダーは販売する製品を選択できますが、サービスを提供する顧客は選択できません。理由は関係ありません」と、KaganはBreyerが参加して書いています。 「フィリップスはウエディングケーキを販売している。その製品に関して、彼は違法に差別している。彼はそれを異性に販売しているが、同性のカップルには販売していない。」

同性愛者の権利擁護派は、この判決が同性カップルによる差別の他の主張に影響を与えないことに留意して、そのテーマを取り上げました。

「反LGBTQ過激派は、彼らが望んでいた抜本的な「差別のライセンス」を獲得しませんでした。そして、今日の判決は、我が国の長年の公民権法を変更しません」と、ヒューマン・ライツ・キャンペーンの社長、チャド・グリフィンは言いました。

しかし、信仰と自由連合の議長であるラルフ・リードは、この決定は「憲法は宗教的内容の言論を含む言論の自由を保護し、国家は個人の意志に反して言論を強制することはできないことを再確認した」と主張した。

12月の口頭弁論の中で、ケネディと他の保守的な裁判官は、シェフから花屋まで、同性結婚に強い宗教的反対を抱く他の商人への潜在的な影響について懸念を表明しました。

フィリップスとクレイグとマリンズの間の5年前の法廷闘争は、憲法による言論の自由と宗教の保証と、LGBTコミュニティに対する差別を禁止する22州の法律との間の試練を表した。

マスターピースケーキショップのオーナーであるフィリップス(62歳)は、「クリエイティブアーティスト」が販売するものを選択する権利を求めて戦っていました。クレイグ(37歳)とマリンズ(33歳)は、LGBTの顧客が購入するものを選択する権利を求めて戦っていました。

クレイグとマリンズは、州が差別禁止法に性的指向を盛り込んだおかげで、州の公民権委員会と控訴裁判所で勝訴した。しかし、昨年4月に堅固な保守的で仲間のコロラダン・ニール・ゴーサッチが加わった最高裁判所は、より厳しい試練を表した。

ゴーサッチは12ページの同意書を書き、「憲法は民政からの非難から人気のある宗教運動だけでなく、それらすべてを保護している」と述べた。

高等裁判所は、同性結婚をテーマに、以前に2回の審理を行っていた。 2013年、連邦政府は、合法化した12州でのゲイとレズビアンの結婚を認めなければならないという判決を下しました。 2015年には全国に同性結婚を拡大しました。

しかし、彼が裁判所の画期的な決定を書いたときでさえ、ケネディは宗教的な保守派にオリーブの枝を差し出しました。

「宗教、および宗教の教義を遵守する人々は、神の戒律によって同性結婚を容認すべきではないという最大限の誠実な信念をもって主張し続ける可能性があることを強調しなければならない」とケネディは2015年に書いた。


同性カップルのウエディングケーキの作成を拒否したパン屋のための狭い理由で最高裁判所が裁定

最高裁判所は、同性愛者の結婚式のためにケーキを作ることを拒否したコロラドのパン屋に勝利を与えます。

コロラド州の「ケーキアーティスト」ジャック・フィリップスは、同性愛者のカップルのお祝いのためにウエディングケーキを作ることを拒否する権利を最高裁判所に求めました。 (写真:BRENDAN SMIALOWSKI、AFP /ゲッティイメージズ)

ワシントン–分割された最高裁判所は月曜日に、コロラド州のパン屋が同性カップルのためのカスタムウエディングケーキの作成を拒否したことで差別を免除し、州は彼に対して「宗教的敵意」を示したと裁定した。

7-2の評決は、同性愛者の結婚に対するジャック・フィリップスの宗教的異議に対する州の扱いを、その慣行が全国的に合法化される数年前の2012年に批判した。裁判官は、州の公民権委員会が彼に敵対的である一方で、他のパン屋が同性愛者や同性結婚を侮辱するケーキの作成を拒否することを認めていると裁定した。

その結果、待望の決定は、パン屋、花屋、写真家、ビデオグラファーを含む同性結婚の他の反対者が同性愛者のカップルへの商業的な結婚式サービスを拒否できるかどうかを解決しませんでした。実際、月曜日の裁判所は、木曜日の私的会議で検討するためにワシントン州の花屋を含む同様の訴訟を予定しました。

アンソニー・ケネディ判事は、同性カップルであるチャーリー・クレイグとデイブ・マリンズに対する裁判所の判決を書き、世代をさかのぼる同性愛者の権利を支持する彼の長い意見の歴史から逸脱しました。その中には、全国の同性愛者の結婚を合法化する裁判所の2015年の決定が含まれていました。

ケネディは、事業主は一般的に中立的な公共施設法の下で商品やサービスへの平等なアクセスを否定することはできないことを認めました。そうでなければ、「結婚や結婚式のために商品やサービスを提供する人の長いリストは、ゲイの人のためにそうすることを拒否するかもしれず、その結果、公民権法の歴史と力学と矛盾するコミュニティ全体の汚名をもたらすかもしれない」と彼は言った。

「他の状況でのこのような事件の結果は、法廷でのさらなる詳細を待たなければならない」とケネディ氏は述べた。 「これらの紛争は、誠実な宗教的信念を過度に軽視することなく、またゲイの人々が公開市場で商品やサービスを求めるときに憤慨することなく、寛容に解決されなければなりません。」

ルース・ベイダー・ギンズバーグ裁判官とソニア・ソトマイヨール裁判官は、唯一の異議を唱えました。自由主義の裁判官であるスティーブン・ブレイヤーとエレナ・ケイガンが過半数で投票しました。

「フィリップスは、性的指向以外の理由で、クレイグとマリンズに売ることはなかった。彼が定期的に他の人に売った種類のケーキだ」とギンバーグ氏は語った。

投稿しました!

Facebookフィードにリンクが投稿されました。

このトピックに興味がありますか?これらのフォトギャラリーを表示することもできます。

フィリップスは勝利を主張したが、裁判所の判決が彼がウエディングケーキを求める将来のゲイまたはレズビアンの顧客を拒否することを許可するかどうかは不明でした。

「最高裁判所は、政府が結婚についての私の宗教的信念を尊重しなければならないことを確認した」と彼はUSAトゥデイに書いた。 「州が私を押してくれた郊外から私を歓迎してくれました。」

ケネディは、フィリップスが同性のウエディングケーキを作ることを拒否したことで、彼が自分の権利の範囲内にあると信じる十分な理由があると推論しました。当時の州法は、同性愛者を侮辱するメッセージや同性愛者の結婚など、特定のメッセージを拒否する自由を商人に許可していました。

政府は市民の宗教的信念に敵対する規制を課すことはできないと判決は述べた。しかし、プロセスが公正であったならば、それはコロラドのフィリップスの扱いに限定されていたでしょう、ケイガンとブレイヤーはおそらく反対側にいたでしょう、そしてケネディはより厳しい決断をしたでしょう。

「ベンダーは販売する製品を選択できますが、サービスを提供する顧客は選択できません。理由は関係ありません」と、KaganはBreyerが参加して書いています。 「フィリップスはウエディングケーキを販売している。その製品に関して、彼は違法に差別している。彼はそれを異性に販売しているが、同性のカップルには販売していない。」

同性愛者の権利擁護派は、この判決が同性カップルによる差別の他の主張に影響を与えないことに留意して、そのテーマを取り上げました。

「反LGBTQ過激派は、彼らが望んでいた抜本的な「差別のライセンス」を獲得しませんでした。そして、今日の判決は、我が国の長年の公民権法を変更しません」と、ヒューマン・ライツ・キャンペーンの社長、チャド・グリフィンは言いました。

しかし、信仰と自由連合の議長であるラルフ・リードは、この決定は「憲法は宗教的内容の言論を含む言論の自由を保護し、国家は個人の意志に反して言論を強制することはできないことを再確認した」と主張した。

12月の口頭弁論の中で、ケネディと他の保守的な裁判官は、シェフから花屋まで、同性結婚に強い宗教的反対を抱く他の商人への潜在的な影響について懸念を表明しました。

フィリップスとクレイグとマリンズの間の5年前の法廷闘争は、憲法による言論の自由と宗教の保証と、LGBTコミュニティに対する差別を禁止する22州の法律との間の試練を表した。

マスターピースケーキショップのオーナーであるフィリップス(62歳)は、「クリエイティブアーティスト」が販売するものを選択する権利を求めて戦っていました。クレイグ(37歳)とマリンズ(33歳)は、LGBTの顧客が購入するものを選択する権利を求めて戦っていました。

クレイグとマリンズは、州が差別禁止法に性的指向を盛り込んだおかげで、州の公民権委員会と控訴裁判所で勝訴した。しかし、昨年4月に堅固な保守的で仲間のコロラダン・ニール・ゴーサッチが加わった最高裁判所は、より厳しい試練を表した。

ゴーサッチは12ページの同意書を書き、「憲法は民政からの非難から人気のある宗教運動だけでなく、それらすべてを保護している」と述べた。

高等裁判所は、同性結婚をテーマに、以前に2回の審理を行っていた。 2013年、連邦政府は、合法化した12州でのゲイとレズビアンの結婚を認めなければならないという判決を下しました。 2015年には全国に同性結婚を拡大しました。

しかし、彼が裁判所の画期的な決定を書いたときでさえ、ケネディは宗教的な保守派にオリーブの枝を差し出しました。

「宗教、および宗教の教義を遵守する人々は、神の戒律によって同性結婚を容認すべきではないという最大限の誠実な信念をもって主張し続ける可能性があることを強調しなければならない」とケネディは2015年に書いた。


同性カップルのウエディングケーキの作成を拒否したパン屋のための狭い理由で最高裁判所が裁定

最高裁判所は、同性愛者の結婚式のためにケーキを作ることを拒否したコロラドのパン屋に勝利を与えます。

コロラド州の「ケーキアーティスト」ジャック・フィリップスは、同性愛者のカップルのお祝いのためにウエディングケーキを作ることを拒否する権利を最高裁判所に求めました。 (写真:BRENDAN SMIALOWSKI、AFP /ゲッティイメージズ)

ワシントン–分割された最高裁判所は月曜日に、コロラド州のパン屋が同性カップルのためのカスタムウエディングケーキの作成を拒否したことで差別を免除し、州は彼に対して「宗教的敵意」を示したと裁定した。

7-2の評決は、同性愛者の結婚に対するジャック・フィリップスの宗教的異議に対する州の扱いを、その慣行が全国的に合法化される数年前の2012年に批判した。裁判官は、州の公民権委員会が彼に敵対的である一方で、他のパン屋が同性愛者や同性結婚を侮辱するケーキの作成を拒否することを認めていると裁定した。

その結果、待望の決定は、パン屋、花屋、写真家、ビデオグラファーを含む同性結婚の他の反対者が同性愛者のカップルへの商業的な結婚式サービスを拒否できるかどうかを解決しませんでした。実際、月曜日の裁判所は、木曜日のプライベート会議で検討するために、ワシントン州の花屋が関与する同様の訴訟を予定していました。

アンソニー・ケネディ判事は、同性カップルであるチャーリー・クレイグとデイブ・マリンズに対する裁判所の判決を書き、世代をさかのぼる同性愛者の権利を支持する彼の長い意見の歴史から逸脱しました。その中には、全国の同性愛者の結婚を合法化する裁判所の2015年の決定が含まれていました。

ケネディは、事業主は一般的に中立的な公共施設法の下で商品やサービスへの平等なアクセスを否定することはできないことを認めました。そうでなければ、「結婚や結婚式のために商品やサービスを提供する人の長いリストは、ゲイの人のためにそうすることを拒否するかもしれず、その結果、公民権法の歴史と力学と矛盾するコミュニティ全体の汚名をもたらすかもしれない」と彼は言った。

「他の状況でのこのような事件の結果は、法廷でのさらなる詳細を待たなければならない」とケネディ氏は述べた。 「これらの紛争は、誠実な宗教的信念を過度に軽視することなく、またゲイの人々が公開市場で商品やサービスを求めるときに憤慨することなく、寛容に解決されなければなりません。」

ルース・ベイダー・ギンズバーグ裁判官とソニア・ソトマイヨール裁判官は、唯一の異議を唱えました。自由主義の裁判官であるスティーブン・ブレイヤーとエレナ・ケイガンが過半数で投票しました。

「フィリップスは、性的指向以外の理由で、クレイグとマリンズに売ることはなかった。彼が定期的に他の人に売った種類のケーキだ」とギンバーグ氏は語った。

Posted!

A link has been posted to your Facebook feed.

このトピックに興味がありますか?これらのフォトギャラリーを表示することもできます。

Phillips claimed victory, but it was unclear if the court's ruling would permit him to refuse future gay or lesbian customers seeking wedding cakes.

"The Supreme Court affirmed that the government must respect my religious beliefs about marriage," he wrote for USA TODAY. "It welcomed me back from the outskirts, where the state had pushed me."

Kennedy reasoned that Phillips, in refusing to create a same-sex wedding cake, had good reason to believe he was within his rights. State law at the time allowed merchants some latitude to decline specific messages, such as those demeaning gay people and gay marriages.

The government cannot impose regulations hostile to citizens' religious beliefs, the ruling said. But it was limited to Colorado's treatment of Phillips had the process been fair, Kagan and Breyer likely would have been on the other side, and Kennedy would have had a tougher decision to make.

"A vendor can choose the products he sells, but not the customers he serves — no matter the reason," Kagan wrote, joined by Breyer. "Phillips sells wedding cakes. As to that product, he unlawfully discriminates: He sells it to opposite-sex but not to same-sex couples."

Gay rights proponents picked up on that theme, noting the ruling will not affect other claims of discrimination by same-sex couples.

“Anti-LGBTQ extremists did not win the sweeping ‘license to discriminate’ they have been hoping for -- and today’s ruling does not change our nation's longstanding civil rights laws," Chad Griffin, president of the Human Rights Campaign, said.

But Ralph Reed, chairman of the Faith and Freedom Coalition, claimed that the decision "reaffirmed that the Constitution protects freedom of speech, including speech of a religious content, and the state cannot compel speech against the will of the individual."

During oral argument in December, Kennedy and other conservative justices had expressed concern about the potential effect on other merchants with strong religious objections to same-sex marriage, from chefs to florists.

The five-year-old legal battle between Phillips and Craig and Mullins represented a test between the Constitution's guarantees of free speech and religion and laws in 22 states prohibiting discrimination against the LGBT community.

Phillips, 62, owner of Masterpiece Cakeshop, was fighting for the rights of "creative artists" to choose what they will sell. Craig, 37, and Mullins, 33, were fighting for the rights of LGBT customers to choose what they will buy.

Craig and Mullins won before the state Civil Rights Commission and Court of Appeals, thanks to the state's inclusion of sexual orientation in its anti-discrimination law. But the Supreme Court, bolstered last April by the addition of stalwart conservative and fellow Coloradan Neil Gorsuch, represented a tougher test.

Gorsuch wrote a 12-page concurrence in which he said, "The Constitution protects not just popular religious exercises from the condemnation off civil authorities. It protects them all."

The high court had weighed in twice before on the subject of same-sex marriage. In 2013, it ruled that the federal government must recognize gay and lesbian marriages in the 12 states that had legalized them. In 2015, it extended same-sex marriage nationwide.

But even as he authored the court's landmark decision, Kennedy held out an olive branch to religious conservatives.

"It must be emphasized that religions, and those who adhere to religious doctrines, may continue to advocate with utmost, sincere conviction that, by divine precepts, same-sex marriage should not be condoned," Kennedy wrote in 2015.


Supreme Court rules on narrow grounds for baker who refused to create same-sex couple's wedding cake

Supreme Court gives victory to a Colorado baker who refused to make cake for a gay wedding.

Colorado "cake artist" Jack Phillips asked the Supreme Court for the right to refuse creating a wedding cake for a gay couple's celebration. (Photo: BRENDAN SMIALOWSKI, AFP/Getty Images)

WASHINGTON – A divided Supreme Court on Monday absolved a Colorado baker of discrimination for refusing to create a custom wedding cake for a same-sex couple, ruling that the state exhibited "religious hostility" against him.

The 7-2 verdict criticized the state's treatment of Jack Phillips' religious objections to gay marriage in 2012, several years before the practice was legalized nationwide. The justices ruled that a state civil rights commission was hostile to him while allowing other bakers to refuse to create cakes that demeaned gays and same-sex marriages.

As a result, the long-awaited decision did not resolve whether other opponents of same-sex marriage, including bakers, florists, photographers and videographers, can refuse commercial wedding services to gay couples. In fact, the court on Monday scheduled a similar case involving a Washington State florist for consideration at their private conference Thursday.

Justice Anthony Kennedy wrote the court's decision against the same-sex couple, Charlie Craig and Dave Mullins, departing from his long history of opinions in favor of gay rights dating back a generation. Included among them was the court's 2015 decision legalizing gay marriage nationwide.

Kennedy acknowledged that business owners generally cannot deny equal access to goods and services under a neutral public accommodations law. Otherwise, he said, "a long list of persons who provide goods and services for marriages and weddings might refuse to do so for gay persons, thus resulting in a community-wide stigma inconsistent with the history and dynamics of civil rights laws."

"The outcome of cases like this in other circumstances must await further elaboration in the courts," Kennedy said. "These disputes must be resolved with tolerance, without undue disrespect to sincere religious beliefs, and without subjecting gay persons to indignities when they seek goods and services in an open market."

Justices Ruth Bader Ginsburg and Sonia Sotomayor cast the lone dissents. Fellow liberal Justices Stephen Breyer and Elena Kagan voted with the majority.

"Phillips would not sell to Craig and Mullins, for no reason other than their sexual orientation, a cake of the kind he regularly sold to others," Ginsburg said.

Posted!

A link has been posted to your Facebook feed.

このトピックに興味がありますか?これらのフォトギャラリーを表示することもできます。

Phillips claimed victory, but it was unclear if the court's ruling would permit him to refuse future gay or lesbian customers seeking wedding cakes.

"The Supreme Court affirmed that the government must respect my religious beliefs about marriage," he wrote for USA TODAY. "It welcomed me back from the outskirts, where the state had pushed me."

Kennedy reasoned that Phillips, in refusing to create a same-sex wedding cake, had good reason to believe he was within his rights. State law at the time allowed merchants some latitude to decline specific messages, such as those demeaning gay people and gay marriages.

The government cannot impose regulations hostile to citizens' religious beliefs, the ruling said. But it was limited to Colorado's treatment of Phillips had the process been fair, Kagan and Breyer likely would have been on the other side, and Kennedy would have had a tougher decision to make.

"A vendor can choose the products he sells, but not the customers he serves — no matter the reason," Kagan wrote, joined by Breyer. "Phillips sells wedding cakes. As to that product, he unlawfully discriminates: He sells it to opposite-sex but not to same-sex couples."

Gay rights proponents picked up on that theme, noting the ruling will not affect other claims of discrimination by same-sex couples.

“Anti-LGBTQ extremists did not win the sweeping ‘license to discriminate’ they have been hoping for -- and today’s ruling does not change our nation's longstanding civil rights laws," Chad Griffin, president of the Human Rights Campaign, said.

But Ralph Reed, chairman of the Faith and Freedom Coalition, claimed that the decision "reaffirmed that the Constitution protects freedom of speech, including speech of a religious content, and the state cannot compel speech against the will of the individual."

During oral argument in December, Kennedy and other conservative justices had expressed concern about the potential effect on other merchants with strong religious objections to same-sex marriage, from chefs to florists.

The five-year-old legal battle between Phillips and Craig and Mullins represented a test between the Constitution's guarantees of free speech and religion and laws in 22 states prohibiting discrimination against the LGBT community.

Phillips, 62, owner of Masterpiece Cakeshop, was fighting for the rights of "creative artists" to choose what they will sell. Craig, 37, and Mullins, 33, were fighting for the rights of LGBT customers to choose what they will buy.

Craig and Mullins won before the state Civil Rights Commission and Court of Appeals, thanks to the state's inclusion of sexual orientation in its anti-discrimination law. But the Supreme Court, bolstered last April by the addition of stalwart conservative and fellow Coloradan Neil Gorsuch, represented a tougher test.

Gorsuch wrote a 12-page concurrence in which he said, "The Constitution protects not just popular religious exercises from the condemnation off civil authorities. It protects them all."

The high court had weighed in twice before on the subject of same-sex marriage. In 2013, it ruled that the federal government must recognize gay and lesbian marriages in the 12 states that had legalized them. In 2015, it extended same-sex marriage nationwide.

But even as he authored the court's landmark decision, Kennedy held out an olive branch to religious conservatives.

"It must be emphasized that religions, and those who adhere to religious doctrines, may continue to advocate with utmost, sincere conviction that, by divine precepts, same-sex marriage should not be condoned," Kennedy wrote in 2015.


Supreme Court rules on narrow grounds for baker who refused to create same-sex couple's wedding cake

Supreme Court gives victory to a Colorado baker who refused to make cake for a gay wedding.

Colorado "cake artist" Jack Phillips asked the Supreme Court for the right to refuse creating a wedding cake for a gay couple's celebration. (Photo: BRENDAN SMIALOWSKI, AFP/Getty Images)

WASHINGTON – A divided Supreme Court on Monday absolved a Colorado baker of discrimination for refusing to create a custom wedding cake for a same-sex couple, ruling that the state exhibited "religious hostility" against him.

The 7-2 verdict criticized the state's treatment of Jack Phillips' religious objections to gay marriage in 2012, several years before the practice was legalized nationwide. The justices ruled that a state civil rights commission was hostile to him while allowing other bakers to refuse to create cakes that demeaned gays and same-sex marriages.

As a result, the long-awaited decision did not resolve whether other opponents of same-sex marriage, including bakers, florists, photographers and videographers, can refuse commercial wedding services to gay couples. In fact, the court on Monday scheduled a similar case involving a Washington State florist for consideration at their private conference Thursday.

Justice Anthony Kennedy wrote the court's decision against the same-sex couple, Charlie Craig and Dave Mullins, departing from his long history of opinions in favor of gay rights dating back a generation. Included among them was the court's 2015 decision legalizing gay marriage nationwide.

Kennedy acknowledged that business owners generally cannot deny equal access to goods and services under a neutral public accommodations law. Otherwise, he said, "a long list of persons who provide goods and services for marriages and weddings might refuse to do so for gay persons, thus resulting in a community-wide stigma inconsistent with the history and dynamics of civil rights laws."

"The outcome of cases like this in other circumstances must await further elaboration in the courts," Kennedy said. "These disputes must be resolved with tolerance, without undue disrespect to sincere religious beliefs, and without subjecting gay persons to indignities when they seek goods and services in an open market."

Justices Ruth Bader Ginsburg and Sonia Sotomayor cast the lone dissents. Fellow liberal Justices Stephen Breyer and Elena Kagan voted with the majority.

"Phillips would not sell to Craig and Mullins, for no reason other than their sexual orientation, a cake of the kind he regularly sold to others," Ginsburg said.

Posted!

A link has been posted to your Facebook feed.

このトピックに興味がありますか?これらのフォトギャラリーを表示することもできます。

Phillips claimed victory, but it was unclear if the court's ruling would permit him to refuse future gay or lesbian customers seeking wedding cakes.

"The Supreme Court affirmed that the government must respect my religious beliefs about marriage," he wrote for USA TODAY. "It welcomed me back from the outskirts, where the state had pushed me."

Kennedy reasoned that Phillips, in refusing to create a same-sex wedding cake, had good reason to believe he was within his rights. State law at the time allowed merchants some latitude to decline specific messages, such as those demeaning gay people and gay marriages.

The government cannot impose regulations hostile to citizens' religious beliefs, the ruling said. But it was limited to Colorado's treatment of Phillips had the process been fair, Kagan and Breyer likely would have been on the other side, and Kennedy would have had a tougher decision to make.

"A vendor can choose the products he sells, but not the customers he serves — no matter the reason," Kagan wrote, joined by Breyer. "Phillips sells wedding cakes. As to that product, he unlawfully discriminates: He sells it to opposite-sex but not to same-sex couples."

Gay rights proponents picked up on that theme, noting the ruling will not affect other claims of discrimination by same-sex couples.

“Anti-LGBTQ extremists did not win the sweeping ‘license to discriminate’ they have been hoping for -- and today’s ruling does not change our nation's longstanding civil rights laws," Chad Griffin, president of the Human Rights Campaign, said.

But Ralph Reed, chairman of the Faith and Freedom Coalition, claimed that the decision "reaffirmed that the Constitution protects freedom of speech, including speech of a religious content, and the state cannot compel speech against the will of the individual."

During oral argument in December, Kennedy and other conservative justices had expressed concern about the potential effect on other merchants with strong religious objections to same-sex marriage, from chefs to florists.

The five-year-old legal battle between Phillips and Craig and Mullins represented a test between the Constitution's guarantees of free speech and religion and laws in 22 states prohibiting discrimination against the LGBT community.

Phillips, 62, owner of Masterpiece Cakeshop, was fighting for the rights of "creative artists" to choose what they will sell. Craig, 37, and Mullins, 33, were fighting for the rights of LGBT customers to choose what they will buy.

Craig and Mullins won before the state Civil Rights Commission and Court of Appeals, thanks to the state's inclusion of sexual orientation in its anti-discrimination law. But the Supreme Court, bolstered last April by the addition of stalwart conservative and fellow Coloradan Neil Gorsuch, represented a tougher test.

Gorsuch wrote a 12-page concurrence in which he said, "The Constitution protects not just popular religious exercises from the condemnation off civil authorities. It protects them all."

The high court had weighed in twice before on the subject of same-sex marriage. In 2013, it ruled that the federal government must recognize gay and lesbian marriages in the 12 states that had legalized them. In 2015, it extended same-sex marriage nationwide.

But even as he authored the court's landmark decision, Kennedy held out an olive branch to religious conservatives.

"It must be emphasized that religions, and those who adhere to religious doctrines, may continue to advocate with utmost, sincere conviction that, by divine precepts, same-sex marriage should not be condoned," Kennedy wrote in 2015.


Supreme Court rules on narrow grounds for baker who refused to create same-sex couple's wedding cake

Supreme Court gives victory to a Colorado baker who refused to make cake for a gay wedding.

Colorado "cake artist" Jack Phillips asked the Supreme Court for the right to refuse creating a wedding cake for a gay couple's celebration. (Photo: BRENDAN SMIALOWSKI, AFP/Getty Images)

WASHINGTON – A divided Supreme Court on Monday absolved a Colorado baker of discrimination for refusing to create a custom wedding cake for a same-sex couple, ruling that the state exhibited "religious hostility" against him.

The 7-2 verdict criticized the state's treatment of Jack Phillips' religious objections to gay marriage in 2012, several years before the practice was legalized nationwide. The justices ruled that a state civil rights commission was hostile to him while allowing other bakers to refuse to create cakes that demeaned gays and same-sex marriages.

As a result, the long-awaited decision did not resolve whether other opponents of same-sex marriage, including bakers, florists, photographers and videographers, can refuse commercial wedding services to gay couples. In fact, the court on Monday scheduled a similar case involving a Washington State florist for consideration at their private conference Thursday.

Justice Anthony Kennedy wrote the court's decision against the same-sex couple, Charlie Craig and Dave Mullins, departing from his long history of opinions in favor of gay rights dating back a generation. Included among them was the court's 2015 decision legalizing gay marriage nationwide.

Kennedy acknowledged that business owners generally cannot deny equal access to goods and services under a neutral public accommodations law. Otherwise, he said, "a long list of persons who provide goods and services for marriages and weddings might refuse to do so for gay persons, thus resulting in a community-wide stigma inconsistent with the history and dynamics of civil rights laws."

"The outcome of cases like this in other circumstances must await further elaboration in the courts," Kennedy said. "These disputes must be resolved with tolerance, without undue disrespect to sincere religious beliefs, and without subjecting gay persons to indignities when they seek goods and services in an open market."

Justices Ruth Bader Ginsburg and Sonia Sotomayor cast the lone dissents. Fellow liberal Justices Stephen Breyer and Elena Kagan voted with the majority.

"Phillips would not sell to Craig and Mullins, for no reason other than their sexual orientation, a cake of the kind he regularly sold to others," Ginsburg said.

Posted!

A link has been posted to your Facebook feed.

このトピックに興味がありますか?これらのフォトギャラリーを表示することもできます。

Phillips claimed victory, but it was unclear if the court's ruling would permit him to refuse future gay or lesbian customers seeking wedding cakes.

"The Supreme Court affirmed that the government must respect my religious beliefs about marriage," he wrote for USA TODAY. "It welcomed me back from the outskirts, where the state had pushed me."

Kennedy reasoned that Phillips, in refusing to create a same-sex wedding cake, had good reason to believe he was within his rights. State law at the time allowed merchants some latitude to decline specific messages, such as those demeaning gay people and gay marriages.

The government cannot impose regulations hostile to citizens' religious beliefs, the ruling said. But it was limited to Colorado's treatment of Phillips had the process been fair, Kagan and Breyer likely would have been on the other side, and Kennedy would have had a tougher decision to make.

"A vendor can choose the products he sells, but not the customers he serves — no matter the reason," Kagan wrote, joined by Breyer. "Phillips sells wedding cakes. As to that product, he unlawfully discriminates: He sells it to opposite-sex but not to same-sex couples."

Gay rights proponents picked up on that theme, noting the ruling will not affect other claims of discrimination by same-sex couples.

“Anti-LGBTQ extremists did not win the sweeping ‘license to discriminate’ they have been hoping for -- and today’s ruling does not change our nation's longstanding civil rights laws," Chad Griffin, president of the Human Rights Campaign, said.

But Ralph Reed, chairman of the Faith and Freedom Coalition, claimed that the decision "reaffirmed that the Constitution protects freedom of speech, including speech of a religious content, and the state cannot compel speech against the will of the individual."

During oral argument in December, Kennedy and other conservative justices had expressed concern about the potential effect on other merchants with strong religious objections to same-sex marriage, from chefs to florists.

The five-year-old legal battle between Phillips and Craig and Mullins represented a test between the Constitution's guarantees of free speech and religion and laws in 22 states prohibiting discrimination against the LGBT community.

Phillips, 62, owner of Masterpiece Cakeshop, was fighting for the rights of "creative artists" to choose what they will sell. Craig, 37, and Mullins, 33, were fighting for the rights of LGBT customers to choose what they will buy.

Craig and Mullins won before the state Civil Rights Commission and Court of Appeals, thanks to the state's inclusion of sexual orientation in its anti-discrimination law. But the Supreme Court, bolstered last April by the addition of stalwart conservative and fellow Coloradan Neil Gorsuch, represented a tougher test.

Gorsuch wrote a 12-page concurrence in which he said, "The Constitution protects not just popular religious exercises from the condemnation off civil authorities. It protects them all."

The high court had weighed in twice before on the subject of same-sex marriage. In 2013, it ruled that the federal government must recognize gay and lesbian marriages in the 12 states that had legalized them. In 2015, it extended same-sex marriage nationwide.

But even as he authored the court's landmark decision, Kennedy held out an olive branch to religious conservatives.

"It must be emphasized that religions, and those who adhere to religious doctrines, may continue to advocate with utmost, sincere conviction that, by divine precepts, same-sex marriage should not be condoned," Kennedy wrote in 2015.


Supreme Court rules on narrow grounds for baker who refused to create same-sex couple's wedding cake

Supreme Court gives victory to a Colorado baker who refused to make cake for a gay wedding.

Colorado "cake artist" Jack Phillips asked the Supreme Court for the right to refuse creating a wedding cake for a gay couple's celebration. (Photo: BRENDAN SMIALOWSKI, AFP/Getty Images)

WASHINGTON – A divided Supreme Court on Monday absolved a Colorado baker of discrimination for refusing to create a custom wedding cake for a same-sex couple, ruling that the state exhibited "religious hostility" against him.

The 7-2 verdict criticized the state's treatment of Jack Phillips' religious objections to gay marriage in 2012, several years before the practice was legalized nationwide. The justices ruled that a state civil rights commission was hostile to him while allowing other bakers to refuse to create cakes that demeaned gays and same-sex marriages.

As a result, the long-awaited decision did not resolve whether other opponents of same-sex marriage, including bakers, florists, photographers and videographers, can refuse commercial wedding services to gay couples. In fact, the court on Monday scheduled a similar case involving a Washington State florist for consideration at their private conference Thursday.

Justice Anthony Kennedy wrote the court's decision against the same-sex couple, Charlie Craig and Dave Mullins, departing from his long history of opinions in favor of gay rights dating back a generation. Included among them was the court's 2015 decision legalizing gay marriage nationwide.

Kennedy acknowledged that business owners generally cannot deny equal access to goods and services under a neutral public accommodations law. Otherwise, he said, "a long list of persons who provide goods and services for marriages and weddings might refuse to do so for gay persons, thus resulting in a community-wide stigma inconsistent with the history and dynamics of civil rights laws."

"The outcome of cases like this in other circumstances must await further elaboration in the courts," Kennedy said. "These disputes must be resolved with tolerance, without undue disrespect to sincere religious beliefs, and without subjecting gay persons to indignities when they seek goods and services in an open market."

Justices Ruth Bader Ginsburg and Sonia Sotomayor cast the lone dissents. Fellow liberal Justices Stephen Breyer and Elena Kagan voted with the majority.

"Phillips would not sell to Craig and Mullins, for no reason other than their sexual orientation, a cake of the kind he regularly sold to others," Ginsburg said.

Posted!

A link has been posted to your Facebook feed.

このトピックに興味がありますか?これらのフォトギャラリーを表示することもできます。

Phillips claimed victory, but it was unclear if the court's ruling would permit him to refuse future gay or lesbian customers seeking wedding cakes.

"The Supreme Court affirmed that the government must respect my religious beliefs about marriage," he wrote for USA TODAY. "It welcomed me back from the outskirts, where the state had pushed me."

Kennedy reasoned that Phillips, in refusing to create a same-sex wedding cake, had good reason to believe he was within his rights. State law at the time allowed merchants some latitude to decline specific messages, such as those demeaning gay people and gay marriages.

The government cannot impose regulations hostile to citizens' religious beliefs, the ruling said. But it was limited to Colorado's treatment of Phillips had the process been fair, Kagan and Breyer likely would have been on the other side, and Kennedy would have had a tougher decision to make.

"A vendor can choose the products he sells, but not the customers he serves — no matter the reason," Kagan wrote, joined by Breyer. "Phillips sells wedding cakes. As to that product, he unlawfully discriminates: He sells it to opposite-sex but not to same-sex couples."

Gay rights proponents picked up on that theme, noting the ruling will not affect other claims of discrimination by same-sex couples.

“Anti-LGBTQ extremists did not win the sweeping ‘license to discriminate’ they have been hoping for -- and today’s ruling does not change our nation's longstanding civil rights laws," Chad Griffin, president of the Human Rights Campaign, said.

But Ralph Reed, chairman of the Faith and Freedom Coalition, claimed that the decision "reaffirmed that the Constitution protects freedom of speech, including speech of a religious content, and the state cannot compel speech against the will of the individual."

During oral argument in December, Kennedy and other conservative justices had expressed concern about the potential effect on other merchants with strong religious objections to same-sex marriage, from chefs to florists.

The five-year-old legal battle between Phillips and Craig and Mullins represented a test between the Constitution's guarantees of free speech and religion and laws in 22 states prohibiting discrimination against the LGBT community.

Phillips, 62, owner of Masterpiece Cakeshop, was fighting for the rights of "creative artists" to choose what they will sell. Craig, 37, and Mullins, 33, were fighting for the rights of LGBT customers to choose what they will buy.

Craig and Mullins won before the state Civil Rights Commission and Court of Appeals, thanks to the state's inclusion of sexual orientation in its anti-discrimination law. But the Supreme Court, bolstered last April by the addition of stalwart conservative and fellow Coloradan Neil Gorsuch, represented a tougher test.

Gorsuch wrote a 12-page concurrence in which he said, "The Constitution protects not just popular religious exercises from the condemnation off civil authorities. It protects them all."

The high court had weighed in twice before on the subject of same-sex marriage. In 2013, it ruled that the federal government must recognize gay and lesbian marriages in the 12 states that had legalized them. In 2015, it extended same-sex marriage nationwide.

But even as he authored the court's landmark decision, Kennedy held out an olive branch to religious conservatives.

"It must be emphasized that religions, and those who adhere to religious doctrines, may continue to advocate with utmost, sincere conviction that, by divine precepts, same-sex marriage should not be condoned," Kennedy wrote in 2015.


Supreme Court rules on narrow grounds for baker who refused to create same-sex couple's wedding cake

Supreme Court gives victory to a Colorado baker who refused to make cake for a gay wedding.

Colorado "cake artist" Jack Phillips asked the Supreme Court for the right to refuse creating a wedding cake for a gay couple's celebration. (Photo: BRENDAN SMIALOWSKI, AFP/Getty Images)

WASHINGTON – A divided Supreme Court on Monday absolved a Colorado baker of discrimination for refusing to create a custom wedding cake for a same-sex couple, ruling that the state exhibited "religious hostility" against him.

The 7-2 verdict criticized the state's treatment of Jack Phillips' religious objections to gay marriage in 2012, several years before the practice was legalized nationwide. The justices ruled that a state civil rights commission was hostile to him while allowing other bakers to refuse to create cakes that demeaned gays and same-sex marriages.

As a result, the long-awaited decision did not resolve whether other opponents of same-sex marriage, including bakers, florists, photographers and videographers, can refuse commercial wedding services to gay couples. In fact, the court on Monday scheduled a similar case involving a Washington State florist for consideration at their private conference Thursday.

Justice Anthony Kennedy wrote the court's decision against the same-sex couple, Charlie Craig and Dave Mullins, departing from his long history of opinions in favor of gay rights dating back a generation. Included among them was the court's 2015 decision legalizing gay marriage nationwide.

Kennedy acknowledged that business owners generally cannot deny equal access to goods and services under a neutral public accommodations law. Otherwise, he said, "a long list of persons who provide goods and services for marriages and weddings might refuse to do so for gay persons, thus resulting in a community-wide stigma inconsistent with the history and dynamics of civil rights laws."

"The outcome of cases like this in other circumstances must await further elaboration in the courts," Kennedy said. "These disputes must be resolved with tolerance, without undue disrespect to sincere religious beliefs, and without subjecting gay persons to indignities when they seek goods and services in an open market."

Justices Ruth Bader Ginsburg and Sonia Sotomayor cast the lone dissents. Fellow liberal Justices Stephen Breyer and Elena Kagan voted with the majority.

"Phillips would not sell to Craig and Mullins, for no reason other than their sexual orientation, a cake of the kind he regularly sold to others," Ginsburg said.

Posted!

A link has been posted to your Facebook feed.

このトピックに興味がありますか?これらのフォトギャラリーを表示することもできます。

Phillips claimed victory, but it was unclear if the court's ruling would permit him to refuse future gay or lesbian customers seeking wedding cakes.

"The Supreme Court affirmed that the government must respect my religious beliefs about marriage," he wrote for USA TODAY. "It welcomed me back from the outskirts, where the state had pushed me."

Kennedy reasoned that Phillips, in refusing to create a same-sex wedding cake, had good reason to believe he was within his rights. State law at the time allowed merchants some latitude to decline specific messages, such as those demeaning gay people and gay marriages.

The government cannot impose regulations hostile to citizens' religious beliefs, the ruling said. But it was limited to Colorado's treatment of Phillips had the process been fair, Kagan and Breyer likely would have been on the other side, and Kennedy would have had a tougher decision to make.

"A vendor can choose the products he sells, but not the customers he serves — no matter the reason," Kagan wrote, joined by Breyer. "Phillips sells wedding cakes. As to that product, he unlawfully discriminates: He sells it to opposite-sex but not to same-sex couples."

Gay rights proponents picked up on that theme, noting the ruling will not affect other claims of discrimination by same-sex couples.

“Anti-LGBTQ extremists did not win the sweeping ‘license to discriminate’ they have been hoping for -- and today’s ruling does not change our nation's longstanding civil rights laws," Chad Griffin, president of the Human Rights Campaign, said.

But Ralph Reed, chairman of the Faith and Freedom Coalition, claimed that the decision "reaffirmed that the Constitution protects freedom of speech, including speech of a religious content, and the state cannot compel speech against the will of the individual."

During oral argument in December, Kennedy and other conservative justices had expressed concern about the potential effect on other merchants with strong religious objections to same-sex marriage, from chefs to florists.

The five-year-old legal battle between Phillips and Craig and Mullins represented a test between the Constitution's guarantees of free speech and religion and laws in 22 states prohibiting discrimination against the LGBT community.

Phillips, 62, owner of Masterpiece Cakeshop, was fighting for the rights of "creative artists" to choose what they will sell. Craig, 37, and Mullins, 33, were fighting for the rights of LGBT customers to choose what they will buy.

Craig and Mullins won before the state Civil Rights Commission and Court of Appeals, thanks to the state's inclusion of sexual orientation in its anti-discrimination law. But the Supreme Court, bolstered last April by the addition of stalwart conservative and fellow Coloradan Neil Gorsuch, represented a tougher test.

Gorsuch wrote a 12-page concurrence in which he said, "The Constitution protects not just popular religious exercises from the condemnation off civil authorities. It protects them all."

The high court had weighed in twice before on the subject of same-sex marriage. In 2013, it ruled that the federal government must recognize gay and lesbian marriages in the 12 states that had legalized them. In 2015, it extended same-sex marriage nationwide.

But even as he authored the court's landmark decision, Kennedy held out an olive branch to religious conservatives.

"It must be emphasized that religions, and those who adhere to religious doctrines, may continue to advocate with utmost, sincere conviction that, by divine precepts, same-sex marriage should not be condoned," Kennedy wrote in 2015.